人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書1章 エゼキエルの召命(1:1-3:27)

1.預言者エゼキエル

本日からエゼキエル書を読みます。この書もまた実に素晴らしい書です。何が素晴らしいかと言えば、神とエゼキエルのやり取りの中に、エゼキエルのみならず、神がどのような方であるかを深く感じさせるものがあるからです。全部で48章、年内には終わりそうもありませんがご一緒に、エゼキエルが味わった祝福を共に味わってまいりましょう。

時代背景は、BC597 年、イスラエルがバビロンに征服された後のことです。イスラエルから、約1万人の人たちが捕虜として、バビロンに連れ去られました(2列王記24:11-18)。その中に、先のエレミヤとほぼ同時代の人で、20代半ばの青年エゼキエルがいました。彼は祭司系家族の出身です。エレミヤは捕虜として連れ去られたところ、途中で解放され、エルサレムに残って預言活動を継続しましたが、エゼキエルはバビロンまで連れていかれ、ケバル川のほとりにある町テル・アビブに住むようになりました。今日のイスラエルの輝・アビブとは違います。それから彼が30歳になった時、つまりBC593年、エゼキエルは預言者となる神の召しを受けて、活動するようになりました。1節の「第30年」は彼の年齢を意味していると考えられています。エゼキエルは、捕囚の民に向けて、神の御計画を語り伝えます。神は、あらかじめエレミヤに語ったとおり、新しいイスラエルを再び興そうとしておられるのでした。しかし、既にバビロン捕囚から5年が経過していました。つまり、そのメッセージを普通に語っても、人々の心は動かない雰囲気もあったのです。

エゼキエル書は、ダニエル書やゼカリヤ書と共に、黙示文学的な内容のある書と言われ、象徴的な記述も多々あり、難解です。しかしその象徴的表現そのものに注目してこれを理解しようとしても、あまり意味はありません。むしろ、それは、捕囚の地に落ち着き始めたエゼキエルと捕囚の民を、神の御計画に向けて突き動かすための、神の力強い霊的な働きを象徴的に物語っていると考えるならば、わかりやすくなるのではないでしょうか。ある意味で、使徒の働きに描かれた、イエス復活後の、ペンテコステのような、衝撃的な出来事が起こり、人々が動かされていく状況を物語っているというわけです。

2.エゼキエルの幻

まずエゼキエルは、自分が見た幻について書き始めます。それは4節、北からの「激しい風」と「大きな雲と、きらめき渡る火」でした。そして、その火の中央には琥珀のようなきらめきを見ています。「琥珀」は、ヘブル語でハシャマール、金属のような目もくらむばかりの輝きを意味しています。つまり、北からの激しい風はバビロン、その中の琥珀の光は神ご自身の栄光です。言いたいことは、バビロンをエルサレムに向かわせ、イスラエルを裁いたのは、神ご自身であった、ということです。

また5-12節、エゼキエルが見ていると、そこに四つの生きもののようなものが現れたと言います。この生き物、10章に再び登場します。そこでは、ケルビムと呼ばれています。つまり天使的な存在です。これは旧約聖書の最初の書創世記にも出てくる生き物で、そこでは、いのちの木への道を守るためにエデンの園の東に置かれた存在でした(創世記3:24)。また新約聖書の最後の書ヨハネは黙示録にも出てきます。そこでは、神の御座を守る存在とされています(黙示録4章)。むしろこちらのイメージに近いのでしょう。つまりヨハネもエゼキエルも同じものを見ている。神の傍にお仕えする天使的な生き物を見て、恐れる思いを抱いているのです(26、28節)。

大切なのは、古代世界では、国が滅びることは、その国の守護神の敗北をも意味しましたが、イスラエルの神は健在である、ということです。普通なら、イスラエルがバビロンに滅ぼされたことは、イスラエルの神も滅んだと考えます。しかし、エゼキエルは、ここで敗戦後、5年も経ったこの時、自分たちの神は、滅びていない、全く健在であることを知るのです。そして、エレミヤが語った通り、バビロンをご自分の裁きの道具とされたこと、そして今なお、大空のはるか上方の王座に君臨しておられことを悟らされるのです。イスラエルは負けても、イスラエルの神はそうではなかった。そしてこれが彼らにとって、祖国再建のビジョンの始まりとなっていきます。約束に誠実な神、そして建て上げることに熱心である神、その神が今の私たちにも同じように向かい合っていることを覚えたいものです。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。預言書は、捕囚期前に書かれたものと、捕囚後に書かれたものに分けられますが、次の内、捕囚期後に書かれたものはどれでしょうか?①イザヤ書、②エレミヤ書、③エゼキエル書。答えは③エゼキエル書でした。この他明らかに捕囚期後に書かれたものとして、ダニエル書、ハガイ書、ゼカリヤ書、マラキ書があります。では、今日の聖書クイズです。エゼキエルの名前の意味は次のどれでしょうか?①神は強めてくださる、②主は高められる、③主の救い。答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

