人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一26章 正しさと真実に応じて報いてくださる

26章 復讐から解放されたダビデ

*English translation is below,

1.確信に満ちたダビデ

26章のエピソードは、23章のそれとよく似ています。しかし、ダビデのサウルに対する姿勢は、より積極的で、彼の信仰に成長が見られます。サウルは3000人の精鋭を引き連れていましたが、ダビデの部隊は相変わらず600人でした。神に王位を退けられたというのに、サウルの勢いは衰えませんでした。ここが、私たちの迷うところでしょう。なぜ、神はすぐに裁きの鉄槌を下さらないのか。なぜ神は悪をのさばるままにされるのか。悪者が益々勢いづく中で、正しい者が生きづらい思いを余儀なくされる、これが人生と言うかのようです。

しかし、そこでダビデはいじけてもおらず、鬱々としてもいません。そして引っ込んでおらず、言うのです。「主は生きておられる。主は、必ず彼を打たれる。時が来て死ぬか、戦いに下ったときに滅びるかだ。私が主に逆らって、主に油注がれた方に手を下すなど、絶対にあり得ないことだ。」再びダビデは、槍一突きでサウルを殺すことが出来る状況にありながら、サウルを殺そうとはしません。ナバルの教訓もあったのでしょう。ダビデは、「主は一人ひとりに、その人の正しさと真実に応じて報いてくださ」ることを確信していたのです。ダビデは、すべてを神に委ねていました。

この時のダビデの確信は詩篇57篇に綴られています。こうあります。「私のたましいは獅子たちの間で人の子らを貪り食う者の間で横たわっています。彼らの歯は槍と矢彼らの舌は鋭い剣です。(4節)。」彼は敵がどんなものであるかをよく知っていました。しかしその状況においてこうも語ります。「私は、いと高き方、神を呼び求めます。私のために、すべてを成し遂げてくださる神を。神は、天から助けを送って、私を救い、私を踏みつける者どもを辱められます。神は、恵みとまことを送ってくださいます」(2-3節)。彼は信仰を持って神を見上げ、その神の恵みの大きさ、高さ、豊かさに思いを馳せているのです。そのように神を仰ぎ、神の偉大さを覚えるならば、どうして人を恐れる必要があるでしょうか。神の豊かさを深く味わう、そこに、目先の恐怖に振り回されない否決があるのです。

  1. サウルの応答

サウルはいのちを助けられると、ダビデに戻ってくるように求めました。サウルは「本当に私は愚かなことをして、たいへんな間違いを犯した」と自分の誤りを明言しました。しかし、ダビデはそのことばに応じません。サウルの和解の素振りは信用に値しないということだったのでしょう。ダビデはサウルのもとに帰るのではなく、そこで主と共に立つことを決意していきます。ダビデの心は、主への信頼を明確にして言います「主は私のいのちをたいせつにして、すべての苦難から私を救い出してくださいます」。主こそが、守り救ってくださるお方です。

ただ、この後サウルはナバルのように卒倒することもなく、ダビデも逃亡生活から解放されるわけでもありませんでした。サウルは王宮へ戻り、ダビデは相変わらず放浪生活を続けます。しかしそれでも、神の約束に信頼することで恐れを克服したダビデの心は、霊的に大きな前進を遂げています。問題の渦中にありながら、なおも胸を張って前進するダビデがいるのです。

