人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一27章 いつも、このようなやり方をした

27章 ガテに逃れたダビデ

*English translation is below,

1.ダビデの迷い

「主よいつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになるのですか。いつまで御顔を私からお隠しになるのですか。」(詩篇13:1)これは、ちょうどこのタイミングに、ダビデが書いたものと言われているものです。人に憎まれている、疎まれていると思わされること、それほど、人の心をさみしく、惨めにするものはありません。

そしてダビデは、この時二人の妻のみならず、600人の部下と彼らの家族を抱えていました。ナバルの土地によって彼らを食べさせていく可能性はあったと思われます。しかしその土地に住み着きながら、ダビデを殺そうと3000人の兵で襲ってくるサウルから、彼らを守り続けることも難しいことでした。つまりダビデは、自分の身を守るだけではない、共にいる者たちの安全も確保しなくてはならない状況にあって、「私はいつか、今にサウルの手によって滅ぼされるだろう。」という思いに圧倒され、彼はもはや神のどんな大どんでん返しを期待することもできない思いになっていたことでしょう。

しかしこれもまた信仰者が置かれる現実です。「信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである」(ヘブル11:1)とある通りで、まだ見ていない事実に向かって進み続ける、それが信仰が生きていることの証なのです。生殖能力において既に死んでいるアブラハムとサラが、イサクを得ることも、まさにそうでした。また、指導能力において無能という烙印を押され、荒野に追いやられたモーセが、再起したのも同じです。神の大どんでん返しなど期待しえないところに、まさに神の恵みがある、と神を信頼して生きることが信仰なのです。

2.ダビデの迷いの末

ところがダビデはガテに逃げ、神ではなく、敵将の保護を受けようとしました。結局、ダビデは信仰の人のように見えながら、いささか中途半端、そうではなかったのです。ダビデも信仰を教えられながら、なかなか信仰に立ちえなかった、サウル同様の普通の人間であったということでしょう。そしてダビデは、合理的に物事を考えて、最善と思われる道に進み、少なくとも1年半はサウルの追跡を恐れることもなく平和な時を過ごしました。しかし、それはまがい物の、偽りで塗り固められた平和でした。

というのも、ダビデは、誇り高き部族長ではなく、単なる盗賊の首領に成り下がっていたからです。ダビデは、ペリシテ人の村々の略奪を繰り返して、家族を養いました。またそのような秘密が漏れることを恐れて、ダビデは村人を皆殺しにする横暴を繰り返しました。そしてアキシュに嘘を言ってだまし続けるわけです。敵であれば嘘八百並(full of lie)べ立てよいというわけではないでしょう。神の御前で聖さを求め、神を賛美する者が、同じ舌で平然と嘘を語るのです。ただ、ダビデ自身がその倫理的な破綻に悩んでいたかどうかはわかりません。この時期に書かれた詩篇に、自分自身の心の矛盾を内省し、その苦悩を告白するものは、なかったように思います。あるいはダビデは、そのような倫理的に破綻したどうしようもない罪人の自分を思いながら、それでも神が優しく、あわれみ深いことを覚えて、ただ神に感謝するのみという心境であったのかもしれません。

実際この時、ダビデはアキシュにツィケラグの領地をあてがわれましたが、それはもともと、パレスチナ侵入の際にユダの町となる計画にあったものです。しかしその町は決してユダ族によって占領されたことも、ペリシテの土地であったこともありません。つまりダビデは誰の土地でもない場所を、神があらかじめご計画したとおりに、戦わずして自分たちのものと確認することができたのです。神の前に、本来は罰せられるような人間でありながら、神は、その自分を用いて、神のご計画を進めていく不思議、ただ神に感謝と賛辞を述べざるを得ない心境にもなるわけです。

