エステル記4章

4章 エステルの決意

<要約>

おはようございます。今日の箇所は、エステルの信仰を感じさせられる箇所です。徹底して、神の御心に生きる、そこに自分の幸せがあるからという、エステルの心意気に、感動するところですね。私たちの信仰もそのように引き上げられたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.モルデカイの悲しみ

モルデカイは、ハマンの計画を知り、着物を引き裂き、荒布をまとい、灰をかぶって嘆き悲しんだ。ユダヤ人は皆同じように悲しんだとされる。しかしながら、巷では大騒ぎになっていたこの計画が、宮殿では知られていなかった。エステルは、モルデカイが何故荒布をまとい、悲嘆にくれているのかをわからないでいる。モルデカイは法令文書の写しをエステルに仕える宦官に渡し、ハマンの計画を告げた。

モルデカイとしては、なんとしても王宮の中にいる、エステルの助けを借りたいところであったのだろう。エステルは事の次第を知って「ひどく悲しんだ」(4節)。それは、「身もだえする」という意味のあることばの強調形である。エステルはモルデカイに荒布を脱がせようとしたが、モルデカイはこれを拒否した。それは、悲しみをわかってもらうだけではしょうがない。何かの希望を見出したいのだ、という思いからだろう。必要なのは、慰めではなく、具体的な解決策なのだ。

2.モルデカイとエステルの対話

エステルはその求めに気づいた。しかし、エステルは、自分のいのちがかかっている願いに躊躇っている。そんなエステルにモルデカイは三つのことを指摘した。

第一に「あなたは、すべてのユダヤ人から離れて王宮にいるので助かるだろう、と考えてはならない」(13節)。自分の状況をよく考えて見よ。王のところに行けば死ぬかもしれないが、黙っていたって死ぬのだ。いずれにせよ命は危険にさらされている、のである。そして「あなたがこのような時に沈黙を守るなら、別のところから助けと救いがユダヤ人のために起こるだろう」(14節)と言う。たとえ人が神の導きに対して応答することがなくても、神の目的が挫折することはない。神は新たな応答を導き出す、わけである。最後に「あなたがこの王国に来たのは、もしかすると、このような時のためかもしれない」と言う。エステルは、今自分の存在理由を問う瞬間にあった。

何のために自分がこの時代とこの場所に存在するのか、ボーっとしていてはならないのではないか。しかし、エステルの応答が、また、私たちに一歩踏み出すあり方を教えてくれる。

3.エステルの応答

エステルは、皆の助けを求めた。具体的には、皆が一致して断食をすることである。断食の効用は祈りを強化することであるから、深い徹底した祈りを求めたのである。つまり、エステルは自分の応答に、自分の決断や勇気以上に、神の助けそのものが必要であることをよく理解していた。不可能を可能にするのは神ご自身である。エステルは、自分が重要な鍵を握る人物であると理解しても、自分にその鍵を使いこなせる能力があるとは思っていなかったのである。外典『エステル書残篇』14:3-19には謙虚に神の働きを求めるエステルの祈りが記されている。そこには、こう祈られている。14節「汝の御手をもて我らを救ひ、孤獨にして汝の外に助けなき我らを助け給へ」18、19節「汝の婢は、此處に來りし日より今日に至るまで、汝によりて喜ぶ外に何の喜びをも持たず。ああ主よ、アブラハムの神よ、すべてのものに勝りて力らある神よ、希望なきものの聲を聴き、害なふものの手より我らを救ひ、我を恐怖より救ひ出し給へ。』

私たちは土の器である。そうであればこそ、そこに現される神の業を求める、兄弟姉妹の祈りが必要なのである。しかしその祈りは同時に、神のみこころに委ねる祈りでもある。「死ななければならないのでしたら、死にます」という決断は、神のみこころがそこにあるなら、それもまたよし、というまさに神に対する信頼の中に生まれてくるものである。

 

エステル記3章

<要約>

おはようございます。古代のアウシュビッツともいうべき、ユダヤ人大量虐殺の出来事が、計画され実行されていきます。神は、このような状況になぜ即座に「待った」をかけないのか。考えさせられるところでしょう。こうした疑問は、私たちの人生には多々あるものですが、聖書の著者は、人間の思考的限界を超えた神の感性について語っているようです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.ハマンとモルデカイ

