レビ記25章

<要約>
皆さんおはようございます。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。
今日はヨベルの年について、それは、安息と土地の返却と奴隷の解放という三つの要素を持つ、イスラエルが、彼らの人生の祝福は、出エジプトがそうであったように、主の憐れみと恵みにかかっていることを思い起こす、大切な年として定められたものです。原則は私たちにとっても同じことでしょう。今日も、皆さんの上に主の平安があるように。

1.ヨベルの年
 聖書には七の生活リズムがある。一週間毎の安息日に加えて、七ヶ月目の贖罪の日、そして七年毎の安息日というように。イスラエル人は、六年間農耕し、七年目には完全に休耕するように命じられた。その休耕の年が安息年である。この年、貧しい者はその土地に自然に生えたものを自由に食べてもよく、イスラエルの奴隷は解放され、負債はすべて取り消された。それは、土地が人のものではなく、「神のもの」であることを教えるためであった。
 安息年を七度重ねた49年目の翌年、つまり50年目はヨベルの年と呼ばれた。ヨベルは「雄羊の角」という意味で、この年の第七月の10日に角笛を鳴り響かせるところからその名がつけられた。そしてその本質的な意味は、かつて神の民がエジプトにおいて束縛されていたこと、抑圧的体制の犠牲者であったが、神の奇跡的な力と助けによって解放され、出エジプトをしたことを思い出すためであった。彼らは神によって自由な者となり、神の恵みの中に置かれ、神との契約関係によって神の民とされ、他国の者とは区別された、いわゆる彼らが犠牲となった周辺諸国の物質主義には屈しない生き方へと入れられたのである。だから五十年に一度の、神によって定められた時によって、すべて束縛されたものを解放することによって、彼らは、人はパンのみによって生きるのではなく、神のあわれみをもって生きることを実践することを教えられたのであった。奴隷の解放、そして財産の処分、土地の休閑といった全ての行為はそういう目的を達成するものであり、彼らはこの期間を簡素な生活を営み、かつて荒野という環境の厳しさを生き延びた時に必要とされた肉体と精神との原則を思い起こさせられたのである。
(1)安息
この年に、まず畑を休ませなくてはならない。それは、農耕の視点からすれば土地に対する賢明な方策であり、人にとっては喜ばしい余暇であった。しかしながら、安息年を七度重ねた49年目も、畑を休ませなくてはならないから、ヨベルの年には2年連続の安息となる。この定めを聞いて、「何を食べたらよいのか」と不安に思う者に対して、神は、「六年目にあなたがたのために、わたしの祝福を命じ、三年分の収穫を生じさせる」(25:21)と約束していることに注意を払わなくてはならない。
 というのも、人の生活は、理屈で成り立つものではない。やはり神が私たちを守っておられる、支え導いておられる。だが人は往々にしてそういうことを忘れて自分で何とかして生きていると思いこんでいるものだ。
(2)土地の返却
しかし、土地は神のものであり、人はその借地人である。神がすべての源であり、私たちはそれを受けるだけである。私たちは神に機会を与えられているに過ぎない。だから安息を守る時間を惜しんで、仕事や勉学に精を出しても、その結果を出されるのは神であることを忘れてはいけない。イエスも、神の国とその義とを第一に求めるように教えられた(マタイ6:33)。神は祝福の神である。神を仰ぐことを忘れたクリスチャンに祝福はない。神が休みなさいと言われた時には素直に休み、すべてが神にかかっているかのように生きていくところに、祝福がある。安息はまさに、神を信頼する民を育てる意義を持つ。ただ、この土地の返却が実現しなかったことは、イザヤ(5:8)やアモス(2:6)ら、BC8世紀の預言者の宣告によってわかることである。
(3)奴隷の解放
 ヨベルの年は、束縛されている者を解放することを基本の思想とする。それは歴史的に、神の民がエジプトにおいて束縛され、抑圧されていたにも関わらず、神の奇跡的な介入によって解放されたことを思い起こさせる。だから、売却されていた土地も、自動的に売り主のもとに復帰する。負債は免除され、負債のために奴隷となっていたイスラエル人も解放される。この年、こうして奴隷も、財産も土地もすべて解放された。このために利益追求一辺倒の努力は、一時中断され、歯止めをかけられる。土地が返され、人が解放されることで、貧しい者はいつまでも金持ちに搾取されていることはなく、神のものは正しく分配されたのである。人も土地も神に属するものであって、人のものではない。人はすべてを正しく管理するように忠実な管理者として、所在させられていることを忘れてはいけない。
北米のフィラデルフィヤにあるインデペンデンス・ホールには、合衆国独立の時に鳴らした自由の鐘があるが、その鐘には、このレビ記25章10節からの引用「国中のすべての住民に解放を宣言する」が刻み込まれているという。種々の抑圧、不正に弱り果ててはならない。神は出エジプトならず、私たちの歴史において、正しい民を繰り返し解放されてきたからである。ヨベルの年は理想の教えではなく、私たちの現実に働き公儀を行われる神を覚える時である。
そしてこのヨベルに、私たちの未来の希望である真の安息も予表されている。ペテロは言う。「あなたがたは、信仰により、神の御力によって守られており、終わりのときに現されるように用意されている救いをいただくのです」(1ペテロ1:5)世の終わり、完全な安息の時が来ることを私たちは予告されている。この地上においては、罪が邪魔をし、ヨベルの年が守られることはないかもしれない。しかし、神の定めは永遠であり、神は、私たちを必ず休ませてくださる。必ず解放し、取り戻し、祝福してくださる。だから神の国と義を第一にし、神がすべての所有者であることを覚え、今日も機会に巡らせてくださる神に感謝し従わせていただこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です