創世記13章

アブラムはエジプトの危機から逃れて、再び約束の地へと帰って来た。アブラムも私たちと変わらぬ弱さを持った人間である。しかし、アブラムは、思わぬ失敗の中で、もう一度初心に戻っている(3節)。彼はただ、主のために祭壇を築き、主の御名によって祈ったのではない。著者が丁寧に、「ベテルまで旅を続けて、ベテルとアイの間にある、最初に天幕を張った場所まで来た」と記しているのは、アブラムの行動の軌跡を辿ったのではなく、初心に戻った彼の心の内を示そうとしたのだろう。ヘブル語原文では、3節の「来た(行く)」は4節の「呼び求めた」につながる。「呼び求めた」と訳されたヘブル語は、「イクラー」である。つまりアブラムは、そこに辿り着くやいなや神を呼ばわった。そして、自らの心の内を告げたのである。
既に述べたように、アブラムは神に導かれるままに、住み慣れた大都会から引き抜かれ、田舎へやってきた。アブラムは確かに物質的には祝されていたが、約束の地は、彼の期待するようなものではなかった、と思われる。実際その場所は、改めて住んでみると狭すぎる場所だったからである(6節)。当然、アブラムと、ロトの間には、争いが生じるようになった。アブラムは、当面この争いを解決しなければならなかった。そこで、アブラムは分かれて生活することを提案する。神の与える祝福が、一つとされることであるとすれば、神のなさることは全く意味不明と言わざるを得ない。一つになるどころか、わかれたのであるから。しかし、それは表面上のことであり、神の祝福がアブラムを通して、ということが中心となるための分離であったのかもしれない。地上にあって一つになるためには、世との分離も必要なのではないか。やがて来る世におけるキリストの下にある一致は、神を愛し、神に身をささげ、信仰の戦いを戦い抜いた者たちの一致である。神はその恵みによってアブラムをその一人として選ばれた。だから、神の可能性にだけ立つアブラムは、年齢的にも立場的にも優先権があるにもかかわらず、移動場所をロトに決めさせた。アブラムは、自己主張を押さえて、ただ神だけを選び、神に与えられたもの、譲られたものでよしとしたのである。というのも、神を知っているということが既に十分な恵みであり、目に見えるものを得ることが必ずしも幸せではないという確信があったからだろう。アサフは、「神の近くにいることが、しあわせなのです(詩篇73:28)」と歌っている。神と共にあることの幸せは、経験的に理解されることであり、信仰が成熟すればこそ起こりうる発想である。ともあれ、アブラムは昔のアブラムではなかった。妻を危険にさらし、パロとの関係をも壊し、高い代価を払って学びとったことなのだろう。
逆にロトはヨルダンの低地全体を見渡した。その土地は、ロトの貪欲なまなざしには最良、最善の地と見えたようである。ロトは、神との平和、アブラムとの一致を求めたのではなく、地上的な繁栄に魅せられ即刻この地を選んだ。ロトは結果、神の選びに背を向けたのである。確かにソドムとゴモラは、滅びる前は、どちらも文明の中心地で栄えていた。しかし、そこには予測のつかないリスクも潜んでいた(13節)。ロトは、目先に捕らわれて、神を畏れない者たちの歩みに、引き込まれ、巻き込まれていくのである。それは明らかにアブラムとは対照的な姿である。世を愛するか、神を愛するか、視力を頼りに見えるものに目を留めるか、信仰をもって見えないものに目を留めるか、私たちはいずれかを選んで生きている。しかし神を愛するところに、私たちの思いを超えた祝福があることを、忘れてはいけない。
ロトと別れ、狭い土地に一人たたずむアブラムに神が再び語られている(13:14)。彼が目で見て、狭いと思ったその考え方が正されている。彼は自分が利用できる事柄を考えて、この土地は狭いと思ったのだろう。しかし、神は、彼がその時は利用できないと思っているところも含めて、目の届く限り、あなたの土地である、という。アブラムはまだこの時、自分の子孫がどのようになるか、ということの考えは全くなかったと思われる。実際、アブラムに、後のイスラエルの歩みなど、全く想像もつかなかったことであろう。神はアブラムに再び約束を更新される。私たちの思いを超えた神の導き、神の計画がある。私たちは物事を小さく考えて、一喜一憂し、不平不満をまき散らしていることがある。神は偉大な存在である。信仰により、目に見えない大いなる祝福を計画しておられる神のみ旨に思いを潜め、期待をもって導かれて行こう。

