イザヤ書22章

22章 悔い改める
おはようございます。「恐慌と蹂躙と混乱の日が、万軍の神、主から来る」(5節)と言います。同じように、救いも解放も、神から来るものです。すべての根源に神の働きがあることを謙虚に認め、神を恐れ、神の最善を期待しつつ歩みたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.「幻の谷」への警告
 「幻の谷」というのは、南ユダ、エルサレムのことである。エルサレムは、ヒノムとキデロンの、二つの谷によって三方を囲まれた町であった。イザヤは、この町について、激しく泣きたい思いになっている、という(4節)。背景には、BC701年、アッシリヤの王セナケリブがエルサレムを包囲した時に、アッシリヤが突然その囲みを解いて引き揚げたのを見て、エルサレムの民が喜んだ出来事がある。エルサレムの民は、本来はそこで悔い改めるべきであった。これが神から出たことであることを認め、神に立ち返ることが求められていたのである(5節)。しかし彼らは、神よりも「森の宮殿の武器」(8節)つまりソロモンが蓄えた武器、人間的な力により頼んで、行動したということだろう。ヒゼキヤが王位について、シロアムの貯水池と水路を造り上げた直後のことであればなおさらの状況であったと思われる。しかし、そんな防備は役立たない、なぜお祭り騒ぎをしているのか(2節)というわけである。事実、彼らはこの預言がBC586年、バビロンのネブザデネカル王によるエルサレム攻撃となって実現しようとは、考えもしなかったのである。神の力によって奇跡的に物事を乗り越えただけであるのに、いつの間にか物事がすり替えられている。世に起こる全ての事柄は神から出ているのだから、助かった、救われたということにおいて、人はもっと謙虚であらなければならないだろう。
2.個人的な警告
前半は、ユダの人々全体に、後半15節からは、具体的なユダの指導者たちを名指しにした警告である。シェブナ(15節)は、ヒゼキヤの書記(2列王18:18、19:2)であり、アッシリヤの王セナケリブが、将軍ラブ・シャケを遣わしてエルサレムの開城を迫った際に、その使者と交渉した人物である。どうやらシェブナは、エルサレム解放後、贅沢な家や墓を建てたようである。つまり彼は、奇跡的な解放を自分の手柄とし、神が受けるべき栄誉を自分のものとしたのである。だからその地位はエルヤキムに与えられるという(20節)。エルヤキムはヒゼキヤに仕えた宮内長官であって、先の危機においてシェブナと共に対応した人物である。イザヤは彼がシェブナの職を継ぎ、すぐれた指導者として活躍すると語る。二人の人生の分かれ道は、「恐慌と蹂躙と混乱の日が、万軍の神、主から来る」(5節)ことを認める力の差、私たちを守るあらゆる防備を造られた方を認める力の差にあった。確かに、人間は優れた技術と能力で、あらゆる危機を乗り越え、自分たちの世界を発展させる。しかし、何一つ人間はゼロからそれを生み出したわけではない。神が備えられた大地の恵みを利用しているだけなのだ。だから、神を認めないことは神のものを黙って盗んでいることと同じである。神を認め、神を恐れつつ、今の時代を生きたいものである。

