出エジプト記27章

27章 祭壇と幕屋の範囲
1.祭壇の制作等
 先の26章は、幕屋の本体、つまり会見の天幕をどのように作るかを説明していました。次の27章は、会見の天幕の前に置かれる祭壇と、幕屋と呼ばれる範囲をどこまでとするかを説明するものです。
1)幕屋の構造 
 まず祭壇ですが、それは長さ5キュビト、幅5キュビトの正方形、メートルに直すと、2.23平方メートルの大きさです。それは全焼のいけにえの祭壇とも呼ばれています。しかし、材料はアカシヤ材、青銅を被せたとしても実際には、動物の体を全部燃やしてしまうほどの熱には耐えられなかったのではないか、と考えられています。ですか実際に、祭壇として用いる場合には、そこに土や石を積んで燃やしたと考えられています。
 次に、幕屋の範囲について。それは、東西に100キュビト(約44.5メートル)南北に50キュビト(約22メートル)の長方形とされます。その範囲を明確にするため、5キュビト間隔に柱を立て、高さ5キュビトのより糸で織った亜麻布の幕をかけて囲います。以前ハイデラバードのカーネル大学に行った際に、大学構内に、幕屋の実寸模型が建てられていました。かけ幕の高さは5キュビト、2.23メートルですから、外から中を見ることはできません。背の高いクラスメートが、ビデオカメラをかざして中を覗いて見せてくれたことを思い出します。幕屋の入り口は、東側に一箇所、そこに、美しい四色の刺繍を施された長さ20キュビトのかけ幕がかけられるようになっていました。その入り口をくぐると、その正面に祭壇、そして奥に26章で見た四層の覆いのかけられた会見の天幕が立っていることになるわけです。幕屋は、全体として長方形ですが、実際には、正方形二つの組み合わせであると説明されることもあります。つまり、西の正方形の中心に契約の箱、東の中心に青銅の祭壇があり、それぞれ神の臨在と、人間の献身を表明する構造がある、と言うわけです。なるほど面白い説です。
それと興味深いことですが、幕屋の構造や機能的な意味は、日本の神社のそれとよく似ていると言われます。神社には、洗盤に通じる手水舎、そして祭壇に代わる鳥居、そして会見の天幕に相当する御正殿という要素が必ずあるからです。そして朱に塗られた鳥居は、エジプト人が、最後の災いの際に、血をぬった家の門柱とかもい(出エジプト12:23)を連想させるもので、日本の神社にも、神の災いを避け、神に近づくためには、血の贖い、キリストにある罪の赦しが必要であるという真理を物語るような象徴がある、というわけです。
2)幕屋の意義
 ともあれ幕屋の基本的な機能は、神にいけにえをささげ、神の臨在と祝福に与るところにあります。それは、何人も、罪を贖われ、赦されることなくして、神の前に立つことはできない、という考えがあるからで、祭壇では、毎日絶やすことなく1歳の若い雄羊2頭がささげられました。日本人は、罪は水に流すと考えますが、ユダヤ人は、罪は血によって贖い、償い、赦されると考えました。祭壇を鳥居に代え象徴化してしまった日本人と、祭壇を実際に用いたユダヤ人の差と言うべきでしょうか。
 また、亜麻布によって囲われた幕屋に入ることができるのは、祭司とレビ人のみとされました。古代イスラエルでは、一般の人は、幕屋を囲う幕の外から中で行われていることを覗き見るだけでした。旧約律法においては、神はすべての人を祭司としておりますが(出エジプト19:5-6)、実際にすべての人がこの庭に入ることができるようになったのは、イエス・キリストの十字架の死を通してです。すべての人がイエス・キリストの十字架の血によって罪を贖われ、赦されることによって、神がおられる場である幕屋に、恐れることなく立ち入ることができるようになったのです。今日私たちと神の間を妨げるものは何もありません。キリストが側にいてくださり、キリストの赦しにより、私たちは神の祝福を受ける者とされているのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。「じゅごんの皮は、幕屋の幕の他、聖書にはどのような日用品に使われていることが記録されているでしょうか?」答えは履物(靴)でした(エゼキエル16:10)じゅごんは、紅海、インド洋、オーストラリア、また太平洋にまで広く生息している、海に住む哺乳動物です。では、今日の聖書クイズを一つ。聖書の単位、キュビトは、約何センチと覚えるとよいでしょうか?答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

<天草さんのフォローアップ>
パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/
私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です