【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ヨハネの福音書17章 大祭司の祈り

1.イエスのご自分のための祈り(17:1-5)

最後の晩餐が終わりました。イエスは、教えるべきことを皆教えられたのでしょう、ご自分の時が来たことを知り(18:4)、ゲッセマネの園へ向かう前に、しばらく、父に祈る時を持っています。そこで祈られたのは、三つのこと、自分自身について(1-5節)、弟子たちについて(6-19節)、そして教会(20-26)についてです。

まず1節、イエスは、ご自分のために、ご自分の栄光が現されるように祈ります(1節)。それは一見自分を第一とする祈りに見えながらも、実際には、永遠のいのちの祝福がイエスに従う者たちに与えられることを確証するための祈りでした。4節、イエスは、神がご自分に計画しておられたことを、全て忠実に行ったのです。そこで、天に戻り、「世界が始まる前に一緒に持っていたあの栄光」が現わされるように、と祈っています。

キリスト教は、神は一つであると言いますが、父なる神と子なる神はここではっきり区別されています。二つが一つ、聖霊を合わせて三つが一つ、三位一体の神、何かよくわからないと思われる方もおられるでしょう。三身一体ということばは、三つの分身が一つになって、を意味しますが、それとも違います。ただ神が人間の知恵で簡単に説明できたら、もはや神ではありません。もし人間が神を理解できたとしたら、神は、人間に優るものではありません。それでも三位一体がわかりたいと言う人には、私は、例えば、一人の人が父親であり、夫であり、かつ息子である、そのようなものと考えてみたらどうかと説明します。それも不完全な解説ですが。

大切なことは、その神を知るということです。つまり、知的に理解するというのではなくて、親しい人格的な関係を得るということです。だからこそ3節、それが永遠のいのちだと言われるのですし、それが神の願いであり、信仰の目的でもあるのです。

2.弟子と教会のための祈り(17:6-26)

続いてイエスは、弟子たちのために祈られました。6節「わたしはあなたの御名を現しました。」の「現しました」は、覆いを取り除く意味があります。イエスは、弟子たちとともに3年の時を過ごし、それによって神の「御名」、つまり神のご性質を余すところなく明かされたのです。イエスを見た者は父を見た者であると言うとおりです。

そして今イエスは天に戻るにあたり、取り残される教会のために祈るのです。11節、「あなたの御名によって、彼らをお守りください。私たちと同じように、彼らが一つとなるために」と。父とイエス、そして聖霊が異なるものでありながら、一つであるように、教会も、多様な者が一致するようにと祈られています。鳥の巣が、木の枝、プラスチック片、ハンガーなど雑多な素材で出来ていながら、愛の巣として機能するように、教会も、神の愛によって信仰者一人一人が育まれる場として一つに完成されることが期待されているのです。17節「聖別してください」とも祈られます。そこは、この世にはない、特別な場所、天に通じる場所であることが期待されるのです。愛の一致と聖潔の場、そうであればこそ、多くの人が教会を信頼して、教会に集まることにもなります。

最後に20節、イエスは、弟子たちのことばによってイエスを信じる人々、つまり当時の教会の人々のみならず今日の私たちのためにも祈られています。驚くことです。イエスが私たちのことも心にかけ祈られたとは。そこでイエスは、21節、三位一体の神と同じように、一つになることを祈っています。三位一体の神秘が理解できるのは、キリスト者が教会において一つになる経験をする時なのでしょう。そして世はその経験を目撃する時に、神がまことにおられることを知るのです。伝道の力は、教会が声高に宣伝したり、パフォーマンスしたりすることにあるのではなく、ただ、神の永遠の命に生きるところにあるのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

John 17 Prayer of the High Priest

1. Jesus’ Prayer for Himself (17:1-5)

The Last Supper is over. Jesus must have taught all that He needed to teach, and knowing that His hour had come (18:4), He has a few moments to pray to the Father before going to the Garden of Gethsemane. There He prayed about three things: about Himself (vv. 1-5), about His disciples (vv. 6-19), and about the Church (20-26).

First, in verse 1, Jesus prays for Himself that His glory might be revealed (v. 1). In verse 4, Jesus has faithfully done all that God had planned for him. He then returns to heaven and prays that “that glory which we had together before the world began” will be revealed.

Christianity says that there is one God, but God the Father and God the Son are clearly distinguished here. Some may think that the two are one, three in one with the Holy Spirit, the Triune God, or something like that is not quite clear. The phrase “three in one” means that the three parts of God are one, but that is not the same thing. If God could be explained simply by human wisdom, He would no longer be God. If man could understand God, God would not be superior to man. For those who still want to understand the Trinity, I suggest, for example, that one person is a father, a husband, and a son, and so on. That, too, is an incomplete explanation.

The important thing is to know that God. That is, not to understand him intellectually, but to have a close personal relationship with him. That is why, verse 3, we are told that it is eternal life, and that is God’s desire and the purpose of faith.

2. prayer for the disciples and the church (17:6-26)

Jesus then prayed for His disciples, v. 6, “I have manifested Your name.” The “I have revealed” in “I have revealed” means to remove the covering. Jesus spent three years with His disciples, thereby revealing the “name” of God, that is, His character in all its fullness. As they say, he who has seen Jesus has seen the Father.

And now, as he returns to heaven, he prays for the church that will be left behind, saying in verse 11, “Protect them in your name, so that they may be one with you. That they may be one, just as we are.” Just as the Father, Jesus, and the Holy Spirit are different, yet one, so the Church prays for the unity of the diverse. In the same way that a bird’s nest is made of wood branches, plastic pieces, hangers, and other miscellaneous materials, but functions as a nest of love, the church is expected to be completed as one place where each believer is nurtured by the love of God. It is expected to be a special place, a place that is not of this world, a place that leads to heaven. A place of unity of love and sanctification, and if that is the case, many will also trust the church and gather in it.

Finally, in verse 20, Jesus prays not only for those who believe in Him by the words of His disciples, the people of the Church then, but also for us today. It is astonishing. How could Jesus pray with us in mind as well? So Jesus prays for us to be one, just like the Triune God, verse 21. Perhaps the mystery of the Trinity is understood when Christians have the experience of being one in the Church. And when the world witnesses that experience, it will know that God is true. The power of evangelism does not lie in the church’s loud propaganda or performance, but only in living in the eternal life of God. I wish you a good day today.

“【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ヨハネの福音書17章 大祭司の祈り” への1件の返信

  1. “ふくっち”先生と、少し違って少し一緒だったことが、少しほっとしました。…今までに一度も聞けてなかったからです…三位一体、父子聖霊だから、親子孫、と違うんだろうか?おかしいかな等と考えて見たことがあり、でも次段落の内容が、大事とわかりました。
    そして、イエスご自分のための祈り、弟子と教会のための祈りという区分け説明で理解が進みやすくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です