【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ヨハネの福音書 19章 十字架の御業の完成

1.ピラトによる裁判(19:1-13)

イエスは、ローマ式の裁判で裁かれ、死刑が確定しました。罪状は自分をユダヤ人の王であるとする、ローマ帝国への反逆罪です。ピラトは、これが、まともな訴えではないことに気づいていました。ですから、強盗のバラバを引き合いに出したり、イエスを鞭打ち、懲らしめたりして、実際にはイエスを釈放しようと努力したのです。しかし、ユダヤ人たちは、どこまでもイエスに拒否的で、しまいには、イエスを十字架につけろと叫び続けるのです。

ピラトは、イエスが「神の子」と呼ばれたことに恐れを抱いています。当時それは、ローマ皇帝が自分を指すのに使った呼び名でした。いったいこの人物は何者なのか?どこから来たのか?ピラトはユダヤ人に訴えられたイエスに、戸惑うのです。しかしついに、ピラトの心を定める声が上がりました。「この人を釈放するのなら、あなたはカエサルの友ではありません。自分を王とする者はみな、カエサルに背いています」(12節)。ピラトは現実に引き戻されたのです。この世のものではない国、真理などどうでもよいお話でした。ピラトは、その場の空気にのまれるようにイエスの有罪を認め、イエスを十字架に処すため、ユダヤ人に身柄を引き渡してしまいます。思考を停止させてしまったピラトを、私たちは笑うことはできません。それは私たちの現実です。正義を貫くべき立場にありながら、それができない、そんな現実が人にはあるのです。鞭打ちも、この不当な仕打ちも、坦々と受け止めていくイエスと、弱さに流されていくピラトの差は、神との結びつきの深さにあったと言えるでしょう。神を認めず、この現実の中だけで物事を考えるならば、人はそうした弱さに飲み込まれても致し方ありません。たとえ神を認めたとしても、神との結びつきがしっかりしていなければ、どうしようもない心の弱さに人は翻弄されるのみです。

2.イエスの十字架刑(19:12-42)

こうしてイエスは、十字架につけられることになりましたが、イエス自身は、これによってすべてご自分の使命が達成されたことを知って「完了した」と言われ、天に召されました。神が人類にご計画しておられた救いの計画は完成したと言うわけです。新約聖書のヘブル人への手紙は、このイエスの十字架の意味を、ユダヤ人の文化を踏まえながら解説しています。簡単に言えば、日本人は「罪は水に流す」と考えますが、ユダヤ人は「罪は血を流すことによって赦される」と考えます。彼らが古代から、祭壇で犠牲動物を屠り、その血を流しささげる儀式を繰り返してきたのはそのためです。その背景を踏まえてイエスは、十字架にかかられたのです。つまり、イエスの十字架は、人類最後のささげ物、これ一度限りで終わりである、と。もはやこれ以降はどんなささげ物も残されていない、その儀式も、繰り返されることはない、人類の罪の赦しは完全になされた。完了!というわけです。

人は、どんなに表向き立派そうに見えても、その内面は、罪や欲望を抱えていることに間違いはありません。「私には罪はありません、私はよい人です」と言い切るような人は、平気で嘘をつく人でしょう。そしてそのような人たちが、天国に集まったら、そこはもはや天国ではなく、この世の延長です。誰がそのような死後の世界に希望を抱くことができるでしょうか。

もしまことに聖く、祝福に満ちた死後の世界があるとしたら、イエスの十字架の前に、それが自分の罪の赦しのためであったと告白し、罪を悔い改め、御国にふさわしい者となることを願い、自らを整えようとする人たちが入れる場なのだ、と思えばこそです。使徒パウロは言いました「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちがこの方にあって、神の義となるためです」(2コリント5:21)。イエスの十字架は、人類の死後に希望を与えるものであり、それを信じることは神の国に入るための第一条件なのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

John 19: Completion of the Work of the Cross

1. trial by Pilate (19:1-13)

Jesus was tried and sentenced to death in a Roman-style trial. The charge was treason against the Roman Empire, claiming to be the King of the Jews. Pilate knew that this was not a serious accusation. So he actually tried to get Jesus released by citing the robber Barabbas and by flogging and chastising Jesus. But the Jews were rejecting Jesus to no end, and in the end they continued to cry out for him to be crucified.

Pilate fears that Jesus was called the “Son of God. At the time, that was the name used by the Roman emperor to refer to him. Who in the world is this man? Where did he come from? Pilate was puzzled by Jesus being accused by the Jews. But finally, a voice came to Pilate’s mind. If you let this man go, you are no friend of Caesar. Everyone who makes himself king is disobeying Caesar” (v. 12). Pilate was brought back to reality. This was a story about a country that was not of this world, a story that did not care about truth. Pilate, as if in the heat of the moment, admits Jesus’ guilt and turns him over to the Jews for crucifixion. We cannot laugh at Pilate for stopping to think. It is our reality. We are in a position to do justice, but we are unable to do so, and that is our reality. The difference between Jesus, who accepts the flogging and this unjust treatment without hesitation, and Pilate, who is swept away by weakness, was the depth of his connection with God. If one does not recognize God and thinks only in the context of this reality, one cannot help but be swallowed up by such weakness. Even if one acknowledges God, if one’s connection with God is not strong, one is at the mercy of the weakness of one’s heart, which cannot be helped.

2. crucifixion of Jesus (19:12-42)

Thus, Jesus was crucified, but He Himself said, “It is finished,” knowing that all His mission had been accomplished by this, and He went to heaven. God’s plan of salvation for mankind is now complete. The New Testament letter to the Hebrews explains the meaning of the cross of Jesus in light of the Jewish culture. Simply put, the Japanese believe that “sins are washed away,” while the Jews believe that “sins are forgiven by the shedding of blood. This is the reason why they have repeatedly performed the ritual of slaughtering sacrificial animals on the altar and pouring their blood on the altar since ancient times. It was against this background that Jesus hung on the cross. In other words, Jesus’ crucifixion is the last offering to mankind, the once and for all. No more offerings are left after this, no more rituals will be repeated, and the forgiveness of mankind’s sins is complete. The forgiveness of mankind’s sins is complete! So it is.

No matter how outwardly respectable a person may appear, there is no doubt that inside he or she still harbors sins and desires. A person who would say, “I have no sin, I am a good person,” would be a liar without a care in the world. And when such people gather in heaven, it is no longer heaven, but an extension of this world. Who can have hope in such an afterlife?

If there is an afterlife that is truly holy and full of blessings, it can only be entered by those who confess before the cross of Jesus that it was for the forgiveness of their sins, repent of their sins, and seek to prepare themselves to be fit for the Kingdom. The Apostle Paul said, “God made Him who knew no sin to be sin on our behalf, so that in Him we might become the righteousness of God in Him. For God so loved the world that He gave Himself for us, that we might become the righteousness of God in Him” (2 Corinthians 5:21). The cross of Jesus gives hope to mankind after death, and believing in it is the first condition for entering the Kingdom of God. So I pray that you have a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です