1列王記5章

1列王記5章 ソロモンの神殿建設
<要約>
おはようございます。ソロモンの神殿建設は、ソロモンの事業というよりも、神の事業というべきです。神がソロモンに必要な人脈、助けを起こされ、必要なものを提供されたというべきでしょう。一つ一つ導かれる神に期待する歩みをさせていただきたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.主の助けと恵みによる建築
ソロモンの神殿建築事業が始まる。ソロモンは、主に与えられた知恵を用いてそれを進めていくのであるが、実際にはたくさんの人たちの協力が加えられた。その材料の多くは、父ダビデによってあらかじめ用意されたものだった。また、イスラエルでは手に入らない木材と職人は、異邦人の王ヒラムとカナン人によって提供された。
いくら知恵があっても、一人の人間にできることは限られている。協力なくして物事は進まないものである。ソロモンが神殿建設の偉業を成し遂げたのも、それは、ソロモンだけによるものではなく、多くの助けがあったのであり、その助けを導かれた神を見落としてはならないだろう。
そのような意味では、今日教会を建てることにおいても同じなのである。牧師が一人で何もかもできるわけではなく、牧師と一緒に協力し、教会を愛し、教会を建て挙げるように、教会にかかわっていく信徒がいてこそ、教会は建てあげられる。また、信徒のみならず、未信者の人々もこれにかかわることはあることであって、神があらゆる人々を神殿建設の働きに結集させてくださったように、私たちは、信仰のあるなしにかかわらず、どんな人の協力にも心を開いていく必要がある。
実際、イスラエルには、大規模な建築事業を実地するだけの十分な材料があるわけでもなく、職人もいなかった。果たしてこれをどのように進めるのか、ソロモンも悩んだであろう。しかし、事態は王位継承に際して、ツロの王ヒラムが、表敬使節団を送り込んできた際に展開した。ソロモンはヒラムに協力を求め、ヒラムはこれに応じた。すべて良きものは上から来るのである。
2.
ソロモンは、単に、ヒラムから物をもらい続けたわけではなかった。ソロモンは杉の木を得る代わりに、食料を与えることを約束している。また、労働者をカナン人だけから徴用することはなかった。ソロモンは言う。「私のしもべたちも、あなたのしもべたちといっしょに働きます」(6節)そして、ソロモンは全イスラエルから役務者を3万人徴用し、レバノンに送ったという。
しばしば、人にしてもらうことに慣れてしまい、それを当たり前のように受け止めることがある。権利を主張するが、自分のなすべき義務については目をつぶってしまい、してもらうことが当然であるかのように考えてしまう。特に物事が厚意でなされ、そのように関わってくれる人がいれば、そういう感覚に陥ってしまうことがある。しかし、単純なウィンウィンでもなく、持ちつ持たれつというのでもなく、私たちの良識として、してもらうことに対する礼を尽くしながら、物事を進めていくことが大切なのだろう。
信仰を持つことは良識的な人生を歩むことであり、それは、決して非常識になることでもないし、自分の甘えを許すことでもない。やはり信仰者は自立した歩みをしてこそ、自らの信仰の祝福を存分に味わうことができる。そして自分の人生において教会を建てあげるように関わることをしっかり考えたい。自分の好きなことを教会でやらせてくれというのではなく、今神が建て上げようとしている教会に必要とされていることに気づいて、協力をしていく、それが本当の意味で教会を建てあげていくことだろう。自分を救い、富ませる歩みだけではなく、教会を愛し、献身して財も時間もささげていく歩みをしていきたいものである。

1列王記4章

1列王記4章 ソロモンを引き立てられた神
<要約>
おはようございます。ソロモンの国政、教養、学識の素晴らしさが語られて行きます。しかしこのようなソロモンの人生は、ソロモンが素晴らしいというのではなく、ソロモンの人生に神のあわれみと奇跡が満ちていたことを示すものです。つまりソロモンを引き立ててくださった神あってのものだったのです。人を羨まず、神に願い求めましょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ソロモンの国政