創世記12章

アブラムが生きたのは(使7:2)、ウル第三王朝時代(1960-1830年)最初の王ウル・ナンムの時代であったと推測されるが、はっきりとはわかっていない。仮にそうだとすればウルが高度な都市文明を誇っていた時代である。ウルは、現在のイラクに位置する。
アブラムは父テラに同行し、三日月地帯に沿ってユーフラテス川を北上し、カラン(「通路」を意味する)を経由した。北部メソポタミヤの町カランは、ニネベとバビロンなどと、南西部のダマスコとツロ、そしてエジプトの町々とを結ぶ中継都市として繁栄し、商業の中心地であった。現在は、一寒村に過ぎないトルコのハルランと考えられているが、カルデヤのウルと同じように月神を拝むなど、文化的な共通性のある町で、父テラはここで死んだ。(創世記11:31-32、12:4-5、使徒7:2,4)
その後、アブラムは75歳の時に、さらなる神の召しに応じて、西に移動、カルケミシュ付近でユーフラテス川を越え、南に下りアレッポ、ダマスコ、ハウラン地方を進んでガリラヤ湖の南方でヨルダン川を越えてシェケムへと至っている。約640キロの旅である。カナンと呼ばれたこの地域は、肥沃なナイル峡谷やチグリス・ユーフラテス流域に比べれば貧しい土地であったが、アラビヤの砂漠の人たちから見れば「乳と蜜の滴る地」であった。
高度な文明都市ウルから商業都市カランへ、そして田舎町のカナンへ、今まで慣れ親しんだものを捨てて、見知らぬ町並みや人々、言語、文化、気候、そして地形の中を、神に導かれながら、アブラムは、祝福という名には程遠い退屈な町へと辿り着くのである。
ここから20章までは、単純に息子が与えられる、子孫が繁栄する、という約束が話題の中心である。それはある意味で物質的な意味での祝福観に等しい。そしてアブラムはその約束の実現をじらされ、その間、こらえきれずに希望を失い、約束をだめにしかけたり(12,16,20章)、信仰を取り戻し、約束を期待し続けたりと、不安定な歩みをしている。しかし、その不安定さにもかかわらず、またアブラムにとっては全く可能性のない状況の中で、神の全能性を示すような形で、約束を実現するのである。このような例を静かに読んでいくと、私たちの不完全さにもかかわらず、神がその恵みの故に、私たちを支え祝してくださるであろうことを、いついかなる時も期待すべきことを教えられる。
ただ、この物語は、これから先読むように、そのようなご利益的な内容を超えたメッセージを伝えていることに注意すべきなのだろう。それは、聖書を全体通読することで徐々に見えてくる部分でもあるが、神の祝福を何と理解するかが問題である。もし、祝福が金回りのよさ、事業の成功、最高の衣食住、自己実現と言ったことに尽きるならば、アブラムの場合、それはある程度達成されたことではあろうが、それが聖書の語ろうとする意図ではない。3節、「地のすべての部族は、あなたによって祝福される。」とある。聖書が語る祝福は、11章までの出来事が前提になっていることに気づかねばならない。1-11章は、人類の初め、12章以降はイスラエル民族の初めと分断して創世記の構造を掴むようでは、その意図はわからない。3節は、神の前に驕り高ぶった人々が神の呪いを受け、地の全面に散らされたバベルの事件を頂点とする出来事の転換点として機能している。つまり、アブラムを通して、再び、全ての民族は神のもとに一つとされる、これが、神が語られた祝福なのである。神が私たちに与えられる祝福は、物でも、名誉でも、お金でもない。むしろ目に見えない心通いあう時である。人と人が和合し、一つにされることである。人間関係に苦しみ、一つになれない悲しみを味わっている人であるなら、それはよく理解されることだろう。神は、私たちが最も必要とする祝福を、アブラハムとその子孫を通して与えると約束された。
