人生💯倍の賛美😊【聖書】詩篇116篇 主を愛することに基づく証

1.文脈と背景

ギリシア語の七十人訳聖書では、先の114篇と115篇が一つになっていました。本篇の116篇は、二つに分けられていて、それぞれ115篇(1-9節)、116篇(10-19節)となっています。(実際には、詩篇9篇と10篇が一つにされていますので、それ以降のずれからすれば114篇、115篇として数えられています)。

日本語の聖書では、七十人訳のような分け方はしておりませんが、確かに、一読してみれば、前半と後半では、明らかにそれぞれのまとまりがあるような感じです。前半では、詩人は死に直面する病と苦しみの中に置かれています。そこから神に祈り、神が救ってくださったことへの感謝を詠っています。後半では、主の救いに恩義を感じた著者が、救い主である神にいよいよ忠誠を果たそうという覚悟のほどを詠っています。前半の経験を踏まえて、後半の神に対する忠誠を詠う流れがあるとすれば、何も七十人訳のように分けなくても、一つの詩篇と見なしてもよいでしょう。

2.ハガペーサ(主を愛する)

まず著者は、1節、「私は主を愛している」2節、「主が、わたしに耳を傾けてくださるので、わたしは生きているかぎり主を呼び求める」と告白します。耳を「傾けてくださる」と訳されたヘブル語は、ナター。リビングバイブル訳では、「身を乗り出して聞いてくださる」です。身を乗り出すとは、積極的です。語っていることに深く注意を向ける、意識をしっかり向けるニュアンスが伝わってきます。箴言では、「わが子よ。注意して私のことばを聞け、私の言うことに耳を傾けよ」(4:20)にナターが使われています。しっかり聞きなさいということでしょう。大切なことは、神は私たちのことばにしっかり心を向けられる、しっかり関わって聞いてくださる、だから主を呼び求めよう、となるのです。

この時詩人は、死に直面し、悲しみのどん底に突き落とされていました。そして、4節「主よ、どうか私のいのちを助け出してください」と神を呼び求めました。誰も助けにならない状況を感じながら(11節)、詩人はただ神に助けを求めたのです。そして、神は救い出してくださいました。確かに助けてくださった神に、なんとお礼を申し上げたらよいものか、神への恩義が語られ、そこから後半へとつながっていくのです。

3.エピステーサ(私は信じる)

後半のはじめ、10節、パウロは第二コリント人への手紙4:13にこれを引用しています。おそらくパウロも、死に直面する中で、神に祈り求め、いのちに与る恵みを経験したのでしょう。神の恩義を深く感じたパウロは、この詩篇116篇を思い起こし、この詩人のように自分の誓いを果たす思いを篤くし、この言葉を引用した、というわけです。私は、神を信じる、そして神に受けた恩義を忘れず自分の誓いを果たそう、と(14、18節)。

この詩人にとって、誓いを果たすことは、具体的に何であるかはよくわかりません。しかし、パウロにとって誓いを果たすとは、和解の務めを全うすることに他ならないと言えます。パウロは、あらゆる人々が、自分が受けた神の恵みを、同じように味わい知ることを求める人々であり、そのように、神の恵みが広く伝えられる宣教活動によって、神への恩返しを考えたと言えます。パウロは、コリント人への手紙の中で「私たちは自分自身を宣べ伝えているのではなく、主なるイエス・キリストを宣べ伝えています(5節)」と語りました。つまり、彼は自分を宣伝しようとしているのでも、自分の思想を言い広めようとしているのでもなく、神を味わい知った自らの経験、神を信じることの素晴らしさを語ろうとしました。それは、主に愛され、主を愛するという経験の中で、起こってきたモチベーションでした。宣教は、キリスト教教理の喧伝ではありません。それは、神の恵みを深く味わい知ることから出て来る、自然な証しなのです。では、今日も、よき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ヨルダン川の最も北側にある湖は、何湖でしょうか?①フーレ湖、②ガリラヤ湖、③死海。答えは①フーレ湖です。ヨルダン川の四つの水源の一つ、ナハル・バニアスから約64キロのところにある、長さ6.4キロほどの湖です。現在は、大部分が干拓され、野生動物の保護地域となっています。