ソロモンの治世は40年、イスラエルは目覚ましく発展した。この時期に、領土は著しく拡大し、外交、貿易などの平和的な手段によって、国家が繁栄していく。ただ、メギドの遺跡を訪れた際、後のアハブの時代の軍事力が、ソロモンに優るものであったことを思わされて、聖書を単純に読んでいる自分に気づかされたことがある。確かにソロモンは偉大な王であったが、時代はさらに後のものを偉大にさせるのである。
さてソロモンの知恵は司法のエピソードで知られるものであったが(3:16-28)、4章はそれが行政面(4:1-9)においても表されたことを明確にしている。ソロモンはそれまでの伝統的な12部族とは別に、新しい行政区域を設置している。8節から19節は、その新しい行政区の説明となっている。それは、新しく占領した領土を従来のカナンの領土に組み入れて調整したものである。特に新しく組み入れられたのは、9節(第二区)、デケルの子が任されたエフライムの南東部、11節(第四区)、アビナダブの子が任されたドルの高地、そして12節(第五区)、アヒルデの子バアナが任されたおおよそイズレエル平原南部とヨルダン川西部になる。また、13節(第六区)、ヨルダン川東側、14節(第七区)、ギルアデ南方、16節(第九区)、19節(第十二区)ヨルダン川東側とギルアデは、大雑把にもともとシホンとバシャンの王オグのものであった。また16節(第九区)西ガリラヤ地方もその一つである。こうしてみると、ソロモンの時代に、約束の地カナンが完全にイスラエルのものとなり、大きく整備されたことがわかる。
実に、神はこうしてソロモンに知恵を与え、税徴収制度を中央に集中できるように改革し、イスラエルの国力を飛躍的に増強した。税徴収の基本は、7節にあるように、食料であった。ヘブライ大学の第七次ラキシュ発掘調査に参加した際、近くのキルベット・カヤファの古址を訪れ、そこで、ガンフィンケル教授に、説明を受けたことがある。当時は、中央政府から甕が配布され、それに、穀物を詰めて蓋をしたものに、拇印を押し、納税した。つまりお金ではなく穀物だったのである。穀物を蓄えた甕がたくさん収納された貯蔵室が発掘され、その甕の成分分析から、中央政府からまとめて配布されたものであったと考えられたのである。当時の税徴収制度はこのように機能していたのか、と思わされるものであった。
また軍事面において、ソロモンは、戦車用の馬のための馬屋4万、騎兵1万2千を持ったという(4:20-28)。つまりそれまで使われていた驢馬を馬に代え、エジプトの戦車を大量に導入し、国防を強化した。しかし、聖書には触れられていないが、もともとイスラエルは馬には向かない地形であったとされるから、騾馬を馬に代えたということは、結局、道路の整備にも力を入れたと推測される。
2.ソロモンの教養と学識
その他、神は外交貿易、神殿建設、神の民を霊的に啓発する教育と文化に及ぶ知恵を豊かに与えられた。ソロモンは、ことわざ、謎、民話、詩歌、教訓などの書物を編纂し、エジプトの知恵に抜きんでて、彼の知恵を聞くためにすべての人が集結したという。ソロモンはイエスが現れるまでは、歴史上最大の知恵者だったのである(マタイ12:42)。ただ、イエスは永遠のいのちを生きる知恵を語ったが、ソロモンは、今の時代を生き抜く知恵を示している。大切なのは、彼のこうした繁栄が、神に与えられた賜物によってもたらされたと聖書記者が記録していることである。知恵ある者としての評判は、知恵を授けられる神あってのことである。つまり彼の人生は、彼によるものではなく、神に依存する、神の奇跡によるストーリーなのである。
