創世記11章

 諸氏族が増え広がって町を建設することは神のみこころにかなうものであった。しかし、その本質が「肉」にある人間のすることは、再び神の御心にかなわぬ問題を引き起こしていく。つまりカインのそれが殺人であり、ノアの時代の人々のそれが道徳的堕落であるとすれば、バベルの時代の人々のそれは高ぶりにあった。
この時代、塔の建設はそれほど珍しくはなく、バベルの塔も、メソポタミヤに見出されるジグラットの一つであった。実際、メソポタミヤ一帯には同じようなジグラットが30基以上も発掘されている。巨大な塔の建設は、ニムロデ(10:8-2)によって着手されたと考えられ、アッカド王シャル・カリ・シャルリ(BC2250年)に再建され、幾度か戦争により中断、放棄されながらも新バビロニヤのネブカデネザル二世(BC605-562年在位)の時についに完成したと碑文に記録されている。7層からなる高さ百メートルほどの巨大な塔で最上階には月神ナンナルを祭る神殿が設けられていた。礼拝者は、この塔に上ることで神の近くにあることを覚えたが、いつしか当初の意味は忘れ去られ、高くそびえる荘厳な塔に、人間は自分たちの力を誇るようになり、神を否定し、驕り高ぶるようになった。彼らは「名を上げよう」と掛け声を挙げた。そして「全地に散らされるといけないから」は(4節)神に反逆する意思を明らかにしているが、実際には、彼らの不安を明らかにしている。皆で背くなら怖いものなし、というのは、上辺の虚勢なのである。罪には個人的な罪のみならず社会的な罪がある。その横暴さと破壊性は、日本人も太平洋戦争の時に経験している。人間の一致は必ずしも善とは限らないのである。しかし神が与えられる上からの一致と平和は、逆である。黙示録に描かれた聖なる都は、天から下ってきて、諸国民を一つにするものであり、ちょうどそれに対比される物語となっていることに注意しよう。
ともあれ神は、人間が優れた能力を自分たちの欲望の赴くままに用いて、とめどなく罪深さを蔓延させていく様を懸念し(6節)、裁きの手を下された(7節)。神は、私たちの生活のただ中に降りてこられ、正しく裁かれるお方である。人々は全地に散らされた。ただ神のさばきには常に恵みも加えられている。E・ザウアーが言うように、バベルの事件を通して、ことばや民族の壁に拘り散り散りに生きるようになった人類が再び一つにされるためには、新たなことば、つまりキリスト(エペソ1:10)が絶対不可欠であることが明らかになったからである。つまり彼が言語的に通じなくなったというのは翻訳機レベルの問題ではなく、心が通じ合えなくなったことを言っている。神の和解のことば、遜りのことばに結集するのでなければ、人類が再び一つになることはないだろう。だからこそ、新約におけるペンテコステの出来事は、この物語の本質的な解決を語っているのである。神の聖霊が、私たちの魂を癒し、キリストの下に遜ることを実現する時に、違う言葉を話す者同士のみならず、同じ言葉を話す者同士の心が通じるようになるのである。
 「大洪水の二年後」セムの歴史が書かれている。全体的に5章の系図の書き方とよく似ている。セツの系図がアダムからノアまで10代であると同様、セムの系図もセムからアブラハムまで10代とそろっている。しかし、どう考えても、10代以上の時間が流れている。ここも、すべての人物をリストアップしたというよりも、代表的な人物を選んでいると考えられる。セツの系図が10代、セムの系図が10代、つまりは記憶しやすさを狙った、あるいはユダヤ人の完全数10に合わせた、ということなのだろう。また先のセツの系図に比べて、こちらの系図では、父祖たちの年齢が次第に短くなっていく。私たちが常識的に理解できる範囲まで年齢が縮められていることは、ノアの時代を期した一つの転換が、実行に移されたことを示している(6:3)。