実際、この祝福の約束は、繰り返し更新されている。ロトと別れた後(13:14-16)、神がソドムを滅ぼされる前(18:18)。また、アブラムの子イサクや(26:3,4)その孫ヤコブに対して(28:13,14,35:11)も。大切なことは、この祝福の約束が、ペテロ(使徒3:25)やパウロ(ガラテヤ3:14)が語るように、私たちにも与えられていることでありエペソ3:6や黙示録7:9において、最終的な、人類回復の姿として描かれていることである。私たちは祝福の受領者であると同時に祝福の仲介者である。様々な人間の破れを繕う、関係を建てあげる祝福の使者である。
アブラムは、神の約束を受けて、カナンの地に入った(5節)。しかしそこには、飢饉があり、アブラムはしばらくエジプトに滞在するために、下って行ったとある。このような緊急避難は、当時はよくなされたことであって、アブラムも、深く考えることなく出て行ったのであろう。しかし、アブラムは自分の判断に頼らず、神の御心に従うことを学ばなくてはならなかった。パウロが「主のみこころならば」と言う、その精神を身に着けなくてはならなかった。アブラムは、一つの困難に出くわし、高い代償を払って、自分が神のしもべであることを学んでいく。神のみこころに従うことは、口で言うほどたやすいものではない。まず私たちは、神のみこころをよくみきわめる力を必要としている。パウロはそのために、識別力が与えられるようにと祈っているが、私たちも同じである。神は無駄な試練を与えられることはない。すべての困難は、神のみこころの中で起こっている。神のみこころを知る大切な機会であり、私たちの成長の機会である。

創世記11章

 諸氏族が増え広がって町を建設することは神のみこころにかなうものであった。しかし、その本質が「肉」にある人間のすることは、再び神の御心にかなわぬ問題を引き起こしていく。つまりカインのそれが殺人であり、ノアの時代の人々のそれが道徳的堕落であるとすれば、バベルの時代の人々のそれは高ぶりにあった。
この時代、塔の建設はそれほど珍しくはなく、バベルの塔も、メソポタミヤに見出されるジグラットの一つであった。実際、メソポタミヤ一帯には同じようなジグラットが30基以上も発掘されている。巨大な塔の建設は、ニムロデ(10:8-2)によって着手されたと考えられ、アッカド王シャル・カリ・シャルリ(BC2250年)に再建され、幾度か戦争により中断、放棄されながらも新バビロニヤのネブカデネザル二世(BC605-562年在位)の時についに完成したと碑文に記録されている。7層からなる高さ百メートルほどの巨大な塔で最上階には月神ナンナルを祭る神殿が設けられていた。礼拝者は、この塔に上ることで神の近くにあることを覚えたが、いつしか当初の意味は忘れ去られ、高くそびえる荘厳な塔に、人間は自分たちの力を誇るようになり、神を否定し、驕り高ぶるようになった。彼らは「名を上げよう」と掛け声を挙げた。そして「全地に散らされるといけないから」は(4節)神に反逆する意思を明らかにしているが、実際には、彼らの不安を明らかにしている。皆で背くなら怖いものなし、というのは、上辺の虚勢なのである。罪には個人的な罪のみならず社会的な罪がある。その横暴さと破壊性は、日本人も太平洋戦争の時に経験している。人間の一致は必ずしも善とは限らないのである。しかし神が与えられる上からの一致と平和は、逆である。黙示録に描かれた聖なる都は、天から下ってきて、諸国民を一つにするものであり、ちょうどそれに対比される物語となっていることに注意しよう。
