創世記49章

この章は、ヤコブの子どもたちに対する最期の祝福というよりは、「集まりなさい。私は終わりの日に、あなた方に起こることを告げよう」(1節)とあるように、預言として読んでいくべき個所なのだろう。「終わりの日」は、いわゆる終末的な意味であるというよりは、「後の日」とも訳されるように、カナン定住時代を念頭にしていると考えるとよい。
まず、ルベンは長子であるが、長子の威厳を保つことができない。というのも、彼は、力はあっても、水のように奔放で、つまり自制心を欠いていたからである。実際、彼は性的な抑制を欠いて、父の寝床を汚した。後の士師の時代、ルベン族は、優柔不断を責められ、リーダーシップを欠いたとされている(士師5:151,16)。シメオンとレビは、シェケムの残虐さの故であろう、ひとまとめにされている。そして彼らの集いには連なるな、という(6節)。神の裁きによる大虐殺と、恨みと復讐による大虐殺は区別されている。その後彼らはヤコブの預言のように散らされていく。シメオン族は、ユダ族の中に組み入れられ(ヨシュア19:1-9)レビ族も土地を相続することはなかった(ヨシュア18:7)。しかし、神は、つけ離して終わり、という方ではない。レビ族の相続地は、目に見える土地ではなく主の祭司として仕えることとなり、それは名誉ある分散であった。
ユダに対する預言は興味深い。ユダは獅子の子とたとえられる。それは、黙示録5:5にあるイエスの戦闘的なリーダーシップのイメージを思い起こさせる。事実、10節、「王権はユダを離れず」は、後のイスラエル部族での主導権を示唆する。「シロ」の意味は不明。このヘブル語を「シェロー」と読み替えて、「彼に属するものが来るまで(ユダが受け継ぐものがすべて明らかになるまで)」と、ここにメシヤ的な内容を見出すことを伝統的にはよしとしてきた。つまり、ダビデあるいはイエスの到来を預言していると理解するのである。アブラハム、イサク、ヤコブに継承された、霊的な祝福、つまりメシヤの系譜に与る祝福はユダに与えられるということだろう。11節の、ぶどう酒が水代わりに、またぶどうの木が家畜をつなぐ杭にされるというのは、ユダのリーダーシップのもと、豊かな時代が到来することを預言している。
13節、ゼブルンの割り当て地は、実際には海岸に接するところはなかった(士師5:17)。またシドンにも近くはなかった。しかし、海上貿易で豊かになれない地域ではなかった、と言える。
16節、ダンの名は、黙示録7:5-8にあるイスラエル構成のリストには消えている。ダンに期待されたことは、イスラエルの部族の一つとしてさばくこと、にあった。しかし、実際のダンは士師18章にあるように、その期待に応える歩みをせず、結果ダンの名を消し去ることになったのかもしれない。推測するまでである。
ヨセフは、メシヤの系譜には与らなかったものの、その生涯は、メシヤの生涯を象徴している。ヨセフは兄弟たちに憎まれたが、イエスも同じように同胞に憎まれた。ヨセフは身内に銀20枚で売られたが、イエスも銀30枚で売られている。ヨセフは、奴隷として様々な不運に見舞われたが、イエスも捕らわれの身となり苦しめられた。ヨセフは、20年死んだ者と思われていたが、イエスも私たちのために死んでくださった。
またヨセフは、大臣として高く挙げられたが、イエスも復活し、神の右の座についておられる。ヨセフは異邦人の妻を与えられたが、キリストも教会を花嫁として与えられている。預言の言葉の中にヨセフに対する批判はない。ヨセフの正しいことが証明されたからである。同じように、イエスも、正しい方であり神の祝福を受けるにふさわしい方である。
考えてみれば、ヨセフは、大臣になるべく教育を受けた人物ではない。しかし神がご自身のご計画に基づいてヨセフを大臣として抜擢し、これを用いられた。ここに、私たちは、主が徹底して祝福の主であることを思わされるのでもある。まさに「全能者による祝福」というものがある。人は、自身の努力と策略によって幸せになるのではない。神によって機会が与えられていく。だからどんな人も人生において希望を持つことができるし、どんな人間にも望みを抱くことができる。人生において大切なことは、神に味方となっていただくことであり、神による祝福があることを認めることである。アブラハム、イサク、ヤコブに続き、ヨセフもまた神の祝福に生きた。信仰によって、神に人生を委ねながら、神に祝福されることをよしとして生きていくことが、私たちにとって最善である。今日も神に期待していこう。