 27節からはテラの歴史である。いよいよ、聖書の本題に入っていくわけであるが、大切なことは、アブラハムの家族が、神の選びの民とされていくにあたり、アブラハムの家族が、ノアとはまた違った存在であったことであろう。ノアはまったき人であり、神と共に歩んだ人であったが、アブラハムの父テラは、ヨシュア記24:2で、「ほかの神々に仕えていた」とされている。いわゆる偶像崇拝者である。また「カルデヤ人のウル」は、シュメール文化の中心であり、BC3000年末期から2000年初めにかけて繁栄を極めていた。実際にカルデヤ人がウルに進出するのは、2000年末期であったとされるが、この時代にすでに、カルデヤ人はウルと結び付けられて考えられていた。ともあれ、アブラハムは、大都会に埋もれた偶像崇拝者の一家族に生まれた人物であり、そこから全てが始まっている。
アブラハムは神の大いなる祝福を受ける象徴的存在となるわけであるが、それは、アブラハムが最初から神の前に完全な者、神の好意を受ける者であったというよりは、神の憐れみにより、恵みによって選ばれ、恵みによって導き引き出されたことによる。彼は大都会に埋もれた偶像崇拝者の子であった。しかし神は、彼に上からのビジョンを与え、主のしもべとして導きだされた。テラが移住したのとは別に、アブラハムの移住には、神の召しと、自分を砂の中から見出した神に対する信頼があった。人間の志には、挫折もあり、混乱もあることだろう。しかし、神が与えられた志に立つ信仰は、大いなる祝福へと私たちを導くのである。

創世記10章

 ノアの息子、セム、ハム、ヤペテの系図が記録される。地名についての知識が乏しいと、たいくつな片仮名の羅列にしか見えない。まず、ヤペテの子どもは7人である。またその孫も7人。そして数えられた民族の数は70人。よく出来たと言うか、意図的な書き方なのだろう。つまり、この系図は、全人類の系図を書き現わしているようでありながら、実際には、代表的な全人類の系図である。どのように代表となる民族を選んだのかは定かではないが、一人の人、ノアから再出発した全人類のつながりを書き現わそうとしたことは確かだ。
まずヤペテは、北方地帯に分散した民族である。海沿いの国々は、地中海とカスピ海の周辺の地域であり、そこに住む人々は、一般にはインド・ヨーロッパ人種として分類されている。ゴメルとマゴグは、黒海北部のスクテヤ人、マダイは、アッシリヤ東方のメディア人、メシェクは、黒海沿岸の南西部に住む民族、アシュヶナズは、ドイツ地方に流れた人々、タルシシュは、スペイン南部のギリシヤ植民地の人たち、ドダニム人は、ギリシヤ北部の人々を指す。つまり、メディアからスペインにおよぶ黒海沿岸から地中海までの国々にノアから分かれた子孫が分布することを示しており、自国民以外の者は皆、異邦人というよりも兄弟と呼ぶべき存在である。
次に、ハムであるが、ハムは南方地帯に分散した。クシュはエジプトの南、エチオピアを指す。クシュの子孫は、紅海沿岸地域に広がった。ニムロデは、特記すべき有名人であったようだが、その意図はよくわからない。ただ、ここは、泡沫として消えていく人類の歴史の中に、人業とは思えぬほどに目覚ましい国づくりをし、記憶される人物がいたが、それもまた神の御心の中で起こった歴史の動きである、ことを示しているのだろう。人が歴史を作るのではない、神が許される中で、人の歴史が起こっていく。そういう意味では、この地上でどんなに目覚ましい働きをしようと、財力や権力を振るおうと、それらは皆、神のみ許しの中で起こっているのである。それを自分の力による、と考えるのが人間の傲慢さであり、愚かさである。すべての人が神に機会と時を与えられて秀でもし、没落もすることを、私たちはもっと謙虚に受け止めていかなくてはならない。
ミツライムはエジプト。バベルはメソポタミヤ南部、エレクは、バビロンの南東約200キロの町。アカデは、バビロニヤ北部の町アッカド。シヌアルは、バビロニヤの北西部。アシュルはアッシリヤである。ハムの子カナンの子孫は別枠で特記されている。これらの民族は、イスラエルの歴史の中でイスラエルが戦った中心的な民族である。彼らも本来戦う相手ではない。同朋である。
最後にセムの子孫。エラムはバビロン東方、26節、ヨクタンの子孫としてあげられている名は、アラビヤ系の部族である。
