人生💯倍の賛美😊【聖書】詩篇68篇 勝利の凱旋の歌

1.背景

 旧約聖書の中で最も壮大な勝利の歌の一つとされるものです。背景には2サムエル記6:2-18の出来事があったとされます。つまり、神の箱をオベデ・エドムの家からダビデの家へと運ぶ際に歌う歌として作られた考えられています。おそらくダビデは、モーセが契約の箱を移動させた時の記録を読み返しながら、これを作ったことに間違いありません。実際1節は、民数記10:35「主よ、立ち上がってください。あなたの敵が散らされ、あなたを憎む者が、御前から逃げ去りますように」と、モーセが契約の箱を移動させるときに宣言したことばの引用です。そして7-10節は、神が、荒野から約束の地へとイスラエルの民を導かれたこと、11-14節は、カナンの地を征服させてくださったこと、そして15-18節は、約束通り、神の箱がシナイからシオンの山の頂に到着したことを回想するものです。ことに、15-18節は民数記10:36においてモーセが、契約の箱がとどまる際に語ったことば「主よ、お帰りください。イスラエルの幾千幾万もの民のもとに」に呼応する内容です。お帰りくださいという願いではなく、そこに住まわれる!という宣言になっているのです。そして、19節以降、住まわれる神を仰ぎ、神の尊厳を祝う礼拝の恵みが語られていきます。つまりこの詩篇は、出エジプトからカナンへの大移動という、イスラエルの歴史的出来事の完結を喜び祝っているのです。

2.新約聖書の解釈

 新約聖書において、パウロは18節をエペソ人への手紙4:8に引用しています。そしてパウロは、まず、キリストが地の低い所に下られたこと、つまりこの地上に降誕し、下々の人生を歩み、十字架で死に、さらによみの深みに下り、そこから、天の神の右の座に昇られた出来事を、読者に思い起こさせています。そのキリストが今や一切の権威を手にし、私たちの世界を統べ治めておられる、と言います。そして、多くの捕虜を引き連れ、凱旋し、私たちには賜物を与えてくださった、と言います(2コリント2:14、コロサイ2:15)。パウロは、キリストの受難と復活による、神の贖いの計画の完成とその喜びを、ダビデが詠ったイスラエルの歴史的な完成と重ねているのです。

となれば、この詩篇、私たちにとっても重要なものです。実際、パウロの解釈は、キリスト教会に定着し、キリスト教会では、ユダヤ教で収穫祭、七週の祭で用いて来たこの詩篇をペンテコステのための詩篇として用いてきています。

ただし、実際的なことを言えば、その勝利はキリストにあっては完結していても、私たちにおいては、まだ完結してはいません。私たち自身は、まだ天の御国を完全に勝ち取っているわけではないのです。この世にいのちある限り、私たちは「神は必ず敵の頭を打ち砕かれる」(21節)という確信を持って、さらに先に進まなくてはなりません。ですからこの詩篇は、神の勝利を歌うと同時に、その完成を心待ちにして、勝利の戦いを重ねるために歌われる歌でもあるのです。

3.勝利を与えられる主 

そこで大事なことは、私たちの主は「重荷を担われる方」であることを思い起こすことです。イザヤは、バビロンの偶像とイスラエルの神を比較し、偶像は民の重荷となるが、イスラエルの神は、民の重荷を担われるお方であると明言します(イザヤ46:1-4)。

私たちはその方にあって勝利するのです。この世にあって、私たちは今なお試練の中にあるものでしょう。私たちの悩みは尽きませんし、まだまだ戦いも続きます。しかし、神は、私たちの重荷を共に担ってくださるお方です。大切なのは、迷い無く私たちの心の思いをあるがままに告げ、力の及ばぬところを、神に委ね、神の助けを得ることです。また、この詩篇に散りばめられた、主の諸相を覚えることでしょう。主は、「みなしごの父、やもめのためのさばき人」(5節)です。そして救いの神(20節)であり、雲に乗って来られる方(4節)」「いにしえから、天の天を御される方」(30節)です

34節「神の力を認めよ」とあります。礼拝の中心は、神を認めることにあります。神にこそ、「力と勢い」があり、その神が礼拝において、私たちにそれを分け与えてくださるのです。感謝と賛美を主に献げましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。パレスチナで大麦の収穫期に祝われるのが過ぎ越しの祭り、では小麦の収穫期には何の祭りが祝われるでしょうか?①七週の祭り、②仮庵の祭り、③プリムの祭り、答えは、①七週の祭りでした。大麦の収穫期に過ぎ越しの祭り(申命16:1)、小麦の収穫期に七週の祭り(申命16:9-10)、そしてブドウの収穫が終わると仮庵の祭りが祝われました(レビ23:34)。では、今日の聖書クイズです。エドムとモアブを分ける、エドムの北側の境界にある川の名前はなんでしょうか?①ゼレデ川、②ヤボク川、③アルノン川、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Psalms68

