レビ記20章

20章 主の掟と定め(異文化との分離)
<要約>
皆さんおはようございます。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。今日の箇所は、18,19章の繰り返しでありながら、罰則が加えられているのが特徴です。それだけ、神の律法に生きることが徹底されている、というべきでしょう。しかしそれは、神の民としての新しい歩みの目標を示すだけではなく、そのような歩みを導かれる生ける素晴らしい神がおられることを証することに力点があるのです。今日も、皆さんの上に主の平安があるように。
1.偶像崇拝に対する罰則(20:1-8)
モレク礼拝や種々の性的な罪については、すでに18章にて、また霊媒についてはすでに19章に取り上げられている。どうも、この20章は繰り返しのようにも思われるが、よく読むと、戒めのみならず厳しい罰則を加えているのが特徴である。つまり、20章は、18,19章で取り上げられた聖い行動について、規定が破られた場合の罰則を語るものである。というのも他の近東諸国では当たり前のようにされていた事柄もイスラエル人には罪深い行為であることを示し、聖さを教えようとしたためであろう。
 モレクは、アモリ人の神であり、子どもや幼児を犠牲として偶像にささげ、生きたままに焼き殺す恐るべき慣行であった。このような嘆かわしい罪は、石打に値するという。その刑を執行するのは「この国の人々」である。これが一体何を意味するのか、刑を実際に執行する「立法上の議会」、影響力を持った集団、土着住民など、種々の説がある。ともあれ、このような行為を知りながら目をつぶり、黙認することも、神は許されない(1-5節)。
 また霊媒や口寄せ、いわゆるイスラエルの民が住まう近隣の国民が未来をうらなう方法を真似る者も同様の処罰を受ける(6-8、27節)。こうして、個人として、共同体として聖くあらねばならぬことが繰り返される。だからキリスト者になることは、この世の習慣にどっぷり浸りなんとも思わずにいる自分の現実に気づくことから始まると言える。知らず知らずに、世の中の慣行が当たり前だと思って歩んでいるものである。日本人には日本人の文化があり、異文化に接触して初めて、自分の行動が、必ずしも当たり前ではないことに気づかされたりするようなものであるが、キリスト者として成長しようと思うなら、聖書の文化をよく理解しなくてはいけない。聖書の文化に自分自身を研ぎ澄ます思いがなかったら、なかなか信仰は深められない
2.性的な罪への罰則(20:9-27)
父や母をのろう者(9節)、近親姦、同性の性的交渉、獣姦、という種々の性的な罪も、必ず殺されなければならないと厳罰が宣告されている(10-21節)。近親姦については、すでに18:6-23禁じられている。しかしここでは、その罰が述べられている。こうした戒めが語られる背景は、一つは異邦人の慣例があったのみならず、ユダヤ人の結婚が近親関係として近い人との間で結ばれるのが一般的であったため、血縁として受容できる範囲を明確にする必要があった、と考えられている。
 ともあれ戒められるだけではない、厳罰が下される、その根拠が、「わたしは、あなたがたをわたしのものにしようと、諸民族の中からえり分けたのである」(26節)ということなのだろう。しかも、「わたしはあなたがたを聖なる者とする主である」(8節)と語られている点が重要であろうかと思う。
 つまり、イスラエルは、選ばれ、約束の地カナンへと向かっていた。彼らはその約束の地において、固有の道徳的、霊的な聖さを持つ生活を営むことを期待された。それは聖いまことの神を証しするためであった。だから、神の民として、神を適切に礼拝する方法が教えられ、また聖なる生活に生きる方法が教えられた。これはキリスト者もまた同じである。キリスト者もまた生き方において聖なるものであり(1ペテロ1:14-15)、肉の働きを避け(ガラテヤ5:19-21)、神に従い、神の栄光を表すことが期待される。
 こうしてレビ記は私たちにとって一つの型を提示する。私たちも、約束の地、天の都に与るべき選び出された民であり、その地にふさわしい、固有の道徳的、霊的な聖さをもって日々歩んでいる者である。しかもそうするのは、私たちの自己満足のためではなく、証しのためである。私たちを通して、神の栄光の素晴らしさが証しされて、共に天へと向かう人々を巻き込んでいくためなのだ。
 神の掟と定めは行動のための指針である。違反の可能性を持つ者へ警告を与えられる。さらに神はただ単に、掟と定めを与えられるお方ではない。それらに沿って生きることができるように、力を与えられるお方である。神は聖を望まれるだけのお方ではない。私たちを実際に聖なる者としてくださるお方である。パウロは言う。「私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、そのよい行いをもあらかじめ備えてくださったのです。」(エペソ2:10)そういう意味では、キリスト教信仰というのは、単に倫理道徳的な人生を生きるように教える宗教なのではなく、神がそのように歩む力を与えてくださるし、そのように恵みをもって歩ませてくださる生ける神がおられることを世に証ししていくものである。今日も、神が備えてくださる歩みを進めさせていただきたいものである。