32節は結論である。「以上が、その国々にいる、ノアの子孫の諸氏族の家系である。大洪水の後にこれらから、諸国民の民が地上に分かれ出たのであった」つまり人類はもともと一つであった。それが、それぞれの国語民族に散らされていくのであるが、その原因は次の11章に詳しい。大切なのは、11章にあるように、罪の故に、呪われ散らされていった民族がまた、神のあわれみによって一つとされるビジョンが聖書において提示されていることだ。それは最終的に、黙示録で明示されるのであるが(7:9)、神の救いの計画は、もともとあった一つであった民族が、再び一つにされることに他ならない。ということで、この10章は、神の救いの計画の前提を理解するものとして重要なものである。そして、私たちの宣教の目標も、この散らされた民族が一つとされる、ことにある。宣教の目的は単にキリスト者の数を増やすことではない。むしろ散らされた民族を一つとしていく、ことにある。となれば、教会の最も重要な使命は、近隣の破れを回復すること、近隣の人々を一つにしていくことにある。この主の使命に立つ教会が、どうして地域から浮き出ることがあろうか。教会が地域にとって宝となるのは、まさに、この一つにするという福音宣教の恵みを担っているからである。

創世記9章

 神は、ノアとその息子たちを祝福される。その祝福は、創造のはじめと同じ祝福である。「生めよ。ふえよ」神の私たちに対する態度は永遠に変わらない。しかしここで神は、ご自身と人、そして他の被造物との関係を明確にしている。「支配せよ」というのではなく(1:28)、それらを「委ねる」(9:2)と語られる。そして、いのちについてご自身の考え方を示している(5,6節)。人のいのちは血によって支えられるものであり、いのちと血は、同価である。そしていのちは神が与えるものであるから、人が、人の血を流し、いのちを奪うことは、神の所有を犯すことに他ならない。それは別の言い方をすれば、神が造られた被造物に対する人の権利を制限するものである。被造物は人のものではなく、神のものである。神は改めて人に、ご自身の者を委託されていることを明確にされた、ということだろう。
だから違反には神の刑罰が科されるのであり、「あなたがたのいのちのためには、あなたがたの血の価を要求する」ことになる。そして、人の血を流す者は、人によって、血を流されるというのは、いわゆる「目には目を、歯には歯を」という報復を正当化するものではない。神は血を流したことについて、ご自身の所有を犯した責任をそれぞれに問うのであるが、先に述べたように、神は被造物に対する人の権利を制限されているのだから、その神の刑罰が人間を通して行われることを示しているにすぎない。そういう意味では、報復権が語られているのでもないし、ここで死刑制度が神によって定められたと言うこともできない。
ともあれ、神は、いのちが不可侵であることの理由として、「神が人を神のかたちにお造りになった」からであるとする。人のいのちを殺めるのは、神の栄誉を傷つけることである。それは他人のいのちはもちろんのこと、自分のいのちについても言える。いのちの大事さは、いのちが神に与えられ、神のかたちを映し出すものだからである。
次に、神は、ノアとその息子たちと契約を結んでいる。ノアを代表者としてではない。ノアとその息子たちは共同契約人とされているのである。また、彼らが結んだ契約の特徴は、第一に、創造主と人間のみならず、あらゆる被造物との間に交わされた普遍的契約である(9,10節)。第二に、それは目に見えるしるしである雲の中の虹によって保障された。しかもこの虹は、永遠のものである(エゼキエル1:28、黙示4:3、12節)。つまり、この契約は、全被造物に対して、世々永遠にわたって変わる事なく結ばれた。なお、当時の契約には、対等の契約と宗主と隷属者の契約と呼ばれる二種類のものがあった。前者は両当事者が同一の義務を負い、後者は、隷属者だけが宗主の命令に服従する義務を負う。しかしノアの契約はそのいずれでもない。神が一方的に義務を負われる約束である。神が契約を取りまとめ、それを維持される。神の努力に、その契約の効力はかかっているのである。神は永遠に、私たちのために義務を負われる。どのような義務か。第一に、洪水によってこの世が再び滅ぼされることはない(8:21、9:11)。また、自然の秩序、季節を約束し(8:22)、さらに人間の権威を守り、動物を食べることを許している(9:2-3)。最後に、人が繁栄することを期待されている(9:6-7)。神は人の祝福を願うお方である。