聖書は知恵の欠けを覚える者に、知恵を求めるようにと勧めている(ヤコブ1:5)。そして知恵は求めるならば、与えられるとされる。 神の働きに必要なものは、神が一切これを備えられる。これは、信頼すべき真理である。ソロモンは、神の民を指導する、重大な責任を成し遂げるに当たって、その働きに必要な、知恵を神に願い求めた。神は、このソロモンの求めに答えられた。そういう意味では、私たちは不足を恐れることはない。不足を覚えるならば、悩んだり、他を羨んだりせず、率直に神を見上げて、豊かに助けを与えられる神に求めたいものである。今日も、神は使命に必要な力を与えてくださると思おう。

1列王記3章

1列王記3章 ソロモンの知恵
<要約>
おはようございます。ソロモンが与えられた知恵のエピソードで有名な箇所ですね。大切なのは、彼が上から知恵を与えられたということ。その知恵によって彼の生涯が飾られたということ。つまり、神の生涯は、神の恵みに満ちたものであったということであり、彼の個人的な努力は才能によるものではない、ということです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ソロモンの願い
ソロモンは、エジプトの王パロの娘と政略結婚をしたとある。この結婚は王位継承後、直ぐの出来事で、ここで言われるパロは、第21王朝のシシャクであったと考えられている。既にソロモンは、王位に着く前に、アモン人のナアマという婦人と結婚しており、子どももいた(14:21)。ソロモンの結婚は当時国際間協調に生きるためには必要なことであったのかもしれないが、これがやはり晩年の偶像礼拝のきっかけになったであろうことは、否めない。
しかしながらダビデもそうであるが、そんな弱さを持ったソロモンもまた、王位継承者として神に選ばれ、豊かな恵みを受けている。彼が主を愛し、父ダビデの掟に歩んでいたことは確かなだったのだろう。申命記には、「わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである(5:10)」とあるが、まさに神の言葉の約束を確認するところである。さて、ソロモンの夢をどのように解釈したらよいのだろうか。
通常は、知恵を祈り願い求める根拠とされるところである。そして多くは、そこに未来的な繁栄の期待を込めた祈りをするきっかけとされる。
ただソロモンが夢の中で願い求めたのは、今現に神に与えられた使命を全うするための「聞き分ける心」(9節)であった。ソロモンは言う「民はあまりにも多くて、数えることも調べることもできないほど大勢である」(8節)と。ソロモンは、漠然と知恵を求めたわけではない、自分の能力を超えた途方もない責任を委ねられて、ただ神に寄りすがる思いで、その責任を全うするために、「聞き分ける心」を求めたのだ。ある意味で、彼は真面目な男であった。彼は長寿も、富も、敵のいのちも願わなかった、と神に評価されているが、彼は、自分の職務を真面目に考えて、取り組もうとする男だったのである。つまり彼は然るべき時に、然るべきものを求めた、と言うべきだろう。そのように分を弁えながら、神に与えられた使命に応えようとする意志を持つ者であればこそ、神もこれに豊かな報いを与えられることはよく理解できることである。神は、ソロモンに「知恵と判断の心」を与えると語られた。知恵は、ヘブル語でハハム、それは、技術的な仕事に精通していること、つまり、工芸品、金細工人やその他の職人的能力があることを言う。また、エジプトのヨセフのように行政管理において賢明さがあることを言う。さらに、倫理的、宗教的な賢明さを言う。また判断は、ヘブル語でビン、それは区別することが原意である。そこから一般的に理解すること、慎重に考えて、理解し、見分けて、これを扱うことができることを意味する。確かに、そのような神の約束は、神殿建設にしろ、行政手腕にしろ、ソロモンの生涯において実現した。となれば、彼は知恵者だと言われるが、それは、彼が知恵ある者だったことを意味せず、まさに「小さな子どもで、出入りする術を知らない者」を神がいかに約束通り祝福したか、彼が父ダビデと同じ、神の恵みの人生を生きたか、ということをここから理解しなくてはならない。そして私たちも神の恵みの人生を歩むことは保証されているのであるから、余計な欲を出さずに、然るべきポジションにおいて然るべき時に然るべきものを求めることが大切なのである。