ともあれ神は、人間が優れた能力を自分たちの欲望の赴くままに用いて、とめどなく罪深さを蔓延させていく様を懸念し(6節)、裁きの手を下された(7節)。神は、私たちの生活のただ中に降りてこられ、正しく裁かれるお方である。人々は全地に散らされた。ただ神のさばきには常に恵みも加えられている。E・ザウアーが言うように、バベルの事件を通して、ことばや民族の壁に拘り散り散りに生きるようになった人類が再び一つにされるためには、新たなことば、つまりキリスト(エペソ1:10)が絶対不可欠であることが明らかになったからである。つまり彼が言語的に通じなくなったというのは翻訳機レベルの問題ではなく、心が通じ合えなくなったことを言っている。神の和解のことば、遜りのことばに結集するのでなければ、人類が再び一つになることはないだろう。だからこそ、新約におけるペンテコステの出来事は、この物語の本質的な解決を語っているのである。神の聖霊が、私たちの魂を癒し、キリストの下に遜ることを実現する時に、違う言葉を話す者同士のみならず、同じ言葉を話す者同士の心が通じるようになるのである。
 「大洪水の二年後」セムの歴史が書かれている。全体的に5章の系図の書き方とよく似ている。セツの系図がアダムからノアまで10代であると同様、セムの系図もセムからアブラハムまで10代とそろっている。しかし、どう考えても、10代以上の時間が流れている。ここも、すべての人物をリストアップしたというよりも、代表的な人物を選んでいると考えられる。セツの系図が10代、セムの系図が10代、つまりは記憶しやすさを狙った、あるいはユダヤ人の完全数10に合わせた、ということなのだろう。また先のセツの系図に比べて、こちらの系図では、父祖たちの年齢が次第に短くなっていく。私たちが常識的に理解できる範囲まで年齢が縮められていることは、ノアの時代を期した一つの転換が、実行に移されたことを示している(6:3)。
 27節からはテラの歴史である。いよいよ、聖書の本題に入っていくわけであるが、大切なことは、アブラハムの家族が、神の選びの民とされていくにあたり、アブラハムの家族が、ノアとはまた違った存在であったことであろう。ノアはまったき人であり、神と共に歩んだ人であったが、アブラハムの父テラは、ヨシュア記24:2で、「ほかの神々に仕えていた」とされている。いわゆる偶像崇拝者である。また「カルデヤ人のウル」は、シュメール文化の中心であり、BC3000年末期から2000年初めにかけて繁栄を極めていた。実際にカルデヤ人がウルに進出するのは、2000年末期であったとされるが、この時代にすでに、カルデヤ人はウルと結び付けられて考えられていた。ともあれ、アブラハムは、大都会に埋もれた偶像崇拝者の一家族に生まれた人物であり、そこから全てが始まっている。
アブラハムは神の大いなる祝福を受ける象徴的存在となるわけであるが、それは、アブラハムが最初から神の前に完全な者、神の好意を受ける者であったというよりは、神の憐れみにより、恵みによって選ばれ、恵みによって導き引き出されたことによる。彼は大都会に埋もれた偶像崇拝者の子であった。しかし神は、彼に上からのビジョンを与え、主のしもべとして導きだされた。テラが移住したのとは別に、アブラハムの移住には、神の召しと、自分を砂の中から見出した神に対する信頼があった。人間の志には、挫折もあり、混乱もあることだろう。しかし、神が与えられた志に立つ信仰は、大いなる祝福へと私たちを導くのである。

創世記10章

 ノアの息子、セム、ハム、ヤペテの系図が記録される。地名についての知識が乏しいと、たいくつな片仮名の羅列にしか見えない。まず、ヤペテの子どもは7人である。またその孫も7人。そして数えられた民族の数は70人。よく出来たと言うか、意図的な書き方なのだろう。つまり、この系図は、全人類の系図を書き現わしているようでありながら、実際には、代表的な全人類の系図である。どのように代表となる民族を選んだのかは定かではないが、一人の人、ノアから再出発した全人類のつながりを書き現わそうとしたことは確かだ。