さて、後半、ノアの失敗が描かれている。ノアは、ここでぶどう畑を作り始めたと語られる。もし、ノアがぶどう作りについて玄人であったなら、ノアは葡萄酒の危険を知りつつも、注意を怠り、こんな過ちを犯してしまったのだ、と読むこともできるし、素人であったなら、ノアは葡萄酒の危険をまったく知らずに、不可抗力にこのような失態に及んでしまった、と捉えることもできる。しかし著者の関心は、ノアの飲酒の是非ではなく、ノアの失態に対する家族の態度にあることに注目したい。
22節、「カナンの父ハムは、父の裸を見て、外にいるふたりの兄弟に告げた。」とある。「見て」と訳されたことばは、ラアー、たまたま視線がそちらに向いたのではなくて、注視する、じっと見つめる、の意味で、見ることによって悪しき思いを募らせることを暗示している。また「告げる」も、ただ単に、知らせる以上の意味がある。つまり、家族の失態をカバーするのではなく、その失態から混乱を引き起こそうとしたハムのあり方が問題にされている。本来は、セムとヤペテがなすように、人の恥を覆い、殊更に問題にしないことが、人間らしいことである。だがハムのように、人をさげすみ、人に恥辱を加え、人の不幸を喜ぶのが、人間なのである。ハムは、私たち自身であることをわからなくてはならない。しかし神が私たちに期待されていることは、私たちが、回復と恵みを示す神の器として立つべきことである。人は神に被造物を委託され、神の愛をもって他者との関係に生き抜くように再スタートを切ったことを心に留めて歩みたいものである。

創世記8章

ノアは信仰によって神の警告を受け止め、箱舟を造り、神の義を証しした。ここで再び信仰によって、神が大雨を去らせ、乾いた大地を踏ませてくださることを期待した。箱舟に揺られた一年は、短くも長くも感じられた時であったことだろう。閉じ込められた空間の中で、自分たちの最後はどうなるのであろうか、と考えさせられることもあったに違いない。しかし神は「覚えておられた(1節)」。それは、神の忠実さを証することばであり、神が思い続けておられたことを意味する。また神は、その覚えておられるものに介入し、行動する時を待っておられたことを意味する。人は、待っている時には、神に待たされている、と思うものだろう。けれども待っているのは、私たちばかりではない。神もまた同じなのだ。そして神は、私たちの側に立ってじっと物事の成り行きを見、ちょうどよい時を見定め、行動する知恵者である。
ところで、この大洪水がいつのことであったのかは、わからない。しかし考古学的発見や聖書以外の洪水伝承からもそれは間違いのない史実と考えられている。箱舟はアララテ山の上にとどまった。それは、現在の黒海とカスピ海に挟まれたアルメニアに位置する。そこに最高峰の標高5,165メートルの山がある。しかし直訳は、「アララテの山々」。つまり、アララテ山地を意味し、特定の山ではない。また、創世記の読みとその地理的呼称が一致しているのかもわかっていない。しかし、人類がアフリカ、アジヤ、ヨーロッパへと、新しく散っていくには、相応しいロケーションである。
ノアは、初め烏を放った。古代の船乗りが陸地の位置を知り、進行方向を定めるために用いた航海術に倣ったのだろう。ノアは、地の様子を伺った。ノアはさらに鳩を三度放している。二度目に鳩はオリーブの若葉を加え、三度目の鳩は戻らなかった。地は乾いたのである。しかし、ノアは自分の目でそれを見、地の乾いたことを確信しつつも(13節)、すぐに外へ出ようとはしなかった。神の忠実なしもべノアは、第二の月の27日目「箱舟から出なさい」という神の語りかけに応じて出て行った。自分の判断の確実なことを知りつつも、神の意志の確認の下に物事を進めるノアの姿がある。ノアが神に選ばれたのは、こうしたノアの性質のためであるのかもしれない。次の一歩へと私たちが歩みを進める時に、神がゴーサインを出される、とその声を待ち望む心が、神を認め、神を敬うことでもある。
