人生💯倍の賛美😊【聖書】詩篇109篇 呪いを詠う

1.文脈と背景

 詩篇には「呪いの詩篇」というジャンルがあります。つまり悪人を呪い、報復を祈る内容のもので、他にも35篇、69篇などがそうです。既に述べたことですが、これらは、神の前に人を正直にさせ、その心を霊的に解放する目的を持つものです。

「彼」または「彼ら」という人称代名詞に注目すると、1-5節、6-20節、21-31節と構造的に三つに区分されることがわかります。初めに三人称複数形の「彼ら」で語られる部分があり、続いて、三人称単数形の「彼」で語られる部分があり、最後にもう一度「彼ら」で語られるものに戻っています。色々な考え方があるようですが、中ほどの6-20節で、「彼」と単数形に変化するのは、1-5節で語られた悪人たちの代表格を念頭にしている、と考えられます。

ところで使徒ペテロは、ユダに代わる使徒を選出する際に、この詩篇を引用しています(使徒1:20)。そうなると、ペテロは、ユダを悪人と見なし、ユダを呪ったのでしょうか。しかし、そうではないのでしょう。ペテロがこの詩篇を引用した意図は、もっと違うところにあったと理解すべきです。その時ペテロは、この詩篇をメシヤ詩篇として理解すべきことに気づかされたのではないか。そしてイエスが、どんな深い痛みに直面していたのか、またそれを遥かにしのぐ十字架愛に立たれたのかを思い起こし、この詩篇にあるように、新しい使徒を選出すべきことが神のみこころであることを確信し、イエスの使徒たるにふさわしい者を選ぶ補欠選挙に臨んだのではないか、と思われます。

2.イエスも毒を吐いた?

私たちはイエスが、私たちの罪の赦しのために死んでくださった、それは神の恵みであった、という説教をよく聞くのですが、実際には、その深さをあまりよくわかっていないのかもしれません。というのは、イエスも人間であるというのなら、本来は、「彼の日数はわずかとなり、その務めは他人が取り、子どもたちはみなしごとなり、妻はやもめとなりますように」(8、9節)と毒づきたい弱さを通らされたのに間違いはないからです(ヘブル4:15)。しかし、福音書には、イエスがそのような弱さを通らされても、罪を犯してしまったとも一切書かれてはいません。イエスの十字架の愛は、そのような試練を通り抜けるものがあった、と言えるのです。

3.神の御前に正直である

2節、「邪悪な口」「欺きの口」を私に向けて、とあります。詩人は嘘偽りで封じ込められようとしていました。「憎しみのことば」ということばの暴力にさらされていました。4節「なじる」は、サーターン、悪魔を意味します。「私にサタンとなる」、つまり、法廷で悪魔的な告発者がいることを意味します。しかもそれらは愛への報いです。つまり詩人は恩を仇で返されるような事態にあるのです。まさにイエスの十字架は、そのようなものでしょう。そしてこんな状況にあっては、ただひたすら神に時を委ねるのみです。

ことばを封じることもできないし、巻き返しをはかることもできません。そのような時にどうするのか。傷ついた心を、素直に神に告白するのです。それは、しばしば6-20節のような激しい毒のあることばになるかもしれません。しかし、自分の気持ちを誤魔化し続けても解決はありません。善人ぶって、その裏表のギャップの激しさに今度は苦悩するばかりです。

神の御前で、自分の思いに正直になり、その悩みを差し出し、神のお取り扱いを受けるのでなければ、決して物事は良い方向には向かないでしょう。「あなたの恵みによって、私をお救いください」と、主の深い哀れみに触れて、心整えられる必要があるのです。それは、主が乗り越えられた十字架愛の深さを共有することなのです。では、今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。バビロンを滅ぼした国は、次のどれでしょうか?①アッシリア、②ペルシア、③ギリシア。答えは②ペルシアでした。では今日の聖書クイズです。

次の詩篇の中で「呪いの詩篇」というジャンルに入らないものはどれでしょうか。①詩篇23篇、②詩篇69篇、③詩篇109篇、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Psalm 109: Composing a Curse

1. context and background

 There is a genre of Psalms called “Psalms of Curses. In other words, they are those that curse the wicked and pray for retribution, such as Psalms 35 and 69. As already mentioned, these have the purpose of making a person honest before God and freeing his or her heart spiritually.

If we look at the personal pronouns “he” or “they,” we find that they are structurally divided into three categories: verses 1-5, 6-20, and 21-31. First there is the third person plural “they,” followed by the third person singular “he,” and finally back to the “they” again. There are many different views, but the change to “he” and the singular in verses 6-20, in the middle of the passage, is thought to be in reference to the representative of the wicked people spoken of in verses 1-5.

The apostle Peter, by the way, quotes this Psalm in electing an apostle to replace Judas (Acts 1:20). Then, did Peter see Judas as an evil man and curse Judas? But perhaps not. We should understand that Peter’s intention in quoting this psalm was something much different. Peter must then have realized that this Psalm should be understood as a Messianic Psalm. He must have been reminded of the deep pain that Jesus was facing and the love of the cross that far surpassed it, and he must have been convinced that it was God’s will that a new apostle should be elected, as the psalm says, and he went to the alternate election to choose one who would be worthy to be Jesus’ apostle. It seems that he was convinced that it was God’s will that a new apostle should be elected.

2. did jesus also spit poison?

We often hear the sermon that Jesus died for the forgiveness of our sins, that it was God’s grace, but we may not really understand the depth of it. If Jesus were human, he would have been forced to go through a weakness that would have made him want to curse, “Let his days be few, and his ministry be taken up by others; let his children become slaves, and his wife a widow” (vv. 8, 9) (Hebrews 4:15). However, the Gospels do not say that Jesus went through such weakness or sinned at all. We can say that Jesus’ love of the cross was something that passed through such trials.

3. honest before God

Verse 2, “wicked mouth” and “deceitful mouth” against me. The psalmist was about to be sealed up with a lie. He was being subjected to the verbal violence of “words of hatred.” v. 4, “taunt,” means sartan, the devil. It means “be Satan to me,” i.e., have demonic accusers in court. Moreover, they are retribution for love. In other words, the poet is in a situation of ingratitude. The very cross of Jesus would be like that. And in such a situation, one can only surrender one’s time to God.

We can’t shut down our words, we can’t rewind. What do we do in such a situation? We confess our broken hearts honestly to God. Often it may be in harsh and poisonous words, as in verses 6-20. But there is no solution if we continue to misrepresent our feelings. We can only play the good guy and suffer this time from the intensity of the gap between the two sides of the coin.

Unless we are honest with God about our feelings, offer our concerns, and allow God to deal with them, things will never turn out well. We need to be touched by His deep compassion and be prepared to say, “By Your grace, save me.” It is to share the depth of the love of the cross that the Lord overcame. I pray that you will have a good day today.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. Which of the following countries destroyed Babylon? (1) Assyria, (2) Persia, and (3) Greece. The answer was (2) Persia. Now, here is today’s Bible quiz.

Which of the following Psalms does not fall into the genre of “Psalms of Curses”? (1) Psalm 23, (2) Psalm 69, (3) Psalm 109. See you tomorrow for the answer. I pray that you have a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です