創世記48章

 ヤコブは、年老いていよいよ最期を迎えた。彼は力を振り絞ってとこの上に座った。そして語った。「全能の神はカナンの地ルズで私に現れ、私を祝福して仰せられた」(4節)と。ヤコブは「全能の神」との出会いを思い起こす。すべてはそこから始まった。そしてその神は「きょうのこの日まで、ずっと私の羊飼いであられた神」(15節)である。しばしばヤコブは難しい人生を通らされてきた。しかしその過程で、彼は、神の助けと守りを受けてきた。彼は羊飼いであられた神であると同時に、全能の神の御力と助けを経験してきたのである。そして、確かに神が約束してくださったように、ヤコブを祝福し、増やし、所有を与えてくださった、と認めている(4節)。
5節ヤコブはヨセフの子マナセとエフライムを自分の子としようとする。その心は複雑であり、痛ましい。最愛の妻ラケルの子を最も授かりたかった、というヤコブの本音が現れているのかもしれない。ヤコブにとっては目にみえる現実の家族の中で、心の家族と言うべきものがあったのではあるまいか
 人間にとって神に従う人生は決して単純ではない。神は確かにこの私を祝福してくださった、私に最善をなしてくださった、と思うと同時に、その途上には、思い出せば悲しくもあり、自分の思う通りにはならなかったと思うこともある。だがそうであっても、神は私に真実であったことに変わりはなく、自分の偏狭な人生もそうであればこそ豊かにさせられたのだ、と思わされることも確かなのである。
ヤコブは、自分の頭がしっかりしている内に、信仰によって子どもたちを祝福しようとした。長子の権利は、長子のルベンが父の寝床を汚したことで(創世記35:22)ヨセフへと与えられたと聖書は言う(1歴代5:2)。確かにヤコブは、ここでヨセフに、自らに祝福として与えられた長子の権利を継がせようとしたのであろう。しかし、ヤコブが考えている長子の権利と、神が考えておられた祝福の継承は、必ずしも同じではない。というのもイエス・キリストの系図を継承する祝福は、ルベンでもヨセフでもなく、ユダに与えられたからである。
またヤコブは、自らの経験を思うところがあったのか、ヨセフの子どもの祝福の順序を違えている。ヨセフの長子を祝福するのではなく、弟を祝福する。そしてヨセフにシェケムを与える約束をした。しかしながらシェケムの町は、実際には、イスラエル人がエジプトから脱出し帰国した際に、エフライムとマナセの境界となり(ヨシュア17:7)、逃れの町(ヨシュア20:7,21:21)、また、レビ人の町としてケハテの子たちのものとされている(1歴代6:67)。
 つまり、すべてはヤコブが思い描いたようには運ぶことはなかった。ヤコブは勝手に神のみこころを考え、神のみこころに生きているように思い込んでいたが、神のみこころはヤコブの思いを超えたものとして進められていた。それは、私たちとて同じことである。人間に神の御心を知り尽くすことはできない。いかに謙虚に、神のみこころを考え抜かねばならぬかを教えられるところだろう。そして同時に、信仰をもって子を祝福することも教えられるところである。子どもを見れば色々と、不完全であり、気を揉むことも多々ある。しかし親が子にしてあげられることは、愛情を注ぐことであり、祝福すること以外にない。いつも、現実ばかり見るのではなく、その子の将来に主の確かな祝福を覚えて祈り続ける、その子の祝福を描いて、励ましと支えとなるまなざしを注いでいく。自分もまた神にそのように祝福され導かれたことを思えばこそである。今日も、信仰によって家族を祝福する者でありたい。