レビ記19章

19章 主の十のことば(十戒)

<要約>
皆さんおはようございます。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。キリスト者は、生活の聖いさを求められるのですが、それは実際的には、様々な関係や課題を悩みぬくところにあるのかな、と思うところがあります。聖い生活をしていると思ったら、もう聖くない。そんなところがあるのではないでしょうか。今日も、皆さんの上に主の平安があるように。

 種々の戒めが語られる。ざっと読んで、まとまりのない戒めのように思えるが、実は、ユダヤ人の目から見れば、これらの内容は十のことば(十戒)に対応するものである。つまり、4節は第一戒、第二戒、12節は第三戒、3節は、第四戒、第五戒、16節は第六戒、29節は、第七戒、11-16節は、第八戒、第九戒、18節は第十戒という具合に。これらは、十戒をさらに説明しているのである。
1.宗教上の義務(19:1-10節)
さて、「わたしはあなたがたの神、主である」(2節)が強調され、「地のならわしをまねてはいけない」から積極的に、「主であるわたしが聖であるから、あなた方も聖なる者とならなければならない」と言い換えられている。まねてはいけないのではない、自分自身から愚かさをそぎ落としていくだけではだめで、むしろ積極的に神の聖い価値に与っていく、神の聖い価値に生きていくことが勧められる。そこで十戒がさらに具体的、実践的に説明されている、と考えてよいだろう。
そこでまず3節「自分の母と父を恐れよ」と聖さは家庭から始まる。両親を敬うことは、神に対する愛の行為そのものである。そもそも聖さは、何よりも今ある関係性の中でこそ育まれるものである。聖さは、個人的、孤立的に確立されるものではない。今ある関係性と離れて確立されるものではない。神が与えられた関係(実際の家庭、神の家族としての教会という家庭)を大事にしながら、そこで悩み抜くことなくして自らの救いを完成することはない、ということだ。家族というのは、逃れられない関係であって、そのような関係を否定して、その人自身の本当の成熟も救いもない。
また主は「安息日を守らなければならない」と命じられる。今で言えば日曜ごとの礼拝を守っていくことである。その昔は、聖日厳守、聖日死守などという言い方がなされたが、今ではそんな言い方もあまり聞かれない。いつでも礼拝の時は与えられているからだ(ローマ12:1)。しかしながら、礼拝は神が召しだした時と場に赴くことが基本である。そして大切なのは、「安息日」を守るのではなく、主との「安息」を守るのである。その日に教会へ行かなくてはならない、というのではなくて、その日に、神とお会いし、神とのよき時を楽しむ、という心を持つことだ。神の臨在が確かであれば、聖日を守ることが本当の喜びとなる。そして私たちの聖さは、神を第一に拝するところに現されていく。
4節、偶像礼拝はいかなる形でも禁じられる。「偶像」はヘブル語でエリーリーム。「意味のないもの」「実態のないもの」を意味する。確かに、木や石で造られた偶像に実体はない。そうしたものを神として拝む虚しさは、よくよくわからなくてはならない。が、日本人には、わかりにくい部分である。
さらに、私たちの聖さは儀式的に適切であることをもって現される。定められた手順に従ってなされなければならず、そういう意味では、私たちの礼拝のありようも、どんなに豊かな内容を持つようであっても自己満足的であってはならず、神の定めのとおりに、神の期待されるとおりにささげられる必要がある。私たちは完全に聖書的であることをもって聖いとするのである。そして、神の民の貧しい者へ配慮する心も聖さの内である。困窮する人から搾取してはならず、人は必ず血の通う方法で取り扱われなければならない(9-10節)。
2.自分の隣人の愛(19:11-18節)
そういう意味では、家庭のみならず、あらゆる人間関係において、神の聖さは、考え抜かれなければならない(14-18節)。隣人は、愛すべきものであり、憎んだり、恨んだり、中傷したりしてはならないのである。愛は多くの罪を贖う、と言うが、今の隣人関係を否定して、私たちの幸せは決してありえない。偽りや欺き、しいたげやかすめとり、不親切、不正、中傷、憎しみがあるところに、神の聖さもない。ただ、そのように言われても、私たちの憎しみ、恨みは、無意識レベルの出来事である。大切なのは、キリストの救いにより頼むことであろう。キリストを信じるというのは、一度信じてそれでよしというのではなく、何度も悔い改め、罪赦され、新しくされる、繰り返しの歩みである。
3.様々な規定(19:19-27節)
最後に、諸習慣において(19-37節)神の聖さを意識していくべきことが教えられる。異種混合が禁じられる。また異教の習慣である血が完全に抜き取られていない食物、易、まじない、霊媒といった迷信的行為、入れ墨をしない。老人は大切にし、外国人には親切にし、商売は公正に行う。理性的に考えれば、当たり前に言われていながら出来ていない事柄である。神を信じる者は聖霊の助けによってこれらのことをなし、神の聖さを証しする。

