【シーズン6】人生100倍の祝福【聖書】ヨハネの福音書1章 神のことばイエス

1.ヨハネの福音書について

 今日からヨハネの福音書を読みます。この福音書は、伝統的に使徒ヨハネが書いたものとされています。それは21:20で、著者が自分を「イエスが愛された弟子」と称していることによるものですが、実際には、よくわかっていません。というのも21:24を読むと、どうやら、使徒ヨハネ以外の誰かが、これを執筆・編集した可能性があるからです。著者及び編者については、議論のある書です。しかし、この書の重要さは、否定しえないものがあります。

これまで読んできたマタイ、マルコ、ルカの福音書の特徴を言うと、それは、イエスの行動を時間順に記録しています。例えて言えば、ビデオ撮りでイエスの生涯を記録した特徴があります。しかし、ヨハネの福音書は、どちらかと言うと、スナップ写真集に例えることができます。前半にイエスの奇跡がまとめられていますが、それは、意図的に選ばれてよく構成されています。後半は十字架に至る受難物語です。

さらに先の共観福音書では、イエスはいつも群衆を相手に語っています。しかしこのヨハネの福音書のイエスは、いつも一人の個人と膝を交えて語っているのです。ニコデモの物語、サマリヤの女のエピソード、皆そうです。

確かに、この書を書いたのが使徒ヨハネであるとすれば、彼は、既に、マタイ、マルコ、ルカの三つの福音書を読んでいたはずです。そこに敢えて新たな福音書を加えるのです。またヨハネはこの時かなり年老いていました。もはや、ヨハネの同僚は天に召され、二世、三世のキリスト者が活躍する時代です。となればヨハネは、イエスの教えを単純に繰り返すのではなく、むしろ、人の魂と向かい合い、愛の心遣いを示しながら真理を伝えた神の子の素晴らしさ、初代の人々が味わった感動を伝えたいと思ったことは言うまでもありません。

2.序論

さて、1~14節は、いささか文学的、神学的な書き方をしています。実際、この箇所はイスラエル文学に固有の修辞法、つまり平行法が使われ、詩文形式になっています。ことばと訳されたギリシア語は、ロゴス、何やら哲学的な内容を持っている感じすらします。しかし、ヨハネが言いたいことは、実に単純なことです。

旧約聖書のマラキ書が書かれた時代以後、イエスが現れる時代までの約400年間、神のことばを語る預言者は一人も起こされませんでした。またダニエル書に預言されたように、ペルシヤ、ギリシヤ、エジプト、ローマといった大国がイスラエルを支配しました。つまりユダヤは異教徒の支配に屈していたのです。それは、神のことばが沈黙した時代、しかしイスラエル人が最も神のことばを必要とした、暗黒の時代でもあったのです。そこに突如神の子イエスが現れ、神のことばを語ったのです。それは、まさに神の沈黙が打ち破られた時、「神のことばがあった」!と感動すべき時でした。

18節「いまだかつて神を見た者はいない。父のふところにおられるひとり子の神が、神を説き明かされたのである」とヨハネは言います。人は、神とはどういうものかとあれやこれやと想像を膨らましますが、そのようなことで神を知ることはできません。むしろ、神を知ろうとするならば、イエスのことばに耳を傾けることです。

3.イエスの弟子たち(1:19-51)

ヨハネは、後半イエスの最初の弟子たちが招かれた事情を描いています。大切なのは、彼らが出会ったのは、自分たちの知の欲求を満たす人物ではなく、まさに、救い主であり、神ご自身の御心とご計画について、豊かに語ってくれる神のことば、つまりギリシア語ではロゴスでした(41節)。イエスによって、私たちは天の父の事を知るのです。神は、どのようなお方であり、私たちのために何をしてくださるのか、否、してくださったのかを知ることになります。これから21章にわたって、イエスの神性に焦点を合わせたヨハネの福音書を味わってまいりましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

The Gospel of John, Chapter 1: Jesus, the Word of God

1. about the Gospel of John

 Today we will begin reading the Gospel of John. This Gospel is traditionally attributed to the apostle John. This is due to the fact that in 21:20, the author refers to himself as “the disciple whom Jesus loved,” but in reality, it is not well known. This is because, apparently from reading 21:24, it is possible that someone other than the Apostle John wrote and edited it. The authorship and editorship of the book are disputed. But the importance of this book is undeniable.

It records the actions of Jesus in chronological order, which is characteristic of the Gospels of Matthew, Mark, and Luke that we have read so far. By analogy, it is characterized by videotaping and recording the life of Jesus. However, John’s Gospel can be compared more to a collection of snapshots. The first half is a compilation of Jesus’ miracles, which are deliberately chosen and well composed. The second half is the Passion story leading up to the cross.

Furthermore, in the earlier Synoptic Gospels, Jesus always speaks to the crowds. But in this Gospel of John, Jesus always speaks to a single individual on his knees. The story of Nicodemus, the episode of the Samaritan woman, they all do.

Surely, if it was the apostle John who wrote this book, he must have already read the three Gospels of Matthew, Mark, and Luke. He dared to add a new gospel to them. Also, John was quite old at this time. John’s colleagues had already gone to heaven, and second- and third-generation Christians were now active. It goes without saying, then, that John did not want to simply repeat the teachings of Jesus, but rather to convey the wonder of the Son of God, who faced human souls and conveyed the truth while showing lovingkindness and the excitement that the people of the first generation had experienced.

2. Introduction

Now, verses 1-14 are written in a somewhat literary and theological manner. In fact, the verses are written in a poetic form, using a rhetorical device unique to Israelite literature, namely the parallelism method. The Greek word translated as “word” even has a sense of logos, something of a philosophical content. But what John is trying to say is really quite simple.

From the time of the writing of Malachi in the Old Testament until the time of the coming of Jesus, not a single prophet spoke the Word of God for about 400 years. Also, as prophesied in the book of Daniel, the great powers of Persia, Greece, Egypt, and Rome ruled Israel. In other words, Judea had succumbed to pagan rule. It was a time when the Word of God was silent, but it was also a time of darkness, when the Israelites most needed the Word of God. Then suddenly Jesus, the Son of God, appeared and spoke the Word of God. It was the very moment when God’s silence was broken, when “there was the Word of God! It was a time to be moved.

Verse 18: “No one has ever seen God. John says, “God the only begotten, who is in the bosom of the Father, has revealed Him. People imagine all kinds of things about what God is like, but that is no way to know God. Rather, to know God, we must listen to the words of Jesus.

3. the disciples of Jesus (1:19-51)

John describes the circumstances to which the first disciples of the late Jesus were invited. The important thing is that they met not a person who satisfied their intellectual needs, but the very Word of God, or in Greek, the Logos, who is the Savior and who speaks richly about God’s own will and plan (v. 41). Through Jesus we come to know our heavenly Father. We will know who God is and what He is, or has been, doing for us. Over the next 21 chapters, we will savor John’s Gospel, which focuses on the divinity of Jesus. I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です