ネヘミヤ記5章

5章 愛の配慮

<要約>

おはようございます。外からも内からも、人間の歩みには様々な角度から困難が襲い来るものでしょう。人生苦労はつきものとは言っても、やはり耐え難い状況に追い込まれることはあるものです。そのような時には、せめて内側においては、一息つけるような場でありたいものです。しかしそれは、神の倫理、神の価値に立てばこそのことと言えるでしょう。神の愛と配慮に満ちた教会を建て上げたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.イスラエルの内部の窮状

城壁の工事に費やした期間は約2ヶ月弱であった。その間、ネヘミヤたちは、外からの攻撃に備えて、槍を片手にしながらの突貫工事をした。当然農作業や牧畜をする余裕はなかった。そこに飢饉が生じ、深刻な食糧難をもたらした。「食べて生きるために穀物を手にいれなければならない」「私たちの畑も、ぶどう畑も、家も抵当に入れなければならない、この飢饉に際して穀物を手に入れるために」「畑やぶどう畑に課された王の税金を支払うために、金を借りなければならない」「今、私たちは息子や娘を奴隷に売らなければならない」と民は次々と窮状を訴えた。すると、このような同胞の困窮した者たちに金を高利で貸して、搾取する者が現れ、一層耐え難い事態を引き起こしていた。外敵の脅威ではない、内部の危機が生じたのである。ネヘミヤは怒った。

2.教会らしいあり方

神の共同体を建てあげるには、この世の感覚を捨て去らなければならないところがある。この世の感覚からすれば高利でお金を貸すのは当たり前のことだろう。お金がないんだったら貸してあげましょう。利息はいくらです。世の中はそうやって動いている。しかし、神の共同体に世の中の考えを安易に持ち込むことは危険である。それは、しばしば世の中とは全く変わらない状況を生み出してしまう。お金を貸し付けることそれ自体は罪ではない。しかし、神の律法は、同胞の生活を守るために利息を取ることを禁じている(申命23:19-20)。貸付が困窮を強いるならば、それは非難されるべき罪である。神のみことばに従って、配慮すべき事柄がある。教会らしい考え方というものがある。

ヨハネは、晩年に書いた手紙の中で、兄弟が互いに愛し合うことを語っている。積極的に愛し合い、支え合い、仕え合うことを語っている。私たちは、同胞の必要を本当に知らなくてはならない。そして必要があれば、自分の利益を考えながら手を差し伸べるのではなく、本当に助けなくてはならない。まさに「私たちの敵である異邦人のそしりを受けないために、私たちの神を畏れながら歩むべきではないか」(9節)なのである。外部から教会に訪れた人たちが、教会に世の中と変わらぬ搾取を見たり、争いを見たりすることほど残念なことはない。やはり私たちは神を畏れている者として、それにふさわしい歩みをすべきであり、知らずに世的な考え方に影響され、それに浸りきって生きているかもしれぬ状況に注意し、そのような状況に気づくならばそれを脱ぎ捨てて神の民の倫理と配慮に生きることが大切だ。

3.ネヘミヤの対応

ネヘミヤは経済的困窮のために売り飛ばされた家族を買い取った。そして負債を帳消しにすることを提案した。そしてイスラエルの全集団がそのことに主の前で合意し、主をほめたたえ、その約束を実行したという。神の民として愛と思いやりを示す独自の在り方を再確認したのである。地の塩であると同時に和合して暮らす歩みが大事である。

ネヘミヤはこの期間、またネヘミヤの親類も総督としての手当も受けなかったという。ネヘミヤが自分自身のみならず親類をも犠牲にしたように、家族皆が犠牲になる、お金の問題ではない大変な苦労があったことだろう。そのような苦労や心遣いに敏感な信仰者でありたい。必要があれば、配慮できる感性をもった信仰者でありたい。

 