レビ記18章

18章 異教的習慣からの分離(近親姦,同性愛,獣姦)
<要約>
皆さんおはようございます。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。今日の箇所は、儀式上よりも倫理的な汚れを意識し、神の民としての高い倫理に生きるように教えられているところです。しかしどんなに倫理の高嶺を目指しても、不完全な者であることを覚えなくてはなりません。ただ主イエスの十字架の憐れみの中に、霊的に、倫理的に前進するように許されていることに感謝するまでです。今日も、皆さんの上に主の平安があるように。
1.基本的原則(18:1-5)
これまでは儀式上の汚れについてその掟とさだめを語ってきたが、18章では、道徳的な汚れについてのそれらを語っている。「あなたがたは、自分たちが住んでいたエジプトの地の風習をまねてはならない。また、わたしがあなたがたを導き入れようとしているカナンの地の風習をまねてはならない。彼らの掟に従って歩んではならない(3節)・・・あなたがたは、わたしの掟とわたしの定めを守りなさい。人がそれらを行うなら、それらによって生きる。わたしは主である」(5節)と語られる。
つまり神の民としての道徳基準についてその基本原則が語られ、同時代の他の国の習慣と対比されている。彼らは、過去の慣わしを引きずるのではなく、また新しい土地での習慣に染まるのでもなく、上からの掟とさだめに倣うように教えられた。イスラエルの民にとって、それは、エジプトやカナンの文化風習と区別された生き方をすることであって、具体的に、当時の周辺諸国に見られた近親姦(6-18節)、不倫(20節)、人身犠牲(21節)、同性愛(22節)、獣姦(23節)をイスラエルの国から除き去ることであった。
確かに、神を信じて生きるということは、これまでの生活にただ毎週礼拝に通うという宗教儀式を加えることではない。それは、神に親しんで、神のみこころにかなう品性や人格を養い育てつつ、新しい人生を生きることである。それは体裁上よい人となるというのとも違う。純粋に内面の実を結ぶことに他ならない。したがって近親姦が戒められているのは、それが、不妊や異常児の誕生を招き安い遺伝的な危険を持っているからだけではなく、また、テント生活の遊牧民には起こりがちな一時の激情の結果による性的搾取やそれに伴う家族間の苦悩を防止するのみならず(18節)、神の聖さを着せてくださるその恵みに与ろうとするためである(19:2)。
2.違法な性的交わり(18:6-23)
