人生100倍の視野【聖書】アモス書3章 契約の民への告発

1.主が語られる

 2章4節から続く、イスラエルに対する裁きの宣告です。神は、彼らを選び出した民であると言います。もちろん、その選びは、選りすぐってよいものを選んだというのではなく、むしろ誰にも選ばれないような見捨てられた者を選んだということです。事実、イスラエルは、奴隷として、エジプトの地で息絶えようとしていた者たちでした。彼らが、エジプトから連れ戻されたのは、神が彼らを哀れんだからでした。神が彼らを愛し、特別な恩義を授けたからです。であれば、彼らが神の恩義に応える責任を問われるのも、当然なことと言うべきでしょう。彼らは神に選ばれなかった異邦人よりも、厳しくその歩みを問われることになったわけです。

 そこで3節以降、矢継ぎ早に7つの質問が投げかけられます。もし一緒に歩いているとしたら、それは事前に約束があったからではないか(3節)。獅子がほえるとしたら、獲物を見つけたからではないか(4節)。仕掛けた鳥網が作動したとしたら、それは、鳥が罠にかかったということではないか(5節)。町で角笛が吹かれたら、それは一大事件が起こったということではないか。そして町にわざわいが起こったとしたら、それは、神が起こしたことではないか(6節)。これら一連の問いかけは、すべて物事にはそれなりの因果関係というものがあることを示しています。そして7節、預言者が語るのは、主が彼らに言葉を与えられたからなのだ、彼らに言葉を与えられた神に注目せよ、と言うわけです。

2.イスラエルの裁き

9節以降は、BC724年シャルマネセルによるイスラエル北王国侵略の預言です。七十人訳は、アシュドデをアッシリアに読み替えていますが、そのようにしなくても、アッシリアの侵略は全体的に暗示されている、と言ってよいでしょう。サマリアは、アッシリアに三年包囲されてついに陥落し、宮殿はかすめ奪われ(11節)、イスラエルは捕囚とされました。イスラエルの羊飼いは、野獣に羊が襲われることがあれば、所有者にその事実を証明するために、証拠としてその羊の足の骨、あるいは耳たぶの残骸を持ち帰りました(12節)。イスラエルが神の裁きを受けた時には、町はめちゃめちゃにされ、家具の残骸が確認される事態に至ると言います。つまり神が町を襲ったということがわかるようになるだろう、ということでしょう。神は、イスラエルの勇士も騎兵も全く無力とし、散々な目に合わせる、というわけです(2:13-16)。こうしてイスラエル北王国創設後、ヤロブアム1世によって建てられたベテルの祭壇も、(14節)、別荘として建てられた冬の家も、贅の粋をつくした象牙の家々も、みな失われる、と言います。実に具体的な預言です。

彼らの問題は、社会的正義を踏みにじっていたことでした(2:6-8)。イスラエルの豊かさは、弱い者を虐げ、貧しい者を抑圧する上で成り立っていたのです。だからこそそれは打ち砕かれなくてはなりませんでした。神は正しいことをなさるお方です。そして、この神にあわれみをもって救い出されたクリスチャンは、神の正義に生きる者、身をもってそれを証しする者です。正義は虚偽なき、矛盾なき生活に表されるのです。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。モアブの町ケリヨテの滅亡について、アモスと同じように預言しているのは、次のどの預言者でしょうか?①エレミヤ、②イザヤ、③エゼキエル。答えは、①エレミヤ(48:24)でした。では、今日の聖書クイズです。旧約においてアシュドデと呼ばれた町は、新約聖書では、何と呼ばれているでしょうか?①アシュケロン、②アシェル、③アゾト。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 3: Accusations against the People of the Covenant

1. the Lord speaks

 This is a pronouncement of judgment against Israel, beginning in chapter 2:4. God says that they are a chosen people. Of course, that selection does not mean that He has chosen the best of the best, but rather that He has chosen the forsaken, those who would not be chosen by anyone. In fact, Israel was a people who were about to die out in the land of Egypt as slaves. They were brought back from Egypt because God had compassion on them. They were brought back from Egypt because God loved them and bestowed upon them a special favor. It is only natural, then, that they should be held responsible for repaying God’s favor. They were to be held accountable for their actions more severely than the Gentiles, who were not chosen by God.

 So, from verse 3 onward, seven questions are asked in rapid succession. If they are walking together, is it not because of a prior promise (v. 3)? If the lioness is barking, is it because she has found her prey (v. 4)? If the bird net that was set was activated, does that mean that the bird was caught in a trap (v. 5)? If a horn is blown in the town, does that not mean that a great event has occurred? And if a catastrophe happens in the city, does it not mean that God caused it (v. 6)? These questions indicate that there is a cause-and-effect relationship between things. Then, in verse 7, he says that the prophets speak because the Lord has given them the word, and that they should pay attention to God who has given them the word.

2. the judgment of Israel

Verses 9 and following are prophecies of the invasion of the Northern Kingdom of Israel by Shalmaneser in 724 BC. The Seventy translates Ashdod as Assyria, but even without doing so, it is safe to say that the Assyrian invasion is implied throughout. Samaria finally fell after three years of siege by the Assyrians, the palace was grazed (v. 11), and Israel was taken into captivity. Whenever a wild beast attacked a sheep, the shepherds of Israel would bring back the remains of the sheep’s leg bones or earlobes as evidence to prove the fact to the owner (v. 12). He says that when Israel came under God’s judgment, the town would be ruined, leading to a situation in which the remnants of the furniture would be identified. This would mean that we will know that God has struck the city. God will render Israel’s valiant men and horsemen utterly helpless, and they will be scattered to pieces (2:13-16). Thus, after the establishment of the Northern Kingdom of Israel, the altar at Bethel built by Jarobam I (v. 14), the winter house built as a villa, and the lavish ivory houses will all be lost. This is a very specific prophecy.

Their problem was that they had trampled on social justice (2:6-8). Israel’s wealth was built on oppressing the weak and oppressing the poor. That is why it had to be broken. God is the One who does what is right. And the Christian, saved by this God in mercy, is one who lives in God’s justice, one who testifies to it with his or her body. Justice is expressed in a life without falsehood or contradiction.

<Quiz Corner          

First, yesterday’s quiz. Which of the following prophets prophesied about the destruction of Kerioth, the city of Moab, in the same way as Amos? (1) Jeremiah, (2) Isaiah, and (3) Ezekiel. The answer was (1) Jeremiah (48:24). Now, here is today’s Bible quiz. What is the town called Ashdod in the Old Testament called in the New Testament? (1) Ashkelon, (2) Asher, and (3) Azoth. The answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です