人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第二1章 女の愛にもまさって、すばらしかった

2サムエル記1章 サウルの死を悼むダビデ

1.サウルの結末

今日からサムエル記第二を共に読んでまいります。先のサムエル記第一では、イスラエル最初の王様サウルの戦死のお話で終わりました。第二はその続きです。ダビデの下に、一人のアマレク人が戦場からやってきて、サウルの死を知らせるのです。この時ダビデは、アマレクの攻撃を受けて、連れ去られた部下の家族を取り戻す戦いに出て、帰ってきたところでした。ダビデは、サウルの悲報を耳にし、胸をなで下ろすわけでもなく、むしろ、死にそうなサウルを殺した証言するこのアマレク人の若者に怒りを燃やすのです。

実際ダビデは、サウルを殺める機会を二度得ながら、決してサウルを殺そうとはしませんでした。初めは、復讐心をにじませるいじましい姿を見せたダビデでしたが、二回目はきっぱりと、サウルを殺さないという意思を表明しています。それは、後半の哀歌にも語られるように、ダビデはサウルもまた神に愛された人であることを認め、神を超えてはならないことを自覚していたからなのでしょう。ダビデにとっては、サウルの敵意以上に、神の愛が現実的であったということです。ですから、ダビデは、神は正しい裁きを神に委ねていたのです。

ところがこのアマレク人、彼はそのような神の心をわかろうともせず、サウルを殺めたというのです。しかも彼は、自分を在留異国人としています。つまり、彼はたまたまそこに居合わせた、外国人のアマレク人ではなく、イスラエルの民と共に生活をし、神の民の中に加えられていた在留異国人のアマレク人でした。彼はイスラエル同様に、神を恐れ、神に従う者であったはずなのですが、神の民としての考え方、価値観を共有していなかったのです。これは教会においても教訓です。教会として共有すべき価値がありながら、それを学ぶこともない人々がいるものです。教会にあっては、神のみこころに一致し、神と共に生きる、そこが大切にされなくてはなりません。

2.ダビデの哀歌

さてダビデの哀歌を見てまいりましょう。それは、イスラエルの敗北を悲しみ、ペリシテ人がこれをことさら喜ぶことのないように願う内容になっています。そして先ほども言いましたが、「サウルもヨナタンも、愛される、立派な人だった。」と、ダビデは冷静にサウルの名誉を認めています。そして最後に、ダビデはヨナタンの死を悲しみ、ヨナタンの愛を「女の愛にまさって、すばらしかった」と評価しています。実際ヨナタンは、自分が王子であるという地位に固執せず、ダビデの側について、ダビデを守り、励まし続けてきました。それは、何の見返りをも要求しない、実に純粋な愛でした。もちろん、ダビデには、自分のために心から尽くしてくれる女に巡り合うことはあったでしょう。しかし、ヨナタンが示した献身的な愛に勝る愛を示した女に、彼は出会わなかった、と言いたいわけです。ダビデのヨナタンに対する最大級の賛辞でした。

しかしながら、さらに私たちが注目すべきは、この哀歌がユダの子らに教えるように命じられた点です(18節)。つまりこの詩は、単なる哀歌ではない、苦労を共にしてきたユダの人々が、これからずっと共有していくべき考え方、価値を語っているのです。既にユダの人々は、これまでのダビデの様々な苦労を知っていたことでしょう。その前提でこの哀歌を読むなら、それは、まず何よりも、いかなる勝利も主によるものであることを語っていることがわかります。主を抜きにした戦いに勝利はありません。すべては主によって成り立つという考え方を大事にしよう、というわけです。そして、ヨナタンに対する賛辞は、国家を建て上げるために、献身的な愛がいかに大切かを教えています。人は組織を建て上げるために、かつてサウルがそうであったように、能力のある者、力ある者を最優先して採用しようとするでしょう。しかし組織を維持するのは、無理を効かせて、献身的にこれに仕える者です。見返りを期待しない純粋で献身的な愛をもって、物事を支えていく人々が、国家を建て上げる隠れた力となるのです。確かに今日の教会を建て上げることも同じでしょう。イエスの十字架の愛にしっかりと立つ信徒こそが、教会を建て上げてくことになります。能力によらず、力によらず、まさに、神の御霊を信頼し、神と共に生きようとする献身的な信徒が必要なのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。次の内、サウル軍の将軍となるのは、誰でしょうか?①アビシャイ、②アブネル、③ヨアブ、答えは②アブネルでした。では、今日の聖書クイズです。サウルとその子ヨナタンが戦死した場所はどこでしょうか?①ギルボア、②カルメル、③タボル、答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

