士師記4章

士師記4章 デボラとバラク
<要約>
おはようございます。今日の箇所は、ハツォルを巡って考古学的な議論の深いところです。しかし、大切なのは、エピソードが伝えているメッセージです。弱く、臆病であり、全く無力ですらあるバラクが、神にすがる信仰によって勝利していく姿に教えられます。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.ハツォルを巡る聖書記述の矛盾
 ハツォルは、イスラエルの北、ガリラヤ湖とフーレ湖に挟まれた地であり、カナン王国の首都であった。すでにこの地は、ヨシュアによって完全に破壊され、ハツォルの王ヤビンも、滅びたことになっている(ヨシュア記11:1)。それなのに、それから100年後のデボラの時代に、再びカナンの王ヤビンが登場する。この矛盾をどう考えるか、イガエル・ヤディン『ハツォール・聖書の語る巨大な城塞都市の再発見』(山本書店)の考古学的研究が、実に緻密な発掘調査結果をもとに、解明していて面白い。彼によれば、ヨシュア記はまさに史実であり、その破壊層の証拠も明確である、と。そして、その後の地層は、ソロモンの再建まで(1列王9:15)城壁のある町は建てられなかったことを示している、という。だから、士師記の記述は、ヨシュア記の影響を受けたものに過ぎない、というわけである。
聖書の記述どおりの理解でいけば、ヤビンは世襲制で名乗られた名、カナン王国の復活を象徴する意図をもって引き合いに出されたのかもしれず、この時の本陣がハツォルであるとも記されてもいない。シセラが住んでいたハロシェテ・ハゴイムは、戦場に近いシャロン平原のキション川の近辺であったのではないか、と考えられている。そこでデボラの戦いも史実と言うべきであろうが、ヤビンやシセラという固有名詞の使い方は、いささか象徴的な意味があると理解してよいのだろう。
2.キション川で起こった神の業
 ともあれイスラエル人にとって、最新鋭の戦車を900台も揃えた敵軍をどのように制圧すべきか、それは極めて難題であった。だが、神はこの戦いをイスラエルの勝利とすることを約束してくださった。そして、神はシセラとそのすべての戦車とすべての陣営の者をバラクの前に剣の刃でかき乱したとされる。実際には、キション川は小さな川であるが、冬の雨季には容易に氾濫する。川の勾配が緩慢で、アコの平野への出口が非常に狭くなっているため、一端氾濫すると水がなかなか引かず、平地はいきおい沼沢地になる。こうして雨季には交通の妨げになる場であった。だからこの時の暴風雨は、まさに900台の戦車を無用の長物とする神風であった(士師5:4、21)。1799年ナポレオンがタボル山の戦いでトルコ軍を破った時にも同じことが起こったとされている。こうしてシセラの陣営の者はみな剣の刃に倒され、残された者はひとりもない、という結果になった。神が約束されたとおりであった。
3.信仰の人バラク
 またシセラは、デボラが予告したとおり、一人の女の手によって殺されてしまった。当時、天幕を張るのは女性の仕事であったから、鉄のくいと槌の扱いには慣れていたという。つまりこの女性は、特別に訓練を要する暗殺を成し遂げたわけではなかった。ただこれもエフデと同様にだまし討ちの感がぬぐえない。もちろん、聖書はそうした行為を肯定しているわけではなく、起こった事実を淡々と述べているに過ぎない。
ともあれヘブル11:32には、バラクが信仰の人として数え上げられている。神のみこころがなされるように、バラクを見出し、バラクを助けたのはデボラであるが、彼女の名前は数えられていない。また、実際にシセラの息の根を止めたのは、ケニ人ヘベルの妻ヤエルであるが、ヤエルもまた忘れられている。大切なことは、自然災害と女が普通にできることで勝利した、この戦いが、バラクの信仰による応答をもって機能した点である。バラクに何か特別な力やリーダーシップがあったわけではない。むしろ彼は依存的であり、引っ込み思案であり、臆病者のような印象すら受ける存在である。そしてここまで来たら、神の約束にすがるほかない、という信仰によって応じるバラクに、神が必要な助けを皆揃えてくださった、というのがこのエピソードが物語っているところなのだろう。弱く小さな臆病者の信仰と従順が、まず20年は動かなかった事柄が大きく変えていくのである。崩すことが絶対に不可能だと思われたことが、崩されていく。それは、まさに神の召しに応じる、信仰と従順の歩みによるのだ。