創世記47章

 ヤコブがパロと会見した。ヤコブは、パロの質問に答えて自分の人生を「いろいろなわざわいがあり」とまとめている。確かに、ヤコブの人生を振り返ってみれば、兄エサウを騙して、家を追い出されるところから始まり(27章)、ラバンに騙されて20年黙々と不正な報酬のもとで、労働を強いられ(29-31章)、自分が望みもしない4人の妻の争いに巻き込まれ(30章)、息子、娘たちの愚かな行動のために、自分が住み着こうと買い取ったシェケムの地を追われ(34章)、最愛の妻ラケルを失い(35章)、その妻の息子で溺愛したヨセフを兄弟たちに売り飛ばされ(37章)、終いには、ラケルの妻の最後の息子ベニヤミンさえ奪われそうになった(42章)。確かにいろいろなわざわいの記憶に圧倒されそうな人生であったのだろう。しかし、ヤコブは、そのような人生を神とともに生き延びて来た。
 家を追い出されたヤコブは、それを機に、ともにおられる神を知り、べテルに祭壇を築いている(28章)。ラバンに散々利用された20年間では、ヤコブは、「神は私の苦しみとこの手の労苦を顧みられ、昨夜さばきをなさったのです」(31:42)と神がその苦難から解放されたことを認めている。またシェケムの殺戮でカナン人とペリジ人の憎まれ者になり、存在が危くされた時には、神が、恐怖を町々に下して守ってくださったことを認めている。ヤコブは様々な苦難の中で、神の助けと守りを認めている。だから、最愛の妻ラケルが死に臨んで、ラケルが生まれてくるわが子を「ベン・オニ(悲しみの子)」と呼んだ際に、ヤコブは、その名を「ベニヤミン(我が右手の子)」と積極的に読み替えて、乗り越えることもできたのだろう。そして、ベニヤミンのエジプト行きについても「全能の神」(43:14節)にすべてをゆだねて乗り越えている。
自らの人生を振り返って、いろいろなわざわいに満ちている、と思えることはあるだろう。神を知る人生がいつも幸せであるとは限らない。キリスト者の人生は綺麗ごとではないのだ。しかし、神とともにその苦難を乗り越えることができることもまた真実である。ヤコブの生涯はそのことを明確に語っている。様々な破れや痛みがある現実の中で生き抜いていかなければならぬ人間に、最期まで、望みを手にするようにと励まし、支えて、寄り添ってくださる神を覚えることが大切なのだ。それは、まさに、イザヤが「ヤコブよ、あなたを創造した方、イスラエルよ、あなたを形造った方が。「恐れるな。わたしがあなたを贖ったからだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたが水の中を過ぎるときも、わたしは、あなたとともにいる。川を渡るときも、あなたは押し流されず、火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない」(43:1-2)と語るようなものであった。こうして読んでみると、創世記は、実に神の信仰に生きることがなんであるか、その本質を語る、感動的な書であると改めて思わされるところである。
ヨセフが飢饉に際して、どのように対処したのかは興味深い。というのも、彼の経済政策は、単に飢饉から人々を救うという対処療法的な政策を越えている。彼は、食糧と引き換えに土地を買い取り、税制を確立し、エジプトの将来を築く国の構造改革を成し遂げている。確かにヒクソス王朝以降、エジプトでは土地その他の財産の集中的な国有化が進んだ。
 こうしてヨセフは、17節、人々を難局から切り抜けさせた。そしてヨセフは、土地と交換に食料を与え、五分の一の税制を貸した。土地はファラオの所有となり、その住民はファラオの借地人となった。20%という税率は、40~60%にさえ達し得る古代社会の税率に比較すると、十分民衆に配慮したものである、という。
ヨセフが、大所高所で物事を見、将来につながる政策を成し遂げられたのも、天地万物を支配し、保持する神を知ればこそである。物事を行き詰まりではなく、プロセス、移り変わりとしてとらえて行く。変革の機会であるとみなして、新しい転換を求めて行く。神を信じているのであるならば、そのようなしたたかさを持って生きたいものだろう。確かに切り抜けさせてくださる神を覚えて、ただその時々を生きる以上の歩みをさせていただこう。