実母は当然ながら、継母、姉妹、異母姉妹、孫、継孫娘との結婚と性的関係が禁じられている。しかしこれはイスラエル人にとっては新しい内容も含んでいる。というのも、アブラハムは異母姉妹と結婚しており(創世記20:12)、アムラムも、叔母のヨケベテをめとりアロンとモーセを産んでいる(出エジプト6:20)。主に従う倫理観は、私たちの世的な慣わしを超えたところにある。イエスも、「彼らのまねをしてはいけません」(マタイ6:8)と言われた。世の風潮や習慣がいかであろうとも、神の民として生きる倫理がある。同様に、同性愛(22節)が戒められる。同性愛については、神学的にこれを理解するための少なくとも、全的に受け入れる立場から全く拒否する立場まで、段階的に四つの立場があるが、ここでは単純に「あなたは女と寝るように、男と寝てはならない」と戒められている。
大切なのは、人間の罪の現実は、生まれつきのものであることだ。エレミヤが「豹がその斑点を、変えることができるだろうか。それができるなら、悪に慣れたあなたがたも、善を行うことができるだろう(エレミヤ13:23)」と語ったように、不倫、不品行、盗み、どん欲、よこしま、欺き、ねたみ、高ぶり、愚かさといった人間の罪の現実は、神の力なくしては解決することができない。それらは人間の意志ではコントロール不能な、内側から湧き上がってくるものだからだ。医学的、生理的に変えがたい現実がある。イエスの十字架と復活の望みがあればこそ、どんな罪人にも救いの希望がある。
3.原則の確認(18:24-30)
ここで中心となるのは、主の民は主の戒めを守ることである。主を愛するとは言うが、実際生活は全くそれにそぐわない生き方をしてしまうのが人間の常である。性倫理の点においては、全く乱れはないとしても、他の点で、妬みや高ぶりの点で全くどうしようもない状態にあるのが人間である。性の掟とさだめはモーセの十のことばからすれば、その一つに過ぎない。性の掟と同列に、安息日の定めがあり、父や母を敬う掟があり、さらに、むさぼりへの注意が語られている。主に従う生き方が完全にできたならば、クリスチャンは本当に尊敬に値する存在になるのかもしれないが、実際には、クリスチャンとは言えども、世の人々の目には、自分たちと何ら変わらない俗人に見えていることもあるだろう。つまり人間は、不完全であることから逃れられないのである。しかし、そうであっても、完成へ向かう、主に向かっている真摯な姿勢があるかどうかなのである。ともすると、主よりも自分の都合や、自分の関心、自分の欲望を優先させてしまう、この世の生活と変わらぬ現実がある。色々と言い訳をする前に、主にある者として、いつでも自らを仕切り直しをして生きていく勇気を持ちたいものである。

レビ記17章

17章 ささげ物に関する注意事項
<要約>
皆さんおはようございます。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。今日の箇所は、ユダヤ人にとって血が特別な意味を持ったことを教えます。それをよく理解すると、イエスの十字架の意味が、さらに深まります。日本人的な発想を超えて、聖書の世界に耳を傾けたいところです。今日も、皆さんの上に主の平安があるように。