イザヤ書21章

21章 主は言われる
おはようございます。国や社会の不正に、はて、と思うことがあるものでしょう。しかし、それらは放っておいても、やがて因果応報と言うべきか、滅びるべきものは滅び、正されるべきものは正されていくものです。正しい神はおられるのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.バビロンへの警告
「海の荒野」とは、バビロンを意味する(9節)。バビロンについては、すでに13-14章で取り上げられているが、単なる繰り返しではなく、イザヤの悲しみの心情を加えたメッセージとなっているのが特徴である(3,4節)。
この預言の成就については、二つの説がある。BC689年、セナケリブが率いるアッシリヤ軍がバビロンを陥落させたこと、またその後のBC538年、キュロス率いるペルシヤ軍がバビロンを滅亡させたこと、と分かれている。ここに描かれた状況は、前者に近いとされている。というのも、キュロス王は、バビロンに無血入場し、偶像を大切に取り扱った。ここで語られるように、何の警戒心もない人々の日常の最中に、突如侵略者が現れて、住民が虐殺され、神殿や偶像が破壊されるような惨状は(5節)、BC710年のサルゴン、BC689 のセナケリブの攻撃の時に起こったことであるからだ。
イザヤは自らの心情を語る。それは「心乱れて、聞くことができない」「恐ろしさのあまり、見ることができない」(3節)と。このような歴史が起こってはならない、とイザヤは声を大にして語らざるを得なかったのである(10節)。「踏みにじられた私の民」「打ち場の私の子らよ」は、ユダ南王国の民を指している。アッシリヤによって踏みにじられている今、その脅威はユダ南王国にも迫っている、というわけだ。
2.ドマ、アラビヤへの警告
11、12節は、ドマに対する警告である。実際にドマという地名はなく、一字違いのエドムのこと、と考えられている。BC712年にサルゴンに率いられたアッシリヤがエドムを滅ぼしている。それは暗黒であり終わりなきものであることが、夜回りとの対話でもって比喩的に語られている(12節)。「朝は来る」そして「また夜も来る」のである。つまり暗黒の終わりはないということだろう。
13-17節は、アラビヤに対する警告。アラビヤにも、危険は差し迫っていた。それは後1年の内に起こることであると(16節)。ケダルの勇士は、アラビヤ人の中でも勇敢で強いとされた戦士たちである。しかし彼らも徹底的に打ち砕かれるとする。
イザヤが、これから先の激動の時代について語る。しかしそれは、イザヤが語ることではなく神のことばを伝えているに過ぎない。神のことばがあらかじめ歴史について予告しているのである。しかも、それは、ある意味で因果応報的な歴史である。このような不正の時代がいつまでも続くことはない、と人は誰でも思うことだろう。だが、そのような予感は、既に聖書に語られている。正義を力とする神がおられれば至極当然のことである、と。だからこそ、人は神を恐れ、正しい歩みを選び取っていくことが大切なのである。

イザヤ書20章

20章 神に従うことを選び取る
おはようございます。人の世にあっては、全く想像もしないことが起こるものでしょう。いつも、物事が計画したとおり、考えたとおりに進むとは限らないもので、今回のコロナ禍は、まさに、そのような人生の予測不可能性を教えてくれる者であったと言えます。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.13-23章の背景
BC721年イスラエル北王国が陥落した後も、パレスチナは完全にアッシリヤの手に陥ったわけではなく、様々な諸小国が反抗を繰り返した。そこでアッシリヤの王サルゴン2世は、BC720年、パレスチナ南部のガザ、ラフィア、そしてBC717年、パレスチナ北部のカルケミシュを攻撃し、占領した。するとエジプトの第二25王朝のピ・アンキがパレスチナの小諸国を全面的に後援し、反アッシリヤ同盟を組織させ、アッシリヤに謀反を起こさせるように仕向けたが、アッシリヤ軍は、BC713-712 にかけてユダ南王国、エドム、モアブを降伏させ、BC711年、パレスチナ南部のアシュドデのみならず、ギベトン、エクロン、ガテを占領するのである(1節)。
まだ完全に占領されず、国の体裁を辛うじて保っていたユダ南王国の人々に、イザヤは神のメッセージを伝える。しかし、言葉ではなく、人々の前で裸になり、裸足で歩く行動によってである。これを行動預言と呼ぶが、かつて主の預言者たちはよくこの手法を用いた。たとえばエレミヤは、人々の目の前で土の瓶を砕いて、ユダ南王国が砕かれることを預言した(エレミヤ19章)。またエゼキエルも、左脇を下にして390日、右脇を下にして40日横たわり、それによって捕囚の刑罰の苦しみに一定の期間があることを預言した(エゼキエル4:4-6)。これを「行動預言」と呼ぶが、それによって人々は神のことばに注目させられたのである。そしてイザヤは、人々の耳目を集めるその異様な行動を通して、エジプトやエチオピアの滅亡を預言し、エジプトに助けを求める愚かさを語った。だが、自分たちは弱くとも、自分たちを後援する強大国エジプトの滅びなど、誰にも受け入れられることではなかった。
2.神の言葉の確からしさ
イザヤの預言は、BC669年アッシリヤの王エサル・ハドンによって下エジプトが、BC663年にアシュール・バーン・アプリによって上エジプト(エチオピア)が占領されることによって成就した。しかしイザヤが身をもって3年間語ったことばを、当時の人々は誰も受け入れようとしなかったのである。
残念ではあるが、人には神のことばを受け入れられない霊的な鈍さがある。どんなに目に見える形で、わかりやすく示されても、気づかない霊の頑なさがある。いや、語られていても、聖書という形で与えられていても、それに心を向けようとしない愚かさがある。神のことばにはいのちがあって、これを求める者を裏切ることがない。しかし人の心は何よりも真っ先にそこへ向かおうとはしない。だが神のことばを大事にし、これに聞き従うことは、捕虜としての辱めを受けない道である。有力な人ではなく、神をこそ拠り所とする人生を歩むことである。目に見えるところだけで物事は動いているわけではないのである。