1. background

 This is considered one of the most magnificent victory songs in the Old Testament. The background is believed to have been the events of 2 Samuel 6:2-18. In other words, it is believed to have been composed for the procession of the ark of God as it was moved from the house of Obed-Edom to the house of David. David no doubt made this while reviewing the record of Moses’ moving of the ark of the covenant. In fact, verse 1 is a reference to Numbers 10:35, “Rise up, LORD, May your enemies be scattered; may your foes flee before you.” a quotation from the words Moses declared as he moved the ark of the covenant. Verses 7-10 recall God’s leading the Israelites from the wilderness to the Promised Land; verses 11-14 recall God’s allowing them to conquer the land of Canaan; and verses 15-18 recall the arrival of the ark of God from Sinai to the top of Mount Zion, as promised. In particular, verses 15-18 recall the words of Moses in Numbers 10:36, when the ark of the covenant was to stay: “Return, Lord, to the countless thousands of Israel.” It is not a request to return home, but a declaration that He will dwell there! And from verse 19 onward, the psalmist speaks of the grace of worship that exalts the God who dwells and celebrates the dignity of God. In other words, the psalmist joyfully celebrates the completion of Israel’s historical event, the great migration from Exodus to Canaan.

2. interpretation of the New Testament

 In the New Testament, Paul quotes verse 18 in Ephesians 4:8. Paul reminds his readers of the event of Christ’s descent to the lower places of the earth, that is, His birth on earth, His lower life, His death on the cross, His descent to the depths of darkness, and His ascension from there to the right hand of God in heaven. He says that Christ now has all authority and rules over our world. He says that He has taken many captives, returned triumphant, and given us gifts (2 Corinthians 2:14; Colossians 2:15). Paul is superimposing the completion of God’s plan of redemption through Christ’s Passion and Resurrection and his joy in it on the historical consummation of Israel as recited by David.

This Psalm, then, is important for us as well. In fact, Paul’s interpretation has taken root in the Christian church, which has used this Psalm for Pentecost, as it was used in Judaism for the harvest festival and the Feast of Weeks.

Practically speaking, however, while the victory is complete in Christ, it is not yet complete in us. We ourselves have not yet fully won the Kingdom of Heaven. As long as we have life in this world, we must go further, confident that “God will surely crush the heads of our enemies” (v. 21). Therefore, this Psalm is a song of God’s victory, and at the same time, it is a song that is sung in order to build up the victorious battle, looking forward to its completion.

3. the Lord who gives us victory 

It is important, then, to remember that our Lord is “the Burden Bearer. Isaiah compares the idols of Babylon to the God of Israel, clearly stating that idols are a burden to the people, but the God of Israel is the one who bears their burdens (Isaiah 46:1-4).

In Him we will triumph. In this world, we may still be in the midst of trials. Our troubles are endless and our battles continue. But God is the one who carries our burdens with us. The important thing is to tell God the thoughts of our hearts without hesitation, to entrust to Him what is beyond our control, and to ask for His help. We should also remember the aspects of the Lord that are scattered throughout the Psalms. The Lord is “the father of the meek and the judge of widows” (v. 5). He is “the God of salvation (v. 20), who comes in the clouds (v. 4),” and “from of old, who is the heaven of heavens” (v. 30).

Verse 34: “Acknowledge the power of God.” The heart of worship is to acknowledge God. It is in God that there is “power and vigor,” and it is He who shares it with us in worship. Let us give thanks and praise to the Lord. I pray that you have a good day today.

<Quiz Corner>

First, yesterday’s quiz. In Palestine, Passover is celebrated during the barley harvest,

What festival is celebrated during the wheat harvest? The answer is (1) the Feast of the Seven Weeks, (2) the Feast of the Hermitage, (3) the Feast of Purim, and the answer is (1) the Feast of the Seven Weeks. The Passover was celebrated during the barley harvest (Deut. 16:1), the Feast of Weeks during the wheat harvest (Deut. 16:9-10), and the Feast of Booths after the grape harvest (Lev. 23:34). Now for today’s Bible quiz. What is the name of the river on the northern border of Edom that separates Edom from Moab? (1) Zerede River, (2) Jabok River, (3) Arnon River. The answer will be given tomorrow. Then I wish you a good day.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です