人生💯倍の賛美😊【聖書】詩篇127篇 神に信頼する幸

1.文脈と背景

この詩篇が語っていることを要約すると、それは、私たち自身の幸せ、そして家族の幸せは、皆、神が備えてくださるものだ、となるのではないでしょうか。人の幸せは神様次第、すべては神の哀れみにかかっている、ということです。

この詩を詠ったのは、古代イスラエルの王ソロモンです。彼は、伝道者の書の著者でもあります。そこでは、「空の空、すべては空」と人生の空しさを説いています。1節の「むなしい」に使われたヘブル語の原語は、伝道者の書のそれとは異なっていますが、言っていることは、同じです。

どんなに成功してもむなしいという人間社会の現実があるものです。というのも、たとえば、人は成功して、莫大な財産を得たとしても、それを永遠に所有することはできません。死ぬときには、それらの富を一切合切置いて行かなくてはならないのです。しかも、後継者がそれを大切に活用するかなど、全くわからないのです。また人生には、努力しても報われない、不条理な出来事は多いものです。散々苦労して、ようやく報われたと思った矢先に、突如病に伏す、あるいは不慮の事故に遭遇する、そして人生が終わってしまう人もいます。人に、自分の将来を予測することはできません。全くもってむなしいことだらけだと、ソロモンは語っていますが、ここでは、そのような不条理に満ちた人生において優先されるのは神のみこころである。神を勘定にいれない人生、全くもってむなしいの一言だ、と語るのです。

2.眠りを与える

かつてイエスは言われました。「なぜ着る物のことで心配するのか。野の花がどうして育つのか、よく考えなさい。働きもせず、紡ぎもしません。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも装っていません。今日あっても明日は炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこのように装ってくださるのなら、あなたがたには、もっと良くしてくださらないでしょうか。まず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはすべて、それに加えられます」(マタイ6:28-33)

神のみこころをよく理解することです。神は私たちに、熱心さを期待されはしても、無駄な骨折りは望んでおられません。神は私たちに怠惰は期待されてはいないとしても、適度に休むことは望んでおられます。神は私たちが与えられたものを楽しみ、それによって自然に実を結び、幸せを味わうことを願っておられるのです。主は、愛する者に、安らかな眠りを与えてくださる方、神の慈愛を信じることです。

2.人を大事にする

そして、神の賜物として何よりも大切にすべきは人です。3節以降、これは一見、子を産んだ人間の将来は安心だ、と語っているように聞こえます。しかし、これは「都上りの歌」巡礼歌です。エルサレムへ向かう巡礼の旅に、神を愛する民と肩を並べて歩む中で歌われたものです。しかもソロモンがこれを詠ったのはどうやら晩年です(4節)さらに結論は、「彼らは、門で敵と論じるとき、恥を見ることがない」です。新共同訳では、「町の門から敵を追い払うときも、恥を受けることはない」です。つまり、この箇所は、単純に子を設けることが幸いだと言っているのではないのでしょう。そもそも、イスラエル民族の出発点であったアブラハムは、矢筒に一本の矢もありませんでした。そして、その矢が満たされる可能性もなく、人生は過ぎ去ろうとしていました。しかし、神の大いなる哀れみと契約に対する誠実さの故に、その矢筒に一本の矢が与えられ、それが12本の矢となり、やがて星空のごとき数多きイスラエルの民が生まれました。こうして家族のみならず、独身者も含め、様々な巡礼者と共に肩を並べてエルサレムに向かう、毎年繰り返される巡礼の旅。その満たされた感覚の中で、やはり大切なのは人だ、となるのではないでしょうか。私たちの未来は、すべて神次第である、そして人を大事にすることである。その営みの中に自然と結ばれた幸せを味わって歩みたいものです。では、今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。今日、シオンの丘と呼ばれる地域にあるものはどれでしょうか?①ダビデの墓、②嘆きの壁、③聖墳墓教会。答えは、①ダビデの墓でした。現在シオンの丘と呼ばれるところは、旧市街地の西南、城壁外にあり、他に最後の晩餐の2階の部屋、眠れるマリヤの教会などがあります。では、今日の聖書クイズです。ネゲブの南端の境界を決めるのは、エジプト川です。では、北端を決める地点はどれでしょうか?①ベエル・シェバ、②ヘブロン、③エルサレム、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Pt. 127: Happiness in Trusting God

1. context and background

If we were to summarize what this Psalm is saying, it would be that our own happiness, and that of our families, is all provided by God. It means that one’s happiness depends on God, and everything depends on God’s compassion.