外へ出たノアは、まず初めに祭壇を築き、全焼のささげ物をささげた。神によって救い出され、神によって新しい世界に導かれたノアにとってそれは至極当然のことであった。ただこの時代の全焼のささげ物は、神に礼拝をささげる中心的な要素である。今日プロテスタント教会では、説教を中心とする礼拝をささげており、それは知性的な営みでもあるが、この時代はそうではない。しかし、その要素が意味するものは、同じものであることに注意せねばならない。21節、「主は、その芳ばしい香りをかがれた」とある。レビ記では、全焼のささげものが「主への食物である」と語られている。神に崇敬の念を示すために、ささげ物によって神に食物を提供する、というのが古代異邦人の考え方であった。しかし、聖書における主への食物にそのような意味はない。それは、あくまでも霊的な意味であり、つまり食物に象徴しうるもの、つまり、私たちの感謝、忠実、信頼、そして神に対する愛が、神にとって霊的な食物となることを意味する。神はノアの守りの感謝、忠実、信頼、そして神に対する愛という香ばしい香りをかがれたのである。今日の礼拝においても、説教が果たす役割は、私たちの感謝、忠実、信頼、そして神に対する愛の香りを立ち昇らせるものでなくてはならない。かつては儀式的に行われたものが、今日においては理性に訴えてなされるのである。
 しかしながら、レビ記を背景に最も理解を深めるべきことは、その香ばしい香りに献身を加えることであるが、それは、私たちの全き献身ではなく、私たちの代わりに全き献身がささげられたことを覚えることにある。私たち罪人の自己献身はいかなる献身であろうとも不完全さを免れ得ない。完全な献身は、永遠の御子によるゴルゴダの十字架以外にはありえない。御子の十字架の死に至るまでの、御父に対する完全な愛と服従が、完全な主への食物であり、芳ばしい香り、すなわち喜ばしく、受納されるものであった、ということである(エペソ5:2)。
 だから神は、ノアのささげ物を受けながらも「人の心が思い図ることは、幼いときから悪である」と人間の弱さをありのままに認めておられる。義しい人ノアとその家族だけを救われながら、本質的に人間に義しさはありえない、ということだ。この時点において、神はイエスの犠牲のほかに、真のなだめとなる全焼のいけにえはありえないことを暗に示しているのだろう。
毎週日曜日に公の礼拝に集うことは、アダムとエバ、あるいはノアのように、神の前に贖いを必要とする不完全な者であることを自覚する遜りを必要とするものだろう。私たちは神に感謝、信頼、そして愛を表明するが、不完全な肉なる者として神の前にあることを素直に認めるのである。そして完全なささげ物であり、神にとって最も芳ばしい香りであるキリストと共に神の前に礼拝をささげるのである。礼拝においては、私たちの心の中にいつもキリストが中心となり、キリストが高く掲げられるものでなくてはならない。
この洪水によって人類の歴史は新しく仕切りなおされていく。その初めに神がノアと交わされた契約は、ノアを代表とする全人類、全被造物との契約である。それは対等の義務を負うものというよりは、神が責任を負う契約であるから一方的約束に近い。神は、その恵みによって祝福を約束された。神に従うならば、神はその結果に責任を持たれる。今日も、キリストにあって神に自分をささげ、神の戒めにこそ、忠実な歩みをさせていただくこととしよう。

創世記7章

混沌とし、堕落した神なき世の中で、ただ一人、主のみ心にかなう人物がノアであった。神はノアが「正しいのを見て」、自ら建造した箱舟に入るようにと告げられる。また動物を七つがいずつ取るように命じられる。それは「その種類が全地で生き残るためである」(3節)とある。洪水後の生活のための家畜も含まれていたのだろう。神は、あらかじめすべてを計算し、ノアのために、最善をしてくださっていた。
