人生100倍の視野【聖書】イザヤ書30章 神の豊かな祝福

1.無駄な苦労

1節、はかりごとをめぐらしても、また同盟を結んでも「わたしによらず」つまり、神抜きにことを進めるなら、期待通りの結果にはならない。イザヤは、ユダ南王国の指導者たちに警告を発しています。4節「ツォアン」は、ナイル川下流の三角州、北東部にあった古代都市です。また「ハネス」は、ナイル川中流の、エジプト中部に位置する都市です。つまり、ユダ南王国の指導者たちは、アッシリアの脅威に対抗するため、もう一つの大国エジプトと密かに同盟を結び、その危機を回避しようとしました。しかし、神は、たとい奥深く、エジプトのナイル川を遡り中部にまで足を運び、助けを求めても、何の役にも立たないと言います。6節「ネゲブ」は、大雑把に言えば、イスラエルの南部の土地、実際には、北はべエル・シェバ、アラデを経て死海に至る線を境界とし、東は死海からアカバ湾のエラテまで、南は、エラテとエジプト川で結ばれる線を境界とする逆三角形の地帯を指しています。そこは、南部の乾燥した荒れ地で、さらに猛獣毒蛇の出る場所でした。そのような危険な場所を、驢馬や駱駝の背に財宝を載せて、ナイル川の中流まで遡る、大変な旅をするのです。しかしそれが空しい努力になる、と言うのです。アッシリアの力はあなたがたが考えるほど甘くはないと(16節)。

2.主を求める幸い

前にもイザヤは、アッシリアと同盟を結ぼうとしたアハズ王に反対しました(2列王16:7)。片や、アハズ王と違ってアラムやイスラエル北王国と同盟しようとする者たちにも反対しました。ここではさらにエジプトに頼ることも反対しています。反対ばかりしているのがイザヤでしょうか?そうではありません。いつの時代も同じかもしれませんが、この時代も政治家たちは、表面的な時代の動きに振り回され、本質的に自分たちの国がどのように進むべきかを考えていたわけではありませんでした。イザヤは、そのような政治家たちに、落ち着いて時代の流れを見ながら、独立自治の道を進むべきことを語ります。もちろんそれは、物事を正しく治め、良きにしてくださる神を信じる信仰なしには、立ちえない道です(8節)。大切なのは、神の力は、人が普通に考えるほど小さくはないことです。そして、たとえ時代の流れがユダ南王国を飲み込み、滅ぼす方向に動くことがあっても、神は、ユダ南王国を再生させることができる、と言います。いやそれどころか、神は、失われたものを、何倍にして取り戻してくださるお方である。あなたには、月も太陽のように、太陽の光は七倍も明るく輝くようになるだろう、と言います。神は偉大であり、力強いお方なのだ、と言うわけです(20-24節)。

27節以降は、イスラエルの脅威となっているアッシリアに対する裁きを宣告するものです。主がユダを罰する杖としたアッシリアを打たれる、と言います(31節)。33節、トフェテは、人間のいけにえをモレク神にささげるための場所で、ベン・ヒノムの谷にありました。もともとは廃棄所です。アッシリアの王も、そこに葬られるだろう、と言うのです。神の言葉に頼ることは、しばしば無知無謀、また無策のように思われるかもしれません。しかし、世の中の動きが脅威に思えるような時代にあって、キリスト者が冷静沈着に物事を見定め、神がどのようにこの先を動かしていくのか、と考えながら行動することは間違ってはいません。すべては神の支配の中にあるのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。聖書の時代レバノンは何の産地として有名であったでしょうか?①杉などの木材、②ブドウなどの果樹、③金などの鉱物。答えは①杉などの木材でした。ことに、古代東方では、レバノン杉は、最高の建築材として重宝にされました。では、今日の聖書クイズです。ネゲブに住んでいた民族は次のどれでしょうか?①アマレク人、②ペリシテ人、③エドム人、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Chapter 30: God’s Abundant Blessings

1. futile efforts

Verse 1, No matter what measures you take or alliances you make, if you proceed “not according to me,” that is, without God, the result will not be what you expect. Isaiah is warning the leaders of the southern kingdom of Judah. v. 4 “Zoan” was an ancient city in the northeastern part of the lower Nile River delta. And “Hanes” is a city located in central Egypt, in the middle reaches of the Nile River. In other words, the leaders of the Southern Kingdom of Judah tried to avert the Assyrian threat by secretly forming an alliance with another great power, Egypt. But God says that even if they traveled deep into the interior, up the Nile into central Egypt, to ask for help, it would be of no avail. v. 6 “Negev” is, roughly speaking, the southern land of Israel, actually bounded on the north by a line through Beersheba and Arad to the Dead Sea, on the east from the Dead Sea to Aqaba The south is bounded on the south by a line connecting Elate with the Egyptian River. It was the arid wasteland of the south, a place where even more ferocious and poisonous snakes could be found. It would be an arduous journey through such a dangerous place, carrying treasures on the backs of asses and camels, all the way up to the middle reaches of the Nile. But it would be an empty endeavor, he said. The power of Assyria is not easy as you think (v. 16).

2. the blessing of seeking the Lord

Previously, Isaiah had opposed King Ahaz’s attempt to form an alliance with Assyria (2 Kings 16:7). On the other hand, he also opposed those who, unlike King Ahaz, sought to ally themselves with Aram and the Northern Kingdom of Israel. Here he further opposes relying on Egypt. Is it Isaiah who is all about opposition? Not at all. As may be the case in any age, even in this age, politicians were driven by the superficial trends of the times and did not essentially think about how their country should proceed. Isaiah tells such politicians that they should proceed on the path of independence and self-government, calmly watching the trends of the times. Of course, this is a path that cannot stand without faith in God, who governs and makes things right and good (v. 8). The important thing to remember is that God’s power is not as small as one might normally think. And even if the current of the times moves toward swallowing up and destroying the Southern Kingdom of Judah, God says that He is able to revive the Southern Kingdom of Judah. No, on the contrary, God is the One who will restore what was lost, many times over. To you, he says, the moon will be like the sun, and the sun’s light will shine seven times brighter. God is great and powerful, he says (vv. 20-24).

Verses 27 and following pronounce judgment against Assyria, which is a threat to Israel. He says that the Lord will strike Assyria, which has made Judah its staff of punishment (v. 31). v. 33, Topheth, a place for offering human sacrifices to Molech, was located in the valley of Ben Hinnom. It was originally a place of disposal. He says that the king of Assyria would also be buried there. Relying on the Word of God may often seem ignorant, reckless, or ill-advised. But in times when the world seems to be moving in a threatening way, it is not wrong for Christians to act with calm and sober judgment, wondering how God will move things ahead. Everything is in God’s control. I pray that you have a good day today.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. What was Lebanon famous for in biblical times? (1) timber such as cedar, (2) fruit trees such as grapes, and (3) minerals such as gold. The answer is (1) cedar and other timber. In particular, in the ancient East, the cedar of Lebanon was valued as the best building material. Now, here is today’s Bible quiz. Which of the following peoples lived in the Negev? (1) Amalekites, (2) Philistines, (3) Edomites. I pray that today will be another good day for you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です