ハマンという人物が王に重んじられ、昇進させられた。すでに、モルデカイは、「ベニヤミン人キシュの子~」と素性が明らかにされていたが、ハマンは「アガグ人ハメダタの子」である。思い出されるのは、1サムエル記15章に記された、サウルがアガグを聖絶しなかった出来事である。著者は意図的に、このような素性書きを記したのかはわからないが、歴史家のヨセフォスはハマンをアマレク人の王アガグの末と語っている。もっとも七十人訳は、アガグ人を「威張りや」と訳して、そのような対比に拘っている様子は全くないが、かつてサウルがアマレク人の指導者アガグ王のいのちを助けたことで、サウルはサムエルに叱責されたが、それはこうした顛末につながるものであったのだ、と読めなくもない、ということなのだろう。神を恐れることのないハマンと神を恐れるモルデカイの対決の構図は、素性書きにも明らかにされている、というのだが、それは読み込み過ぎかもしれない。

さて、王の家来は、昇進したハマンにひざをかがめてひれ伏すように命じられた。しかし、モルデカイは、正直率直な人間で、ハマンに社交辞令を示すことを拒んだ。そして「あなたはなぜ、王の命令にそむくのか」と忠告されている。そして、ハマンもまたこの事実を知るにつけ、モルデカイの頑固な反抗を受け入れがたく思うようになり、モルデカイにとどまらず、ついに、彼の民族をも含めて処罰し、根絶やしにしようと決心していく。

こうして、その日を決定するために、くじが投げられた。くじは古代東洋では一般によく用いられた方法である。イスラエル人もその手段を用いることがあった(箴言16:33)。ただハマンもくじを用いたが、単細胞の迷信家ではなかった。むしろ、自分の計画を遂行するためには、吉兆の時を待ち、王に計画を納得させようとする戦略家であつた。また銀1万タラントは345トンの銀であるが、それを自らの計画のために、一時的に出資できるほどの財産家でもあった。モルデカイが彼を認めなかったのは、こうした要領のよさと金で権力を手にした人物であったからなのかもしれない。

2.

ともあれ、ハマンの策略は、図らずとも逆にユダヤ人に1年の猶予を与えることになる。王は、不動の王の決定を証することになる指輪を渡して、ハマンの意に任せることになる。ハマンは個人的な恨みを、こうして組織的な国家の政策とした。「根絶やしにし、殺害し、滅ぼし、彼らの財産をかすめ奪え」実に恐ろしい命令である。

12節、第一の月の13日は、過ぎ越しの子羊をほふる日の前日である。ユダヤ人であれば、だれでも忘れることのできない日である。出エジプトにおける神の救いの御業を思い起こさせられるところであるが、主は、ハマンの行為を敢えて止められない。悪者がますます栄えると言わんばかりのように、著者は、シュシャンの町の混乱と、王とハマンの酒宴の時を対比させている。いや神の正しい審判が摂理的に動いている中で、取り除かれるはずの悪の深まりを描いているのでもあろう。あるいは、ハマンに対する悔い改めを待ち望む神の忍耐を示しているのか。いずれにせよ、状況の良し悪しに関わらず、神への信頼が私たちにとって全てであることを、私たちは教え諭されるのである。

 

 

エステル記2章

2章 エステルの選出

<要約>

おはようございます。人間は忘れても、神は忘れない、神は誠実なお方であり、私たちのそれぞれの行いに応じて報いてくださるお方です。神がそのような方であればこそ、希望があります。神に信頼し、今日も小さな歩みを進めさせていただきましょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.新しい王妃選び

新改訳第三版では「この出来事の後」であったが、2017では、原文の複数形どおり「これらの出来事の後」となっている。つまり、単にワシュティの出来事だけではない。恐らくクセルクセスのギリシヤ侵攻の失敗も含まれているのだろう。落胆した王は、ワシュティに未練を感じ始めていた。しかし、ワシュティ復活は、側近たちの身の危険を感じさせるものであった。彼らは、新しい王妃の選出を提案した。そして多くの美しい女性が集められた。

6節、「このキシュは」原文では「彼」という関係代名詞である。新共同訳は「この人は」となっている。ただ、「この人は」と訳すと、キシュの曾孫のモルデカイを連想してしまいやすい。そうなると、「彼」は捕囚期の人であるから、モルデカイの年齢は少なくとも120歳近くなってしまい、おそらくエステルも70近い女性になるだろう。そこで新改訳は、「彼」を「キシュ」と解説的に訳している。こうしてモルデカイとエステルはいとこ同士であると同時に養父と養女の関係にあったことがわかる。