士師記3章

士師記3章 士師オテニエル、エフデ、シャムガル
<要約>
おはようございます。何でも容易く物事が進んで欲しいと思うことはあるものでしょう。しかし、試練の連続ということもあります。けれどもそれも神のなさることであれば意味のあること、イスラエルの子らにおいては、戦い方を学ぶという意味がありました。全て無意味な苦しみはありません。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.次世代への試練
士師オテニエル、エフデ、シャムガルの活躍が記される。「これはただイスラエルの次の世代の者、これまで戦いを知らない者たちに、戦いを教え、知らせるためである」(2節)と言う。出エジプト後、新しい世代によって獲得された約束の地カナンは、さらに、次の世代の所有とされるようになっていた。神はそのさらに新しい世代のために、異邦の民を残しておられたという。そして、「まだ戦いを知らない者たちに、戦いを教え、知らせよう、とした」という。
確かに、神の御心に従って、神の御心にかなう歩みをするための戦いがある。それを知らずに育った世代がある。今あるものは当たり前ではない、すべては戦い勝ち取られるものであるし、祈り、神を信頼しつつ苦労して手にすべきものである。玉川教会の歩みも29年重ねてきたが、それは、すべて自然に整えられてきたものではない。そこにやはり神と共に戦ってきた歩みがある。神は、その試練と苦しみを経験させるために、わざわざ、課題を残されることがある。
イスラエルの民にとっては、戦って町を手に入れるよりは、先住の異教徒と妥協して平和裏に共存してしまうのは、楽なことであったはずである。しかし、その結果は、相手の神々を受け入れ、拝むことになり、いつしか自分たちの神を忘れ、信仰の遺産を捨て去ることになった(6節)。
神の民は世にある者であっても、世に妥協する者であってはならない。唯一まことの神を知り、その神の愛と聖さに生きる者であるならば、その光を輝かせなくてはならない。しかし、イスラエルの民は、その神の選びとその責任を忘れてしまい、やがて「主の目に悪であることを行い、彼らの神、主を忘れて、もろもろのバアルやアシェラに仕えた」という(7節)。パウロは言う。「この世と調子を合わせてはいけません。」(ローマ12:2)イスラエルの民の課題は、私たちの課題である。この暗き世にあって、聖書の光を、自らの存在をもって証していく信仰的な戦いを意識できないならば、私たちの存在意義はない。そんな私たちに神は、試練を与え、戦いを教え、知らせようとされるのである。
2.士師たちの戦い(オテニエル、エフデ、シャムガル)
 12節、「そうすると」と訳されたのはヘブル語でワウ、つまり、単純に「また」を意味する接続詞あって、必ずしも、時間的な順序で、オテニエルが死んでからエフデの活躍があった、と理解する必要もない。実際オテニエルが戦ったクシャン・リシュアタイムは、北方のアラムの王であり、エフデが暗殺したエグロンは、南方のモアブの王である。
 さて20節、エフデは、王に語りかけた際に、当時のイスラエル人が使う神名ヤハウェではなく、その地域で広く使われていた一般的な神名エロヒームを使って、「神」から王に秘密の知らせがあるとした。エグロンが興味を持って、「今は言うな」とお付きのものを外に出させたのは、そのためである。エフデは実に巧妙な手を使ったのであり、ある種、騙し打ちをした。というのも、エグロンがイスラエルに侵入したのは、イスラエルがかつてヨルダン川を横断し、エリコを占領した時と同じ道を通ってのこととされている。つまり、エグロンはイスラエルを知りつくしており、正攻法をもってしては、戦えぬ相手であった。だからエフデは窮地の策を使ったのである。
しばしば戦いに綺麗な戦い方はなく、ある意味で泥まみれの戦いもある。だからこそ、私たちは戦うことを避けたく思ってしまうものだろう。しかし、聖書は、そんな戦い方を今の私たちに肯定しているわけではない。むしろ、パウロが、「規定に従って競技をしなければ栄冠を得ることはできません」(2テモテ2:5)と語るように、私たちの戦い方の新しいイメージを伝えている。パウロは、私たちが競技者であること、労苦する農夫であること、そんなイメージをもって、私たちが戦い抜く者であることを勧めている。主にあってしっかり信仰の戦いを戦い抜き、主を証する者とさせていただこう。