ネヘミヤ記4章

4章 戦う

<要約>

おはようございます。ネヘミヤたちの再建事業が始まりますが、それは、簡単にトントン拍子で進むようなものではありませんでした。むしろ取り組むべき課題は余りにも多く、瓦礫の山の前に、気力をそがれてへたり込んでしまうようなものでした。しかしそれは象徴的です。実に全てに言えることかもしれませんが、私たちの働きもそんなに容易いことばかりではないからです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.ネヘミヤたちの苦闘

「この哀れなユダヤ人たちは、いったい何をしているのか。あれを修復して、いけにえを献げようというのか。1日で仕上げようというのか。焼けてしまった石を瓦礫の山の中から拾って、生き返らせようというのか。」(2節)ネヘミヤたちの再建事業は始まった。しかし、それは遅々と進まず、周囲の住人にあざけりを受けるようなものであった。

日本の教会開拓の現状を思う時に、そのような遅々と進まぬ状況にある教会というのは、実に多いと言わなければならない。7年で100人以上の会衆が集まるようになり、立派な新会堂を建設した、というような話もないわけではないが、多くは、瓦礫の山を片付けるような、実に報われない思いをする働きであったりする。神の働きであるのに、神の栄光が危められていると思うようなものであったりする。しかしそれは、神が原因ではなく、自分の力のなさである、と思うようなことがあるだろう。

そうであるとするならば、まさにネヘミヤたちが、そのような労苦を通り抜けたというべきではないか。ネヘミヤたちの再建事業は颯爽と始まったかのようであるが実際には、そうではない。彼らの再建事業は、手を汚さない類のものではなかったのだ。

「荷を担ぐ者の力は弱り、瓦礫は山をなしている。城壁を築き直すことなど、私たちにはできない」(10節)。彼らは自分たちにこの主に与えられた使命を果たす力はない、と嘆いた。しかし、あきらめてしまったらそれまでである。ネヘミヤたちが、この状況に、どのように立ち向かったのかに注目しよう。

2.ネヘミヤたちの対応

まずネヘミヤは神を見上げるように勧めた「彼らを恐れてはならない。大いなる恐るべき主を覚え、自分たちの兄弟、息子、娘、妻、また家のために戦いなさい」(14節)。実に、教会を建て上げるのは、神の御業であり、聖霊の働きである。私たちの力ではない。神の誠実さに期待すべきであり、あらゆる妨害において、「私たちの神が私たちのために戦ってくださる」(20節)という信仰を働かせなくてはならない。全てが主にかかっているかのように、主に声をあげるのだ。

第二に、成功談を多く聞くことがあっても、現実の戦いを否定しないことである。自分のように能力がないからこんなことが起こっている、と嘆かないことである。むしろ、何事も困難はつきものと腹をくくって、戦い勝ち取る覚悟を決めることだ。城壁を築く者たちは、片手で仕事をし、片手に投げ槍を堅く握っていたとされる(17節)。また、「夜明けから星の現れるまで、槍を手にしていた」(21節)、「私たちの中のだれも、服を脱がず、水場でもそれぞれ投げ槍を持っていた」(23節)ともある。つまり、彼らは緊張感をもって、戦うべき時には戦うのだ、と逃げ出さずになすべきことに向かっていった。祈りとみ言葉に励まされて、取り組むべきことに取り組むことだ。

そして「こうして、私たちはこの工事を進めた」(21節)とあるように、自らの本来の使命を達成することに集中していくことである。敵を警戒し、敵と戦うことばかりを考えていてはだめである。教会を守ることだけではなく、教会の歩みを先に進めることに集中することである。否定ではなく肯定していく。敗れているように思われることがあっても、淡々と神の誠実さを信頼し、神の恵みを待ち望みながら、進めるべき駒を進めるのである。つまり、今日も神とよき時を過ごす礼拝を目指す、今日も神とよき時を過ごす祈祷会を目指し、実現させていく。常に、この教会には、良き礼拝とよき祈祷会が守られている、教会の再建はまさにそこから始まるのであり、そこに神の子たちも集められると言えるだろう。