1.ささげ物に関する注意事項
イスラエルの民は、どのようにして神の前に出ることができるか、これがレビ記の前半の主題であり、そのクライマックスが16章の贖いの日の定めであった。後半は、その16章を前提として神との交わりを続ける条件が述べられている。つまり交わりを妨げるもののみならず、それを深める条件について語っているのである。
1)屠った家畜は必ず主にささげる(17:1-9)
 まず、家畜、つまり牛、羊、やぎを、宿営の内か外で屠った場合、それは、必ず会見の幕屋の入り口に持ってきて、いけにえとしてささげなければならなかった。無意味無目的に動物を殺すことは禁じられた。イスラエルの民は、このようにして偶像礼拝を避け、まことの神のみとの交わりを保持するのである。実際7節、「雄やぎの偶像」は、ナイル川下流域のエジプトの慣行となっていたやぎ礼拝を指しており、イスラエル人も何らかの影響を受けていたとされる(ヨシュア24:14)。イスラエルの民は、こうした異教の偶像礼拝と迷信に一線を画し、異教の神にささげものをすることから解放されなくてはならなかった。そしてまことの神のみを仰ぎ、まことの神にのみささげ物をする、新しい習慣へと導かれなくてはならなかった。だから家畜が屠られたなら、それは、必ず会見の天幕に臨在する主にささげられなければならないと教えられたのである。礼拝は、まことの神にささげるものであり、神が喜ばれる、神が定められた方法でこれを行うことである。
2)血を食してはならない(17:10-12)
10節からは、血を食することへの禁止である。今日、ユダヤ教では、食べてよい食物と食べてはいけない食物を定めており、食べてよい食物を一般にコーシェルと言うが、肉については、すっかり血を抜くことが定められている。肉屋で、コーシェルの肉を買ってきて、さらに家庭で調理する前に、その肉にある残りの血を抜くのは主婦の仕事である。なぜ、そのようなことをするのか、と言えば、やはり、血には特別なきよさが与えられている、と教えられたからなのであろう。事実、ここで神はきよい動物の血を贖いの手段として教えられている。いけにえにされ注がれた血は、いのちが神にささげられたことを可視的に表現しているのであって、その死によって、人の罪は償われたのである。血は神聖であり、不可侵である。異邦人の中には、動物の血を飲んだり食べたりする習慣があったが、イスラエル人は、このような血の意義について教えられ、どんな血でも食べることを禁じられた。血は、食用ではなく、祭壇に注いで、人間の贖いの手段となるためにのみ用いられたのである。だから、血は、決して軽々しく扱うことはできない。たとえそれが、いけにえにささげるものではなくても、つまり狩で流された血であっても、その血は尊く取り扱われなくてはならなかった。実際、狩りで流されたものは、地面に注ぎだし、その後、土で覆わなければならなかった(13節)。こうして、いのちは自らが生まれてきた地に帰るのである。血はいのちの象徴、いのちの聖なることの象徴だからである。
 ただ、現代の私たちには、そこまでの血に対する理解はない。日本人は血を食用とはしないし、また血を流すことについては嫌悪感を持つことはあっても、それによって人間が贖われると考えることはない。血は尊いものであって、神と人との交わりを実現するものである、という理解には至らない。
しかし、こうした血に対する理解を改めて深めてみることが、キリストの血による義認と赦しの理解につながる。パウロは、「この方にあって私たちは、その血による贖い、罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです」(エペソ1:7)と語っている。聖書において血は、特別な意味を持つ。そしてキリストが流された血についても、その意味に基づいて解釈されている。
聖書を学ぶことは、こういう私たちの文化にはない考え方を学んでいくことであり、私たちの理解の足りないところを謙虚に教えられていくことに他ならない。実際、人間は、常に自分の思考の枠組みを超えることがなければ、真理を味わうこともない。自分の考えを単純によしとするのではなく、自分自身の考え方を改めて見直してみる。そして、修正すべきものは潔く修正する、信仰の道に入ることは、考え方を変える、発想を変えられることに他ならないのである。

<要約>
皆さんおはようございます。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。今日は贖いの日、それは全てのイスラエルの民が断食を命じられ、全ての民の罪の赦しときよめがなされる、特別な日でした。教会にもそのように、罪の赦しときよめが強調される特別な日が必要とされることでしょう。今日も、皆さんの上に主の平安があるように。