士師記2章

士師記2章 ヨシュアの死
<要約>
おはようございます。ヨシュアが死に、古い世代の活躍が忘れられていく時代となると、イスラエルの民は、自分たちをエジプトから引き出した神をも忘れていくようになります。人に繋がる信仰の危険性がそこにあります。神にしっかりとつながり、神の言葉に信頼して応答する歩みをさせていただきたいものです。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.徹底した占領が求められていた
 モーセ、ヨシュアと続いた、勝利の時代は終わった。イスラエルの民が与えられた約束の地は、占領すべき地であったが、もはや彼らは、戦わずに妥協し、さらには異教礼拝の罪にすら溺れるようになった。その結果、彼らは主の使いによって「彼らはあなたがたの敵となり、彼らの神々はあなたがたにとってわなとなる」(3節)と宣告される。こうしてもはや約束の地カナンは、「敵とわな」に満ちた試練の地と化していくのである。
 彼らの苦しみは、約束の地の占領を遅らせたことにある。その根本問題は、彼らの不信仰にある。彼らは、教え諭されていた。申命記7:17、18にはこうある。「あなたが心のうちで、「これらの異邦の民は私よりも多い。どうして彼らを追い払うことができよう」と言うことがあれば、彼らを恐れてはならない。あなたの神、【主】がパロに、また全エジプトにされたことをよく覚えていなければならない。」そして、さらにヨシュアは、大まかな占領後こう語った。「あなたがたの神、【主】ご自身が、あなたがたの前から彼らを追いやり、あなたがたの目の前から追い払う。あなたがたは、あなたがたの神、【主】があなたがたに告げたように、彼らの地を占領しなければならない(23:5)。」
 大切なのは、彼らが戦いを導き、進め、勝利させてくださる神を信頼し、さらに進み続けるか否かであった。不信仰は、一重に、半信半疑の思いに囚われ、主の御声に耳を傾けることもなく、一歩も先に進めなくなることである。「民は、ヨシュアの生きている間、またヨシュアのあとまで生き残って主がイスラエルに行われた全ての大きなわざを見た長老たちの生きている間、主に仕えた」(7節)という。民は、神に直接つながるのではなく、ヨシュアという指導者によって、あるいは長老たちによって神につながっていた。人につながる信仰では、決して生活上の困難に勝利することはできない。逆境にあって苦しみ、涙をしたとしても、神によってその苦しみの中から救いだされる経験は期待しえない。いよいよ混乱と破滅に向かう人生を味わうだけである。
 礼拝には参加する。宗教的な儀式はそれなりにする。しかし、依然として神につながらない信仰がある。霊の目で神をしっかり見ていない信仰がある。真に勝利をもたらす信仰は、偉大な指導者ではなく、神に堅く結び付き、神と共に歩むことによる。
2.信仰の応答が全てである
 2章6節より、士師記の大きな第二区分となる。いわゆるヨシュアの死後、さばきつかさと呼ばれる者たちの活躍が描かれている。
 ヨシュアの死後、「主を知らず、また主がイスラエルのためにされたわざも知らないほかの世代が起こった」(7節)。興味深いことに、ヨシュア記24:31「主がイスラエルに行われたすべてのわざを<知っていた>長老たち」ということばは、士師記においては、「主がイスラエルに行われたすべての大きなわざを<見た>長老たち」(7節)と言い換えられている。「知る」ということは、「見る」ことと同じである。つまり主を知らず、主のわざも知らないというのは、主を見たこともなく、主のわざも見たことがない、体験的に何一つ知らないということに過ぎない。ただ、神について聞かされているだけ、ただ語り伝えられているだけの世代である。先も述べたように人を通して神を知っているだけの信仰者である。
 ヨハネは、「私たちが聞いたもの、目で見たもの、じっと見、また手でさわったもの」(1ヨハネ1:1)について証言しようとした。私たちにとって極めて重要なのは、神を前向きに体験することである。神の力を味わい知り、神の力によって生かされること、神の恵み豊かさを味わい知り、神の業によって物事が進められることを経験することである。
頑迷な生き方の結果は、人生に試みを残すことになる(22節)。神は先に「私が追い払う」と言ったのに、もはや「追い払うことをせずに残しておく」と宣言される。つまり、神の約束の恵みは、信仰の応答があるところにのみ、生じうるのである。生きている以上人生に戦いが無くなることはない。それでも、神にある勝利や神にあって守られる恵みを味わうことも、できる。つまり神は架空の存在ではない。神は私たちがうめくときに、私たちをあわれんでくださる。しかし、そのような苦しい時の神頼み的な生き方ではなく、むしろ人生において、良きことを成し遂げるための積極的な信仰的応答の歩みをさせていただきたいものである。