 

ネヘミヤ記3章

3章 進む再建

<要約>

おはようございます。再建事業の進捗の様子が伝えられています。大切なのは、皆でその再建が手掛けられていくことであり、またまず自らの再建が進められていくことなのでしょう。人のことよりも自分自身をしっかりと立て直していく。それは、いつの時代にも通じる原則です。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.再建の流れ

エルサレムの城壁再建が始まった。まず羊の門の再建(1節)。これは、北東に位置し、神殿と神殿の供え物の市場がこの近くにあった。続いてメアのやぐら、ハナヌエルのやぐら、そして魚の門に進んだ(2-3節)。魚の門は現在のダマスコ門の位置にある。つまり最初は、北側の城壁を羊の門から西に向かって順に修復していったことになる。次にエシャナの門、新共同訳や口語訳では「古い門」となっているが、恐らく、北の城壁東右角で、エレミヤが預言をした「隅の門」(エレミヤ31:38)なのだろう。一度東側に戻った形であるが、続いて、ハルマフの子エダヤが自分の家に面する所(10節)、谷の門(13節)と続くあたり、そのまま北側から西に折れて南下し、西側の城壁が修復される。谷の門は、ネヘミヤがエルサレム城壁の修復のために、夜中に起きて探索を開始した場所である。ネヘミヤは、西側の中程にあった城壁の門からヒノムの谷に沿って南下し、南の城壁で折り返し、東側の城壁をケデロンの谷に沿って北上するのであるが、途中道が悪いので獣から降りて、ちょうど谷の門の反対側にあった泉の門のあたりまで、徒歩で歩いて引き返している(2:12-15)。このネヘミヤの探索の順に沿うかのように、北側→西側→南側→東側へと城壁の修復は進んだ。16節、ダビデの墓地、人口貯水池、勇士たちの家は今では所在不明である。恐らくケデロンの谷に沿った南側のダビデの旧都に位置したのかもしれない。最後に、城壁の修復は、水の門(26節)から馬の門(28節)、東の門(29節)、招集の門(31節)、羊の門(32節)と東側に位置する門とその周囲を北上して修復された。こうして、エルサレムの城壁はぐるりと一巡して再建されていった。

2.皆による再建

再建の事業には、大祭司(1節)、半区の長(12-19節)、金細工人(8節)、女性たち(12節)、そして外の人、つまり外国人たちも(2,5,7節)皆加わった。しかしそこには協力しようとしない人もいた(5節)。教会の建設も同じである。牧師も信徒も、才能のある者もない者も、女も子どもも、皆共同して当たらなくてはならない。しかし現実には、皆の苦労に手を貸そうとしない人がいるのは、驚くことではない。ただ、城壁の再建によってイスラエルの人々が神の栄光が表されることを願ったように、教会というのは、神の栄光が証されることを願い、自らの手を汚す人々によって再建されていくのである。北側から西側、南側から東側へとぐるりと一巡する働きには時間もかかるし、労力も多い。しかしそれらを黙々とやり遂げる人たちによって、教会は建てあげられていく。要するに教会が建つか建たないかは、その教会を担う人々の責任感と忍耐、そして協調性と実行力にかかっている。そして、教会が建てあげられるためには、まず彼らがそうしたように自分の家に面するところ、つまり自分自身の事柄から再建する必要がある。自分の信仰生活、教会生活がしゃんとせずに、教会の働きを進めても、それは見せかけで偽りに過ぎない。自らを再建し、教会において神の栄光を見ることを望みとし喜びとして、建てあげる者として、教会の働きに関わっていく者であろう。

ネヘミヤ記2章

2章 エルサレム再建に取り組むネヘミヤ

<要約>

おはようございます。エルサレムの再建に取り組むネヘミヤの姿があります。それは、神の御心を求め、神の導きに従う姿です。再建は神の業であればこそ、神の導きが何よりも大事にされなくてはなりません。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.ネヘミヤの祈り