2.ソロモンに与えられた知恵
 さて16節からは、具体的に、然るべきものを求めたソロモンに然るべきものを与えられたことを示すエピソードが続く。二人の遊女が正しいさばきを求めて、引き出されてきた。本来は役人あるいは長老によるさばきがまずなされたはずであるから、この問題は、難問であったのだろう。
 ともあれ、遊女は王の前で言い争った。死んでいるのがあなたの子で、生きているのは私の子であると、どちらも譲ろうとしなかった。そこで、王は、剣で子どもを半分にし、二人で分かち合うようにと語る。というのも、真に子どもを愛する母ならば、そのような判決には耐えられないと考えたからなのだろう。実際、憐れみのある女こそ母として親権を勝ち取るにふさわしい。王の判断は当たっていた。論理性はあっても非情な判決に、「哀れに思って胸が熱くなった」母親が、母親とされるのである。
 物事には白黒をはっきりさせようとするだけでは、解決しないことがある。事の真偽を見定めようとしても、それは分からないことがあるからだ。そのような場合には、最もふさわしい結末を予測し、結論を導き出すことも大切なのだろう。確かに情のない母親に育てられるよりも、情のある母親に育てられた方が真実である。神の与える知恵は如才のなさとは違う。それは、誰が見ても納得し、受け入れられるものである。ヤコブは語った。「上からの知恵は、まず第一に清いものです。それから、平和で、優しく、協調性があり、あわれみと良い実に満ち、偏見がなく、偽善もありません(3:17)」神を愛する者には、そのような知恵が与えられることを覚えたいものである。

1列王記2章

2章 ソロモンの王位継承
<要約>
おはようございます。ソロモンの王国が確立していく様子が描かれています。しかし、それは、ソロモンの知恵ある行動ではなく、神の導きによる神の手によるものであることを私たちは教えられます。大切なのは、神を愛する者に、神は同じようにしてくださると信頼することでしょう。私たちの不足を補う、主の英知と助けがあることを覚えたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ダビデの終活
ダビデは言った。「私は世のすべての人の行く道を行こうとしている」人は同じ道を辿っていく者である。あいつは自分より下、あるいは上などと見ようと、結局は皆、同じ道を辿っていく。「土のちりは、元あったように地に帰り、霊はこれを与えた神に帰る」(伝道者の書12:7)とある通りに。死は、イエスが再臨され、迎えられる時が来るのでない限り、すべての人が通らねばならぬ宿命である。そこで、最終的に自分がただの平凡な人間で、神に造られた被造物に過ぎないと、弁え持つに至った上で、さらに、何を遺していくか、という部分なのだろう。死の訪れを感じつつ、ダビデは、子を励ましている。それは、ヤコブも、ヨセフも、同じことで、ダビデもまた子を呼び寄せ、知恵ある助言をした。そこにはアムノンやアブサロムに対する失敗を乗り越えて、ただ父としてあろうとするダビデの姿がある。彼は言う「強く、男らしくありなさい。」(1列王2:2)それは、どんな意味であったのだろうか、と考える。聖書に「男らしくある」と同じ言葉が使われるのは、1サムエル4:9のみである。そこでは、ペリシテ軍がイスラエルの蜂起に対して、「男らしくふるまえ。そうでないと、ヘブル人がおまえたちに仕えたように、おまえたちがヘブル人に仕えるようになる。男らしくふるまって戦え」とある。つまり、この用法からすれば、男らしさというのは、危機状況にあって前に進む意志を持つことだろう。確かに、サムエル記は、常に前に進むダビデを描いている。どんなことが起ころうとも、人生にくじけそうになることがあっても、泰然自若とし、主にあって奮い立ち、前に進んでいく。実に、困難をものともせずに、終わってしまったことを忘れ、前に進んでいく意気込みこそ男らしさというべきものだ。
