人生100倍の知恵【聖書】伝道者の書(コヘレトの言葉)1章 人生は無意味だ

 今日から伝道者の書に入ります。

1.伝道者の書について

 書名は、ヘブル語聖書の冒頭のことば、ディベレイ・コヘレト(伝道者の言葉)そのままです。伝統的にはソロモンが書いたものとされてきました。しかし、宗教改革者ルターがソロモン著作説を否定してから、ソロモン説は疑わしいとされています。実際12節。「イスラエルの王であった」はハイティ、文法的には完了形の動詞で、すでにこの書を書いた時には、王ではなかったことを暗示しています。ソロモンは終生王でしたし、ダビデの子という表現も、ダビデの子孫と理解することもできますから、著者はソロモンであるとは必ずしも言い切れないわけです。著者は不明で、著作年代もよくわかっていません。捕囚期以降という説もあります。

2.全く無意味な世界と人生

 さて、2節、「空の空」、伝道者は全く意味がない、と言います。3節「日の下」、つまりこの地上での人生には何の益もない、と言います。「益」と訳されたヘブル語はイツローン、会計上の剰余金を意味することばです。つまり、この世で苦労しても、採算が合わないと言います。なぜか。著者は、自然現象と人生の現実から、それぞれ三つの例をあげて説明します(4-11節)。つまり、太陽、風、川、それらの自然現象を見ていくと、それらは、単調な繰り返しではないか。終わりもなければ、積み重ねによる発展もない(5⁻7節)。他方、人の人生も同様だ(8節)。人の人生に新しいものは何もなく、すべては過去にあったものの繰り返し(9-10節)。人間は忘れやすいから新しいと思うだけではないか、と(11節)。確かに、死後のいのちを視野に入れて語らない著者の論理は、実に、人生の虚しさを的確に言い当てています。

3.伝道者の試み

ただ著者はそうは言いつつも、ここで改めて知恵の限りを尽くして、人生の満足を見出そうとした自分のこれまでの歩みを語り始めます(13節)。そして1章では二つの格言をとりあげながら、自分の結論を一つ一つ述べていくのです。まず15節「曲げられたものを、まっすぐにはできない、欠けているものを、数えることはできない」と言います。物事には、既に曲げられたもの、欠けているものがあるもので、人間がそれを何とかしようと思ったところで、何もできない。つまり人は、他人の成功を羨み、どうしたら成功できるかと考えたりするが、そんなものはない、曲げられたものは曲げられたまま、欠けているものは欠けているままである、人間に何かできる余地は残されているわけではない、というわけです。そして第二に「知恵が多くなれば悩みも多くなり、知識が増す者には苛立ちも増す」(18節)と言います。つまり、物事に聡明になって、あれこれわかれば、すっきりするかと言えば、そうではない、益々物事はわからなくなるばかりだ、と言うわけです。先の箴言では、愚かにならず、賢い人生を生きるようにという勧めがありました。伝道者の書はその真逆です。知恵を大事にする生き方に、何のメリットがあるのか、むしろ知恵が増せば、悩みを深め、苛立ちが増すだけだ、と言うわけです。

さて1章からいきなり、悲観的で重々しいものがありますが、これから12章、約2週間、著者の思考にお付き合いすることにいたしましょう。著者の結論はいかに!つづく、というわけです。では今日もよき一日となりますように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。誓願の中で、ナジル人の誓願をした者に求められていないものは何でしょうか?①ぶどう酒を飲んではならない、②髪の毛を切ってはならない、③肉を食べてはならない。答は③肉を食べてはならないでした。ぶどう酒を飲まない、髪の毛を切らない、合わせて死体に近づいてはならないことが定められていました(民数6章)。では今日の聖書クイズです。新改訳聖書2017では、伝道者の書と訳された書物は、聖書協会共同訳聖書では、音訳されています。それは、次のどちらでしょうか?①コヘレトの言葉、②エクレーシアステスの言葉、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Ecclesiastes 1: Life is meaningless.

 Today we will begin Ecclesiastes.

1.About Ecclesiastes

 The title of the book is taken from the opening words of the Hebrew Bible, Dibelei Koheleth (Ecclesiastes). Traditionally, it was written by Solomon, king of ancient Israel. However, after the religious reformer Luther rejected the theory of Solomon’s authorship, the Solomon theory is now considered doubtful. In fact, verse 12. “was king over Israel” is a haiti, grammatically perfect verb, implying that he was not already king when he wrote the book. Solomon was a lifelong king, and the expression “son of David” can also be understood as a descendant of David, so the author is not necessarily Solomon. The author is unknown, and the date of authorship is also not well known. Some say that it was written after the captivity.

2. a completely meaningless world and life

 Verse 2, “Meaningless!Meaningless!” says the evangelist, Utterly meaningless; verse 3, “under the sun,” meaning there is no benefit to life on earth. The Hebrew word translated “profit” is iturone, which means surplus in accounting. In other words, he says that all the hard work we do in this life does not pay off. Why? The author gives three examples each from the reality of natural phenomena and life (vv. 4-11). In other words, if we look at the sun, wind, rivers, and other natural phenomena, they are monotonous repetitions. There is no end, no development through accumulation (vv.5-7). On the other hand, the same is true of human life (v. 8). There is nothing new in a person’s life; everything is a repetition of what has gone before (vv. 9-10). People think it is new only because they forget easily (v. 11). Indeed, the author’s logic of not speaking with an eye to life after death is indeed an apt description of the emptiness of life.

3. the evangelist’s attempt

However, even so, the author begins to recount his past attempts to find satisfaction in life by using all of his wisdom (v. 13). Then, in chapter 1, he takes up two aphorisms and states his conclusions one by one. First, he says in verse 15, “What is bent cannot be made straight, and what is lacking cannot be counted. Things are already bent and lacking, and there is nothing that man can do about it, even if he wants to do something about it. In other words, people envy the success of others and wonder how they can succeed, but there is no such thing; what is bent remains bent, what is lacking remains lacking, and there is no room left for man to do anything about it. And secondly, he says, “As wisdom increases, so does trouble, and as knowledge increases, so does irritation” (v. 18). In other words, if we become wise and understand things, we will feel better, but this is not the case. In the previous Proverbs, we were encouraged to live a wise life and not a foolish one. Ecclesiastes is the exact opposite. He says that there is no benefit to a life that values wisdom; rather, wisdom only leads to more trouble and more frustration.

Well, from the very first chapter, there is a lot of pessimism and heavy-handedness, but we will be with the author’s thoughts for the next 12 chapters, or about two weeks. What is the author’s conclusion? To be continued. I wish you a good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. What is not required of those who have taken the Nazirite vow? (1) Not to drink wine, (2) Not to cut hair, (3) Not to eat meat. The answer was (3) do not eat meat. The prohibition against drinking wine, cutting hair, and approaching a corpse (Numbers 6). Now for today’s Bible quiz. In the Sinkai-yaku 2017, the book translated as Ecclesiastes is transliterated in the Kyoudo-yaku. Which of the following is it? (1) the words of Koheleth, or (2) the words of Ecclesiastes, and the answer will be given tomorrow. Then I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です