創世記46章

ヤコブはエジプトに向けて出発した。総勢70名の大移動であった。ベエル・シェバに来たときに、彼はそこで神にいけにえをささげた。ベエル・シェバは、ヘブロンからエジプトに通じる南方面への道路と、アラバから地中海に至る北西方面への道路との合流点にある。かつてアブラハムが居を構え、イサクが自分の根拠地としたところである。ヤコブは、そこで、「父イサクの神にいけにえを献げた」とある。つまり彼は、先祖からの地境を動かすことになるかもしれないこの度について神の許可を求めようとしたのである。神は、ヤコブに夜の幻の中で答えられた。神は、「わたしは神、あなたの父の神である。恐れるな」という。エジプトに下ろうとするヤコブに、神は保証をお与えになった。いつしか神のみこころを中心とする生き方がヤコブの基本になっていた。かつて、同じ飢饉に際して、エジプトへ神の御心も聞かずに出ていったアブラハムとは異なる姿である(12:10)。
こうして神に従おうとするヨセフとヤコブが再会する。ヨセフは父に会うなり、父の首に抱きつき、その首にすがって泣き続けたとある。実に、長い間隙を埋める涙であったことだろう。他方父のヤコブは、ヨセフを抱きながら、神がヨセフに何をし、また自分に何をしてくれたのかを深く思わされていたことであろう。かつてヤコブは、最愛のヨセフに長子の特権を象徴する長服を着せていた。11人の兄弟の誰よりもヨセフに愛情を注ぎ、自分がしてやれる最善を与えていた。しかし、人間ができる最善は、神の最善にはとうてい及ばない。ヤコブがヨセフに着せてあげたものは「長子の長服」であったが、神がヨセフに着せてくださったのは、「エジプトの大臣」の装束であった。パロの指輪をはめ、亜麻布の衣服と金の首飾りを身にまとうヨセフ。おそらくヤコブは、ヨセフの大臣としての装束に身を固めたわが子を抱きながら、父親が子にしてやれることは、神がしてくださることに到底及ばないことを思わされたはずである。また、神が子を取られたのではなく、子を先に遣わしたこと、ヤコブの家族を憐れんで、ヤコブの家族とともにおられたことを深く諭されたことであろう。ヤコブの心には、深い充足感と希望が湧いてきたはずである。
思うことがある。子は、神からの授かり物であり、あくまでも預かり物、神のご計画に沿って育てていくものである。それは自分の所有物ではない。自分にとってよかれと思うもの、最善だと思うものを与えていく、それが子育てなのではない。神がこの子にどのような計画を持っておられるのか、そしてその子が、自分の思いを超えた神のご計画に従って、神の器として育っていくために、自分が神の御心に沿ってできることは何かを考えていくことである。となれば前途に未来のある子どもに期待するところは大きいが、自分の関りの中で、まず子どもに期待すべきことは、信仰や誠実さ、そして真実さを教え諭していくことなのだろう。
エジプトに着いたヤコブたちは、ゴシェンの地に住むことになった。そこはラメセスの地とも言われている(創世記47:11)が正確な位置は不明である。しかし、このような配慮が、外国にあって、イスラエル人を固有な存在として維持し、発展させていくことになる。実際、外国人を蔑視するエジプトに住むことは、イスラエル民族としての固有の意識を育て、雑婚によるエジプト人との同化を防ぎ民族的な純潔を守ることになり、さらには、宗教的にもエジプトの偶像崇拝から守ったからである。そして、イスラエルは外敵の脅威から守られながら、増え広がることができた。
「羊を飼う者はすべて、エジプト人に忌み嫌われている」(34節)これをエジプト人の民族的な感情を語っているとするならば、エジプト人にヒクソスの支配者たちについての苦い思い出があったため、とされる。ヒクソスというのは、「外国の支配者」を意味し、エジプト中王国が崩壊した後の混乱に乗じてエジプトの支配権を握った(BC1700-1550年)侵略者である。しかしヨセフの出来事がその後のこととするならば、ヨセフはパロの第二の車に乗ることもできなかったと思われる。むしろ、イスラエルが移り住んだ時代は、セム人としてのヨセフを重用し、家族をも歓迎することができた、同じセム系の支配者ヒクソス王朝の時代と考えた方がよいだろう。そしてこのヨセフのことばは、都会の住民が遊牧民に持つ古くからの感情や反感を言い表しているものなのだろう。つまりヨセフは、それを強調することで、馴染みのない都市の生活に家族を引きずり込んで、再び家族に破壊をもたらしたくない、という思いがあったのかもしれない。
ともあれ、神のなさる最善は、私たちの小手先の最善に遥かに勝る。今日も私たちの思いを超えた神の最善に期待し、希望を持って歩ませていただこう。

