【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ヨハネの福音書12章 決断を迫るイエス

1.過ぎ越しの6日前の出来事(12:1-11)

イエスは、ラザロをよみがえらされました。それは、実に驚く奇跡であったにもかかわらず、人々はイエスを信じるどころか、益々イエスを憎み、殺そうと思うようになりました(11:53)。不思議なことです。イエスは、エルサレムの北、エフライムの地へと弟子たちと共に逃れていきます。そしてこれを機に、イエスの働きも変わっていくのです。つまり、イエスは、群衆の前に現れて奇跡を行うような働きは止めて、12弟子たちと親密に語り合う時を持つようになります(13-17章)。

そこで12章からは、ヨハネは、イエスの死の6日前の出来事からスタートしています。

まずイエスは、ベタニヤへ戻られ、晩餐に招かれています。そこでは、ある女が非常に高価なナルドの香油約320グラムをイエスに注ぐという出来事がありました。ヨハネの福音書では、その女性はラザロの姉妹マリアであるとなっていますが、ルカの福音書ではこれを罪深い女(7:36-50)、マルコの福音書ではある女(14:3-11)としています。誰なのかは、よくわかっていません。誰にせよ、マリアがこのようなことをしたというのは、一つは、兄弟ラザロを生き返らせたという奇跡に対する感謝があったことでしょう。しかしさらに、7節、イエスの死が間近であると悟るところがあり、自分のイエスに対する献身的な思いを表現したかったのかもしれません。しかし、そこに居合わせたユダは、そんなマリアの心とは真逆で、イエスの価値を低く見ていました。そして随分もったいないことをするものだ、と考えたのです。イエスは、この二人の心を理解しておられました。

2.過ぎ越しの5日前の出来事(12:12-50)

12節、翌日、イエスは、エルサレムに入場しました。当時の宗教家たちは、メシヤ、つまり救い主はイスラエルの軍勢を連れ、天から白馬に乗って降りてこられる、と信じていました。しかし、実際に人々が歓呼して迎えた救い主は、ろばの子に乗って入場してくるあのイエスだったのです。ですから当時の宗教家たちは困惑しました。彼らが期待した救い主は、約100年以上も前に、シリアの支配からユダヤの国を解放したマッカバイオスのような政治的な勇士でした。しかし、旧約聖書に書かれた救い主は、そういう存在ではなかった、ということです。

16節、ヨハネは、この出来事を回想し、当時の宗教家がどう考えようと、それはゼカリヤ書(9:10)に預言されていたことの成就であったと解説しています。つまり、当時の人々は、単純に救い主は、地上の政治的な解放者と考えたかもしれないが、そうではない、救い主は、霊的な救い主である、ということです。そして、弟子入りを求めてきたギリシア人との対話は、そのことを教えるものであった、とヨハネは言うのです。

また24節、イエスが十字架で死に、神の呪いを受けて、全人類に永遠のいのちの祝福を代わりに注ぐことが使命であり、それを栄光と考えておられたと読者に語り掛けるのです。

36節、ヨハネは、イエスが、この神のご計画を理解しえないままに受け入れるように群衆に迫っていたことを伝えます。イエスの語ったことを信じる者は、単に地上においてキリスト者になることを意味するものではありません。イエスを信じるならば、死後の神のさばきから守られ、永遠の命に与ることを意味します。この地上の命を失うことがあっても、永遠の命をも失ってはならない、とイエスは言います。信仰はこの世を超越した世界に生きる歩みなのです。

John 12: Jesus Forced to Make a Decision

1. six days before the Passover (12:1-11)

Jesus raised Lazarus from the dead. In spite of this amazing miracle, instead of believing in Jesus, the people began to hate Him more and more and wanted to kill Him (11:53). It is strange. Jesus flees with his disciples to the land of Ephraim, north of Jerusalem. And with this, Jesus’ ministry changes as well. That is, Jesus stops appearing before crowds and performing miracles, and begins to have intimate talks with the 12 disciples (chapters 13-17).

So, beginning in chapter 12, John starts with the events six days before Jesus’ death.

First, Jesus returns to Bethany and is invited to supper. There, a woman pours about 320 grams of very expensive Nardinian perfume oil on Jesus. John’s Gospel identifies the woman as Mary, sister of Lazarus, while Luke’s Gospel identifies this as a sinful woman (7:36-50) and Mark’s as a certain woman (14:3-11). We do not know exactly who it was. Whoever it was, Mary’s doing this, for one thing, was probably out of gratitude for the miracle of bringing her brother Lazarus back to life. But then, in verse 7, there is the realization that Jesus’ death was imminent, and she may have wanted to express her devotion to him. However, Judas, who was there, was in direct contrast to Mary’s heart, and he saw the value of Jesus as low. He thought it was a waste of time. Jesus understood their hearts.

2. 5 days before the Passover (12:12-50)

Verse 12: The next day, Jesus entered Jerusalem. Religious leaders of the time believed that the Messiah, or the Savior, would descend from heaven on a white horse with the armies of Israel. However, the Savior who was actually welcomed with shouts of joy by the people was that Jesus who entered riding on a colt. Therefore, the religious people of that time were perplexed. The Savior they expected was a political hero like Maccabaeus, who liberated the Jewish nation from Syrian rule more than a hundred years earlier. But the Savior described in the Old Testament was not that kind of being, and that is what they were looking for.

In verse 16, John recalls the event and explains that, regardless of what the religious people of the time thought, it was the fulfillment of what had been prophesied in the book of Zechariah (9:10). In other words, people of that time may have simply thought of the Savior as an earthly political liberator, but He is not; He is a spiritual Savior. And John says that his dialogue with the Greeks who came to him for discipleship was a lesson in this.

And in verse 24, he tells his readers that Jesus died on the cross, taking the curse of God and considering it his mission and glory to pour out the blessing of eternal life on all mankind in his stead.

In verse 36, John tells us that Jesus was pressing the crowds to accept this divine plan without understanding it. He who believes what Jesus has said does not merely mean that he will become a Christian on earth. It means that if one believes in Jesus, he or she will be protected from God’s judgment after death and will be granted eternal life. You may lose this earthly life, Jesus says, but you must not lose eternal life as well. Faith is a walk of life in a world that transcends this world.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です