さてそのエステルもまた王妃候補として王のもとに召されていく。モルデカイはエステルにユダヤ人であることを明かさないように命じている。それは、出所を謎にして関心を高めたとか、あるいは逆に身の安全を確保し、素性がわからないことで王妃候補から外されることを求めたとか。あるいは意図もなく、ただ神の啓示によるものだとする説もある。ともあれ、エステルは王妃の有力候補とされていく。エステルはヘガイの好意を得、親身に世話をされた。そこには神の見えざる手の導きがあったのだろう。エステルも、実に素直に物事を受け入れていく。王の好みをよく知るヘガイが勧めるもの以外は一切要求しない。こうして彼女は好意的に扱われ、格別に王の好意を受け、王妃となった。テベテの月は、現在の12から1月にあたる。

  1. 忘れられたモルデカイの貢献

19節、王妃エステルが決定した後に再び娘たちが集められた。王がエステルに満足せず、もう一度王妃選びをしたという説、エステルに身元を明かさせるために彼女の嫉妬心を掻き立てるためにわざとしたという説、理由はよくわからない。ただ、その時王の暗殺計画が持ち上がり、これがモルデカイの名で王に伝えられることになる。反逆者は速やかに処罰されるのであるが、モルデカイの処遇は、記録にとどめられただけで終わってしまう。しかしこれが後の大どんでん返しの、鍵となる。

人間は物事を忘れてしまうものであるが、神はそうではない。神の忠実さ、真実さは常に心に留めるべきことである。神は人間が小さなことと片づけてしまうようなことを、覚えておられる。モルデカイはこの時、即座に何かの報酬を受けたわけではない。それは記録には留められたが忘れ去られてしまった。しかし神は、それが思い起こされるちょうどよい時を選んでくださった。神のなさることは時にかなって美しいのである。だから、自らの不遇を悪戯に悲しんだりせず、いつでも、自分に与えられている務めを忠実に果たしたいものである。すべてを神に委ねて、淡々と歩ませていただこう。神がちょうどよい時に、私たちの労に報いてくださるのだから。

エズラ記7章

7章 学者エズラ

<要約>

おはようございます。全てが神の肩にかかっているかのように祈る、これが私たちに求められていることでしょう。能力によらず、権力によらず、ただ主の聖霊の業により、神のみこころがなっていくこと、これが私たちの願うところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.神殿完成60年後の出来事

「これらの出来事の後」というのは、ゾロバベルの神殿完成後のことであるが、実際には、約60年後、つまりBC458 年頃のことである。その間、クセルクセス王の時代のユダヤ人の告発(4:6)さらに、エステル記に書かれた事件が起こっていた。またマラキ書はこの帰還の終わり頃に書かれたと考えられている。そうした出来事の後に、ペルシヤの王アルタクセルクセスの治世に、神はエズラを起こし、イスラエル人に律法に従う生活を教えるようにされた。

エズラは「主が賜ったモーセの律法に通じている学者」であり、主の御手が彼の上にあったので、王は彼の願いをみなかなえたという(6節)。実際、異教の王が、エズラのすることを全面的に支援するのは、確かに主の御手が彼に臨んだとしか考えようがない。

2.アルタクセルクセスの後押し

エズラが持参したアルタクセルクセスの手紙(11-26)には、主として四つのことが命じられていた。(1)エルサレム神殿のためにささげられた献金を持ちかえってよいこと。(2)川向うの宝庫係に、必要なものを供給すること(3)神に仕える者に対して免税すること(4)神の律法を守るためにユダヤ人を治める長官を任命すること、である。つまり、アルタクセルクセスは、イスラエルの礼拝の再興と、イスラエルの宗教の徹底を命じた。ユダヤ人に自分の国の異教を強制するのではなくて、逆に、ユダヤ人の宗教を尊重し、ユダヤ人が自分たちの信仰に熱心であることを許可し、これを徹底させるようにした。異教の国の王をして、天の神の礼拝が再興され、守られる、そして推奨されることが起こる。そのために、異教の国の王自らが、宝物蔵を開放することが起こる。ありえないことが起こっている。

