人生100倍の視野【聖書】イザヤ21章 主は言われる

1.バビロンへの警告

21章は、バビロン、エドム、アラビヤに対する神のことばです。まず、9節「海の荒野」とは、バビロンを意味しています。バビロンについては、既に13-14章で取り上げられていますが、ここは、単なる繰り返しではなく、イザヤの悲しみの気持ちを加えて切々と語るものとなっています(3、4節)。

この預言については、その成就をめぐって、二つの説があります。BC689年、セナケリブが率いるアッシリア軍がバビロンを陥落させたこと、またその後のBC538年、キュロスが率いるペルシア軍がバビロンを滅亡させたこと、です。ここに描かれた状況は、おそらく前者に近いのではないかと考えられています。というのも、ペルシアのキュロス王は、バビロンを無血開城させ、バビロンの偶像をも大切に取り扱ったとされています。むしろここで語られるような、何の警戒心もない人々の日常の最中に、突如侵略、住民を虐殺し、神殿や偶像を破壊する惨状は(5節)、BC710年のサルゴン、BC689 のセナケリブの攻撃の時を思わせます。

イザヤはその状況について、それは「心乱れて、聞くことができない」「恐ろしさのあまり、見ることができない」(3節)と告白します。このような事態は決して起こってはならない、とイザヤは声を大にして語るのです。10節「踏みにじられた私の民」「打ち場の私の子らよ」は、ユダ南王国の国民を指しています。アッシリアによって近隣諸国が踏みにじられている今、その脅威はユダ南王国にも迫っている、その脅威の中で気づくべきことに気づきなさいというわけです。

2.ドマ、アラビアへの警告

11、12節は、ドマに対するメッセージです。実際にドマという地名はなく、一字違いのエドムのこと、と考えられています。BC712年にサルゴンに率いられたアッシリアがエドムを滅ぼしています。それは暗黒であり終わりなきものであることが、夜回りとの対話の形で、比喩的に語られています。12節「朝は来る。また夜も来る」、というのは、暗黒に終わりはないということでしょう。

13-17節は、アラビアに対するメッセージです。アラビアにも、危険は差し迫っていました。それは後1年の内に起こることであると(16節)。ケダルの勇士は、アラビア人の中でも勇敢で強いとされた戦士たちです。しかし彼らも徹底的に打ち砕かれるとします。

イザヤが、これから先に起こる激動の時代について語っています。しかしそれは、イザヤが語ることではなく神のことばを伝えているに過ぎないのです。神のことばがあらかじめ歴史について予告しているのです。しかも、それは、ある意味で神の裁き、これまでの不正を清算させようとする出来事を語るものです。世の不正が、永遠に続くような状況があっても、決してそれがいつまでも続くことはありません。物事を正しく裁かれる神が、人の歴史に介入されるのです。だからこそ、人には神を恐れ、正しさを選び取って歩むことが大切なのです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。次のうち、エジプトの町ではないものはどれでしょうか?①ヘリオポリス、②ノ・アモン、③ガザ。答えは③ガザでした。ガザはペリシテの五大都市中最南端の町です。では、今日の聖書クイズです。雅歌にも出てくる、アラビアの町の名前は次のどれでしょうか?①デダン、②テマ、③ケダル、答えはまた明日。では今日もよき一日となりますように祈ります。

Chapter 21 The Lord Says

1. warning to Babylon

Chapter 21 is God’s word against Babylon, Edom, and Arabia. First, verse 9, “wilderness of the sea,” refers to Babylon. Babylon has already been discussed in chapters 13-14, but this is not a mere repetition, but an earnest statement with Isaiah’s sorrow added (vv. 3, 4).

There are two accounts of the fulfillment of this prophecy: the fall of Babylon in 689 BC by the Assyrian army led by Sennacherib, and the subsequent destruction of Babylon in 538 BC by the Persian army led by Cyrus. The situation depicted here is probably closer to the former. This is because King Cyrus of Persia is said to have made Babylon bloodless and to have treated the idols of Babylon with care as well. Rather, the devastation described here of a sudden invasion, massacre of the inhabitants, and destruction of temples and idols in the midst of the daily routine of an unguarded people (v. 5) is reminiscent of the attacks of Sargon in 710 BC and Sennacherib in 689 BC.

Isaiah confesses of the situation that it is “so disturbing that I cannot hear” and “so terrible that I cannot see” (v. 3). This must never happen, Isaiah says aloud, for verse 10, “My people who have been trampled down,” “My children of the smiting place,” refers to the people of the southern kingdom of Judah. As the neighboring nations are being trampled by Assyria, the threat is coming to the Southern Kingdom of Judah, and Isaiah is telling them to be aware of what they should be aware of in the midst of that threat.

2. warning to doma and arabia

Verses 11 and 12 are a message to Doma. Doma is not actually a place name, but is thought to refer to Edom, which was destroyed by the Assyrians led by Sargon in 712 BC. The dark and never-ending nature of the destruction is metaphorically described in the form of a dialogue with the night watchman in verse 12: “The morning is coming, and the night is coming again. Verses 12, “The morning comes, and the night also comes,” probably means that there is no end to the darkness.

Verses 13-17 are a message to Arabia. Danger was imminent in Arabia as well. It was to happen within another year (v. 16). The heroes of Kedar were warriors who were considered brave and strong among the Arabs. But they, too, would be thoroughly crushed.

Isaiah is speaking of the turbulent times that lie ahead. But that is not what Isaiah is saying, he is merely conveying the Word of God. The Word of God foretells history in advance. Moreover, it speaks of an event that, in a sense, is God’s judgment, a reckoning of the injustices of the past. The injustices of the world will never last forever, even if there is a situation in which they will last forever. God, who judges things rightly, intervenes in the history of man. That is why it is important for people to fear God and choose to walk in righteousness. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner

First, yesterday’s quiz. Which of the following is not an Egyptian city? (1) Heliopolis, (2) No-Amon, (3) Gaza. The answer was (3) Gaza. Gaza is the southernmost of the five largest Philistine cities. Now, here is today’s Bible quiz. Which of the following is the name of the Arabian town mentioned in the Song of Songs? (1) Dedan, (2) Tema, and (3) Kedar. I pray that today will be another good day for you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です