【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ヨハネの福音書3章 信じる

1.ニコデモの悩み(3:1-21)

ユダヤの宗派の一つにパリサイ派があります。この宗派は、律法を厳格に守る保守的な信仰を持った人々の集まりでした。彼らは、たびたびイエスの批判を受けました。というのも、彼らの信仰は、実際には、口先だけで、上辺だけであったからです。さも人前では敬虔そうに装いながら、実際にはそうではない、裏表のある信仰者だったのです。

現代のクリスチャンにも同じような問題は指摘されています。クリスチャンは一般にいい人と思われています。ですから、人前ではいい人のように振舞っている。しかし家族はその本当の姿を知っているということがあります。そのような自己矛盾に気づいている人はまだよいとして、全く気付いていない、慇懃無礼な信仰者もいるのです。

イエスのもとを訪れたニコデモは、そうした自己矛盾に気づき悩んでいた人でした。彼は、パリサイ派に属し、当時のユダヤ最高議会の議員で、その中でも指折り数えられるような、イスラエルの教師と呼ばれるような人でした。誰もがこの人は立派、と太鼓判を押すような人であったのです。しかし、彼は、それが実は見せかけで、本当は偽善者であることを悩みながら生きていたようです。イエスは、そのような彼の悩みを一瞬で見抜いたのでしょう。彼の顔を見るや否や、彼の抱えていた問題の核心に触れています。3節「人は新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません」と。

もし、私たちが今の自分のままで、神の国に行けるとしたら、そこは、神の国どころかただのこの世の延長です。つまりそこには、今の世と同じような妬みや、争いなどがあるのです。そして偽善的な人、偽善的な自分に悩んでいる人だらけなのです。やはり、人はどこかで、今の罪深い自分に死んで、新しく生まれなければならないのでしょう。

6節、イエスは、その変革は聖霊の働き、つまり神の力によって可能なのだ、と言います。そしてその神の力に与るには、14,15節、イエスの十字架の死を自分の罪の赦しときよめのためのものと受け入れ信じていくことだ、と言います。イエスがこの世に来られたのは、神の裁きをもたらすためではなく、罪の赦しをもたらすためです。イエスは、神の怒りを私たちの身代わりとなって一心に受け、私たちに罪の赦しをもたらしてくださったのです。

そしてさらに、キリストは、聖霊を遣わされました。その聖霊は、私たちを聖めの人生を歩むように助けてくださるのです。私たちを神の国に入るに相応しい者と、整えてくれるのです。そのように整えられた人だけが神の御国に入れるとしたら、もはや神の御国はこの世の延長ではありません。そこは素晴らしい祝福に満ちた希望の場所です。

2.ヨハネの立ち位置とその解説(3:22-36)

既に述べたように、これを書いた老ヨハネは、半世紀以上も前の出来事の心に残るエピソードを振り返り、信仰の核心的な部分を語り掛けてきます。ですから度々、解説的な文章が挿入されます。16-21節、また31-36節は、ヨハネの解説となっている部分です。19節、「人々は光よりも闇を愛した」とあります。人は自分の本当の姿をなかなか見つめたがらないものでしょう。自分を誤魔化して生きているものです。しかしいずれ人は、死後、心を見られる神の前に立つことになります。心を隠す肉体もなく、神の前に自分の真の姿を晒すことになるのです。

22節以降は、バプテスマのヨハネがイエスについて証言したものです。重要なのは、バプテスマの意義が語られていることです。バプテスマは、一般にバプテスマ槽というものがあって、そこにためられた水に身体全体を沈める形で行いますが、それは、古い自分に死に、新しい自分に生きることを象徴する儀式です。大切なのは、その儀式を通して、心の革新が起こる信仰を持っていくことです。私たちの内面を整えてくださる神の豊かな恵みを信頼する腹を決めて、神を信じる歩みをスタートさせることです。信仰を持つというのは、聖書の語ることは正しい、と受け入れていく行為なのです。

John 3: Believe

1. the troubles of Nicodemus (3:1-21)

One of the Jewish sects was the Pharisees. This sect was a group of conservative believers who strictly followed the Law. They were often criticized by Jesus, because their faith was really only verbal and superficial. They were two-faced believers, pretending to be pious in public, but in reality they were not.

The same problem can be pointed out for Christians today. Christians are generally thought of as nice people. Therefore, they act like good people in public. However, their families sometimes know who they really are. Those who are aware of such self-contradictions are still good, but there are condescending believers who are completely unaware of them.

Nicodemus, who came to Jesus, was a man who was troubled by such self-contradiction. He was a member of the Pharisees, a member of the highest Jewish parliament of the time, and one of the best teachers of Israel. He was a man that everyone would have said, “This is a great man. However, it seems that he was troubled by the fact that he was really a hypocrite, and that this was actually a facade. Jesus must have seen through his worries in an instant. As soon as he saw his face, he touched the heart of his problem: verse 3, “Unless one is born again, he cannot see the kingdom of God.”

If we could go to the Kingdom of God as we are now, it would be just an extension of this world, not the Kingdom of God. In other words, there will be envy, strife, etc., just like in the present world. And it is full of hypocritical people, people who are troubled by their hypocrisy. After all, somewhere along the line, people must die to their current sinful selves and be born again.

In verse 6, Jesus says that the transformation is possible through the work of the Holy Spirit, that is, through the power of God. In order to receive God’s power, he says in verses 14 and 15, we must accept Jesus’ death on the cross for the forgiveness and cleansing of our sins and believe in it. Jesus came into the world not to bring God’s judgment, but to bring forgiveness of sins. Jesus took God’s wrath upon Himself, and He brought us the forgiveness of sins.

Furthermore, Christ sent the Holy Spirit. He helps us to live a life of sanctification. He prepares us to be worthy to enter the Kingdom of God. If only those who are so prepared can enter the Kingdom of God, then the Kingdom of God is no longer an extension of this world. It is a place of hope filled with wonderful blessings.

2. John’s position and his commentary (3:22-36)

As already mentioned, the old John who wrote this reflects on a haunting episode of events that took place more than half a century ago and speaks to the core of our faith. Verses 16-21 and 31-36 are John’s commentary on verse 19, “People loved darkness more than light. It is hard for people to see themselves as they really are. They live their lives deceiving themselves. But eventually, after death, people will stand before God, who can see their hearts. He will have no body to hide his heart, and he will expose his true image before God.

Verses 22 and following are John the Baptist’s testimony about Jesus. Importantly, the significance of baptism is discussed. Baptism is generally performed in a baptismal font, in which the entire body is submerged in water, symbolizing death to the old self and life to the new self. The important thing is to have faith that through the ritual, an innovation of the heart will take place. It is to start our walk of faith in God with a belly full of trust in the abundant grace of God who prepares our inner lives. Having faith is the act of accepting that what the Bible says is true.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です