二子玉川聖書学院

二子玉川聖書学院へようこそ!

ただ聖書に親しみ、神と良き時を過ごすことにより、信仰成長を目指す方々の稽古場と学舎です。

自宅で毎日聖書を通読する方々の友となる「パスターまことの聖書通読一日一生、聖書通読ブログ」(http://thousandtimesbless.com

毎週通って、聖書を掘り下げて学びたい方々の研鑽の場となる「二子玉川聖書学院」

月一度集まりあって、聖書通読の励ましと、個別で些細な疑問を解決したい方々のクリニックの場となる「聖書通読二子玉川道場(OFF会)」

 

三つが一つとなって、個人の信仰の深まりと諸教会の宣教の働きに協同します。

 現在、様々な諸教派の方々が聖書の世界の深さ、広さ、高さを味

わう旅路を共にしています。
 随時道場入門者、受講生受付中です!詳しくはお問い合わせください!!

hello_office@futakotamagawa.qcweb.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

❑二子玉川聖書学院のビジョン
二子玉川聖書学院は、深い聖書理解と洞察に基づいて、聖書を縦横に開いてキリストを証し、キリストの体である教会を建てあげる働きの喜びを牧師と共に分かち合う信仰者を育成します。

❑二子玉川聖書学院のミッション 
そのため、二子玉川聖書学院では、専門の先生方から、聖書地理歴史、旧約・新約聖書概論、各書研究、さらに、イスラエル民族・文化学等を学ぶ場を提供し、聖書を断片的にではなく、体系的、総合的に理解していきます。「真理はあなた方を自由にします!」これが二子玉川聖書学院の学びの核心です!

❑二子玉川聖書学院のバリュー
二子玉川聖書学院は、このビジョン、ミッションを達成するため、神と良き時を楽しむ聖書通読による霊的成長を側面からサポートすることが最も有効と考えます。いわゆる弟子訓練、信徒訓練でもなく、神様に自ら訓練されることを、側面からサポートするのです。ですから学院生を送り出してくれる教会の祈りや、牧師との協同を大切にします。

❑二子玉川聖書学院の特別専科(パスターズスクール)

なお、二子玉川聖書学院は、併設の牧師・信徒役員向けの教育研修機関であるパスターズスクール(牧会喜塾)と共同して、聖書に立脚した教会形成学や、教会会計、宗教法人実務などの実際的な学びも提供してまいります。

詳しくはこちら⇒二子玉川聖書学院

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

❑❑❑2019年度、通常講座のご案内❑❑❑

聖書の世界1(新約聖書の地理と歴史)⇒案内⇒聖書の世界1(新約聖書の地理と歴史)、飯島勅師、通年30回(毎週金曜日午後13:30-15:00)

旧約聖書概論1(律法と歴史書)⇒案内⇒旧約聖書概論、福井誠師、通年15回(隔週金曜日午前11:00ー12:30)

キリスト教カウンセリング⇒案内⇒キリスト教カウンセリング、福井誠師、通年15回(隔週土曜日午後13:30-15:00)

❑❑❑2019年度、特別講座のご案内❑❑❑

過越の祭りセミナー⇒案内⇒過越祭りセミナー 石井田直二師、全4回7月1日、2日

❑❑❑2019年度、パスターズスクールのご案内❑❑❑

第二サイクル⇒案内⇒牧会喜塾募集要項(第二サイクル)、ゲイリ・ハリソン師、福井誠師、通年3回

随時学院生、塾生募集中です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療関係者が集まり、信仰と人生を共に考える、「育ちの村読書会」もあります!⇒育ちの村

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FAXまたはメールにてお申込みください。また詳しいお問い合わせは、メールにてよろしくお願いいたします。

FAX:03-3707-5216
メール:hello_office@futakotamagawa.qcweb.jp

<振込口座>

◎ゆうちょ銀行 記号番号 10140-13326201(普通:〇一八店 1332620)パスターズスクール
◎ゆうちょ振替 記号番号 00150-0-264343(当座:〇一九店 264343)パスターズスクール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

受講者の声 !(^^)!

*創世記に、聖書全体に通じるテーマが隠されていたことを改めて知りました。感動しました。

*ひとまとまりごとに、明確に概要から学ぶことができる。

*聖書の全体の流れを把握して読むことが大切なことがわかりました。1節づつ切り離して考えては意味が変わってしまうことがわかった。

*世界史を勉強し直しているようで、楽しい。

*講義に参加はできないけど、通信生として学ぶことができて、便利です。

*講義後の茶菓の時間に、気軽にわからないところを質問できるのも大変嬉しい。

*シルバー年代には、きょういくが必要です。つまり今日行くところ、それが二子玉川聖書学院です!

*昼食を食べながら、色々とお話するのも楽しいです!