人生100倍の知恵【聖書】雅歌4章 いよいよクライマックス

1.ああ、美しい!

4章は、婚礼に際して、花婿が花嫁に献げた歌です。この後、5:10-16、6:4-7、7:2-6、にも花婿の歌は出てきます。1節、男は言います。「わが愛する者。あなたはなんと美しいことよ」(1節)しかし正直、例えられているものが、今一つピンとこないのは、イスラエルと日本、そして古代と現代の文化差のためかもしれません。そこで解説すれば、目を鳩になぞらえるのは、女性の清さを表現しようとしたものです(1節)。ギルアデの山を下るやぎの群れは、黒くつやつやした髪の表現(1節)。雌羊の群れは、白い歯の輝きの表現(2節)、そして紅の糸は赤い魅力的な唇の表現です(3節)。男は、目に留まる女性の外見、一つ一つの美しさを賛嘆しているのです。ざくろの片割れは、紅潮したほほの表現です(3節)。ざくろは、イスラエルではいのちの木の象徴ですが、熟して割れた皮からは赤い果肉が見えます。その様子を女の美しさを表すたとえに用いたのでしょう。首を兵器倉、やぐら、とたとえるのは、今一つピンときませんが(4節)、女を飾る宝石類が女性をさらに美しく感じさせる表現法としてイスラエルではよく使われたもののようです(エゼキエル27:11)。

6節「そよ風が吹き始め、影が逃げ去るまでに」は、2:17にも使われた表現です。それは、陽が昇り、闇が退くまで、あるいは、午後の風が起こり、影が伸び切ってしまうまで、つまり一日中時を忘れてと言う意味です。そして、「没薬の山、乳香の丘」に行こうというのですから、一日中あなたの傍にいよう、ということなのでしょう。香は愛の行為において重要な役割を果たします。互いに心と体の結びつきを求め合う激しい表現です。とにかく、文句なしに美しい(7節)。8節では、男の元へ女が高い山々から降りてくるように促されています。古代東洋の神話世界においては、愛する乙女たちは、非常に高い山々の頂から、降りてくると信じられ、そのイメージを借用したものです。つまり男は、女に神的魅力すら感じているというわけです。確かにあなたは私のハートを鷲掴みということなのでしょう(9節)。

2.愛の楽園

10節からの後半は、二人の愛の結びつきを謳歌するものです。「あなたの愛」は、単純な気持ちを語っているのではありません。文脈からすれば、それは性的なものをイメージさせますが、それをさらに超えた二人の内なる結びつきを語っています。それは、お酒に酔うことに優り、高価な香油の芳香にも優る体験である、と。11節は、いわゆるディープ・キスのことでしょう。こうして男と女は、二人だけの世界に陶酔していくのです(12-15節)。

古代東洋において、庭園は、ことに庭園の泉は、珍しく、尊い財産でした。それは、人に奪われてはならない、覆い隠されて守られるべきものでした。その隠れた園で二人の愛がかき立てられる。もはや、「揺り起こしたり、かき立てたりしないで(2:7,3:5)」という抑制は不要なのです。「北風」は元気づける冷涼感を、南風は、香草や香料の芳香を強めるものとされます。だから「北風よ、起きなさい。南風よ、吹きなさい」は、庭園に一層興奮冷めやらぬ状況を起こしなさい、ということでしょう。二人の愛を大いに煽ってくれ!ということです。雅歌の上演を舞台で見ることができたら、それはどんなに感動的なことか、と思うところでしょう。これをすべて神の愛の象徴と短絡的に結び付けず、これらを書き留めた筆者の心を味わいたいところです。では、今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。かもしかは、律法では食用にしてもよいきよい動物とされているでしょうか?いないでしょうか?答えはきよい動物(申命12:15、14:5)

でした。では、今日の聖書クイズです。ヘンナ樹は、主として、どんなものに用いられたでしょうか?①染料、②食料、③建材。答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。Chapter 4: The Climax at Last!

1. ah, beautiful!

Chapter 4 is the song of the bridegroom to his bride at the wedding. In verse 1, the man says, “My beloved! My beloved. (v.1) But, to be honest, the analogy doesn’t quite ring true for me, perhaps because of the cultural difference between Israel and Japan, and between ancient and modern times. To explain, the eyes are likened to doves in order to express the purity of women (v.1). The flock of goats descending the mountain of Gil’ade is a representation of black, glossy hair (verse 1). The flock of ewes is a representation of shining white teeth (verse 2), and the crimson thread is a representation of red, attractive lips (verse 3). The man is admiring the woman’s appearance, each and every beauty that catches his eye. The pomegranate strip is a representation of a flushed cheek (v. 3). The pomegranate is the symbol of the tree of life in Israel, and its ripe and cracked skin reveals red flesh. It is likely that this scene was used as a metaphor for the woman’s beauty. The comparison of the neck to a granary or a mound (verse 4) does not quite fit, but it seems to be a common expression used in Israel (Ezekiel 27:11), where jewelry adorning a woman is used to make her seem even more beautiful.

Verse 6, “Before the breeze begins to blow and the shadows flee away,” is an expression also used in 2:17. It means until the sun rises and darkness retires, or until the afternoon breeze arises and the shadows stretch out, in other words, all day long. And since he is asking us to go to “the mountain of myrrh and the hill of frankincense,” he must mean that he will be with you all day long. Incense plays an important role in the act of love. It is an intense expression of our mutual desire for the union of mind and body. Anyway, it is unquestionably beautiful (v. 7); in v. 8, the woman is urged to come down from the high mountains to the man. In the mythological world of the ancient East, beloved maidens were believed to descend from the tops of very high mountains, and the image is borrowed from this. In other words, men even feel a divine attraction to women. Surely this means that you have captured my heart (v. 9).

2. paradise of love

The second half of the verse, beginning with verse 10, celebrates the union of two people in love. The phrase “your love” does not speak of a simple feeling. In context, it conjures up images of sexuality, but it speaks of an inner union between two people that goes even beyond that. Verse 11 is probably referring to the so-called deep kiss. In this way, the man and the woman become intoxicated in their own private world (vv. 12-15).

In the ancient East, gardens, especially garden fountains, were rare and precious possessions. It was something to be covered and protected, not to be taken away by man. It was in that hidden garden that their love was stirred up. No longer do they need the restraint of “do not shake or stir up (2:7, 3:5). The “north wind” is said to be the energizing coolness, while the south wind is said to intensify the aroma of fragrant herbs and perfumes. Therefore, “Rise, O north wind, and let the south wind blow. Blow, O south wind,” is supposed to create an even more exciting situation in the garden. Let the love between the two of you be greatly excited! This is what it means. One can only imagine how moving it would be to see a performance of Song of Songs on stage. I would like to taste the heart of the author who wrote these down, without short-circuiting all this as a symbol of God’s love. I wish you a good day today.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. Is the seal considered a good animal in the Torah that can be used for food? No? The answer is that it was a clean animal (Deut. 12:15, 14:5). Here is today’s Bible quiz. What were henna trees mainly used for? (1) Dye, (2) Food, (3) Building materials. The answer will be given tomorrow. I pray that today will be another good day for you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です