エルサレムの窮状を嘆き、これを何とかしたいと願ったネヘミヤであるが、彼は即座に、献酌官を辞めて出て行ったわけではなかった。彼は、祈りながら、神の時を待った。しかしそれで、何かが起こるという保障もなかった。時は、容赦なく過ぎて行った。

そんなネヘミヤの変化にアルタシャスタ王が気づいた。献酌官ともあろう者が、王の前に、神妙な顔つきで出ていることは、王にとっても心穏やではなかったことだろう。しかしそこに神の業があった。神はネヘミヤを信頼する王に、ネヘミヤの気持ちを聞く心を与えてくれたのである。ただそのように、心を開いてくれる王に対して、率直に自分の心の内、ことに政治的なユダヤの町の再建を願う思いを語ることは、誤解を招く恐れもあり、王に心配されるのは、ネヘミヤにとって嬉しくもあり、恐れを抱くことでもあったと言える。

ネヘミヤは、「天の神に祈ってから」答えている。聖書の神は「天の神」として語られる。単に神ではない。それは、イスラエルのみならず、ペルシャにおいても、あらゆる民族の上にある天の神である。すなわち異教の王アルタシャスタの思いすらも、支配し、導かれる神である。その神が、ネヘミヤの一つ一つのことばを、王に納得させてくださるようにという思いからであろう。王はそれを受け止めた。祈りが、私たちのことばを導き、ことばを相手に納得させ、物事を動くように導いていくのである。

2.エルサレムに来たネヘミヤ

こうして後、ネヘミヤは、王の厚意を得てエルサレムに来ることになった。ある時、彼は夜中に起きた。一人、エルサレムの廃墟の中を歩き回った。崩れた城壁を巡り、泉の門と王の池の方に進んだがそこには通れる場所がなかった。彼は、一人で町を巡りながら、これをどのように再建すべきか、知恵を求めて心から神に祈る思いであったのだろう。ネヘミヤは、崩れたエルサレムの城壁の跡を辿りながら考えた。何をどのようにすべきか、どこからどのように手をつけるべきか。事実神は私たちに考える頭を与えてくださっている。祈るだけではなく、具体的に物事を考え抜いていくところに、私たちの道も開かれていく。つまり不都合なことがあったならば、祈りつつ神の大いなる導きを期待し、さらに、そこでどのようにこの不都合を乗り越えるべきかを考え抜くことが大切なのである。また、自分が失敗してしまったとしたら、どうしたらこの失敗を起こさなくてすむようになるかを考えて行けばよい。祈りと思慮をもって、明晰に物事を考えて、物事を整理して、物事にあたっていくのである。

3.再建に取り組むネヘミヤ

こうしてネヘミヤは必要を確かめた(11節)。そしてなすべきことを、代表者たちに訴えた。「さあ、再建にとりかかろう」と言って、その良い仕事に着手したという。神を信じる者は、慌てずに物事に取り組んでいく。神がなさろうとしていることは、実現していくのであるから、じっくり腰を据えて取り組んだらよいのである。なすべき当たり前のことをしていけば、いつしか神が全てを導き整え動かしておられることに、気づくようになる。神の御心に取り組んでいるとなればこそ、神の先導を覚えて、神の熱心さがこれを成し遂げると思い、なすべきことをなすまでである。落胆したり、不安になったりするのは、どこか自分の思いで動いているところがあるからなのだろう。神の働きに取り組もう。

ネヘミヤ記1章

ネヘミヤ記1章 エルサレムの惨状

<要約>

おはようございます。本日からネヘミヤ記に入ります。指導者ネヘミヤの祈りに、色々と教えられるところでしょう。キリストの恵みにあって神の子とされている私たちは、大胆に神に近付き、祈ることが許されていることを覚えたいものです。確信をもって、種々の必要について祈りましょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.政治暦と宗教暦

