人生100倍の視野【聖書】エレミヤ書43章 神の言葉に信頼するチャレンジ

1.神のことばを拒否するヨハナン

イスラエルの民は、エレミヤのことばを神のことばとして受け止めようとはしませんでした。そもそも彼らがエレミヤのもとに集まったのは、神の言葉を聞くため、神のみこころを確かめるためでした。それなのに、いざ自分たちの意に反することが語られると、彼らは、それを受け付けなかったのです。指導者のヨハナンも、エレミヤがバルクに惑わされていると主張し、エレミヤに神の言葉があったことを否定しています。結局、エレミヤは偽りの預言者と呼ばれました。もちろん、本当はそうではありません。彼の語ったことばは後にすべて成就するのです。

ともあれ、視聴者の皆さんは、どうでしょうか。果たして自分がヨハナンの立場にあったら、皆さんは、エレミヤのことばをどう受け止めるでしょう。エレミヤが勧めるように、この地で生活を立て直すチャレンジに自分を投じることができるでしょうか。戦禍によって徹底的に破壊された町、仮設の生活を余儀なくされる状況、そしてこれから町を再建していく労力、さらには、自分たちがバビロニヤに反逆したとの嫌疑をかけられ、処罰されるかもしれない不安と恐怖、そうした様々なストレスに襲われるような状況の中で、ただ目に見えない神の、祝福の約束を頼りに、踏ん張り続けることができるのかどうか。これから本当に生活がよくなるという保証は何もない中で、ただ神の愛と配慮とあわれみのみを信じて進んでいくのです。「ユダの国にとどまれ」という主の御声は、確かに目に見えぬ将来の安全と保障を語るものでしたが、ヨハナンは、そのことばに立つことが難しかったのです。しかし完全にその神のことばを捨てることもできなかった。だから、ヨハナンは、エレミヤとバルクを引き連れて、エジプトへと逃げていったのでしょう。

2.エレミヤのパフォーマンス

 歴史家のヘロドトスはタフパヌヘスをダフナイと呼んでいます。それは、第26王朝プサメティコス1世がエジプトの三角州東部を守備するためギリシヤ人傭兵部隊を配置した、辺境の要塞都市でした。そこに政府関係の建物があったのでしょう。エレミヤはそこで、あるパフォーマンスをして神のことばを語ります。それは、神のことばに耳を貸そうとしないイスラエルの民を、神のことばに注目させるためでした。彼は大きな石を取り、それを敷石のしっくいに隠しました。そして、ネブカドネツァルの本陣がそこに置かれると宣言します。この預言は、ネブカドネツァルの治世の第37年に実現しています(BC568/7年)。ネブカドネツァルは、その治世の第37年アマシスと一戦を交え、エレミヤが預言したような打撃を与え、エジプトをけん制するのです。

神のことばは時が来れば成就するのです。そしてその神のことばは、私たちに対しても語られるものです。その時に、私たちは神の言葉を受け入れ、そこに立つことができるのか。たとえ良い結果が起こると思われる状況が何一つないとしても、神が語られたことは、必ずそのようになっていく、と信じることができるのか。自分の人生を再建すること、組織を建て直すこと皆そうです。破れ去った人生を抱えて、何をどこから再建してよいかもわからない、そのような状況があったとしても、神のあわれみがあれば、これは立て直されるという信仰に立つのです。疲弊し、建て直しようのない組織であれ、そこに神のあわれみがあれば、何か道があると信じるのです。神を信頼して歩むというのは、目に見えない可能性にかけていくことに他なりません。自分自身は不誠実であるとしても、神は誠実であり、神のことばは真実であると言うことです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。次の中で、液体量を計るものに使われる単位はどれでしょうか?①セア、②エパ、③バテ。答はバテです。1バテは、1エパと同量ですが、液体のみに使われる単位です。では、今日の聖書クイズです。バアル礼拝を徹底して排除したエフーが大事にした偶像は何であったでしょうか?①アシュタロテ、②金の子牛、③ケモシュ。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

Chapter 43: The Challenge of Trusting God’s Word

1. Yohanan rejects the word of god

The Israelites did not accept Jeremiah’s words as the Word of God. The reason they gathered with Jeremiah in the first place was to hear God’s word and to confirm God’s will. Yet, when something contrary to their will was spoken, they refused to accept it. Even the leader, Yochanan, denied that Jeremiah had the Word of God, claiming that Jeremiah was being deceived by Baruch. After all, Jeremiah was called a false prophet. Of course, this is not really true. All the words he spoke would later be fulfilled.

Anyway, what about you, the viewers? If you were in Yochanan’s shoes, how would you react to Jeremiah’s words? Would you throw yourself into the challenge of rebuilding your life in the land as Jeremiah recommends? In the midst of such a stressful situation, with a town that has been thoroughly destroyed by the war, the situation of being forced to live in temporary housing, the labor to rebuild the town, and the anxiety and fear of being accused of rebelling against the Babylonians and possibly being punished, we must not only rely on the unseen promise of God’s blessing, but we must also rely on the promise of God’s blessing that we can see and feel. In the midst of such stressful situations, I wonder if we can continue to hold on, relying on God’s unseen promise of blessings. With no assurance that life will really get better, we must go on trusting only in God’s love, care, and mercy. The Lord’s voice, “Remain in the land of Judah,” certainly spoke of unseen security and assurance for the future, but it was difficult for Yochanan to stand on that word. But he could not completely discard that Word of God, either. That is probably why Yochanan fled to Egypt with Jeremiah and Baruch in tow.

2. Jeremiah’s Performance

 The historian Herodotus calls Tahpanuhes Daphnae. It was a frontier fortified city where Psametikos I of the 26th dynasty deployed a force of Greek mercenaries to defend the eastern part of the Egyptian delta. Government buildings were probably located there. Jeremiah spoke the Word of God there in a performance. He took a large stone and hid it in the plaster of the paving stones. He then declares that Nebuchadnezzar’s main camp would be located there. This prophecy was fulfilled in the 37th year of Nebuchadnezzar’s reign (568/7 BC). Nebuchadnezzar would engage Amasis in battle in the 37th year of his reign, striking the blow Jeremiah had prophesied, and thus deterring Egypt.

God’s word will be fulfilled in due time. And God’s word will be spoken to us. At that time, will we be able to accept God’s word and stand on it? Can we believe that what God has said will come to pass, even if there is nothing in the situation that would lead us to believe a positive outcome? It is true for everyone rebuilding their own lives and organizations. Even if you are in a situation where you have a broken life and do not know where to start rebuilding, you must have faith that with God’s mercy, you will be rebuilt. Even though the organization is exhausted and cannot be rebuilt, if there is God’s mercy, we believe that there is a way. To walk in trust in God is to put our faith in the unseen possibilities. It means that even though we ourselves may be unfaithful, God is faithful and His Word is true. I wish you a good day today.

<Quiz Corner

First, here is yesterday’s quiz. Which of the following units is used to measure liquid volume? (1) Cair, (2) epa, (3) bathe. The answer is a bathe. 1 bathe is the same amount as 1 ephah, but it is a unit used only for liquids. Now for today’s Bible quiz. What were the idols cherished by Jehu, who thoroughly eliminated Baal worship? (1) Ashtarote, (2) the golden calf, and (3) Chemosh. The answer will be given tomorrow. I wish you a good day.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です