【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ヨハネの福音書13章 十字架への道

1.仕えること、命を与えること(13:1-20)

この13章からヨハネの福音書は後半に入ります。イエスがメシヤ、救い主であることを証しする一連の奇跡のエピソードが終了し、ここからは、予告されたとおりに、十字架にご自身をおささげし、神の怒りと呪いから人類を救い出す使命の達成へと向かっていくイエスが語られます。

まず、ヨハネは、イエスが、水差しと手ぬぐいを持ち、弟子たち一人一人の足を洗い始められた記憶をたどります。イエスは「互いに足を洗い合う」ようにと教えられましたが、それは、イエスが遜り、仕えることを模範として示された姿でした。

当時イスラエルでは、食事に招かれると水浴をして出かける習慣がありました。しかし現代とは違い、埃っぽい道に、サンダル履きの時代でしたから、外に出かけるとせっかく水浴した足が汚れてしまうのです。そこで、訪問先の家でもう一度足を洗う事も起こるわけです。そこで通常は、水差しとタオルを持った奴隷が出迎えて、足を洗ってくれるのですが、しばしば互いに足を洗い合うこともありました。その際に恐れ多くとも、自分の先生とも言うべき人に、足を洗ってもらうこともあったのでしょう。ペテロはそれを拒んだわけです。

思い出すべきことは、マルコが記録したイエスの次のことばです。「人の子も、仕えられるためではなく仕えるために、また多くの人のための贖いの代価として、自分のいのちを与えるために来たのです。」(マルコ10:45)イエスは、弟子たちに仕えることを教えられましたが、それは、十字架によっていのちささげる覚悟に基づくものであったことが語られています。そのようなイエスの徹底した、まことの遜り、しかも神であるイエスがそのように仕えてくださった事実が、私たちを驚かせ、また遜らせるのです。

2.二つの裏切り(13:21-38)

21節からは、ユダの裏切りが語られます。当時、ユダの裏切りを旧約聖書の預言にそってあらかじめ心得ていたのは、イエスのみでした(18節)。最後の晩餐につては、レオナルド・ダ・ビンチの名画のイメージで受け止めている人も多いと思います。しかし絵画は作家の時代と場所の文化を反映することが多いものです。この最後の晩餐も実際には、当時の習慣によって座卓のような低いテーブルの周りに横になって食事をしていたと考えられています。彼らは左下に横になり、左の肘をついて身体を支え、右手で食事をしました。そういうわけで、25節、ヨハネが、イエスの胸元に寄りかかってイエスに言う、という状況が起こるわけです。となると恐らくイエスは、ユダの胸元に寄りかかる位置、つまりユダはイエスの背後に横たわっていたというわけでしょう。そこで、イエスは上を向いて、そっとささやく形で「あなたがしようとしていることを、すぐしなさい」と言ったこともイメージできます。それを受けてユダは裏切りのために立ち上がったというわけです。

これを機に、イエスは、後戻りのできない十字架の使命に向かっていきます。しかしイエスは、それが神に栄光を帰すことであり、神もまたその行為に報われる、つまり人の子に栄光を返すことを語ります。ただヨハネは、この時誰もイエスが語り、なさろうとしていることを理解できていた者はいなかったと伝えるのです。「どこにおいでになるのか」「ついて来ることが出来ません」理解し得ない対話が続きます。

そして36節、もう一つの意図せぬ裏切りがあったことをヨハネは伝えています。いのちまで捨ててイエスに従うと豪語したペテロですが、彼には口で言うほどの忠誠心もなかったことが暴露されました。人間は本当に情けない生き物です。そうであればこそ、そのような人間を愛し、仕えてくださる神がいるというのは、本当にありがたい恵みです。

John 13: The Road to the Cross

1. to serve and to give life (13:1-20)

From this chapter 13, John’s Gospel enters the second half of the book. The series of miraculous episodes that testify that Jesus is the Messiah and Savior has come to an end, and from here on, we are told of Jesus who, as foretold, offers Himself on the cross, moving toward the accomplishment of His mission to deliver humanity from the wrath and curse of God.

First, John traces the memory of Jesus taking a pitcher of water and a washcloth and beginning to wash the feet of each of his disciples. Jesus taught them to “wash one another’s feet,” an example of Jesus’ irreverence and service.

In those days, it was customary for Israelites to bathe and go out when invited to a meal. However, unlike today, when people wore sandals on dusty streets, their feet would get dirty after bathing outside. So, they would sometimes have to wash their feet again at the house they were visiting. Usually, a slave with a pitcher of water and a towel would greet them and wash their feet, but often they would wash each other’s feet. Often they would wash each other’s feet. Peter refused.

We should remember the following words of Jesus as recorded by Mark. The Son of Man also came not to be served but to serve, and to give his life as a ransom for many.” (Mark 10:45) Jesus taught his disciples to serve, but this was based on their readiness to give their lives through the cross. Such thoroughness and true reverence of Jesus, and the fact that Jesus, who is God, served them in such a way, both amazes us and compels us to revere Him.

2. two betrayals (13:21-38)

Beginning in verse 21, we are told of Judas’ betrayal. At that time, only Jesus knew in advance of Judas’ betrayal according to the Old Testament prophecy (v. 18). Many people are familiar with the Last Supper in the image of Leonardo da Vinci’s masterpiece. However, paintings often reflect the culture of the time and place of the artist. It is believed that this Last Supper was actually also eaten lying down around a low table, according to the customs of the time. They lay on their lower left side, supporting themselves on their left elbow and eating with their right hand. That is how the situation occurs in verse 25, when John, leaning against Jesus’ chest, says to Jesus, “I am the one who is going to eat. So Jesus was probably in a position to lean against Judas’ chest, which means that Judas was lying behind Jesus. So we can also imagine Jesus looking up and softly whispering, “What you are about to do, do quickly. In response, Judas stood up to betray him.

With this, Jesus moves on to the mission of the cross, from which there is no turning back. But Jesus speaks of it as returning glory to God, who will also reward him for his deeds, that is, returning glory to the Son of Man. John tells us, however, that no one at this time understood what Jesus was saying or doing. The dialogue continues, “Where are you coming?

In verse 36, John tells us of another unintended betrayal. Peter, who boldly said he would lay down his life to follow Jesus, is revealed to have had no more loyalty than he could say. Humans are truly pitiful creatures. That being so, it is truly a blessing that we have a God who loves and serves such people.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です