Chapter 1: Ezekiel’s Calling (1:1-3:27)

1. Ezekiel the Prophet

Today we will begin reading the book of Ezekiel. This is another truly wonderful book. What makes this book so wonderful is that in the interaction between God and Ezekiel, we get a deep sense not only of Ezekiel, but also of who God is. There are 48 chapters in all, and it is unlikely that we will finish this book before the end of the year, but I hope that you will join me in sharing in the blessings that Ezekiel experienced.

The historical background is the year 597 BC, after Israel was conquered by Babylon. About 10,000 people from Israel were taken captive to Babylon (2 Kings 24:11-18). Among them was Ezekiel, a young man in his mid-twenties, a near contemporary of the earlier Jeremiah. He came from a priestly family. Jeremiah was taken captive, was released en route, and remained in Jerusalem to continue his prophetic work, while Ezekiel was taken as far as Babylon and came to live in Tel Aviv, a city on the banks of the Kebar River. This is not the same as today’s Israeli Tel Aviv. Then, when he was 30 years old, that is, in 593 BC, Ezekiel received God’s call to prophesy and became active; the “thirtieth year” of verse 1 is thought to refer to his age. Ezekiel speaks of God’s plan for the people in captivity. God was going to reestablish a new Israel, just as He had told Jeremiah beforehand. However, five years had already passed since the Babylonian captivity. In other words, there was an atmosphere in which people’s hearts would not be moved even if the message was told in a normal way.

The book of Ezekiel, along with the books of Daniel and Zechariah, is said to be a book of apocalyptic literature, with many symbolic descriptions that are difficult to understand. However, it does not make much sense to try to understand the book by focusing on the symbolism itself. Rather, it is easier to understand if we think of it as a symbolic story of God’s powerful spiritual work to move Ezekiel and the captives toward God’s plan as they began to settle down in the land of captivity. In a sense, it is a story of a shocking event like Pentecost after the resurrection of Jesus, as depicted in Acts, and the people are being moved by it.

2. Ezekiel’s Vision

Ezekiel begins by describing a vision he had. In verse 4, he sees “a fierce wind” from the north, “a great cloud, and a shimmering fire. In the center of the fire, he sees a shimmering like amber. The Hebrew word for “amber” is hashammar, meaning a dazzling metallic glow. In other words, the fierce wind from the north is Babylon, and the light of the amber in it is the glory of God Himself. The point is that it was God Himself who turned Babylon toward Jerusalem and judged Israel.

Verses 5-12 also say that as Ezekiel looked on, four living creature-like things appeared there. These creatures, again, appear in chapter 10. There, they are called cherubim. In other words, they are angelic beings. This is the same creature that appears in the first book of the Old Testament, Genesis, where it was a being placed east of the Garden of Eden to guard the way to the tree of life (Gen. 3:24). John, the last book of the New Testament, also appears in Revelation. There, he is described as the protector of the throne of God (Revelation 4). It is probably more like this image. In other words, both John and Ezekiel see the same thing. They see an angelic creature who serves beside God, and they are afraid (vv. 26, 28).

The important thing to remember is that in the ancient world, the destruction of a nation also meant the defeat of its patron god, but the God of Israel is alive and well. Ordinarily, one would assume that Israel’s destruction by Babylon meant that the God of Israel was also destroyed. But Ezekiel discovers here, five years after the defeat, that their God is not destroyed, and is alive and well at all. And he is made to realize that He has made Babylon the instrument of His judgment, just as Jeremiah had said, and that He still reigns on a throne far above the firmament. Israel may have lost, but the God of Israel did not. And this would be the beginning of a vision for them to rebuild their homeland. A God who is faithful to his promises and eager to build up, we want to remember that he faces us today in the same way. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Prophetic books can be divided into those written before and after the captivity. Which of the following was written after the captivity? The answer is (3) Ezekiel. Other books clearly written after the captivity are Daniel, Haggai, Zechariah, and Malachi. Now, here is today’s Bible quiz. Which of the following is the meaning of Ezekiel’s name? (1) God strengthens, (2) the Lord raises, (3) the Lord saves. See you tomorrow for the answer. Well, I pray that you have a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です