士師記1章

士師記1章 ユダの征服
<要約>
おはようございます。信仰を持つことは、神を認め、神との関りの中で生きることに他なりませんが、同時にそれは、新しい神の価値、神の倫理に生きることでもあるのです。そういう意味で、私たちは信仰を持つ前に身に着けてきた価値をよくよく見直し、それを改めていく、正していくことが必要なものでしょう。この世の倫理、この世の考え方に流されず、それらを超えた聖書の価値考え方に立つことができるように、祈り歩ませていただきたいものです。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.士師記の背景
 士師記は、モーセ、ヨシュアに継いでイスラエル全体を指導する指導者なき時代の物語である。モーセ、ヨシュアの時代、神は彼らを通してイスラエル全体を導かれた。しかし、その後、王制が確立するまでは、イスラエルには無秩序な状況が続く。神はそのような状況の中で、「士師」、もしくは「さばきつかさ」と呼ばれる指導者を召しだし、聖霊を注ぎ、イスラエルの各部族を個別に導かれた。
それは、今日の状況と非常によく似ている。神の民であるキリスト者は、全体として、勝利の歩みをしているわけではない。むしろ、ここかしこで、それぞれが個別に小さな勝利を収めているだけで、全体として勝利をしているのではない。各個教会が個別に自分たちの所有地のために戦う。あるいは同盟を組んでも、全体としてはもはや統一されることのない時代である。ただそれは、終末的に統一されるものなのかもしれない。主の再臨により、主の下にやがて一つにされ、皆で勝利の教会となることを望むところである。
2.イスラエルの征服の状況
さて1章は、ユダとシメオンの同盟軍による南カナンの征服(2-21節)、ヨセフの一族によるべテル奪回(22-26節)、そして中部北部に定住した部族がカナン人を追い払い得なかった村落のリスト(27-36節)となっている。2章以降は具体的な13人の士師たちによって、神に背くイスラエルが回復されていくエピソードである。
 最初にアドニ・ベゼクのエピソード。ベゼクの王は捕らえられて手足の親指を切り取られた。親指が切り取られるとつまみ動作が難しくなる。武器はまず使えない。食事を始め、日常生活も極めて不自由になる。このような仕打ちには嫌悪を感じるが、ベゼクは言う。「神は私がしたとおりのことを、私に報いられた」(7節)。人はどこかでその罪深い行為を清算させられるものなのだろう。しかし、当時ではよく当たり前に行われた仕打ちであっても、イスラエルの民が真似たところに、イスラエルの堕落があったのではないか。世俗社会の中では許容され、正当化されることが、全て教会の中でも許容できるわけではない。教会には教会の倫理があり、価値がある。だが、世俗の価値をそのまま教会に持ち込んで、世俗社会の延長になっている教会も多いことだろう。どんな価値を教会に持ち込んでいるのか、注意したいところである。エジプトから脱出した神の民は、律法を与えられ、荒野に隔離され40年の教育を受け、当時の偶像崇拝と物質主義に満ちた異邦社会とは区別された価値と倫理に生きることを求められた。罪の世から救い出された私たちも同じである。イエスが指示されたのは私たちが十字架愛に生きる共同体となることで、神のしもべはこの世の倫理を超えた、神の倫理に生きることが必要なのである。
3.士師の時代の始まり
 27節以降は、イスラエルの民が、追い払わなかったカナン人のリストになる。後に彼らの足かせとなった存在である。彼らは、モーセ(申命7章)とヨシュア(ヨシュア23章)の警告を聞き入れなかった。「完全に追い払うことがなかった」が繰り返される。それが士師記の種々のエピソードの始まりとなる。「歴史から学ぶことは、人類が歴史に学ばないことである」と言われる。「十分に気をつけて、あなたがたの神、主を愛しなさい」(ヨシュア23:11)とヨシュアは警告したが、彼らは、妥協の中に生きた。かつてであったら戦車を持つ敵であれ、城壁を持つ敵であれ、立ち向かっていったことだろう。しかし今や彼らは共存の道を選んだ。だが、真に、自らの霊性を守り築き上げる歩みは妥協の中には生まれない。今日、主が、私たちに気づくべきことを気づかせてくださるように。この世の倫理、この世の考え方に流されず、それらを超えた聖書の考え方や価値に立つことができるように、祈り歩ませていただこう。