そのような意味で、ダビデは自分の人生を根拠に、子を励ましたと言える。つまりはったりではなかった、ということだ。ダビデは、主の掟と命令と定めとさとしを守り生きる、神との人生にその根拠を置いた。日々、目には見えないが、天地万物を支配する神の最善があることを信頼し、神のことばに一瞬一瞬拠り頼んで歩む積み重ねが、「男らしくあれ」と語らしめるのである。まさに「あなたの神、【主】への務めを守り、モーセの律法の書に書かれているとおりに、主の掟と命令と定めとさとしを守って主の道に歩み、そこから励まされて」、前に進む日々が大事なのだ。私たちが物事に動ぜず、平穏の内にすべてを受け止め、前に進んで行くためには、神に深く結びついた日々を一瞬一瞬歩んでいくことだ。
2.実務的助言
さらにダビデは、実際的な行政に対する助言を与えた。これまで王座を脅かした人々、アドニヤ、ヨアブ、シムイについて知恵を持って対処することを教えたのである。しかしどのようなものだろう。敵対する者を排斥し、味方した者を厚遇する有り方は、キリスト者の人生にも適用されるものなのだろうか。いや、私たちは組織の中で動いていく時に、無意識にダビデと同じことをしていることがあり、ダビデもそう命じた、自分は聖書的なことをしているのだ、と思い込んでいることがあるのではないか。このような聖書に自分の思いを読み込む読み方が、本当に霊的適用として適切なことなのだろうか。血気盛んなパウロが、マルコを排斥し、後に、マルコを認めて、マルコとの再会を切望していることもそうだが、十字架愛の原則から考えると、そのような考え方はキリスト者として矛盾しているのである。世俗社会で一般的なことが、聖書の世界でも同じとは限らない。むしろここは、正義をないがしろにしてきたヨアブに対する裁きがあるべきこと、バルジライにしても、シムイにしても、交わされた約束は守られるべきことを語っていると取るべきだろう。そこがキリスト者の思考の原則なのである。
こうしてダビデは自分の先祖に加えられた。11節までが、ダビデの治世の記録である。
3.アドニヤの願い
さて12節からは、ソロモンの治世の記録となる。列王記の記者は、ソロモンがダビデに引き継いだ実務上の問題から書き起こす。つまりそれは一見敵対者を排除していることのようでありながら、神の正義の実現として読むべきものなのだろう。ダビデやソロモンの個人的な復讐として読むべきものではない。というのも、正義を実現する機会は、ソロモン自らではなく、神がもたらしていることに注意すべきである。
アドニヤが自ら先王ダビデの妻アビシャグを妻として求めることが機会となった。それは、謀反を起こすことと同じことを意味していた。だから、祭司エブヤタルの罷免は、ダビデに忠実に仕えた祭司として残念なことではあったが、アドニヤを支持したことからすれば、当然の報いを受けたことになる。事は連鎖した。将軍ヨアブも自ら反逆者となり、これまで無実な者の血を流したことへの裁きを受ける結果となった。最後に面従腹背のシムイに対し、ソロモンは策略的に知恵を用いて処罰したように見える。しかし実際にこの箇所を読み思い出すのは、マタイの福音書18:21-35に描かれたイエスのたとえ話、一万タラントの負債を免除してもらったにもかかわらず、人の負債を免除しなかった狭量な家来のたとえ話である。シムイの問題は、彼自らの狭量さにあった。彼自らが赦された者として生きていたのなら、こんな結末は迎えなかったことだろう。彼の人生とは別に、ソロモンの王国は確立したはずである。だがことは綺麗さっぱりと片付いて、ソロモンの王国は確立した、というわけである。
4.神の祝福による統治