また神は、民の教育のためにエズラを起こされた。エズラは「天の神の律法の学者」であり、天の神の律法に精通し、それを自ら学び、それに生き、それを分かち合うことができる人であった。この点にも注意したい。というのも、牧師として30年、主に仕えながら常に思うことは、聖書をわかりやすく教えることはそれほど難しくはないが、聖書を生きた神のことばとして、神に応答するように語ることは難しいことである。それは、まさに聖霊の働き、祈りの業というべきだろう。人間的に努力しても、頑なな人間の魂の前に、牧師はただ人間的な無力さを思わされるのみで、わかりやすければそれでよいわけではない。神の前における悔い改めと信仰による従順をもたらすものは、人間の業ではなく、神の業である。牧師は神の言葉を語る者でありながら、全くその点において無力なのである。だから、権力や地位を持った人、あるいは賜物や能力を持った人が動いたということではなく、アルタクセルクセスにもエズラにも神の御手が働いたが故に、歴史が、国が、人が動くことを私たちは認めなくてはならないだろう。

「私の神、主の御手が私の上にあったので」かくかくしかじかのことができた、という現実がある。大切なのは、神が御心とするときに、神は、未信者の者の理解と協力をも与えてくださる、ということだろう。今日も神の御手が力強く働くように。神が持っておられる万人の救いのみこころが達成されるように、日本のキリスト教界のために立てられた働き人たちが力強く用いられるように、また、それを理解し協力する人々が起こるように、ただひたすら神の業があらわされることを願って祈ることとしよう。

 

エズラ記6章

6章 工事は完了した

<要約>

おはようございます。ハガイやゼカリヤの神の言葉に励まされつつ、彼らは、長年動かなかった働きを完成させるに至りました。大切なのは、主のみ言葉への従順、主のみ言葉の奇跡に与っていくことでしょう。主は約束を成し遂げるお方なのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.工事は完了した

総督タテナイ等による訴えを受けて、ダレイオス王は、過去の記録を調べさせた(1節)。すると、キュロス王の命令文書が見つかった。「宮の高さは60キュビト、その幅も60キュビト」これは、ソロモンの神殿よりも規模が大きい規格である。しかし、実際には、ソロモンの神殿よりも貧弱な建物であった、と言われるから、上限を定めたものだったと考えられている。ともあれ、こうして、イスラエルの民は、ゼカリヤが伝える神のことばのみならず、社会的・環境的な後押しも受けて、16年ぶりに滞っていた神殿再建の働きに着手した。実に、不思議なことで、神が御心とすることは、必ず環境も整えられ動いていくものなのである。

こうして、ダレイオス王の治世の第6年、BC515年に神殿は完成する。ソロモンの時代には比較にならないが、彼らは奉献式を行い、いけにえをささげた。また、神への奉仕のために、祭司をモーセの書に従って任命した。確かに「モーセの書」は、祭司とレビ人との基本的な義務を定め、彼らを区別している。しかしそこに実際的な奉仕「組」を作ったのは、1歴代誌23章で学んだように、ダビデである。ともあれ彼らは基本に立ち返って、全てを整えたと理解すべきところなのだろう。

16年間、動かなかったものを進めていくには、それ相当のエネルギーを要する。身を入れて当たらなければ、というものがある。しかし身を入れて当たるかどうか、腹が決まらない、そういう所で、私たちはいつまでもだらだらしていたりする。しかし神のことばに従っていく腹を決める時に、神は道を整え、周囲を動かし、物事が進むようにしてくださることを覚えたい。神は、「アッシリヤの王の心を彼らに向かわせ、彼らを力づけるようにされ」(22節)るお方である。

2.礼拝の再開

さて、神殿の再建と同時に、神の恵みを味わう礼拝が再開されたところに、イスラエルの人々は大いなる喜びを覚えた。私たちは神の計画のすべてを知り尽くすことはできない。神のみこころの一端を担い、それが何の意味を持つだろうかと思うことが続くことがある。教会を建て上げることは、どの教会にしても、最初は核づくりから始まる。核となる牧会チームが形成されるところから始まる。しかしその核はなかなか固まらないものであるし、人が集まっては散り、ということが繰り返される。そうこうするうちに、やっていることの意味がわからなくなることもある。妨害を受けて、物事を中断されるたびに、建て上げていることの意味がわからなくなるようなものである。しかし、その苦難を最初からあるものとして受け入れ、建て上げることから心をそらさずに、淡々と建て上げに徹していく時に、次のステップが見えて来て、今していることの祝福を味わうことがあるものだ。妨害に惑わされないようにしよう。時間が無為に過ぎていくように思われることを、驚かないようにしよう。いつでも、ポイントを押さえ間違わず、主のみことばにしっっかりと自分の心を合わせて、先に進めさせていただくことを願いつつ、淡々とできることをなしていく者であろう。