人生💯倍の賛美😊【聖書】詩篇79篇 あなたの偉大な愛によって

1.背景

1節「神よ。国々は、あなたのゆずりの地に侵入し、あなたの聖なる宮を汚し、エルサレムを瓦礫の山としました。彼らは、あなたのしもべたちの屍を、空の鳥の餌食とし、あなたにある敬虔な人たちの肉を、地の獣に与え、彼らの血を、エルサレムの周りに、水のように注ぎ出しました。彼らを葬る者もいません。」(1-3節)ユダヤの伝承によると、この詩篇と137篇は、アブの月の9日に朗誦されます。アブの月は、ユダヤ暦第5の月で、太陽暦の7-8月にあたります。その9日は、五つの悲劇が起きた最も悲しい日と位置づけられています。その一つに、バビロン捕囚があり(実際には、第5の月の7日に起こっているため(2列王25:8,9)、この詩は、詩篇74篇と同様に、バビロンに征服されたエルサレムの惨状について語っていると考えられてきました。都市は瓦礫の山となり、多くの住民が虐殺され、死体を葬る者もない。それらは野ざらしとなり、鳥や獣のえじきとなっている。何という光景でしょう。あまりにも不気味で、悲惨。なぜ神はこんなことを許されるのか、詩人は詠い始めます。

2.神の怒りの前に

5節、詩人は、その惨状を神の裁きであったと告白します。つまり、この惨状を目の当たりにして、詩人は、自分たちの神への背信を認めざるを得なかったのです。しかし神の怒りは、実に激しいものがあります。神に背いたことは決定的な破壊をもたらしました。それは望みすら焼き尽してしまうものでした。そこで普通は、なおも神に望みを抱こうなどありえない、と思わされるものでしょう。もはや滅びるほかはない。自分に祝福など残されてはいない。実際、求めるものなど一欠けらもない程に激しく痛めつけられたのです。

しかし、人はいのちある限り、望みを持ちたいものです。神がほんの少しでも哀れみを示されるならば、それに縋りたいと思うものでしょう。実際のところ聖書の神は、あなたが思うような神ではないのだ、と詩人は教えるのです。たとい「ひどくおとしめられている」(8節)と思わされることがあっても、いのちある限り人は神に回復を求めることができるのだ、と語り掛けてくるのです。たとえ回復される望みを抱く根拠が、自分の側には何もないとしても、人は自分の人生を投げ出してはならないのです。それは卑しい根性かもしれませんが、神はその卑しさを拒まれません。詩人は祈っています。9節「私たちの救いの神よ。私たちを助けてください。御名の栄光のために。私たちを救い出し、私たちの罪をお赦しください。御名のゆえに」神は、ご自分の栄光の御名がそしられないため、人に哀れみを拒まれないと言います。神はあわれみ深い方という評判のお方であり、その評判がそしられないためには、あわれみを留めることができないからです。神が哀れみを拒まれることは、神の沽券にかかわることなのです。

3.命ある限り神に哀れみを乞う

神は、罪を裁かれるお方ですが、その本質においてあわれみ深い神です。悔い改め、主に寄り縋る者を拒まれません。ですから人が悔い改めて真に神に向き直るならば、神は、周囲のあざけりを取り消すように働いてくださいます。8節「あなたのあわれみが、速やかに私たちを迎えるようにしてください」10節「あなたのしもべたちの、流された血の復讐が、私たちの目の前で、国々に果たされますように。」厚かましく思われようとも、人は神に向かって声を上げ祈らねばなりません。神はあわれみ深いのですから。そして11節「死に定められた人々を、生きながらえさせてください」、と定められているものを、そうではないものとしてくださるように、祈らねばならないのです。誰もが、当然のことと見なす結末を、そうではないもののようにする。それは、あわれみふかく、天地をお造りになった万能の神がおられればこそです。無から有を生み出し、あるものを無いもののようにされる神がおられればこそです。

