人生100倍の祝福😊 ルツ記3章 主は生きておられます

3章 ナオミ、ルツ、ボアズそれぞれの決断

1.ナオミのルツに対する配慮

ルツは、明らかにボアズの好意に与っていました。それを知ったナオミは、レビラート婚の権利に訴えて、ルツの将来を確かなものにしようとしました。嫁の助けに恩義を感じた姑のナオミにできるせめてものことだったのかもしれません。レビラート婚、聞いたことがないなあ、と思われる方もおられるかもしれません。それは、古代ユダヤ人の定めで、結婚した男が子どものいないまま死んだ場合、死んだ男の兄弟が、寡婦となったその男の妻を自分の妻とするものです。このレビラート婚は、寡婦の権利として法律的にも認められていました。ただ本来は、遠縁の親戚ボアズとナオミが適用対象になるのですが、ナオミはこれを自分ではなく嫁のルツに適用しようとしたのです。「身の落ち着き所を私が探して」(1節)というのは、生活の面で落ち着く場所を探す、ということです。確かに寡婦の生活は不安定で、その将来も極めて厳しいものがありました。同じ寡婦として苦労してきたナオミは、ルツの生活を案じたのでしょう。

2.ナオミの助言とルツの従順

そこでナオミは、ルツに具体的な指示を与えました。からだを洗い、油を塗り、晴れ着をまとい、打ち場に下って行くこと、ボアズが寝る時に、その足のところをまくって寝ることです。なぜこのような指示をしたのか。ナオミは、ルツが受け入れられやすいように大胆な求婚を命じたのだと考える者もいます。ただ、男性が自分の覆い、つまり衣のすそを広げて、女性を覆うことは、妻として了承することを意味しました。古代のアラブではもちろん、今なおそういう習慣が残されているところもあると言います。

ボアズはナオミに「あなたの今回の誠実さは、先の誠実さにまさっています」(10節)と語りかけました。「先の誠実さ」は、ルツが夫の死後、姑のナオミに着いて来てナオミの生活を支え続けたことを言っています。「今回の誠実さ」は、彼女が貧しい者でも、富む者でも、若い男たちの後をうのでもなく、自分の夫マフロンの名を相続地に残すために、レビラート婚の慣習に訴え、相当年上のボアズを夫として選んだことを指しています。ボアズは家族を守ろうと、ダブルで忠実な行動を取ったルツを評価したのです。

3.神の導き、人の誠意、そして思い

実際、ナオミにとっての懸念は、ルツの結婚だけではありませんでした。土地の買い戻しのこともありました。ナオミには働き手がなかったので土地を維持できませんでしたし、まとまったお金も必要だったことでしょう。ナオミの願いは、ボアズがルツと結婚し、さらにボアズが土地を買い戻してくれることだったのです。そうすれば、ルツは夫を得て幸せになり、同時に生まれてくる子にエリメレクの名と土地を継がせることができるのです。ただ、この土地の買戻しにはルールがあり、ボアズは、買戻しの権利を主張することのできる二番手であったのです。そこでボアズは、筋を通そうとしました。そのエピソードは、明日の4章で学ぶこととします。

ともあれルツ記は、同時代の士師記の記録に比べると、人間の常識的な判断や考え方、また社会のルールが大切にされながら物事が進められていく、ある意味で誠実な人間の営みが読み取れる内容を持っています。しかし、人間の誠意だけで物事がすべて動いていくわけではありません。物事が誠実になされると同時に大切なのは、神が私たちの働きをどのように進めてくださるか、ということです。ナオミはルツに言いました。「娘よ。このことがどう収まるか分かるまで待っていなさい」(18節)。物事はなるようにしかならない、という考えもありますが、物事はすべて神が進められるというのが聖書の語ることです。ですから、今手がけていること、懸案中のことがあれば、それがどう収まるか分かるまで待つ、神がどのように働き進めてくださるのかを見届ける気持ちを持つ、これが大切です。今日も、あれやこれや、一つ一つの事柄に、神の業を見ていく心をしっかり持ってまいりましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。土地の買い戻しの権利についての定めは、レビ記のどこに書かれているでしょうか?答えはレビ記25:25-28でした。では、今日の聖書クイズを一つ、当時貧しい人のパンの材料とされたのは、大麦、小麦どちらでしょうか?答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です