実に不思議な神の導きにより、神の御手の業によりこれらのことが起こっていることに注目したい。動物たちは、ノアが造った箱舟の中に、自ら入って来たのである。神がご計画されていることは、神の業が現わされるような形で進んでいく。大切なのは、私たちの日々の生活の中に起こっている神の業に注目することだろう。神の導きを見極めること、神の時を待つことにある。
さて11節。「大いなる淵の源がことごとく裂け、天の水門が開かれた」この表現は、1章の「大空の下にある水と、上にある水」を意識したものであるという。つまり、それは豪雨だけによるものではなく、地形の変動も加わった地下水脈が溢れ出ることも含み、あたかも創造の業を逆転させ打ち壊すかのような、つまり上の水も下の水も一緒になると思われるほどの異常な大洪水があったことを語ろうとしている。
しかし、その水害の範囲はいったいどこまでなのか。この地上の隆起の全てをくまなく覆ったという意味だろうか。それとも、地上に生きていた全てのものを巻き込んだという意味でのすべてなのだろうか。通説は後者であろう。それは、人間の裁きのために起こった洪水であれば、人間が全て死にたえることで十分だからである。実に、洪水は神が目的をもって意志されて起こった未曽有の災害であった。
 神の裁きは激しかった。その勢いはすべてを押し流した。注意すべきは、神に従ったノアたちもまた、箱舟もろともに押し流され、打ち砕かれる可能性があったことだ。16節。「主は、彼のうしろの戸を閉ざされた」とある。戸を閉めたのは、ノアのはずである。しかし、神がノアの閉ざした戸の守りを固められた、というのだろう。主の勧めに従ったノアを主が守られたのである。「告げよ主に」という聖歌(423番)がある。「告げよ主に告げよ今、内にある悩みを、みめぐみに富める主は、聞きたまわん親しく、告げよ主に告げよ今、慰めは主にあり、力ある御手をのべ、主は支えんなが身を」とある。「力ある御手をのべて、主は支えられる」主の力強い御手によって、守られていくことがある。「ただノアと、彼とともに箱舟にいたものたちだけが残った」(23節)とあるように、主に従うことが明暗を分けていく。
 この物語をどのように私たちの生活に適用していくか。私たちの生活に主権を働かせられる神がおられる、その神を恐れて歩むべきことを、ここから語ることもできるが、興味深いことは、ペテロは、この個所を引用して、バプテスマの予表について語ったことである(1ペテロ3:20,21)。ペテロは言う。「そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型なのです」
ノアが箱舟に入るまで人々は、「飲んだり、食べたり、めとったり、とついだり(マタイ24:38)」していた。神に対する畏れが失われ、生活の中から祈りが消え去り、世と世のものを愛し、欲望の赴くままに罪に埋もれた生き方をしていた。このような状況において、神の勧めを注意深く聞き分け、神のみこころを見出し従うことは大変難しいことであったに違いない。しかし今日もまたそういう時代である。こういう時代にあって、神の言葉を注意深く聞きわけ、神に従う一歩を踏み出す、つまりバプテスマを受ける者を神は守られ、救われる。バプテスマは、滅びからの救い、私たちの新しい人生を切り開く舟に乗りこむことと同じである。
そして第二に、ペテロは、この箇所を引用し、さらに大きな裁きが待っていることを語る(2ペテロ3:5-7)。神は、世の不正をそのままにはされない。必ずご自身の義を表される。私たちにはしばしば世の横暴は、このまま永遠に続き、正しい者は忘れ去れていくのみであると思うようなことがあるかもしれない。しかし、そうではない世は、裁きの終末に向かうと同時に、正しい者が報われる、神の栄光の御国の終末へと向かっている。その信仰に立てばこそ、今の世を、神の言葉に従って歩む力も出て来るのである。今日も、ゴールを見失うことのない、歩みをさせていただこう。