人生💯倍の賛美😊【聖書】詩篇88篇 主は最善を成す

1.救いのない詩

 表題は、「歌。コラ人の賛歌」「指揮者のために。マハラテ・レアノテの調べに合わせて」「エズラフ人ヘマンのマスキール」と三つあります。それだけ様々な機会に用いられた重要な詩であったのでしょう。ダビデの時代に、レビ族の楽長であるサムエルの孫ヘマンがいました。またソロモンの時代にも同名の賢人がいました(1列王4:31)。いずれを指すのか、あるいは、別人なのか、わかっていません。

この詩篇は一読、解放感がありません。詩人は、救いようのない苦悩の叫びと嘆きに陥っています。詩篇の中で最も悲哀に満ちた詩とする者もいます。恐らくヘマンは、何かしらの苦悩の内にあったのでしょう。ヘマンは何度も叫び祈っています。1節「昼、夜も」、9節「あなたを呼び求めています。あなたに向かって両手を指し伸ばしています」13節「朝開けに」と、彼はずっと懇願し続け、その中に絶望的な思いを吐き加えています。つまり自分が死に瀕し、復帰できない状況にあることを繰り返し語っています(4節、10節)。さらに親友からも見捨てられ、孤立無援の状態にあること(8節、18節)。そして神からの答えも解放もなく、この状態で死の世界にまで引きずり込まれるのではないか、という恐怖感すら残しながら、詩は途切れてしまうのです。注目すべきは、詩人が、この状態のすべての背後に、神の怒りを感じていることです(7節)。確かに、私たちに起こるすべてのことは、神のみこころのうち、神が私たちに不幸も、病も許されるわけだとすれば、それはなぜ、なぜ神はそこまで私にひどいしうちをと思うところでしょう。

2.単純ではない賛美

この詩篇の表題は、「賛歌」とされていますが、普通に期待する賛美も、信仰も表明されていません。ただそれは神に毒づく祈りです。そして、この詩人は今の不幸に加えて、さらにこれまでの数々の不幸を思い起こしているのです(15節)。自分は思い返せばずっと不幸だった、と言うかのようです。このような、神に毒づくだけの詩が、それでも賛歌として愛称され、様々な機会に読まれてきたことの意味は何なのか、皆さんはどのように考えるでしょうか。

私は、やはり信仰は綺麗ごとではない、ということを語っているのだと思います。罪の世の現実の中で、人は様々な形で神に裏切られたような思いになることがあるものです。「神様に委ねましょう、神様がよくしてくださるから」と言われても、「そんなの嘘だ」と思うような時だってあるのです。そのような時にこの詩篇は、私たちが正直になることを許しているのです。つまり、信仰者として、苦難があっても私は大丈夫です、と突っ張って生きなくてもよいことを教えているのです。心は悲しみと絶望でめちゃめちゃなのに、そんなことをおくびにも出さず、声高らかに楽し気に歌う、そんな偽善的な振る舞いをしなくてもよい、と言っているのです。最も深い悲痛を、ありのままに神に向けて叫ぶ、それは、不信仰ではなく、逆に信仰の証です。神の最善になおも希望を捨てきれない行為なのです。神への憤りがあっても、神を信頼する者にとっては、それが賛美への出発点なのです(詩篇76:10)。

9.11同時多発テロ事件の際には、米国の多くの教会の礼拝でこの詩篇88篇が朗読されたと聞きます。あの時、貿易センタービルの崩壊を見ながら、神に感謝し、賛美の声をあげ、私はこのようなテロリストを愛します、彼らの救いを祈りますなど、誰にも思えなかったはずです。誰もが深い憤りと怒りを感じたことでしょう。そして神の愛に立つ信仰者であれば、神に向かって叫び続け、神に泣きつくことをよしとしたはずです。テロリストへの救いを祈る祈りも、テロリストに対する怒りと憤りを抜きには語れないのです。ありのまま、心に偽らずに、正直に神に向かい合っていく、そしてまことの賛美を与えられていく、神に生きるということはそういうことです。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ラハブは、ヨシュア記に出て来る、イスラエル人を庇った女性の名前ですが、聖書では、象徴的にどんな意味で使われているでしょうか?①エジプト、②バビロン、③アッシリア。答えは①エジプトでした(詩篇87:4、89:10、イザ30:7)。では今日の聖書クイズです。クシュは、一般的にどの地域を指すことばと理解されているでしょうか?①エチオピア、②アッシリア、③アラビア、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Psalm 88: The Lord Does What He Does Best

