【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ルカの福音書19章 エリコからエルサレム入場

1.ザアカイの救い(19:1-10)

昨日の18章では、イエスは、「いつでも祈るべきで、失望してはいけない」と教えられました。そして、その祈りを励ますように、一人の目の見えない人に起こったエピソードが加えられていました。また、人にはできないことが、神にはできるのです」(18:27)とイエスは語られました。この19章では、その具体例が語られています。

取税人ザアカイに起こったエピソードです。このザアカイは、たくさんのお金を持ちながら、親しい友が一人もいない実に寂しい人でした。お金があれば幸せになれると思っている人は多いでしょう。しかしお金があっても人は幸せにはなれないし、お金がなくても人は幸せでいられるものです。お金では決して手に入らないもの、それは心から愛し愛される関係です。実に、ザアカイは、たくさんのお金を持ちながら、そのような関係を持てず、満たされない思いで、人生を歩んでいたのです。

そんな彼の心を救ったのがイエスでした。イエスはザアカイの友となられました。お金では決して買うことのできない、心の関係を喜んで与え、お金の呪縛から彼を解放したのです。18章の指導者は、自分の財産を手放すことができず、悲しみながらイエスのもとを去りましたが、ザアカイは違いました。ザアカイは、誤魔化した財産を清算し、イエスに友になっていただき、正しいお金の使い方を学びました。そして、もはや、開かれた心で、人生を歩み始めるのです。人にはできないこと、しかし神にできることというのは、そういうことです(ピリピ4:12)。

2.ミナのたとえ(19:11-27)

そこでルカは、11節以降、人が与えられているもの、たとえばお金を正しく用いるべきことをイエスの例話を用いて語ります。この例話、一つの歴史的な実話が背景になっています。つまり、ヘロデ大王がBC4世紀に死んだ時のこと、息子のアケラオスは、相続の承認を求めてローマへ赴くのです。ところが、14節、ユダヤ人はアケラオスが王位を継承することを望まず、ローマ帝国に訴えました。結局ローマ帝国のカエサルは、アケラオスに「王」という称号を与えず、土地の相続のみを認めたのです。ユダヤ人はイエスの話を聞きながら、まずその歴史的実話を思い浮かべました。イエスは実に巧みに、時事問題を取り上げ、皆の興味あることに関連付けてお話をしたわけです。

それでこの話では、10人のしもべが、同じ1ミナを預けられています。1ミナは、ローマの貨幣で100デナリ、当時の100日分の労賃です。王は、しもべにそれで商売をせよと命じ、出かけるのです。しかし10人のしもべの内、これに応えたのはたったの2人でした。これは神に多くのものを与えられている人間の状況をよく言い表しています。つまり、神に与えられたものを誠実に受け止めて、それらを活かして生きる人はほんの一握りです。ほとんどの人は、神を認めず、神に与えられたものも、神の目的に沿って用いることもなく生きているのです。

さて28節以降、イエスのエルサレムへの旅の終わりが描かれています。45節、イエスは、神殿に入りました。今日神殿の丘と呼ばれている場所の南側には、神殿に入る当時の階段が発掘されています。神殿に入る道は、三通りありましたが、その階段は、貧しい人、一般の人が通るもので、イエスもそこを通ったとされています。そして階段を登り切ったところに、現在はアールアクサモスクが建っています。しかし当時は、そのあたりにイエスが追い散らした商売人の出店が並んでいた回廊がありました。理解すべきことは、そこにいた人々も、実際には、神を認めず、神に与えられたものを活かすどころか、悪用し、「強盗の巣」とする人々だったということです。まさに「王になることを望まなかったあの敵ども(27節)」という者たちでしょう。神に与えられたものを覚えてそれを正しく活かす、これが人間の務めです。では今日も良き一日となるように祈ります。

Luke 19: Entry into Jerusalem from Jericho

1. the salvation of Zacchaeus (19:1-10)

In yesterday’s chapter 18, Jesus taught that we should pray at all times and not be disappointed. Then, to encourage us to pray, he added an episode that happened to one blind man. And what man cannot do, God can do” (18:27), Jesus said. In this 19th chapter, we are told of a specific example of this.

It is an episode that happened to Zacchaeus, the tax collector. Zacchaeus was a lonely man with a lot of money and no close friends. Many people may think that money makes you happy. However, money does not make people happy, and people can be happy without money. What money can never buy is a relationship in which people love and are loved from the bottom of their hearts. In fact, Zacchaeus had a lot of money, but he could not have such a relationship.

It was Jesus who saved his heart. Jesus became Zacchaeus’ friend. The leader in chapter 18 left Jesus in sorrow because he could not give up his possessions, but not Zacchaeus. Zacchaeus liquidated his mishandled possessions, made Jesus his friend, and learned how to use money properly. And now, no longer with an open heart, he begins to live his life. That is what man cannot do, but God can (Philippians 4:12).

2. the parable of the minas (19:11-27)

So from verse 11 onward, Luke uses the parable of Jesus to talk about the proper use one should make of what one has been given, money, for example. This parable is based on a true historical story. That is, when Herod the Great died in the 4th century BC, his son Achelaus went to Rome to seek recognition of his inheritance. However, in verse 14, the Jews did not want Achelaus to inherit the throne and appealed to the Roman Empire. In the end, Caesar of the Roman Empire did not grant Akelaos the title of “king,” but only the inheritance of land. As the Jews listened to Jesus, they first thought of that historical fact. Jesus was very clever in taking a current event and relating it to something that was of interest to everyone.

So in this story, ten servants are entrusted with the same amount of 1 mina, which in Roman currency was 100 denarii, or 100 days’ wages in those days. The king orders the servants to go out and do business with it. However, only two of the ten servants responded. This is a good illustration of the situation of human beings who have been given so much by God. In other words, only a handful of people sincerely accept what God has given them and live with them. Most people live without acknowledging God and without using what God has given them or using them according to God’s purposes.

Now, verse 28 onward describes the end of Jesus’ journey to Jerusalem; in verse 45, Jesus enters the temple. On the south side of what is today called the Temple Hill, the original steps into the Temple have been excavated. There were three ways to enter the temple, but the stairs were for the poor and common people, and that is where Jesus also went. At the top of the stairway, the Aru Aksa Mosque stands today. But at that time, there was a cloister around it lined with the stalls of the merchants that Jesus drove away. What is to be understood is that the people there were also, in fact, people who did not recognize God and who, instead of taking advantage of what God had given them, misused it and made it a “den of robbers. They would be the very ones “those enemies who did not want to be kings (v. 27). It is the duty of human beings to remember what God has given us and to make the most of it. I pray that today will be another good day.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です