16章は、贖いの日の起源を示している。内容的には、大祭司の職務を語る8-10章に続くもののようであり、11-15章は、合理的に考えると、イスラエルの民に汚れを教える挿入的なものとも思われる部分である。つまり、16章に入り再び、アロンに対して、贖いの日に関する祭司の職務が告げられるのであり、その内容が説明されている。
この日は、過ぎ越しの祭りが祝われてから6か月後に、毎年守られるもので、全てのイスラエルの民が断食を命じられ、全ての民の罪の赦しときよめがなされる日であった。既にいけにえは連日のようにささげられているのであるが、この日は、祭司たち自身と民のすべてのために、さらに徹底した贖いが求められるのである。だからこの日は、年ごとの祝宴とは全くことなり、極めて厳粛な時とされた。実際、これは、国を挙げての、極めて信仰的な、神の民としての特色を明らかにする宗教行事であった。
こうして考えてみると、今日のキリスト教会が果たして教会あげてのこれほどの厳粛な時を持っているのであろうかとも思わされるのであるが、聖書に書かれている霊的原則は、やはりいつの時代においても適用されるべきものであろう。つまり聖書は、主の臨在に触れるために、自分のみならず、自分の家族、会衆の贖いを意識し、一年に一度、徹底して、そのことだけを意識する日を設けることを命じている。
1.祭司の準備(16:1-4)
至聖所の聖さを保護するために、アロンは「時をわきまえず」(2節)聖所に入ることが禁じられた。ナダブとアビフをと襲った悲劇(10章)を再発することを避けることと、大祭司が毎年神の御臨在の前に現れるのを厳粛かつ畏怖に満ちた時とする意図がある。至聖所は、神とお会いする場であり、交わる場として比類のないものであったからだ(出エジプト25:22)。
こうして大祭司は、聖所に入ることが許される前に、罪のきよめのささげ物、全焼のささげ物をささげること、そして簡素な任務服を身にまとうことが義務付けられた。それは、祭司自身とその家族とのための贖いと、最もきよき神に近づくために必要とされる儀式上の聖さを保つためであった。
2.二頭のやぎ(16:5-10)
大祭司は、この日にささげ物を携えて至聖所に入り、アザゼルのやぎを荒野に放つ。アザゼルは、贖いの日に、一頭のやぎを選び、その上に民の罪を負わせ、アザゼルとして荒野に放つ(16:8-10)文脈で出てくることばであるが、いくつかの解釈がある。野に送られるやぎのこと、移動、解放のこと、不毛の地、荒野のことなどであるが、よくわかられていない。ヘブル語では、「完全に除去する」を意味する「アーザル」の変化形であり、罪を負わせたやぎを荒野に放し遠くへ追いやることで、完全に罪からきよめられることを意図している。大切なのは、この日、イスラエルの民は、聖めを意識し、悔い改めを求められたのみならず、そのことが実際に成し遂げられたことをこのようにして確認していたことである。それはある意味で、象徴的な儀式なのではあるが、神の完全な罪の赦しを、彼らは確認しながらいわば、人生の仕切り直しをしているのである。
3.罪のきよめのささげ物(16:11-22)
11-22節は、先に語られたことの詳細である。ここで注目すべきは、大祭司の職務は、いかなる手助けも許されず、完全に一人で行わなければならなかったことである。それは、キリストが世の罪のために贖いのみわざを行っている際に、完全に一人であられたのと同じである(マタイ27:46、マルコ15:34)。
新約聖書のヘブル書においては、このレビ記16章が、イエス・キリストの人格とみわざの比喩として語られている(9:11-12)。確かに、イエスは、聖所に入ったのみならず、エルサレムの城壁の外で、すべての民の罪を一人で背負われた、ということからすれば、イエスは大祭司であると同時に、アザゼルとして、全ての人類の罪を背負い荒野に放された雄やぎに他ならない。こうしてやぎと雄牛の血、また荒野に放されたやぎが、人々を聖めたとされるならば、ましてその行為に象徴的に重ね合わせられるキリストの尊い人格と十字架のみわざを自分自身の罪の赦しと新生のためであると受け止めることは、人生に深い刷新をもたらすに違いない。今日この一年に一度、神の臨在に与るため、聖めのために、共同体の行為として一日を費やすこの旧約的経験は、私たちの人生のどこでどのように経験されているのか。私たちは個人の聖めのためには熱心になるかもしれない。しかし、キリスト者全体の罪の赦しのために、全ての人のための罪の贖い、ということのために心を砕く時を持つ、これを、永遠の定めとして彼らが教えられたことは、決して、私たちと無縁なものではない。教会をあげてとりなしの心を持って歩ませていただこう。