The psalmist who composed this poem was Solomon, king of ancient Israel. He was also the author of Ecclesiastes. The original Hebrew word used for “vain” in verse 1 differs from that in Ecclesiastes, but the point is the same.

The reality of human society is that no matter how successful we are, we are still empty. For example, even if a person becomes successful and acquires a great deal of wealth, he cannot possess it forever. When they die, they must leave all of their wealth behind. Moreover, we never know whether our successors will make good use of it. There are also many absurd events in life that do not reward hard work. Just when you think you have finally been rewarded for your hard work, you suddenly fall ill or have an unexpected accident, and your life comes to an end. One cannot predict one’s future. Solomon says that there are so many things that are utterly frustrating, but here, it is God’s will that takes precedence in such an absurd life. A life that does not take God into account is a completely futile life.

2. giving sleep

Jesus once said, “Why do you worry about what you wear? Consider how a flower in the field grows. They neither work nor spin. Even Solomon, in all his glory, did not dress himself as well as one of these flowers. If God can dress even the grass of the field, which today is there and tomorrow will be thrown into the furnace, in this way, can He not do better to you? Seek first the kingdom of God and His righteousness. Then all these things will be added to it” (Matthew 6:28-33).

We must understand God’s will well. God expects us to be diligent, but He does not want us to waste our time and effort. He does not expect us to be lazy, but He does want us to rest reasonably well. God wants us to enjoy what He has given us, to be naturally fruitful in it, and to taste happiness. The Lord is the one who gives restful sleep to those whom He loves, trusting in God’s merciful love.

2. cherish others

From verse 3 onward, it sounds at first glance as if it is saying that the future is secure for those who have borne children. However, this is a pilgrim song, “Song of the Ascent. It was sung as he walked shoulder to shoulder with God-loving people on their pilgrimage to Jerusalem. Moreover, Solomon apparently composed this in his later years (v. 4) and further concludes, “They shall see no shame when they argue with their enemies at the gate.” The New Common Translation is, “Nor do they suffer shame when they drive away their enemies from the gates of the city.” In other words, this passage is probably not simply saying that it is blessed to have children. In the first place, Abraham, the starting point of the Israelite nation, did not have a single arrow in his quiver. And life was about to pass him by without the possibility of that arrow being filled. But because of God’s great compassion and faithfulness to His covenant, an arrow was given to his quiver, which became 12 arrows, and soon the people of Israel, as numerous as the stars in the sky, were born. Thus, the pilgrims, not only families, but also single people, head shoulder to shoulder with various pilgrims to Jerusalem, a pilgrimage that is repeated every year. In that sense of fulfillment, I believe that it is the people who are important. Our future depends entirely on God, and on taking care of people. I hope we can enjoy the happiness of being united with nature in this activity as we walk forward. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. Which of the following is located in the area called the Hill of Zion today? (1) David’s tomb, (2) the Wall of Sorrows, and (3) the Church of the Holy Sepulcher. The answer was (1) David’s tomb. What is now called Zion’s Hill is located outside the city walls, southwest of the Old City, and includes the second-floor room of the Last Supper, the Church of the Sleeping Mary, and others. Now for today’s Bible quiz. The Egyptian River determines the southern boundary of the Negev. Which, then, is the point that determines the northern boundary? (1) Beersheba, (2) Hebron, (3) Jerusalem, and the answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

“人生💯倍の賛美😊【聖書】詩篇127篇 神に信頼する幸” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です