創世記45章

ヨセフは自分を制することができなかった。そして声をあげて泣いた。二度目の涙は、最初の涙とは意味が違う。43章30節での涙は、弟懐かしさの涙である。45章での涙は、感動と和解の涙である。自分をいたぶり、悪鬼のように商人に売り渡したユダの姿はなく、変えられたユダがいた。しかし、ヨセフは、変われずにいた。兄弟を赦し、家族と再会すべき時が来ていたが、ヨセフは弟ベニヤミンを側に置きたいというだけで、兄弟を赦せず、父の気持ちを思いやることもできずにいた。ヨセフには、あれほど自分をかわいがった父などどうでもよかったのかもしれない。というのも、あんな偏愛に満ちた父がいなければ、こんな不幸も味わうことはなかった、とヨセフは過去の記憶に生き続けていたのかもしれない。そんなヨセフの頑なな何かが崩れていく。
かつてヨセフは、二番目の息子をエフライムと名づけ、主がこの苦しみの地で、自分に多くの償いをしてくださった、と告白している。しかし、それは物質的な償いであって、心の傷を癒す償いではなかった。深い心の傷は長く放置されたままであった。有り余る富と地位で、自分の心の問題をごまかしてきただけであった。ある金持ちの求道者が語ってくれたことがある。金持ちにはごまかしが効くという。寂しい心、むなしい心を、金でごまかすことができる。それがたとえ一瞬であっても、偽り、ごまかすことができると。ヨセフもそうだったのだろう。
だからヨセフの本当の幸せは、この時から始まっていく。変えられた兄弟たちと和解し、かつての父親を受け入れていくところから、神が償ってくださった、自分は満たされた人生を歩んでいる、と心底言える人生が始まっていくのである。それまでの人生は、ただの見せかけの幸せであった。兄弟たちの真実に変えられた姿に触れて、ヨセフの頑なな心が砕かれ、奥深い傷が癒されて、初めて真の和解と幸せが実現したのである。
そしてこれが、神がアブラハムに約束された祝福と理解すべきことなのだろう。ヨセフの物語は絵画的に、アブラハムの祝福をイメージさせてくれる。新約聖書における放蕩息子(ルカ15:11-32)のたとえが神の愛を理解させるものであるとしたら、旧約聖書におけるヨセフの物語は、神の祝福を理解させるものである。分かり合えず、散らされ、敵対すらした者たちが和解し、一つにされる、それがヨセフの味わった祝福である。それは地上における、お金、名誉、地位がもたらすいかなる祝福にも勝るものである。
ヨセフはこの時、39歳になっていた。神は、この恵みをヨセフに、そして家族に理解させるために、多くの時間を費やされた。神は単純に物事を進められるお方ではない。私たちには無駄と思えるような時間をかけながら、物事がわかってくる時と場を備えてくださる。そして神は、起こりえないことを起こりうるように一切を導いてくださるお方である。この時点では、もはやヨセフだけが、自分の心に素直になればよいという状況であったのだろう。しかし、わかっていても、素直になれない時はあるものだ。そしてそのような時も、神が、その素直さを導いてくださるのである。素直になれない時には、自分の気持ちをそのまま神に告げて、時を待つべきなのだろう。それが自分を制しきれない形で実現するのか、それとも、スマートな形で実現するのかはわからないが、神が必ず時と場を備えてくださる。
ヨセフは自らを明かした。そして兄弟たちが自分にしたことを積極的にこう言い換えている「私をここに売ったことで、今、心を痛めたり自分を責めたりしないでください。神はあなたがたより先に私を遣わし、命を救うようにしてくださいました。」(5節、50:20)、信仰の人には、物事を神のご計画として理解する力がある。たとえそれが人意図した悪意的な行為であれ、そこにも神の完璧なご計画があると信じる力がある。ヨセフは兄弟の悪意によって売られたのではなく、神に遣わされたと考えた(8節)。また神の人は、神の業がなされる目的を理解する。ヨセフは、自分がエジプトの統治者になったのは、エジプトの民が救われるだけではなく、ヤコブの家族、つまりイスラエルの民も皆救われるためであったと考えた(7節)。実際のところ、ヤコブの家族は外国人としてエジプトの地に迎えられ、自分たちの独自性を失うことなく、増え広がることができた。これは、やがてイスラエルをエジプトの奴隷とすることに繋がるのであるが、イスラエルを国としていく、神のご計画でもあったのである。いついかなる時も、私たちには知りがたい、神の導きを信頼しつつ歩ませていただこう。