イザヤ書19章

19章 終末の祝福
おはようございます。この時代は、いつの時代になぞらえられるものでしょう。歴史は繰り返すと言いますが、イザヤの時代も今の時代も同じようなものです。しかしそこで語られているイザヤの幻に驚かされます。聖書が永遠に読み継がれるわけがそこにあるのでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.エジプトへの宣告
アッシリヤがアラムとイスラエル北王国を支配したことにより、エジプトは、残されたパレスチナの国々に働きかけ、反アッシリヤ同盟を作ろうとした。ユダ南王国にとって、それは、アッシリヤに吸収されることを防ぐ唯一の手立てであった。しかし、イザヤは、神の裁きにさらされているエジプトに寄り頼むことを、断固として反対する。しっかりとエジプトに起こっていることを見よ、と言う。今エジプトは社会的に混乱している(2-4節)。国内の民族間対立が深まり(2節)、その宗教も堕落、混迷している(3節)。さらに外敵が起こり(4節)、干ばつ災害によって漁業を初め、当時の主力産業であった、亜麻すきや白布織りなどの紡績産業が衰退している(5-10節)。11節「愚かな」は、霊的識別力がないことを意味し、すべてを支配する神を覚えて正しい政治をする力がないことを言っている。つまり、ツォアンもメンフィスも、古代エジプトの首都として栄えた場所であるが、そこでエジプトを統治する指導者たちも、国民を振り回すばかりで(13節)、打つ手なしである。社会的混乱、経済的打撃、そして政治的空回りによって衰退し、滅びゆこうとする国にどうして頼ろうとするのか。
2.エジプトの最高と世界平和
大切なのは、そのようになった原因は、主が「混乱の霊を吹き入れられた」からである、と言う(14節)。何か主が、エジプトを積極的に滅んでいくようにさせたイメージがあるが、そうではない。エジプトが悪の混迷に陥るままにした、と言うこと。むしろ、主の姿勢は救おうとするものである。その日、エジプトには「五つの町が起こる。その一つは、イル・ハ・ヘレスと呼ばれる」(18節)。それはよく知られた五つの特定の町の名なのか、それとも象徴的な何かのイメージなのかよくわからない。口語訳、新共同訳では「太陽の町」と訳されるが、ヘブル語のギリシャ語訳である七十人訳では、「アセデクの町」と新改訳のようにヘブル語を音訳するだけである。大切なのは、混乱と新しい動きが起こるその時代の最中に、主を認め、主を恐れ、主に立ち返る悔い改めが起こる、と語られていることだろう。神はその悔い改めを受け入れ、エジプトを癒されると約束する(22節)。
さらに驚くことは、23節、エジプトとアッシリヤの二大強国が、共に神を拝し、イスラエルがその間に立って、三者相共に神の祝福を受けるという預言である。言ってみれば、アメリカと中国が共に神を拝し、日本がその間に立って、皆共に神の祝福を受けると言っているようなものだ。神は言う「私の手で作った」(25節)と。世界万国が主に愛されている国々である。その国々に対する神の救いの思いは強い。パンデミックのこの時代にこそ、真の支配者である神の存在を悟り、壮大な幻を提示する神のもとに集まりたいものである。