1. a psalm without salvation

 The titles are “Song. Hymn of the Korahites,” “For the Conductor. To the tune of the Maharate Leanote,” and “Maskil of Heman the Ezrafite,” and there are three others. It must have been such an important poem that it was used on various occasions. In the time of David, there was Heman the grandson of Samuel, the chief musician of the tribe of Levi. There was also a sage of the same name in Solomon’s time (1 Kings 4:31). It is not known which of these he refers to, or whether he is a different person.

This Psalm, on first reading, is not liberating. The psalmist is plunged into a cry of unrelieved anguish and lamentation. Some consider it the most sorrowful psalm in the Psalter. Perhaps Heman was in some kind of anguish. Many times Heman cries out and prays: verse 1, “Day and night,” and verse 9, “I call out to you. He keeps pleading, “I stretch out my hands to You,” v. 13, “Open the morning,” and he adds despair to his plea. In other words, he repeatedly talks about how he is on the verge of death and cannot return (vv. 4, 10). He is also abandoned by his best friends, leaving him in a state of isolation (vv. 8, 18). The poem then breaks off, leaving us with no answer or release from God, and even a sense of fear that we may be dragged into death in this state. It is noteworthy that the poet feels God’s wrath behind all this state of affairs (v. 7). Indeed, if God is counting all that happens to us as being in His will, and if God allows us to be unhappy and ill, then why, one might ask, has God been so terrible to me?

2. uncomplicated praise

The title of this psalm is “A Psalm of Praise,” but it does not express the praise or faith that one would normally expect. It is simply a prayer that poisons God. And in addition to his current misfortune, the psalmist recalls his many previous misfortunes (v. 15). It is as if to say, “I have always been unhappy when I think back. What do you think is the meaning of the fact that such a psalm, which is only a poison to God, has been loved as a hymn and read on various occasions?

I think it is saying that faith is not a pretty thing. In the reality of the world of sin, one can feel betrayed by God in various ways. Even if someone says, “Let’s leave it to God and He will take care of it,” we may still think, “That’s not true. At such times, the psalmist allows us to be honest. In other words, it teaches us that as believers, we do not have to stand firm and say, “I will be okay in spite of my affliction. We do not have to act hypocritically, singing loudly and joyfully, not showing our sorrow and despair, even though our hearts are a mess. To cry out to God in the deepest sorrow, as it is, is not unbelief, but on the contrary, it is a sign of faith. It is an act of not giving up hope for God’s best. For those who trust God, even though they are angry with Him, it is the starting point to praise (Psalm 76:10).

I have heard this Psalm 88 read at many church services in the United States during the 9/11 attacks. At that time, while watching the Trade Center buildings collapse, no one could have thought to thank God, to shout praises, to say I love these terrorists, to pray for their deliverance, and so on. Everyone must have felt deep indignation and anger. And any believer standing in the love of God would have done well to keep crying out to God and crying out to Him. Prayers for deliverance from terrorists cannot be said without anger and resentment toward them. To live in God means to face God honestly, as we are, without pretense, and to be given true praise. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. Rahab is the name of the woman who protected the Israelites in the book of Joshua. (1) Egypt, (2) Babylon, and (3) Assyria. The answer was (1) Egypt (Ps. 87:4, 89:10, Isa. 30:7). Now for today’s Bible quiz. Which region is Cush generally understood to refer to? (1) Ethiopia, (2) Assyria, (3) Arabia. I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です