大切なのは、全て、神の導きにより、物事が進んだということであろう(45節)。ソロモンは確かに知恵ある王であったが、ソロモンの知恵が実を結び、彼の王国が確立されたのは、主の祝福によるのである。実際、アドニヤが策略を尽くしても、王位は、主によってソロモンのものになった、と告白しているように。私たちの人間的な努力や策略がそのまま実を結ぶわけではない。ソロモンが画策しても、奴隷が逃げ出さなければシムイの処罰は実現しなかっただろう。物事を正しく導かれる神がいるのであって、神はある人を特別えこひいきして祝福されるわけではない。主の深い英知の中で物事が導かれ、確立されていくことを忘れてはならない。知恵も財力も皆、主からのものであり、それを用いる私たちが成功するのも、主がそのように導かれるからである。神を畏れ、謙虚に神の恵みを望み歩む者でありたい。

1列王記1章

1 1章 さらなる謀反(アドニヤの場合)
<要約>
おはようございます。本日より列王記に入ります。ダビデの生涯が終わり、ソロモンの治世の物語に入ります。しかし、あくまでも主役は神。ゴードン・フィーという聖書学者は、物語は三層構造で読む、つまり最上層の神の物語として読むということを語っていますが、個々の木ではなく、森全体を見ていくようにしたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.アドニヤの反乱
ダビデ王の晩年、列王記は後継者問題から書き起こす。ダビデには、六人の子供がいた。アムノン(長男)とアブシャロム(三男)の死後、四男のアドニヤが王位を狙うようになった。次男のキルアブについては何も語られておらず、恐らく早くに死んだものと思われている。アドニヤは野心を抱き、戦車、騎兵を手にいれ、自分が王となるための既成事実を作ろうとした。彼は、アブシャロムと同様に非常に美男子で、どうも、卒のない人物であったようだが、彼に誰もが組するわけではなかった。アドニヤは、自分に都合の良い者たちを招いて宴会を開いた。
ダビデがソロモンを王にすることはすでに決まっていたことであったが、公式発表もされていなかったことから、アドニヤは、自らの野心を膨らませたのかもしれない。アドニヤに神の御心を求める思慮が少しでもあれば、滅びを招くこともなかったはずである。
2.ダビデの対応
アドニヤの反乱は、ソロモンを王として迎える日を待つ、預言者ナタンの知られるところとなった。預言者ナタンが動いた。実際、このままアドニヤが自称王として動き始めると、ソロモンとソロモンの母のいのちが危なかった。そこで、王に決定事項を周知させるよう迫ったのである。ダビデが明確に指示を与えた。ダビデは歳を重ねて老人となっていたが、進退の判断ができないほどに歳を取りすぎたわけではなかった。アドニヤは先手を打って動き出したが、神の御計画を覆すことはできなかった。私たちは自分の未来を思い描きあれこれ画策するが、それを成功させるのは神であることを忘れてはならない。
時代の主役は、人ではなく神である。しかし、自分が何者かのように思ってしまうところに、すべての衝突と混乱の原因がある。イエスは、「自分に言いつけられたことをみな、してしまったら、『私たちは役に立たないしもべです。なすべきことをしただけです』と言いなさい。」(ルカ17:10)と語られたが、実に、私たちは、この人生において、神に仕えて生きるしもべに過ぎない。いつでも,神のみこころを覚えて、みこころならばあれをなし、これをなそうという、謙りとしもべの気持ちを持って歩むことが大切であろう。
3.アドニヤの反乱の失敗
しかしいつでも私たちは神を都合よく信じている者に過ぎないことがある。アドニヤは、自分のいのちを救うために、祭壇の角をつかんだとされる。祭壇の角には、赦しのためのいけにえの血が塗られる(レビ4:7,18)場所であった。それは、事件の裁判がなされるまで神の保護を求めることを意味した。こうしてアドニヤは、神を、自分のいのちを救うために、いわゆる御利益の目的のために利用した。
しかし、真の信仰は赦されることばかりではない。むしろ自分自身を神にささげていくところがある。人生には、小さな野心を成し遂げる以上のことがある。天地を創造し、今なお支配し、永遠に生きておられる、神のみこころにこそ、自分のいのちをささげていく。時代の主役である神に仕えていき、自らが置かれた場所で最善をなすところがある。今日も、主に仕える者として、最善の人生を歩ませていただこう。