悔い改める罪人に、回復と感謝の機会を得させて下さる神を覚えたいものです。そして最も悲しい日に、最もあわれみ深く対処してくださる神を覚え、神に求めて歩ませていただきましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。詩篇の中で最も長い詩篇は何篇になるでしょうか?①23篇、②78篇、③119篇、答えは③詩篇119篇でした。では、今日の聖書クイズです。へブル暦でニサンの月は、カナン暦で何と呼ばれているでしょうか?①アビブの月、②アブの月、③アダルの月、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Psalm 79 By Your Great Love

1. background

Verse 1: “O God! The nations have invaded the land that you have yielded, they have defiled your holy temple, they have made Jerusalem a heap of rubble. They have made the corpses of your servants prey for the birds of the air; they have given the flesh of the pious in you to the beasts of the earth; they have poured out their blood like water around Jerusalem. And there is none to bury them.” (vv. 1-3) According to Jewish tradition, this psalm and Psalm 137 are recited on the ninth day of the month of Ab. The month of Abu is the fifth month of the Jewish calendar, corresponding to the seventh and eighth months of the solar calendar. The ninth day of the month is regarded as the saddest day of the five tragedies that took place. One of them was the Babylonian Captivity (which actually occurred on the seventh day of the fifth month (2 Kings 25:8, 9)), and this psalm, like Psalm 74, has been thought to speak of the devastation of Jerusalem after its conquest by Babylon. The city is a heap of rubble, many of its inhabitants have been slaughtered, and there is no one to bury the dead. What a scene! It is so macabre, so tragic. Why does God allow this to happen, the poet begins his poem.

2. before the wrath of God.

In verse 5, the psalmist confesses that the devastation was God’s judgment. In other words, seeing the devastation, the psalmist was forced to admit their disobedience to God. But God’s wrath is indeed fierce. Disobedience to God has brought decisive destruction. It even consumes hope. One would normally think, “How can we still have hope in God? There is no other way but to perish. There is no blessing left for me. In fact, he had been so severely wounded that there was nothing left for him to seek.

But as long as we have life, we want to have hope. If God shows us even the slightest bit of compassion, we want to cling to it. In fact, the psalmist tells us that the God of the Bible is not the God you think he is. He reminds us that even though we may feel “terribly wretched” (v. 8), as long as we have life, we can look to God for restoration. One should not throw away one’s life, even if there is no reason on one’s part to have any hope of being restored. It may be a lowly spirit, but God does not reject that lowliness. The psalmist prays, v. 9: “O God of our salvation! Save us, O God of our salvation. For the glory of Your name. Deliver us and forgive us our sins. God says that He does not refuse mercy to men because His glorious name is not dishonored. For God is of a reputation of being merciful, and in order for His reputation not to be defamed, He cannot withhold His mercy. It is a matter of God’s reputation that He refuses to be merciful.

3. ask god to have mercy on you as long as you live

God is a God who judges sin, but He is merciful in His very nature. He does not reject those who repent and cling to Him. Therefore, if one repents and truly turns to God, He will work to undo the mockery around him. v. 8 “Let your mercy come to us quickly,” v. 10 “that the vengeance of the blood of your servants, which was shed, may be exacted on the nations before our eyes. . in our sight.” However presumptuous it may seem, one must lift up one’s voice to God and pray. God is merciful. We must pray that He will make what is predestined to be so, and that He will make what is not so. Let the end, which everyone takes for granted, be what it is not. This is because there is a merciful and all-powerful God who created the heavens and the earth. It is only with God who creates something out of nothing and makes what is as if it were something that is not.

Let us remember the God who gives repentant sinners the opportunity for restoration and thanksgiving. Let us also remember the God who deals most mercifully with us on our saddest days, and let us walk seeking Him. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. What is the longest Psalm in the Psalter? (1) Psalm 23, (2) Psalm 78, and (3) Psalm 119. The answer was Psalm 119. Now, here is today’s Bible quiz. What is the month of Nisan in the Hebrew calendar called in the Canaanite calendar? (1) The month of Abib, (2) The month of Abu, (3) The month of Adar, and the answer will be given tomorrow. I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です