人生100倍の視野【聖書】イザヤ書55章 神の思いに委ねて

1.真に満たされる

 イザヤは、呼びかけています。「ああ、渇いている者はみな、水を求めて出て来るがよい。金のない者も。さあ、穀物を買って食べよ。代価を払わないでぶどう酒と乳を」ここで言う水、穀物、ブドウ酒、乳は、すべて霊的な罪の赦しと祝福の象徴として語られているものです。それらが皆ただで与えられると言うのです。というのも、その代価を既に支払った方がいるからです。それは言うまでもなく、主のしもべであるキリストです(53:5、12)。

豊かな時代は、「お金を持ったに過ぎない子どものような大人」を作り出すと言います。子どものように、たた手にしたお金を使い果たすだけで、日々を過ごしてしまう。しかし視聴者の皆さんもよくご存じのように、そのような人生に満たしはありません。イザヤは言います。人間の根本的な欲求は、神によって、しかも無代価で与えられるのだ、と。神の前に出て、聞く、ただその一つの行為、つまり神とよき時を過ごすことによって、人は真に満足するものがある、と言うのです(3節)。確かに、イエスも語りました。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる」(ヨハネ7:37,38)人の心を真に満たすものは、お金ではありません、家でも、車でも、女、男でも、子供でもありません。神が与えられるいのちあることば、つまり永遠の命を約束する聖書の言葉と言うべきでしょう(ヨハネ5:24)。

2.人生の方向転換

イザヤは悔い改めを呼びかけます(7節)。ということは、イザヤは、イスラエルの人々を悪人として見ているということでしょう。ですから、私はそんな指摘されるような悪はしていない、と思っている人たちは、自分たちには関係のないことと思ったはずです。しかし、私たちの当たり前が当たり前なのではありません。ただ、自分の欲に任せて、世に流されるままに楽しんで生きるだけで、果たして本当によいのでしょうか。人がこの世に生み出されたのは、何のためであるのか、自分が恵まれた人生を生きているとしたら、それは何のためであるのか、それはただ自分を楽しませるためというのは実に寂しい人生観ではないでしょうか。

人は神によって造られた目的を理解し、その目的に沿って生きるものであると聖書は教えていると思います。8節「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、あなたがたの道は、わたしの道と異なる」と語る神と、その思いを知るために、神と時を過ごすことが、実は人間にとってとても大事なことだと言えるでしょう。天がはるかに高いように、神の思いもそれははかり知ることができません。しかし、物事を正しく治められる神の御心を探りつつ、自分がどのように生きていくのかを考えて生きてくことは大切なことです。

 他方、自分はそんなに恵まれてもいないし、人のことを考える余裕など

まるでない、と思っておられる方もおられるでしょう。今の自分の人生は、いばらやおどろで満ちている。正しいことをなさる神が、こんな人生を与えるというのか、と。しかし、神は、そのような人生は、もみの木とミルトスに満ち溢れる人生に変えられる、と言います。ミルトスはてんにん科の植物であり、何かよいことめでたいとこがあると装飾に用いられるので、「祝いの木」とも言われています。ですから、おどろの代わりにミルトスが、というのは、死とのろいに代わっていのちと緑の祝福がということです。神を認め、神を呼び求め、神の思いと道に生きる人の人生はそのようになる、と言うのです。信仰によって踏み出すかどうかなのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。イザヤの時代、アンチモンは何に使われていたでしょうか?①装飾品、②防腐剤、③医薬品。答えは、①装飾品でした。アンチモンは、イザヤの時代、建物の土台に使われ、しばしば宝石の色調を引き立てるための黒色の背景色として使われたようです。また、アイシャドーの黒色としても使われ、イゼベルが目の縁を塗るのに使ったのはこのアンチモンとされます(2列王9:30)。では、今日の聖書クイズです。「おどろ」というのは、次の何を指しているのでしょうか。①とげのある雑草、②群生する低木、③繁茂した水草、答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

 Chapter 55: Surrender to God’s Will

1. to be truly fulfilled

 Isaiah calls out. “Oh, let all who are thirsty come forth for water! Even those who have no money. Come, buy grain and eat. Wine and milk without price.” The water, grain, wine, and milk here are all spoken of as symbols of spiritual forgiveness of sins and blessings. They are all said to be given for free. This is because there is One who has already paid the price. It is, of course, Christ, the Lord’s servant (53:5, 12).

The age of abundance, they say, creates “adults like children who merely have money. Like children, they spend their days just to spend the money they have tat they have. But as our viewers well know, there is no fulfillment in such a life. Isaiah says. Man’s basic needs are provided by God, and without price. He says that one can be truly satisfied by just one act of coming into God’s presence and listening, that is, by spending good time with God (v. 3). Indeed, Jesus also said, “If anyone is thirsty, let him come to me and drink” (v. 4). Whoever believes in me, as the Scriptures have said, rivers of living water will flow from the depths of his heart” (John 7:37, 38). It should be the Word of life that God gives, the Word of the Bible that promises eternal life (John 5:24).

2. life redirection

Isaiah calls for repentance (v. 7). This would mean that Isaiah sees the Israelites as wicked people. Therefore, those who think, “I have done no such pointed evil,” must have thought it was none of their business. But our norm is not the norm. Is it really good to just enjoy life as it is, letting one’s own desires take control of one’s life and being carried along by the world? What is the purpose for which people were created in this world? If you are living a blessed life, what is the purpose for which you are living it?

I think the Bible teaches that man is to understand the purpose for which he was created by God and to live according to that purpose, verse 8: “My thoughts are different from your thoughts, and your ways are different from my ways,” and to spend time with God to know his thoughts is actually a It is very important. As the heavens are far above us, so are the thoughts of God, which cannot be measured. However, it is important to live our lives thinking about how we are going to live while searching for the will of God, who governs things properly.

 On the other hand, there are those who think that they are not so blessed and have no time to think about others. Your life is full of thorns and dread. How can God, who does what is right, give me this kind of life? But God says that such a life will be transformed into a life full of fir trees and myrtus. Myrtus is a plant belonging to the Arachis family, and it is also called the “celebration tree” because it is used for decoration when something good or auspicious happens. Thus, instead of thorns, there will be myrtus; there will be life and green blessings instead of death and curses. It says that the life of those who acknowledge God, call out to Him, and live in His thoughts and ways will be like that. It is up to us to step out in faith. I wish you a good day today.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. What was antimony used for in Isaiah’s time? (1) Ornaments, (2) antiseptics, (3) medicines. The answer is (1) ornaments. Antimony appears to have been used in Isaiah’s time for building foundations, often as a black background color to enhance the tones of jewelry. It was also used as a black color for eye shadow, and it is this antimony that Jezebel used to paint the rims of her eyes (2 Kings 9:30). Now for today’s Bible quiz. What does the word “odoro (thorns) ” in Japanese  refer to? (1) thorny weeds, (2) clumping shrubs, (3) flourishing water plants. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です