Books of 2 Samuel Chapter 1 David mourning Saul’s death

  1. The ending of Saul

From today, We will read the second book of Samuel together. The first book of Samuel ended with the story of the death of Saul, the first king of Israel. The second is the continuation. Under David, an Amalekite comes and announces Saul’s death. At this time, David was about to return after being atta cked by Amalek and fighting to regain the family of his abducted subordinates. David hears Saul’s sad news and does not stroke his chest, but rather angers this young Amalek who testifies that he has killed the dying Saul.

In fact, David never tried to kill Saul, even though he had two chances to kill Saul. At first, David showed a vengeful appearance, but the second time he clearly expressed his intention not to kill Saul. Perhaps because, as mentioned in the lamentations of the latter half, David acknowledged that Saul was also a man loved by God, and he knew that he must not surpass God. For David, God’s love was more realistic than Saul’s hostility. That is why David entrusted God with the right judgment.

However, this Amalekites, he said that he killed Saul without even trying to understand the heart of such a god. Moreover, he makes himself a foreigner. In other words, he was not the foreign Amalekites who happened to be there, but the foreign Amalekites who lived with the Israelites and were added to God’s people. He must have been afraid of God and a follower of God, like Israel, but he did not share the ideas and values ​​of God’s people. This is also a lesson in the church. There are people who have value to share as a church but never learn it. In the church, we must be cherished to be in harmony with God’s will and to live with God.

  1. David’s Lamentations

Now let’s take a look at David’s lamentations. It mourns the defeat of Israel and hopes that the Philistines will not be particularly pleased with it. And, as I said earlier, “Both Saul and Jonathan were beloved and respectable,” David calmly acknowledges Saul’s honor. And finally, David mourns Jonathan’s death and describes Jonathan’s love as “greater than the love of a woman.” In fact, Jonathan did not stick to his position as a prince and continued to protect and encourage David on his part. It was a truly pure love that demanded no reward. Of course, David would have met a woman who would do her best for her. But I want to say that he did not meet a woman who showed more love than Jonathan’s devoted love. It was one of the greatest tributes to David’s Jonathan.

However, what we should pay more attention to is that this lamentation was ordered to teach the children of Judas (verse 18). In other words, this poem is not just a lamentation, it talks about the ideas and values ​​that the people of Judah, who have had a hard time with, should share forever. The people of Judah would have already known the various hardships of David so far. If you read this lamentation on that premise, you will find that, first and foremost, it says that any victory is due to the Lord. There is no victory in a battle without the Lord. Let’s cherish the idea that everything is made up of the Lord. And a compliment to Jonathan teaches how important devoted love is to build a nation. In order to build an organization, one will try to hire those who are capable and those who are powerful, as Saul once did. But the one who maintains the organization is the one who works hard and devotedly serves it. People who support things with pure and devoted love that do not expect rewards are the hidden power to build a nation. Certainly building today’s church would be the same. Only the believers who firmly stand the love of Jesus’ cross will build the church. We need devoted believers who trust in the Spirit of God and live with God, regardless of ability or power. I pray that today will be a good day.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Who will be the general of the Saul army among the following? (1) Abishai, (2) Abner, (3) Joab, and the answer was (2) Abner. So, today’s Bible quiz. Where was Saul and his son Jonathan a warrior? (1) Gilboa, (2) Carmel, (3) Tabor, the answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.