人生100倍の知恵【聖書】箴言7章 知恵を受肉させる

1.よその女から身を守れ

1、2節「わが子よ。私のことばを守り、私の命令をあなたのうちに蓄えよ。私の命令を守って生きよ。私の教えを、自分の瞳のように守れ。」この箴言に書かれたことばを記憶に留め、よく従いなさい、と言うわけです。それが、あなたを多くの危険から守るのだ、と6節以降の、「よその女」のエピソードにつながっていきます。よその女に警戒することについては、既に繰り返されてきました(2:16-19、5:15-23、6:24-25)。なにかしつこい書き方で、もういいではないか、と思わされるところもあります。しかし、口を酸っぱくして言う意味があったのでしょう。

著者が取り上げるのは、一人の「良識のない若者」、つまり人生経験が浅く、判断力の弱い青年のエピソードです。「たそがれの、日の沈むころ、夜と暗闇の始まるころだった」と始まります。この青年は、なんともうさんくさい、歓楽街へ出かけていくのです。そして遊女の装いをした、女に近付いていきます。「本心を隠したある女が」というあたりが、怖いところです。後先を考えない、良識の欠けた青年が誘惑されていきます。

「今日は、私のお祝い事、付き合ってくださいな。あれあれ、まさにあなたのような人に会いたかったんだわ、私の好みぴったり」と青年を捕まえます(15節)。さらに「ちょうど家を綺麗にしたところよ、ソファーに、輸入品の敷物を敷いて、とってもいい香りのお香も見つけたの、香の香りを楽しみながら、ゆっくりしましょうよ(18節)。あ、心配しないで、今日は誰も来ないから(19-20節)」とたたみかけ、この青年はすっかり罠に嵌っていくのです。女の本心に気づくこともなく、22節、彼は直ちに彼女の後について行った、とあります。あれやこれや言葉を交わしている後に、いきなり陥落してしまうイメージです。

2.知恵を身内とする

 そこで著者は教訓を述べます。「子たちよ。今、私に聞き従い、注意して私の口のことばを聞け。」(24節)。若い青年は未熟だと言われます。それは、ある程度人生のことについてわかったような口をきいても、実際にはわかっていない、わかったと言っているほど、行動はついて行っていないためなのでしょう。先に知恵は、目、口、手、足に連動させるところまで浸透させなくては、というお話をしましたが、まさに、人生の知恵は、自身の心と体に浸透させていく必要があるのです。

興味深いことに、この箴言は、ソロモンが自分の子に、つまり王家の教え、帝王学として語ったものです。そしてユダヤでは、王が王位についたら必ず守るべき教えが三つありました。それは申命記17:13-20に書かれていますが、王になったら軍事力に執着し過ぎない、多くの妻をもって女にうつつを抜かさない、そして、神のみ教えを巻き物に書き写し、自分の手元に置き、一生の間これを読まなければならない、とされます。つまり、王は、聖書の教えを、心に刻み、それがその人の性質となるまでに体得することが期待されたのです。

神の教えを宝物のように愛し、「自分の指に結び、心の板に書き記す」(3節)、つまり心に刻み込んで、受肉させていく、そこに神の祝福もあると心得たいものです。口酸っぱく言う価値があるのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ユダヤ人の会堂は、歴史的にいつ頃を起源として発生したものでしょうか?①出エジプトの時代、②バビロン捕囚時代、③新約時代。答は②バビロン捕囚時代でした。バビロンで捕囚のユダヤ人たちが、律法の学びのため、また故国の方を向いて祈るために共に集まりあったことがシナゴーグ(会堂)の始まりと考えられています。では今日の聖書クイズです。没薬は、植物の樹脂ですが、古代エジプトでは特に何に用いられたでしょうか?①健胃薬、②うがい薬、③香料、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Chapter 7: Incarnate Wisdom

1. Protect yourself from the woman

Verses 1 and 2: “My son. Keep my words and store up my commands in you. Live by my commands. Guard my instruction as you would your own eyes.” This is a reminder to remember the words in Proverbs and to obey them well. This will protect you from many dangers, which leads us to the episode of the “woman from afar” in verse 6 and onward. The caution against strangers has already been repeated (2:16-19; 5:15-23; 6:24-25). In some places, it seems as if we have had enough of this persistent writing. However, I think it was worth repeating.

The author describes an episode of a “young man with no sense of decency,” a young man with limited life experience and weak judgment. It begins, “It was twilight, the setting of the sun, the beginning of night and darkness. The young man goes out to a shady entertainment district. He approaches a woman who is dressed as a prostitute. The scary part is when he says, “A woman who hides her true intentions. A young man with no second thoughts and a lack of decency is seduced.

He is seduced by a young man who lacks decency and is not thinking about the future. I’ve been wanting to meet someone just like you, just my kind of guy” (v. 15). He adds, “I just cleaned up the house, put an imported rug on the sofa, and found some very nice-smelling incense, so let’s relax and enjoy the smell of the incense (v. 18). Don’t worry, no one is coming today (vv. 19-20), and the young man falls completely into the trap. Without realizing the woman’s true intentions, verse 22 says that he immediately followed her. The image is of a man suddenly falling into a trap after exchanging a few words.

2. Take wisdom as your family

 The author then offers a lesson. Children, listen to me now. Now listen to me and heed the words of my mouth” (v. 24). (v. 24). Young adolescents are said to be immature. This is probably because they talk as if they understand some of the things of life, but in reality they do not understand, and their actions do not follow what they say they understand. As I mentioned earlier, wisdom must permeate the eyes, mouth, hands, and feet to the point where they work together, and this is exactly how life wisdom must permeate one’s mind and body.

Interestingly, this Proverb was spoken by Solomon to his own son, that is, as a royal teaching, an imperial teaching. And in Judea, there were three teachings that kings were required to follow once they ascended to the throne. In Deuteronomy 17:13-20, it is written that a king must not be overly attached to military power, must have many wives and not be enamored with women, and must copy God’s teachings on a scroll, keep it with him, and read it for the rest of his life. In other words, the king was expected to take the teachings of the Bible to heart and acquire them to the point where they became his nature.

We should love God’s teachings like treasures and “bind them on our fingers and write them on the tablets of our hearts” (v. 3), that is, engrave them in our hearts and incarnate them, knowing that God’s blessings are also there. It is worth repeating. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. When did Jewish synagogues originate historically? (1) During the Exodus, (2) during the Babylonian captivity, and (3) during the New Testament period. The answer was (2) during the Babylonian captivity. The synagogue is thought to have originated when the Jews in Babylon gathered together to study the Torah and to pray toward their homeland. Now for today’s Bible quiz. Myrrh is a plant resin, but what was it used for specifically in ancient Egypt? (1) stomachic medicine, (2) gargle, (3) perfume, and the answer will be given tomorrow. I wish you a good day today.

“人生100倍の知恵【聖書】箴言7章 知恵を受肉させる” への1件の返信

  1. 福井誠牧師先生、いつもお疲れ様です。
    今日もありがとうございます。
    小道に入った箴言、6章ですが、YouTubeで見れました(聞けました)が

    大変でなく、お手隙でしたならばメールに送っていただけると、
    学びが充実いたします。
    よろしくお願いします‍♀️。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です