人生100倍の視野【聖書】イザヤ書19章 終末の祝福

1.エジプトへの宣告

19章は、エジプトへのメッセージです。アッシリアがアラムとイスラエル北王国を征服すると、エジプトは、残されたパレスチナの国々に呼びかけ、反アッシリア同盟を作ろうとしました。ユダ南王国にとって、それは、アッシリアに征服されず、生き延びる唯一の道と思われるものでした。しかし、イザヤは、エジプトに寄り頼もうとするユダ南王国に警告を発します。そして反対して、今エジプトに起こっていることを見よ、と言うのです。今エジプトは社会的に混乱している(2-4節)。エジプト国内の民族的な対立が深まり(2節)、その宗教も堕落、混迷している(3節)。さらに外敵が起こり(4節)、干ばつが起こり、漁業を初め、当時の主力産業であった、亜麻すきや白布織りなどの紡績産業が打撃を受けている(5-10節)。11節「愚かな」は、霊的識別力がないことを意味していて、指導者が、すべてを支配する神を覚えて正しい政治をする力がないことを言っています。つまり、ツォアンもメンフィスも、古代エジプトの首都として栄えた場所ですが、そこでエジプトを統治する指導者たちのなすことやることは、国民を振り回すばかりで(13節)、まったく政治が機能していないということです。社会的混乱、経済的打撃、そして空回りする政治で、エジプトは、衰退し倒れる一歩手前ではないか、どうしてこんな国に頼ろうとするのか、と言うわけです。

2.エジプトの再興と世界平和

14節、エジプトが衰退した原因は、主が「混乱の霊を吹き入れられた」から、つまり主の仕業である、と言います。何か神がエジプトを呪い、滅ぼそうとしているかのようなイメージで語られていますが、そうではありません。自由勝手気ままにしたかったエジプトをそのままにされたということです。主の心は、いつでも助けよう、救おうというものであることに変わりはありません。18節、その日、エジプトには「五つの町が起こる。その一つは、イル・ハ・ヘレスと呼ばれる」。言われていることは、よく知られた五つの特定の町の名なのか、それとも象徴的に何かを語っているのか、よくわかりません。口語訳、新共同訳では「太陽の町」と訳していますが、新改訳は、ヘブル語を音訳するだけです。大切なのは、混乱の時代の最中に、主を認め、主を恐れ、主に立ち返る悔い改めが起こる(20節)、と語られていることでしょう。神はその悔い改めを受け入れ、エジプトを癒されると約束するのです(22節)。

ただ驚くのは23節、エジプトとアッシリアの二大強国が、共に神を拝し、イスラエルがその間に立って、三者相共に神の祝福を受けるという預言です。現実的に考えると非常にあり得ないことを語っていますし、実際にそのようなことは歴史的に起こっているわけではありません。やはり、ここは終末的な預言を想定すべきところなのでしょう。つまりここで神が送られる救い主も、主への立ち返りも、また、敵対する超大国がともに手を結び神の祝福を受けるということも、皆、霊的に、終末の世に起こることです。神は言います。これらの国は皆「私の手で作った」(25節)と。世界万物が神に生み出され、そして愛されているものです。それらすべてに対する神の救いの思いは強いのです。そして、世界のすべてがともに神の祝福を受ける、このようなメッセージは、キリスト者のものです。まずキリスト者が、時代はそこへ向かっていくのだ、と聖書のビジョンを示してまいりたいところです。では、今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。クシュ人は、誰の子孫だと言われているでしょうか?①ハム、②セム、③ヤペテ。答えは①ハムの子孫(創世記10:6-8)でした。では、今日の聖書クイズです。ナイル川の水量が増し、氾濫しやすい時期は、いつでしょうか?①2-5月、②7-9月、10-12月。答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Chapter 19: The Final Blessing

1. pronouncement to Egypt

Chapter 19 is a message to Egypt. When Assyria conquered Aram and the Northern Kingdom of Israel, Egypt called upon the remaining Palestinian nations to form an anti-Assyrian alliance. For the Southern Kingdom of Judah, this seemed to be the only way to survive and not be conquered by Assyria. Isaiah, however, warns the Southern Kingdom of Judah against leaning on Egypt. He disagrees and says, “Look at what is happening in Egypt right now. Egypt is now in social turmoil (vv. 2-4). Ethnic rivalries within Egypt are deepening (v. 2), and its religion is corrupt and confused (v. 3). Furthermore, external enemies (v.4), drought, and the fishing industry, as well as the spinning industry of flax and white cloth weaving, which were the main industries of the time (vv.5-10), have been damaged (vv.11 “foolish” refers to the lack of spiritual discernment, meaning that the leaders lack the ability to remember God who rules all and to conduct correct government. It is saying that they do not have it. In other words, both Zoan and Memphis were prosperous capitals of ancient Egypt, but all the leaders there did was wave the people around (v. 13), and there was no functioning politics at all. With social turmoil, economic damage, and a political system that is spinning out of control, Egypt is on the verge of decline and collapse, so why would anyone want to rely on a country like this?

2. revival of Egypt and world peace

Verse 14 says that the reason for Egypt’s decline is that the Lord “breathed into it a spirit of confusion,” that is, the Lord did it. It is spoken of as if God is cursing Egypt and trying to destroy it, but this is not the case. It means that He left Egypt as it was because He wanted to be free to do as He pleased. The Lord’s heart is always to help and save. One of them will be called Il ha-Hereth.” It is not clear whether what is being said is the name of five specific well-known towns or something symbolic. The Japanese Kougo-yaku and Kyoudou-yaku translate it as “city of the sun,” but the Shinkai-yaku 2017 only transliterates the Hebrew. The important thing is that it probably tells us that in the midst of the time of turmoil, there will be a repentance that acknowledges the Lord, fears the Lord, and turns to the Lord (v. 20). God promises to accept that repentance and heal Egypt (v. 22).

What is surprising, however, is verse 23, which prophesies that the two great powers, Egypt and Assyria, will both worship God, and Israel will stand between them and receive God’s blessing from all three. This is a very unlikely scenario from a practical standpoint, and it is not something that has actually happened in history. After all, this is where we should expect an apocalyptic prophecy. In other words, the Savior God sends here, the turning to the Lord, and the superpowers joining hands to receive God’s blessing are all things that will happen spiritually and in the apocalypse. God says. All these nations are “made with my hands” (v. 25). All things in the world are created and loved by God. God’s saving thought for all of them is strong. And such a message, in which all the world is blessed by God together, belongs to the Christian. I hope that Christians will be the first to show the biblical vision that this is where the times are headed. I wish you all a good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. Whom are the Cushites said to be descended from? (1) Ham, (2) Shem, and (3) Japheth. The answer was (1) Ham’s descendants (Genesis 10:6-8). Now, here is today’s Bible quiz. When is the time of year when the Nile River is most likely to increase in volume and flood? (1) February-May, (2) July-September, and (3) October-December. The answer will be given tomorrow. I pray that you have a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です