しばしば、神は、人選を間違えたのではあるまいか、こんな私を引っ張り出し、私の手には負えない働きを負わせようとしていると思うことはないでしょうか。否、私が神の御心を読み間違えて、全く検討違いのことに首を突っ込んでしまったのではあるまいか、と思うことはないでしょうか。今まではなんとかやり過ごせたがこれ以上は、状況が悪くなるばかりで、もう手には負えない。ここで、一度リセットして別の道に進むべきではないか、そんなふうに考えてしまうことがあるものでしょう。そしてあなたはそう決断しなくてはならないのでは、と思うかもしれません。しかし、そうではありません。自分ではなく、まして他人の助言でもなく、神に答えを求めていくのです。ひざまずき、祈り、主が語られるまで待ち、神がなさろうとしていることを見定めていくことです。耐え難い試練の中で、敢えて神の言葉を待つ、それが信仰です。では、今日もよき一日であるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。次の内、サウル軍の将軍となるのは、誰でしょうか?①アビシャイ、②アブネル、③ヨアブ、答えは②アブネルでした。では、今日の聖書クイズです。次の町の中でイスラエルの南部にある町はどれでしょうか?①エルサレム、②ハツォル、③ベエル・シェバ、答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

Chapter 27 David escaped to Gate

  1. David’s hesitation

“How long, Lord? Will you forget me forever? How long will you hide you face from me? (Psalm 13:1) ” This is just at this time, it is said to have been written by David. There is nothing that makes people hate or seem to be estranged, so lonely and miserable.

And David had not only his two wives at this time, but his 600 subordinates and their family. It seems that the land of Nabal could have fed them. However, it was difficult to continue to protect them from Saul, who was attacked by 3,000 soldiers to kill David while settling in the land. In other words, David is in a situation where he must not only protect himself but also ensure the safety of those who are with him, and he thinks, “One day, I will be destroyed by Saul’s hands.” Overwhelmed by, he would no longer be able to expect any great twist of God.

But this is also the reality of the believers. “Now faith is being sure of what we hope for and certain of what we do not see.” (Hebrews 11:1), and continue to move toward the facts you haven’t seen yet. It is a proof that faith is alive. Just as Abraham and Sarah, who are already dead in fertility, get Isaac. It is also the same that Moses, who was branded as incompetent in his leadership ability and was driven into the wilderness, revived. It is faith to live by trusting God that there is God’s grace in places where we cannot expect God’s big twist.

  1. After David’s hesitation

However, David fled to Gate and tried to receive the protection of the enemy general, not God. In the end, David looked like a man of faith, but he was a little half-hearted and not. It seems that David was an ordinary person like Saul who could not stand the faith while being taught the faith. And David thought things reasonably and went on the path that seemed best, and spent at least a year and a half peacefully without fear of Saul’s pursuit. But it was a false, falsely-filled peace.

For David was not a proud tribal chief, but a mere chief of thieves. David fed his family by repeatedly looting Philistine villages. Also, fearing that such secrets would be leaked, David repeated the domineering that killed all the villagers. And he keeps telling lies to Akish and cheating. If it’s an enemy, it’s not a good idea to have a full of lie. Those who seek holiness in the presence of God and praise God tell lies with the same tongue. But I don’t know if David himself was suffering from his ethical bankruptcy. I don’t think there was anything in his poems written during this period that introspected his own contradictions in his mind and confessed his anguish. Or maybe David was thinking of himself as such an ethically bankrupt and helpless sinner, but still remembering that God was kind and merciful, and just thanking God.

In fact, at this time David was assigned the territory of Zikelag from Akish, which was originally planned to become the city of Judah during the invasion of Palestine. But the town was never occupied by the tribe of Judah or the land of Philistines. In other words, David was able to identify a place for him that was not the land of anyone, as God had planned in advance, without fighting. Even though he is a human being who is originally punished before God, he has no choice but to thank and praise God for the wonder of using himself to advance God’s plan.

Do you often think that God is trying to pull you out and do something beyond your control, perhaps because he has made a mistake in his selection? No, don’t you wonder if you misread God’s will and stumbled upon something completely wrong? You’ve managed to get through until now, but the situation just gets worse and you can’t handle it anymore. At this point, you might wonder if you should reset it and move on to another path. And you might think that you have to make that decision. But that’s not the case. We seek answers from God, not ourselves, much less the advice of others. Kneeling, praying, waiting for the Lord to speak, and seeing what God is trying to do. Faith is to wait for the word of God in an unbearable trial. I pray that today will be a good day.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Who will be the general of the Saul army among the following? (1) Abishai, (2) Abner, (3) Joab, and the answer was (2) Abner. So, today’s Bible quiz. Which of the following towns is in the southern part of Israel? ① Jerusalem, ② Hazor, ③ Beer Sheva、 the answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.