【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ヨハネの福音書18章 イエスの捕縛、裁判、十字架

1.イエスの逮捕(18:1-14)

エルサレムの旧市街にある神殿の丘と呼ばれる場所から、ケデロンの谷を挟んで東側にオリーブ山があります。その西側の斜面にゲッセマネ(油しぼりの意)の園があり、イエスはそこを祈りの場としていました(ルカ22:40)。マルコの母マリヤの所有地であったとも考えられています。そこには古くから教会があり、テオドシウス大帝によって建立された最初の教会は、614年ペルシア軍によって破壊され、1919年、フランシスコ会によって、現在のビザンティン式カテドラルが再建されました。この教会のために16カ国の国際的な協力があったため、俗に「万国民の教会(Church of All Nations in Jerusalem)」とも呼ばれています。中央祭壇の前には、イエスが祈られたと思われる場所、「苦難の岩」と呼ばれる岩盤があり、鉄柵で囲まれています。多くの巡礼者が訪れるところです。

また、万国民教会から園を横切り、道を隔てて100メートルばかり北に「裏切りの洞穴」があります。イスカリオテのユダの裏切りによってイエスが逮捕された場所とされているところです。イエスは、ローマ軍の1個小隊に囲まれる中で逮捕されましたが、イザヤが預言したように(53:8)彼は全く抵抗もせず、カヤパの官邸に連行されました。いや、むしろイエスはその時を待ち、より積極的にこの事態を受け止めていたかのようでした。実際イエスは、剣を持つペテロを制し、弟子を逃し、ただ一人進んで連行されていくのです。

2.イエスの裁判と主張(18:15-40)

イエスの裁判が始まります。それは、不当な裁判でしたが、ここでもヨハネは、裁判の不当性よりも、イエスがそれを預言の成就として、淡々と受け止めていく姿を思い起こしています。既に述べたように、重大な犯罪の逮捕は、夜ではなく、日中にされなくてはなりませんでしたし、裁判は複数の裁判官の前で、また判決は三日後に慎重に下されなくてはなりませんでした。しかしイエスは、この不当な裁判をそのまま受け止めていくのです(36節)。というのも、イエスにはこの裁判によって決定される十字架刑によって成し遂げなくてはならないものがあったからです。イエスは一つの使命を担ってこの世にやってきました。18章でも、またこの19章でも、イエスはご自分がこの世のものではないことを強調しています。そのようなイエスの姿と主張に、ピラトは、イエスを有罪扱いすることに躊躇いを感じていました。極悪人のバラバを引き合いに出し、死刑を求めるユダヤ人の良心に訴え、イエスを解放しようとしました。その結果は19章に続きますが、18章で注目すべきは、イエスとピラトとの「真理」を巡る対話です。

ピラトにはよくわかっていたことでしょう。目の前に立っているイエスがローマ帝国にたてつくような反逆者ではないことぐらい。ですから、この男は何者なのだろう、という疑問はあったはずです。イエスは、そんなピラトに語り掛けます、「わたしは真理について証しするために生まれ、そのために世に来ました」と。ピラトは、「真理とは何か」とイエスの言葉を受け止めながらも、それ以上掘り下げようとはしませんでした。しかしそれは、大方の人間の現実を象徴しています。人は真理を求めて生きているようでありながら、そうではないのです。真理を真面目に探究して生きていく人などそれほど多くいるわけではありません。しかし求めるべき真理はあり、その真理はイエスにある、聖書の中にあるということなのです。あなたが真理を求める人ならば、ぜひ、イエスのことばに耳を傾け続けてください。では今日も良き一日であるように祈ります。

John 18: Jesus’ Capture, Trial, and Crucifixion

1. the arrest of Jesus (18:1-14)

The Mount of Olives is located on the east side of the valley of Kederon from a place called the Temple Hill in the Old City of Jerusalem. On its western slope is the Garden of Gethsemane (meaning “anointed one”), where Jesus used as a place of prayer (Luke 22:40). It is also believed to have belonged to Mary, Mark’s mother. There has been a church there since ancient times. The first church, built by Theodosius the Great, was destroyed by Persian troops in 614, and in 1919, the Franciscans rebuilt the present Byzantine cathedral. It is also commonly called the “Church of All Nations in Jerusalem” because of the international cooperation of 16 countries for this church. In front of the central altar, there is a rock formation called the “Rock of Suffering,” where Jesus is believed to have prayed, surrounded by an iron fence. It is visited by many pilgrims.

There is also a “Cave of Betrayal” about 100 meters north across the park and across the road from the Church of All Nations. It is believed to be the place where Jesus was arrested for betrayal by Judas Iscariot. Jesus was arrested amidst a platoon of Roman troops, but as Isaiah prophesied (53:8) he made no resistance at all and was taken to the official residence in Caiaphas. Rather, it was as if Jesus was waiting for the moment and taking the situation more proactively. In fact, Jesus overpowered Peter with the sword, let the disciples go, and was the only one willing to be taken away.

2. Jesus’ Trial and Argument (18:15-40)

Jesus’ trial begins. It was an unjust trial, but here again John recalls not so much the injustice of the trial as Jesus’ nonchalant acceptance of it as the fulfillment of prophecy. As already noted, arrests for serious crimes had to be made during the day, not at night, trials had to take place before several judges, and sentences had to be carefully rendered three days later. But Jesus will take this unjust trial as it comes (v. 36). Jesus had something to accomplish through the crucifixion that would be determined by this trial. Jesus came into the world with a mission, and in chapter 18 and again in chapter 19, he emphasizes that he is not of this world. Such was Jesus’ appearance and claims that Pilate was hesitant to treat Him as guilty. Citing the diabolical Barabbas, he tried to appeal to the conscience of the Jews, who were calling for the death penalty, to release Jesus. The results follow in chapter 19, but what is noteworthy in chapter 18 is the dialogue between Jesus and Pilate over the “truth.”

Pilate would have known better. Pilate must have known that Jesus, standing before him, was not a rebel who would stand up to the Roman Empire. So he must have wondered who this man was. Jesus tells Pilate, “I was born to testify about the truth, and that is why I came into the world. Pilate accepted Jesus’ words, “What is truth?” but did not delve further. But it is emblematic of the reality of most human beings. People seem to live in search of truth, yet they do not. Not many people live their lives in earnest search for truth. But there is truth to be sought, and that truth is found in Jesus and in the Bible. If you are a seeker of truth, please keep listening to the words of Jesus. I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です