イザヤ書18章

18章 信仰的に捉える
おはようございます。バビロン、アッシリヤ、ペリシテ、モアブ、アラム、それに続いてエチオピア(クシュ)への預言が語られます。しかし基本的にこれはエチオピアへの裁きのことばではなく、同盟を結ぼうとするユダへの警告です。信仰的な姿勢を問われるところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.クシュへの宣告
クシュは古代エチオピアのことである。「羽こおろぎ」は「羽をぶんぶんならすもの」の意味で、ツェツェばえと考えられている。それが多く生息している国、つまりエジプトを象徴する。BC715年、エチオピアはエジプトを征服、第25王朝を開いたので、同じことを言っており、活発に人々が行き交う大都市をイメージしている。「背の高い、はだのなめらかな国民」も、エチオピア人のこと。彼らは古代世界では背の高い民族として知られていた。ただし「なめらかな」と訳されたことばは、「先のとがった光る剣が、いつでも使えるようになって磨き上げられている状況」を意味するとも言う。戦いのためによく武装されていることで、エチオピアは、エジプトを支配するやいなや、直ちに世界の覇者になるため反アッシリヤ同盟を作ろうと使者を諸国に送った。その使者はエルサレムにもやってきて、実に同盟国にふさわしいように思われた。しかし、イザヤは、人間のよくある一時の争乱に巻き込まれてはいけない、と言う。アッシリヤの侵略を防ぐための同盟は、考えるにおよばない(3節)。人間的には得策に見えても、神が意図されないことは、起らないからだ、と言う。
2.神の時がある
夏の照りつける太陽や朝の露のように、時間が止まったかのように思えることがあっても(4節)、神が手をこまねくことはない。むしろそれは「刈り入れ前」の静けさである。鎌を入れるちょうどよい時を、神は待っておられるのである。
海に沈む夕日は、日が水平線に接するまでは、ゆっくり沈むように見える。しかし一旦水平線に接すると、みるみる沈んでいくから不思議である。同じ速度で動いているはずだから、不思議な現象である。神の時も同じで、時来れば一挙にそれは動いていく。こうして、エチオピアは、アッシリヤを打ち砕く神を認め、イスラエルに同盟を求めるのではなく貢ぎ物を携えてくるようになる、と預言される(7節)。
 分脈としては、17:12-18:7を一つの区切りとして読むべきなのだろう。14節は、具体的にセナケリブのエルサレム攻撃を指している。彼らは、エルサレムを飲み尽くす勢いであったが、神の不思議な介入によって、退散させられた(2列王19:35)。
目の前の現実を見ながら、信仰的に物事を考える力の成熟が問われている。人は目先の現象を見て、最も良いと思われる物事に心を動かされやすい。しかし物事は目先の現象のみで決まるわけではない。背後におられる神の意思にすべては支配されている。仮に、どんなに情勢が右に動いていくように見えても、神がお許しにならないのであれば、右には動かない。また右に動いたとしても、それは土壇場で覆されてしまう。目に見えない神のご意思を見定めることが、何事においても得策であり、神を信じる者のなすべきことである。