人生100倍の視野【聖書】アモス書2章 選ばれた神の民への裁き

2章 選ばれた神の民への裁き

1.モアブへの裁きのことば

 昨日に続いて、イスラエルの周辺諸国に対する神の裁きが語られます。2章の最初はモアブに宣告です。「三つの背き、四つの背きのゆえに」は、既に述べたように、多くの罪のために、を意味する慣用的表現です。そして中でも1節「エドムの王の骨を焼いて灰にした」ことが問題であると言います。古代において死体を汚すことは、極めて侮辱的な行為でした。というのも、魂と体は一体と考えられ、体を焼くことは、魂を破壊することと考えられたからです。しかし、死体を汚すことは冒涜であるという考え方は聖書には教えられているわけではありません。それなのになぜ神は、それを問題にされているのか、と思わされます。神は気まぐれにそう語っているのでしょうか?そうではないでしょう。考えてみると、聖書で大事にされている物事の根本的な考え方は、愛という考え方です。つまり神が問題にしたのは、死体を汚す行為は、結局エドム人の心を踏みにじり、その感情を逆なでにする、愛無きものだ、ということです。そのような視点で改めて、1章のダマスコ、ガザ、ツロ、エドム、アンモンの罪を読み直してみると、確かに彼らの罪は、人を愛するという神の戒めを犯すものでした。神は、人が神の愛に生きることを何よりも期待しておられるのです。

ケリヨテは、モアブの代表的な都市であり、アモスはそこに宮殿があったと言います。モアブの王メシャの碑文によれば、そこにはモアブの神ケモシュの神殿があったとされます。神は人を人と思わぬ人達の集まるこの大都市を裁かれる、と宣告されるのです。

2.イスラエルとユダに対する裁き

 4節以降は、選ばれた神の民、イスラエルとユダに対する裁きが語られます。神は、選ばれた民の罪を軽く見て、それ以外の民モアブは重く罰することはありません。というのも神はイスラエル民族の神ではなく、天地万物をお造りになり、これを治められる万人の神です。しばしば人は、キリスト教の神、佛教の神、イスラム教の神、様々な神があるように考えますが、神はお一人です。キリスト教徒も、仏教徒も、イスラム教徒も、皆を支配しておられるまことの神ただお一人がおられるだけです。そして神がイスラエルを選ばれたのは、イスラエルが、そのまことの神を証しする存在となるためでしたが、神のみ教えを捨てて、掟を守らず、その使命を果たそうとしなかったイスラエルの民に対して、神はその選びの責任を問われているのです(4節)。そのような意味で、今日のキリスト者も同じ問いかけを受けていることに間違いはありません。イエス・キリストの十字架の愛によって、罪赦され、罪赦された者として、神の愛に生きるように選ばれた私たちが、結局、神と人を愛するというその使命に生きようとしないならば、その責任を問われることは当然のことでしょう。神は生きておられるのです。しかもイスラエルは、何か良いところがあって選ばれたわけではありません。人は選りすぐってよいものを選ぶものですが、神は違います。キリスト者も何か他の人よりもよいことがあったから選ばれたわけではなく、ただ神のあわれみによって、選ばれたのです。そしてその神のあわれみを証しすることが期待されているのです。11節神は、「そうではなかったか」と問いかけられます。いつも自分がどこから救われたのかを忘れず、謙虚に神に仕える者として歩ませていただきましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。テコアは、イスラエル12部族のどの領地にあった町でしょうか?①ルベン、②エフライム、③ユダ。答えは③ユダでした。では今日の聖書クイズです。モアブの町ケリヨテの滅亡について、アモスと同じように預言しているのは、次のどの預言者でしょうか?①エレミヤ、②イザヤ、③エゼキエル。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 2: Judgment on God’s Chosen People

1. words of judgment on moab

 Continuing on from yesterday’s passage, we are told of God’s judgment on the nations surrounding Israel, and the first part of chapter 2 is a pronouncement on Moab. The phrase “because of three transgressions, because of four transgressions” is an idiomatic expression meaning “because of many sins,” as we have already mentioned. Then he says, among other things, that verse 1, “the bones of the king of Edom were burned to ashes,” is problematic. In ancient times, it was extremely insulting to defile a corpse. The soul and body were considered to be one and the same, and to burn the body was considered to destroy the soul. However, the idea that defiling a corpse is blasphemy is not taught in the Bible. One is left to wonder why God, then, has a problem with it. Is God speaking so on a whim? I don’t think so. If you think about it, the fundamental idea of things valued in the Bible is the idea of love. In other words, God’s problem is that the act of defiling the corpse is unloving, which ultimately tramples on the heart of the Edomites and offends their feelings. Rereading the sins of Damascus, Gaza, Tzur, Edom, and Ammon in chapter 1 from that perspective, their sins were indeed violations of God’s commandment to love others. God expects more than anything else that people live in His love.

Keriyote was a representative city of Moab, and Amos says that there was a palace there. According to an inscription by Mesha, king of Moab, there was a temple of Chemosh, the god of Moab. God pronounces judgment on this great city, a gathering place for people who do not consider people human.

Judgment on Israel and Judah

 Verses 4 and following speak of judgment against God’s chosen people, Israel and Judah. God does not punish the chosen people lightly for their sins, and He does not punish the rest of the people of Moab severely. God is not the God of the Israelites, but the God of all people, who created the heavens and the earth and rules over them. Often people think that there is a Christian God, a Buddhist God, a Muslim God, and various other gods, but there is only one God. There is only one true God who rules over Christians, Buddhists, Muslims, and everyone else. God chose Israel to be a witness to that true God, but God holds the people of Israel accountable for their failure to fulfill their mission by abandoning God’s teachings and not keeping the law (v. 4). In this sense, there is no doubt that Christians today are being asked the same question. We who, through the love of the cross of Jesus Christ, have been chosen to live in God’s love as those whose sins have been forgiven and whose sins have been forgiven, will rightly be held accountable if we ultimately fail to live up to that mission of loving God and others. God is alive. Moreover, Israel was not chosen for any good thing. People pick and choose the good ones, but not God. Christians were not chosen because they were better than others, but because of God’s mercy. Verse 11 God asks, “Was it not so? Let us always remember where we were saved from, and let us walk humbly as servants of God. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner          

First, yesterday’s quiz. Tekoa was located in which of the 12 tribes of Israel? (1) Reuben, (2) Ephraim, and (3) Judah. The answer was (3) Judah. Now, here is today’s Bible quiz. Which of the following prophets prophesied about the destruction of the Moabite town of Kerioth as well as Amos? (1) Jeremiah, (2) Isaiah, and (3) Ezekiel. The answer will be given tomorrow. Now, I pray that today will be another good day.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です