ヨシュア記24章

ヨシュア記24章 神との再契約
<要約>
おはようございます。ヨシュアたち、イスラエルの戦いが終わりました。ヨセフの遺骸がシェケムの地に戻ってきました。ヨセフが兄弟たちにまだ奴隷として売り飛ばされる前に住んだ場所です。神がイスラエルの父祖たちに、この地を与えると約束した約束は守られたのです。そしてヨセフの信仰も実りをえました(ヘブル11:22)。興味深いことは、ヨセフ族がヨセフの遺骸を携えながら決してヨセフを神格化して拝まなかったことでしょう。神と人は異なるものである。そして人間は神の時間軸に生きている。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.イスラエルになされた神のみ業
 ヨシュアは、イスラエルの全部族をシェケムに集めた。そこで再びヨシュアのメッセージが語られる。しかしそれは、神の前にあって語られるメッセージとなった。
最初にヨシュアは、イスラエルの歴史においてなされた神のみ業を振り返った。族長たちの召し(2節)、出エジプト(5-7節)、ヨルダン川東岸の勝利(8-10節)、ヨルダン川渡渉(11節)、そして約束の地での征服(11-13節)について触れている。メッセージの中で繰り返し強調されるのは、これらイスラエルの勝利と成功が、一つとしてイスラエルの力によるものではないことである。「わたしは、あなたがたの前にくまばちを送ったので、くまばちがエモリ人のふたりの王をあなた方の前から追い払った。あなたがたの剣にもよらず、またあなたがたの弓にもよらなかった。わたしは、あなたがたが得るのに労しなかった地と、あなたがたが建てなかった町々を、あなたがたに与えたので、あなたがたはそこに住み、自分で植えなかったぶどう畑とオリーブ畑で食べている」(13節)
 くまばちとはなんだろうか。文字通りくまばちととるべきか、一種の比ゆ的表現ととるべきか。後者が普通のようである。つまり、イスラエルが侵入する前に、神が敵に与えた恐怖のことを語っている。また、出エジプトの早期年代説をとる場合には、これを先んじてカナン攻略を試みたエジプトのパロのことと取る説もある。つまり、BC1411年のアメンホテプ3世による破壊的な侵略を指し、すでにカナンの地が弱められていたときに、ヨシュアとイスラエル人がエリコに侵入したという。イスラエルのカナンの地の所有は、自分たちの力ではなく、神の強い導きと後ろ盾があってこそ、成し遂げられた、というわけだ。
ともあれその必然的結果として、イスラエルは、まことの神のみを礼拝するように、「誠実と真実をもって主に仕えなさい」とチャレンジを与えられている(14節)。
2.神との再契約
15節からは、ヨシュアと民の対話の形式をとりながら、神と民との契約を明確にしている。つまり、ヨシュアは、民に神への絶対的献身を促し(14-15節)、民はこれまでの神の恵みと救いを告白し、主に仕える決意を明確にしている(16-18節)。それに対してヨシュアは重ねて、主の厳しさを語り、警告を加えている(19-21節)。民は、「いいえ。私たちは主に仕えます」と、警告に対して明確な忠誠の誓いを立て契約を結んでいる。
 主に仕えると口で語るのは易しい。しかし、人間の心には、罪がある。神を認めようとせず、神に背を向け、神抜きで物事を進めて行く内なる性質がある。もし、人が主に仕えると口で語るとおりの忠誠を持っていたら、こんなことは起こりえぬであろうに、という現実がある。私たちの礼拝にも、教会生活にも、それは、明確に現わされている。信仰はことばによらず、行為、振る舞いによって明らかなものだが、私たちの現実は、自分に都合よく、自己流に主に仕え、まことに神に仕えている者ではない、と知られることがしばしばである。確かにそうであってはならない。主に仕えるのなら、私たちの日々の生活は、神に栄光を帰すものとして献げられなくてはならない。主にあって信仰の生涯を貫きとおしたことが、誰の目にも明らかなような生き方をしていく必要がある。
イスラエルは、ヨシュアの生きている間、また長老たちの生きている間主に仕えたという(31節)。残念なことに信仰の継承がなされなかった、ということだろう。人間の指導者ではない、主ご自身に結び付き、主に忠実に従う歩みが、求められるところではないだろうか。