まずヤペテは、北方地帯に分散した民族である。海沿いの国々は、地中海とカスピ海の周辺の地域であり、そこに住む人々は、一般にはインド・ヨーロッパ人種として分類されている。ゴメルとマゴグは、黒海北部のスクテヤ人、マダイは、アッシリヤ東方のメディア人、メシェクは、黒海沿岸の南西部に住む民族、アシュヶナズは、ドイツ地方に流れた人々、タルシシュは、スペイン南部のギリシヤ植民地の人たち、ドダニム人は、ギリシヤ北部の人々を指す。つまり、メディアからスペインにおよぶ黒海沿岸から地中海までの国々にノアから分かれた子孫が分布することを示しており、自国民以外の者は皆、異邦人というよりも兄弟と呼ぶべき存在である。
次に、ハムであるが、ハムは南方地帯に分散した。クシュはエジプトの南、エチオピアを指す。クシュの子孫は、紅海沿岸地域に広がった。ニムロデは、特記すべき有名人であったようだが、その意図はよくわからない。ただ、ここは、泡沫として消えていく人類の歴史の中に、人業とは思えぬほどに目覚ましい国づくりをし、記憶される人物がいたが、それもまた神の御心の中で起こった歴史の動きである、ことを示しているのだろう。人が歴史を作るのではない、神が許される中で、人の歴史が起こっていく。そういう意味では、この地上でどんなに目覚ましい働きをしようと、財力や権力を振るおうと、それらは皆、神のみ許しの中で起こっているのである。それを自分の力による、と考えるのが人間の傲慢さであり、愚かさである。すべての人が神に機会と時を与えられて秀でもし、没落もすることを、私たちはもっと謙虚に受け止めていかなくてはならない。
ミツライムはエジプト。バベルはメソポタミヤ南部、エレクは、バビロンの南東約200キロの町。アカデは、バビロニヤ北部の町アッカド。シヌアルは、バビロニヤの北西部。アシュルはアッシリヤである。ハムの子カナンの子孫は別枠で特記されている。これらの民族は、イスラエルの歴史の中でイスラエルが戦った中心的な民族である。彼らも本来戦う相手ではない。同朋である。
最後にセムの子孫。エラムはバビロン東方、26節、ヨクタンの子孫としてあげられている名は、アラビヤ系の部族である。
32節は結論である。「以上が、その国々にいる、ノアの子孫の諸氏族の家系である。大洪水の後にこれらから、諸国民の民が地上に分かれ出たのであった」つまり人類はもともと一つであった。それが、それぞれの国語民族に散らされていくのであるが、その原因は次の11章に詳しい。大切なのは、11章にあるように、罪の故に、呪われ散らされていった民族がまた、神のあわれみによって一つとされるビジョンが聖書において提示されていることだ。それは最終的に、黙示録で明示されるのであるが(7:9)、神の救いの計画は、もともとあった一つであった民族が、再び一つにされることに他ならない。ということで、この10章は、神の救いの計画の前提を理解するものとして重要なものである。そして、私たちの宣教の目標も、この散らされた民族が一つとされる、ことにある。宣教の目的は単にキリスト者の数を増やすことではない。むしろ散らされた民族を一つとしていく、ことにある。となれば、教会の最も重要な使命は、近隣の破れを回復すること、近隣の人々を一つにしていくことにある。この主の使命に立つ教会が、どうして地域から浮き出ることがあろうか。教会が地域にとって宝となるのは、まさに、この一つにするという福音宣教の恵みを担っているからである。

創世記9章

 神は、ノアとその息子たちを祝福される。その祝福は、創造のはじめと同じ祝福である。「生めよ。ふえよ」神の私たちに対する態度は永遠に変わらない。しかしここで神は、ご自身と人、そして他の被造物との関係を明確にしている。「支配せよ」というのではなく(1:28)、それらを「委ねる」(9:2)と語られる。そして、いのちについてご自身の考え方を示している(5,6節)。人のいのちは血によって支えられるものであり、いのちと血は、同価である。そしていのちは神が与えるものであるから、人が、人の血を流し、いのちを奪うことは、神の所有を犯すことに他ならない。それは別の言い方をすれば、神が造られた被造物に対する人の権利を制限するものである。被造物は人のものではなく、神のものである。神は改めて人に、ご自身の者を委託されていることを明確にされた、ということだろう。