これはダビデのみの経験ではありません。だれもが、神の御国に入る前に、通らねばならぬ道ではないでしょうか。神にゆだねることを学ぶ、神にゆだね、何者にも保護を求めず、神の約束にのみ信頼して立ちゆく訓練です。一見見かけの環境は何も変わることがないように見えながらも、心の姿勢を変え、いかなる危機的状況をも、平安のうちに受け止め、淡々と物事に処す、そんな時を過ごすのです。それは試練の時ですが、主の支えを経験する時でもあります。今日も日々刻々、主の助けをいただくよう願い歩ませていただきましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ナバルが住んでいたカルメルと、エリヤがバアルの預言者と対決したカルメルは、同じものでしょうか?違うものでしょうか?答えは、違う、でした。ナバルが住んでいたカルメルはユダの山地の町で(ヨシュア15:55)、エリヤがバアルの預言者と対決したカルメルは、イスラエルの北方、地中海に突き出た岬から、東南へ24キロ程延びている一連の丘です。では、今日の聖書クイズです。次の内、サウル軍の将軍となるのは、誰でしょうか?①アビシャイ、②アブネル、③ヨアブ、答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 26 David freed from revenge

  1. Confident David

The episode in Chapter 26 is very similar to that in Chapter 23. However, David’s attitude towards Saul is more positive and his faith grows. Saul was accompanied by 3,000 elites, but David’s troops remained at 600. Saul’s momentum did not diminish, even though he was dismissed from the throne by God. This is where we get lost. Why doesn’t God immediately give the hammer of judgment? Why is God left to judge evil? As the bad guys gain more momentum, the righteous ones are forced to have a hard time living, as if this is life.

But there, David was neither tampered with nor depressed. And he isn’t withdrawn, he says. “As surely as the Lord lives”, he said,“the Lord himself will strike him, or his time will come and he will die, or he will go into battle and perish, But the Lord for bit that I should lay a hand on the Lord’s anointed. David refuses to kill Saul, even though he is in a situation where he can kill Saul with a spear. There may have been Nabal’s lesson. David was convinced that “The Lord rewards each and everyone for their righteousness and faithfulness.” David entrusted everything to God.

David’s conviction at this time is spelled out in Psalm 57. There is this. “I am in the midst of lions; I am forced to dwell among ravenous beasts. Men whose teeth are spears and arrows, whose tongues are sharp swords.” (Ver. 4). He knew what the enemy was like. But in that situation, he also says: “I cry out to God Most High, to God, who vindicates me. He sends from heaven and saves me, rebuking those who hotly pursue me. God sends forth his love and his faithfulness.”(ver. 2-3). He looks up at God with faith and thinks of the magnitude, height, and abundance of His grace. If we look to God and remember His greatness, why should we be afraid of others? To deeply enjoy the richness of God, there is a secret that is not swayed by the fear of the immediate future.

  1. Saul’s response

Saul asked him to come back to David when he was able to save his life. Saul declared his mistake, “I have sinned. Come back, David my son.” But David does not respond to that word. Perhaps Saul’s reconciliation was unreliable. Instead of returning to Saul, David decides to stand with the Lord there. David’s heart clarifies his trust in the Lord and says, “The Lord value my life and deliver me from all trouble.” The Lord is the one who protects and saves us.

However, after this, Saul did not faint like Nabal, and David was not released from his escape life. Saul returns to the royal palace and David continues his wandering life. But nevertheless, David’s heart, which overcame fear by trusting in God’s promises, has made great spiritual progress. Despite being in the midst of a problem, there is still David moving forward with his chest.

This is not just David’s experience. Isn’t it the way everyone must go before entering the kingdom of God? It is a training to learn to entrust to God, do not seek protection from anyone, and stand by trusting only in God’s promises. At first glance, the environment does not seem to change, but we spend time changing our minds, accepting any crisis situation in peace, and dealing with things in a straightforward manner. It is a time of trial, but also a time of experiencing the support of the Lord. Let’s pray for the help of the Lord day by day today. I pray that today will be a good day.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Is Carmel, where Nabal lived, and Carmel, where Elijah confronted Baal’s prophet, the same? Is it different? The answer is different. Carmel, where Nabal lived, was a mountain town in Judah (Joshua 15:55), and Elijah confronted Baal’s prophet. It is a series of hills. So, today’s Bible quiz. Who will be the general of the Saul army among the following? (1) Abishai, (2) Abner, (3) Joab, the answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.