ネヘミヤ記に記録された出来事は、アルタシャスタ1世の第20年(BC445年)のことであるから、時間順から言えば、エズラ記、エステル記の後ということになる。実際、それは、エズラがエルサレムに旅経った13年後の出来事である(エズラ7:7)。

さて1:1「キスレウの月」は、太陽暦の11-12月頃になる。しかし、2:1には第20年の「ニサンの月」とあり、それは3-4月頃になるので、時間の流れからすれば1:1の11-12月は、アルタシャスタ1世の第19年のこととなるだろう。つまりそこには、筆写上の誤りがあるのではないかと言われてきた。しかしそもそも古代ユダヤには、春から1年が始まる宗教暦(または「教暦」「新暦」ともいう)と、秋から1年が始まる政治暦(または「政暦」「旧暦」ともいう)との2種類があった。ユダ族(南王国)では後者の政治暦を使っていたため、その流れで現代のユダヤ暦も政治暦に準拠するものとなっているが、このネヘミヤの時代も、主として捕囚帰還がユダ族の者であることを考えると、チスリの月(現在の9-10月頃)を年の初めとする考え方にそって、この順序でよいことになるだろう。

2.ネヘミヤの苦悩

この時ネヘミヤは、シュシャンにいた。ペルシャの王は、シュシャンを春の王宮にしていた。ネヘミヤは王の献酌官、つまり王の給仕をする王の酒の毒味役であった。それは、王の命のみならず、政治的な相談役としても重要な役割であったようだ。

そこに、親類のひとりハナニがやってきた。ユダから来た数人の者と一緒に、やってきて、エルサレムの窮状について聞かされた。城壁の破壊は、ネブカデネザル王時代のバビロン軍によるものではなく、むしろエズラ4:7-23に描かれた、神殿再建の途上で起こったものであるとされる。つまり、城壁を再建しようとしたところ、それがアルタシャスタ王に報告され、直ちに武力、権力で工事が中断された出来事である。ネヘミヤが、深い悲しみをもってその報告を受け止めたのは、それがつい近頃の出来事であり、同時代の同胞の苦しみを聞かされたことによる。ネヘミヤは、一人神の前に出て、神に祈り求めた。

2.ネヘミヤの祈り

ネヘミヤの信仰の姿勢に教えられるところであるが、まずネヘミヤは、自分も自分の先祖も罪を犯したと告白している。自らが罪人であることを率直に認めている。私たちに足りないのは、自らの現実を直視することだ。なかなか自分自身の問題を素直に認め、ここに問題がある、ここが悔い改めなければならないところであると、自分自身に向かい合うことができない。しかしそこが、神の回復に与る第一歩である。

次に、ネヘミヤは、モーセに対する約束を取り上げて、信頼をもって祈った。たとえ私たちが神に裁かれ、散らされ、回復の見込みなしと思われる状況にあっても、神の前に悔い改める時に、神はこれを回復される約束である。私たちの祈りに希望があるとすれば、それは、自分ではなくアブラハム、モーセ、またイエスに対して神が約束されたことがあるからだ。そこに立つわけである。モーセに対する約束も、イエスに対する約束も、私たちのものである信仰に立つことだ。ネヘミヤは、モーセに対する約束を自分自身に対する約束として取り上げた。「立ち返り、命令を守り行うなら」(9節)、いつでも、主は私たちに心を開かれると約束されたそのことばをそのまま取り上げて、信頼して祈った。

そして最後に、ネヘミヤは、自分たちが贖われた者である信仰に立っている。私たちに神の特別な恩恵があるとするならば、それは、私たちが、イエスの十字架の血潮という尊い代価によって贖われた者である事実にある。誰でも、イエスの十字架を自分の罪の赦しのためであり、神との和解のためであると受け入れる者は、贖われた者である。特別な神の愛顧を受けるようにされた者である。神に期待を寄せて歩ませていただこう。