【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ヨハネの福音書14章 聖霊と言う助け主

1.真理、命に至る道(14:1-14)

ヨハネは、イエスと最後の晩餐を過ごした時のことを回想しています。そこでヨハネは、自分が、「裏切り者は誰であるか」とイエスに尋ねた時のことを思い起こしているのです(13:25)。イエスは、「私がパン切れを浸して与える者」だと答えました。当時中東の世界では主人が食べ物を浸して渡す習慣は、主人の特別な愛情を示すしるしとされていました。そのような習慣を知らないと読み流してしまいそうなところです。ヨハネは自分がイエスに特別に愛された者であると告白しています(ヨハネ20:2)。しかし、実は、イエスを裏切ったあのユダも特別に愛情を注がれた者だったと言っているのです(26-30)。なのに、彼はその師の心を知ることもなく、世を去っていってしまった、と。愛されているのに、その愛がわからない、人間の迷える現実があるものです。大事なことは、イエスは皆を愛されたということでしょう。

ヨハネが記録する、イエスと弟子たちとの対話に注目しましょう。イエスが真に弟子の心と向かい合い、心通うように語られたことがよくわかります。ペテロは質問しました。あなたは世を去るというがどこにいくのかと(13:36)。するとイエスは14:1「父が住んでおられるところ」と答えます。そこでさらにトマスが、わかったふりをせずに突っ込みを入れて、そこにはどうやっていけるのか、と語ります(5節)。するとイエス「自分の足跡に従ってくることだ」と答えるのです(6-7節)。

人は、様々な先人の足跡を辿りながら人生を歩んでいるものです。それには大通りもあれば、人があまり通らないような小道、あるいは獣道もあるでしょう。そこに、キリストが通った道もあるのです。そして、キリストの足跡に従う道は父のみもと、つまり天へと私たちを辿りつかせる道だ、と言います。大切なのは、自分がどんな道を歩んでいるかを考えることです。そして、キリストの道を歩むためには、イエスのことばに浸っていくことです。日々聖書を読むことは、聖書知識を増し加える以上のことです。それは、イエスの具体的な歩みを教え、あなたをイエスに近づけていくのです。

イエスは、これまでご自分が地上の政治的な勇士、王ではなく、霊的な救い主であることを繰り返し語ってきました。それは地上の王国に優る、目に見えない神の国があることを真面目に語るものです。しかし果たして、それは現実なのか?ピリポは半信半疑です。確信を得たいピリポは、父を見たい、神を見たいとイエスに申し出ます。イエスは言います。私と父は一つ、私を見た者は父を見たのと同じだ、と。つまりイエスに目を向けていく、そこに神も神の国の現実をも教えられることになる、ということです。

2.イエスの約束(14:15-31)

最後に、イエスは、弟子たちを安心させるために、自分の代わりに聖霊と呼ばれる助け主が来てくださることを語ります。そして四つの事実を心得るべきことを語ります。第一に16節、助け主なる聖霊が、イエスの言葉を思い起こさせ、イエスに代わって教えてくれることです(26節)。第二に27節、イエスが与える平安があり、それを求めるべきことです。第三に、29節、神のご計画があることです。物事にはすべて終わりがあります。しかしそれは新しい始まりです。神の計画は私たちの思いを超えたものです。最後に、31節、イエスの模範に心を留めることです。人間には、心の癖があります。小さな頃から培ってきた、反応の癖、考え方の癖があります。しかし、キリストを信じる者は、イエスの模範を鏡とし、自分の癖に気づかされ、積極的に新しい人生を生きる者なのです。では今日も良き一日であるように祈ります。

John 14: The Helper, the Holy Spirit

1. the way to truth and life (14:1-14)

John recalls the time when he spent the Last Supper with Jesus. There, John recalls the time he asked Jesus, “Who is the betrayer?” (13:25). Jesus replied, “He to whom I will dip a piece of bread and give it to him.” In the Middle Eastern world at that time, the custom of a master dipping and giving food was considered a sign of the master’s special affection. If you did not know about such customs, you might not have read this part of the story. John confesses that he is the one specially loved by Jesus (John 20:2). But, in fact, he says that that Judas who betrayed Jesus was also a specially loved one (26-30). And yet, he left the world without ever knowing the heart of his Master, he said. It is a lost reality of human beings that they are loved but do not know that love. The important thing to remember is that Jesus loved everyone.

Note the dialogue between Jesus and his disciples as recorded by John. It is clear that Jesus truly faced the hearts of His disciples and spoke to them in a heart-to-heart manner. Peter asked the question. Where are you going when you say you are leaving the world (13:36)? Jesus answered, “Where the Father lives” (14:1). Then Thomas plunges in further, without pretending to understand, and tells him how he can get there (v. 5). Then Jesus replies, “By following in my footsteps” (vv. 6-7).

People go through life following in the footsteps of various predecessors. Some of them may be main streets, while others may be trails or animal paths that are less traveled by people. There are also the paths that Christ took. And I say that the path that follows in Christ’s footsteps is the path that leads us to the Father, that is, to heaven. The important thing is to think about what path you are on. And to walk in the way of Christ, we must immerse ourselves in the words of Jesus. Reading the Bible daily does more than add to your biblical knowledge. It teaches you the specific steps of Jesus and brings you closer to Him.

Jesus has repeatedly spoken of Himself as a spiritual Savior, not an earthly political hero or king. It is a serious statement that there is an invisible Kingdom of God that is superior to earthly kingdoms. But is it really real? Philip is skeptical. Wanting to be convinced, he offers to Jesus to see the Father, to see God. Jesus says, “I and the Father are one. He says, “I and the Father are one; he who has seen me has seen the Father. In other words, he will look to Jesus, and there he will be taught the reality of both God and the Kingdom of God.

2. the promise of Jesus (14:15-31)

Finally, Jesus tells the disciples that a Helper, called the Holy Spirit, will come in his place to reassure them. He then tells them to keep four facts in mind. First, in verse 16, the Helper, the Holy Spirit, reminds them of Jesus’ words and teaches them on his behalf (v. 26). Second, verse 27, there is the peace that Jesus gives and that we should seek. Third, verse 29, there is God’s plan. All things have an end. But it is a new beginning. God’s plan is beyond our thoughts. Finally, verse 31, we are to keep in mind the example of Jesus. Humans have habits of mind. We have habits of reaction, habits of thought that we have developed since we were small. But those who believe in Christ are those who, using the example of Jesus as a mirror, are made aware of their own habits and actively live a new life. So I pray that you have a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です