人生100倍の知恵【聖書】雅歌7章 愛は成長する

1.回復

関係を回復した夫が妻に語り掛けます。1-5節は、愛する妻に対する賛辞というべきもので、これまでの賛辞4:1-7、6:4-9とは、視線が逆で、下から上へ向かっています。それは、6:13の最後の2行に出てくる「二つの陣の舞」と関係しているものです。それは、昔、戦において捕虜となった女たちによって演じられた踊りをイメージしているようです。しかしここでは、ソロモンとエルサレムの女たちが、このシュラムの女の舞に注目しているのです。歌劇であるとすれば、ここは、女が舞台の中央で、優美な舞を見せている場面です。ですから、サンダルをはいた足や、もも、へそにまず魅せられるのです。当時サンダルは、間違いなく裕福さのしるしでした。バテ・ラビムの門、ヘシュボンの池、レバノンのやぐら、カルメル山、今の私たちには、それらがどんなイメージ、印象であったのかはわかりにくいものがあります。当時の人々であれば、ピンときた最高の賛辞だったのでしょう。5節「紫の羊毛」この染料は、値が高く、王侯たちだけが使用し、祭式に用いたとされるものです。ともあれ、妻とソロモンは、その愛を回復し、自分たちの日常に戻っていったのです。

2.女が主導する

「ああ、人を喜ばせる愛よ」(6節)。愛に使われているヘブル語は、アハバー。旧約学者スネイスは、この単語によって表現される愛を「選びの愛」と呼び、ヘセドの愛(契約の愛)と区別しました。アハバーは、非合理的、感情的な愛、ヘセドは理性的、意思的な愛で、「誠実」や「忠誠」をその特徴とするものです。確かに感情的に愛しているというだけでは、その関係は長くは続かないものでしょう。二人の誓いを誠実に守り続けるヘセドの愛が、安定した持続的な愛には必要なのです。愛は、約束を守ることでもあるのです。しかし、ヘセドに縛られた、いわゆる義務だけの愛もありえません。つまりこの6節の「愛」は、アハバーです。それは、喜びの愛、甘美な時の共有を意味します。関係の回復された男女には、甘い時があるものでしょう(8、9節)。なつめ椰子は生命力、若々しさの象徴、ぶどう酒も、朦朧とした愛の象徴です。感情的に燃え上がり、二人の強い絆を確かめ合う、それもまた愛の一側面です。

注目すべきは11節。2:10-13においても、夜を野原で過ごそうという誘いがありました。しかし今度の誘いは、女からです。妻が自ら積極的に夫の愛を受け入れ、夫に愛をささげよう、と語っているのです。ただ愛されていた者が愛する者に変わっていくのです。先に愛されることに慎重であった女が、その抑制を外し、主体者となっていく。確かに、愛は互いに確認し、互いに求めあうもので、一方通行ではありません。人は感情的に結びついて終わりではない。そこからさらに愛は、共同する中で成長し、成熟するのです。では、今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ティルツアは、かつて、どの国の首都であったでしょうか、①ユダ南王国、②イスラエル北王国、③アラム。答えは、②イスラエル北王国。ティルツアは、ソロモンの死後、王国が分裂するとオムリの時代、サマリヤに遷都するまでイスラエル北王国の首都でした。では、今日の聖書クイズです。ヘシュボンは、ヨルダン川東側にある町ですが、何川と何川に挟まれた位置にある町でしょうか?①ヤルムク川とヤボク川、②ヤボク川とアルノン川、③アルノン川とゼレデ川、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Song of Songs Chapter 7: Love Grows

1. restoration

The husband who has restored the relationship speaks to his wife; verses 1-5 are a tribute to his beloved wife, and in contrast to the previous tributes 4:1-7 and 6:4-9, the gaze is reversed, going from the bottom to the top. It is related to the “dance of Mahanaim” in the last two lines of 6:13. It seems to be an allusion to the dances performed by captive women in warfare in the past. Here, however, Solomon and the women of Jerusalem are focused on this dance of the women of Shulammite. If this were an opera, this would be the scene where the woman is in the center of the stage, performing a graceful dance. Therefore, we are first attracted to her sandaled feet, thighs, and navel. Sandals were definitely a sign of wealth in those days. The Gate of Bat-Rabim, the Pool of Heshbon, the mounds of Lebanon, Mount Carmel, it is difficult for us to understand what kind of images and impressions they had. The purple wool, verse 5, is a dye of great value, used only by princes and used in ceremonies. At any rate, the wife and Solomon were restored to their love and returned to their daily routines.

2. the woman takes the lead.

‘How pleasing, my love, with your delights!’ (v. 6). The Hebrew word used for love is Ahabar. The Old Testament scholar Snaith called the love expressed by this word “love of choice” and distinguished it from the love of Hesed (covenant love). Ahabar is irrational, emotional love; Hesed is rational, intentional love, with “faithfulness” or “fidelity” as its hallmark. Certainly, a relationship will not last as long as emotional love. Hesed love, the faithful keeping of two people’s vows, is necessary for a stable and lasting love. Love is also about keeping a promise. But there can be no love that is bound to Hesed, no love that is only so-called duty. In other words, the “love” of this verse 6 is Ahabar. It means a love of joy, a sharing of sweet moments. There will be sweet times for the man and woman whose relationship has been restored (vv. 8, 9). The jujube palm is a symbol of vitality, youthfulness, and wine is also a symbol of fuzzy love. Emotionally inflamed and confirming the strong bond between two people, it is also an aspect of love.

It is noteworthy that in verse 11, 2:10-13, there is also an invitation to spend the night in the field. This time, however, the invitation comes from the woman. The wife is actively accepting her husband’s love and offering it to him. The one who was merely loved is transformed into the one who loves. The woman who was cautious about being loved first removes her inhibitions and becomes a subject. Indeed, love is a mutual confirmation and mutual seeking; it is not a one-way street. It does not end when people are emotionally bound together. From there, love further grows and matures as they collaborate. So, I wish you a good day today.

<Quiz Corner>

First, yesterday’s quiz. Tirtua was once the capital of which country? (1) Southern Kingdom of Judah, (2) Northern Kingdom of Israel, (3) Aram. The answer is (2) the Northern Kingdom of Israel. Tirtua was the capital of the Northern Kingdom of Israel Israel until the time of Omri, when the kingdom was divided after Solomon’s death and the capital moved to Samaria. Now for today’s Bible quiz. Heshbon is a town on the east side of the Jordan River, located between what two rivers? (1) Yarmuk River and Jabok River, (2) Jabok River and Arnon River, (3) Arnon River and Zerede River. The answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です