だから違反には神の刑罰が科されるのであり、「あなたがたのいのちのためには、あなたがたの血の価を要求する」ことになる。そして、人の血を流す者は、人によって、血を流されるというのは、いわゆる「目には目を、歯には歯を」という報復を正当化するものではない。神は血を流したことについて、ご自身の所有を犯した責任をそれぞれに問うのであるが、先に述べたように、神は被造物に対する人の権利を制限されているのだから、その神の刑罰が人間を通して行われることを示しているにすぎない。そういう意味では、報復権が語られているのでもないし、ここで死刑制度が神によって定められたと言うこともできない。
ともあれ、神は、いのちが不可侵であることの理由として、「神が人を神のかたちにお造りになった」からであるとする。人のいのちを殺めるのは、神の栄誉を傷つけることである。それは他人のいのちはもちろんのこと、自分のいのちについても言える。いのちの大事さは、いのちが神に与えられ、神のかたちを映し出すものだからである。
次に、神は、ノアとその息子たちと契約を結んでいる。ノアを代表者としてではない。ノアとその息子たちは共同契約人とされているのである。また、彼らが結んだ契約の特徴は、第一に、創造主と人間のみならず、あらゆる被造物との間に交わされた普遍的契約である(9,10節)。第二に、それは目に見えるしるしである雲の中の虹によって保障された。しかもこの虹は、永遠のものである(エゼキエル1:28、黙示4:3、12節)。つまり、この契約は、全被造物に対して、世々永遠にわたって変わる事なく結ばれた。なお、当時の契約には、対等の契約と宗主と隷属者の契約と呼ばれる二種類のものがあった。前者は両当事者が同一の義務を負い、後者は、隷属者だけが宗主の命令に服従する義務を負う。しかしノアの契約はそのいずれでもない。神が一方的に義務を負われる約束である。神が契約を取りまとめ、それを維持される。神の努力に、その契約の効力はかかっているのである。神は永遠に、私たちのために義務を負われる。どのような義務か。第一に、洪水によってこの世が再び滅ぼされることはない(8:21、9:11)。また、自然の秩序、季節を約束し(8:22)、さらに人間の権威を守り、動物を食べることを許している(9:2-3)。最後に、人が繁栄することを期待されている(9:6-7)。神は人の祝福を願うお方である。
さて、後半、ノアの失敗が描かれている。ノアは、ここでぶどう畑を作り始めたと語られる。もし、ノアがぶどう作りについて玄人であったなら、ノアは葡萄酒の危険を知りつつも、注意を怠り、こんな過ちを犯してしまったのだ、と読むこともできるし、素人であったなら、ノアは葡萄酒の危険をまったく知らずに、不可抗力にこのような失態に及んでしまった、と捉えることもできる。しかし著者の関心は、ノアの飲酒の是非ではなく、ノアの失態に対する家族の態度にあることに注目したい。
22節、「カナンの父ハムは、父の裸を見て、外にいるふたりの兄弟に告げた。」とある。「見て」と訳されたことばは、ラアー、たまたま視線がそちらに向いたのではなくて、注視する、じっと見つめる、の意味で、見ることによって悪しき思いを募らせることを暗示している。また「告げる」も、ただ単に、知らせる以上の意味がある。つまり、家族の失態をカバーするのではなく、その失態から混乱を引き起こそうとしたハムのあり方が問題にされている。本来は、セムとヤペテがなすように、人の恥を覆い、殊更に問題にしないことが、人間らしいことである。だがハムのように、人をさげすみ、人に恥辱を加え、人の不幸を喜ぶのが、人間なのである。ハムは、私たち自身であることをわからなくてはならない。しかし神が私たちに期待されていることは、私たちが、回復と恵みを示す神の器として立つべきことである。人は神に被造物を委託され、神の愛をもって他者との関係に生き抜くように再スタートを切ったことを心に留めて歩みたいものである。