では、今日の聖書クイズです。神の誓いで保証とされないものはどれでしょうか?①聖(聖にかけて誓う)、②いのち(いのちにかけて誓う)、③手(手にかけて誓う)。答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Psalm 116: A Testimony Based on Loving the Lord

1. context and background

In the Greek translation of the Bible of the Septuagint, the earlier Psalms 114 and 115 were combined into one. This Psalm 116 is divided into two parts, Psalm 115 (vv. 1-9) and Psalm 116 (vv. 10-19), respectively. (Actually, Psalms 9 and 10 were combined into one, so they are counted as Psalms 114 and 115 from the shift after that).

The Japanese Bible does not divide the verses in the same way as the Greek translation of the Septuagint, but certainly, upon first reading, there is a clear sense of coherence between the first half and the second half of each. In the first half, the poet is placed in the midst of illness and suffering, facing death. From there, he prays to God and composes a poem of thanksgiving for God’s deliverance. In the second half, the author, who feels indebted to the Lord for his salvation, composes a poem about his determination to finally fulfill his allegiance to God as his Savior. Based on the experience of the first half of the psalm, the second half of the psalm is about the author’s allegiance to God.

2. hagapesa (love the Lord)

First, the author confesses in verse 1, “I love the Lord,” and in verse 2, “I will call on the Lord as long as I live, because he listens to me. The Hebrew word translated “inclines” the ear is nater. The Living Bible translation is “He leans forward to listen. Leaning forward is active. It conveys a nuance of deep attention to what is being said and a firm focus of awareness. Proverbs says, “My son, listen to my words with attention. Listen carefully to my words, and give ear to what I say” (4:20). I suppose it means listen carefully. The important thing is that God is attentive to our words, that He is involved and listens, so let us call out to Him.

At this time, the psalmist was facing death and was in the depths of grief. He called out to God in verse 4, “Lord, please save my life. Feeling that no one could help him (v. 11), the psalmist simply asked God for help. And God did rescue him. How can I thank God for rescuing me?

3. epistlesa (I believe)

At the beginning of the second half, verse 10, Paul quotes this in 2 Corinthians 4:13. Perhaps Paul, too, in the face of death, prayed to God and experienced the grace of being given life. Paul, deeply moved by God’s favor, recalled Psalm 116 and, like the psalmist, was deeply moved to fulfill his vow, quoting these words. I believe in God, and I will not forget the favor I have received from God and fulfill my vow (vv. 14, 18).

It is not clear what exactly fulfilling a vow is for this psalmist. But we can say that for Paul, the fulfillment of a vow is nothing less than the fulfillment of the ministry of reconciliation. Paul was a man who wanted all people to taste and know the same grace of God that he had received, and as such, he saw repayment to God through missionary work in which God’s grace could be widely shared. In his letter to the Corinthians, Paul said, “We do not proclaim ourselves, but the Lord Jesus Christ (v. 5).” In other words, he was not trying to promote himself or spread his own ideas, but to speak of his own experience of tasting and knowing God and the beauty of believing in Him. It was a motivation that occurred in the experience of being loved by the Lord and loving Him. Mission is not a clamor for Christian doctrine. It is a natural testimony that comes from a deep appreciation and knowledge of God’s grace. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. What is the northernmost lake of the Jordan River? (1) Lake Hule, (2) Lake Galilee, and (3) the Dead Sea. The answer is (1) Lake Hule. It is a lake about 6.4 km long, located about 64 km from Nahal Banias, one of the four sources of the Jordan River. Today, most of it has been reclaimed and is now a protected wildlife area.

Now for today’s Bible quiz. Which of God’s oaths is not considered a guarantee? (1) Holy (swear by the Holy), (2) Life (swear by the Life), and (3) Hands (swear by the Hands). See you tomorrow for the answer. Then, I wish you a good day today.

“人生💯倍の賛美😊【聖書】詩篇116篇 主を愛することに基づく証” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です