人生100倍の視野【聖書】アモス書8章 地震、日食、飢饉

1.終わりが来る

第一と第二の幻(7章前半)、第三と第四(7章後半と8章)の幻は、それぞれ関連して、対の幻となっています。前者は、神の裁きの恐ろしさを、後者は、裁きの理由とその確実さを語っています。なお、ヘブル語で読むと「夏の果物」はカイツ、「終わりは」ケーツ、つまり音の言葉遊びがあり、その響きによって、神の裁きが確実にやってくることを印象付けています。

そこで注目すべきは、なぜ終わりが来るのかです。それは、貧しい人、困っている人に対するアコギな商売のためです(4-7節)。神は、「彼らのしていることをみな、いつまでも決して忘れない」(7節)と、激しい怒りを露わにされておられるのです。

確かに、コロナは、私たちに多くのことを考えさせてくれました。この世が儲け主義、一辺倒で動き、弱肉強食の社会であることに愕然とさせるような現実を見せてくれたのではないでしょうか。朝になれば、何とも思わず、満員電車にぎゅうぎゅう詰めにされて、窓ガラスに顔をへばりつかせて通勤、通学。コロナ前のラッシュアワーは、そんなものでした。それを不思議とも思わなかった。しかし、コロナになって、少し車両の空間に余裕のある通勤を経験してみると、あれは異常だったのだ、と思わされる。昼になると混雑したレストランのカウンターにブロイラーチキンのように並べられて、食事をし、次々と回される。それが当たり前だと思っていたけれども、やはり違うではないか、と思う。リモートワークを経験して、家族と過ごす時が増える中で、今まで何をしてきたのだろう、もっと人生には大切なことがたくさんあったのではないか、と考えついた人も少なくないでしょう。でも、社会の動きが通常化するに連れて、そのような大切な考察も薄れていく現実もあることでしょう。神がコロナにおいて、今の社会の動きに「待った!」をかけたとするなら、今こそ、何が正しく、本当はどうあるべきだったのかを、よくよく考えたいところなのです。

2.神のことばを聞くことの飢饉

さて後半は、怒りを燃やされた神が下される裁き、地震(8節)、日蝕(9-10節)、神のみことばの飢饉(11-14節)が語られます。実際アモスの時代、二度(BC784年とBC763年)日蝕が起こったとされます。それは、単なる自然現象ではなく、神よりの呪いを感じさせるものでした(10節)。そして重要なのは、「主のことばを聞くことの飢饉」(11節)が起こることです。実際、マラキ以降、バプテスマのヨハネが現れるまで、約400年間イスラエルには神のことばが途絶えてしまいました。今日、神のことばは、聖書という形で既に与えられているので、神のことばの飢饉はありえません。しかし罪によって曇らされた目は、飢え渇いた心を満たすものが神のことばであることを悟りえない、そのような意味での飢饉はあることでしょう。

ダンはイスラエルの北端、ベエル・シェバは南端、そしてそれぞれ異教の地の象徴です。つまり目が曇らされた者は、まがい物の偶像を慕うのみ、そして滅びることを語っています。こうして5章から始まる一連の幻が締めくくられるのです(5:2と8:14は対応する枠となる)。大切なのは、霊の目が開かれること、ぼんやり、何をしていたのだろう、と考え始めていることが、はっきりわかってくること、そして、まことの神の存在をはっきりと悟ることです。この世には、私たちを愛し、私たちと共に歩まれる神がおられることを知ることなのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。預言者アモスが活躍したのは、ヤロブアム1世、ヤロブアム2世、どちらの時代であったでしょうか?答えはヤロブアム2世でした。ヨアシュの子で、エフー王朝の第四代、イスラエルの第13代の王様。彼の時代に、イスラエルの領土はソロモン時代並みに回復、経済的繁栄の頂点に達しました。では、今日の聖書クイズです。エパは、粉や麦などの穀類等、個体を量る時に用いられた容量の単位ですが、シェケルは何の単位として用いられたでしょうか?①水の容量、②貨幣、③長さ、答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 8: Earthquakes, Eclipses, and Famine

1. the end is coming

The first and second visions (first half of chapter 7) and the third and fourth (second half of chapter 7 and chapter 8) are related and paired visions. The former speaks of the horror of God’s judgment, while the latter speaks of the reason for the judgment and its certainty. Note that when read in Hebrew, “summer fruits” is kaitz, and “the end is” kates, i.e., there is a play on words in sound, and the sound gives the impression that God’s judgment is sure to come.

So what is noteworthy is why the end is coming. It is because of the shady business with the poor and needy (vv. 4-7). God reveals His fierce anger, saying, “I will never forget all that they do, forever and ever” (v. 7).

Indeed, Corona has given us much to think about. It may have shown us a reality that makes us appalled at the fact that this world is a society that operates on a profit-making, one-sided basis, and is a society of the weak and the strong. In the morning, without a second thought, we would be crammed into crowded trains, our faces pressed against the windowpanes as we commuted to work or school. That’s what rush hour was like before Corona. I didn’t think it was strange. However, when I experienced commuting with a little more space in the car after Covid, I realized that it was an anomaly. At lunchtime, people were lined up like broiler chickens at the counter of a crowded restaurant, eating their meals and being passed around one after another. I thought this was the norm, but I guess it’s not. Many people who experience remote work and spend more time with their families may wonder what they have been doing all this time, and wonder if there are not more important things in their lives. However, as society becomes more normalized, such important considerations may fade away. If God had said, in Covid, “Wait! If God did say, “Wait!” to the current social trends in Covid, now is the time to think carefully about what is right and what really should have been.

2. the famine of hearing the Word of God

Now, the second half of the book speaks of the judgments of an angry God, earthquakes (v. 8), eclipses (vv. 9-10), and a famine of the Word of God (vv. 11-14). In fact, in the time of Amos, eclipses are said to have occurred twice (in 784 BC and 763 BC). It was not just a natural phenomenon, but a curse from God (v. 10). And importantly, there would be a “famine of hearing the word of the Lord” (v. 11). In fact, after Malachi, the Word of God ceased to be heard in Israel for about 400 years until John the Baptist appeared. Today, there can be no famine of the Word of God because the Word of God has already been given to us in the form of the Bible. But there can be a famine in the sense that eyes clouded by sin cannot see that the Word of God is what satisfies a hungry and thirsty heart.

Dan and Beersheba are symbolic of the northern and southern ends of Israel, respectively, and of the pagan lands. In other words, the vision tells us that those whose eyes are blinded will only adore false idols and will perish. Thus concludes the series of visions beginning in chapter 5 (5:2 and 8:14 are the corresponding frames). What is important is that the eyes of the spirit are opened, that we begin to see clearly what we are beginning to think, dimly, what we were doing, and that we realize clearly the presence of the true God. It is to know that there is a God who loves us and walks with us in this world. I wish you a good day today.

<Quiz Corner          

First, yesterday’s quiz. During which reign was the prophet Amos more active, Jaroboam I or Jaroboam II? The answer was Jarob-am II. Son of Joash, he was the fourth king of the Jehu Dynasty and the 13th king of Israel. During his reign, Israel’s territory was restored to the level of Solomon’s time and reached the pinnacle of its economic prosperity. Now for today’s Bible quiz. An ephah is a unit of capacity used to weigh individuals, such as flour, wheat, and other grains, etc. The shekel was used as a unit of what? (1) water capacity, (2) money, (3) length, and the answer will be given tomorrow. I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です