人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書10章 神殿を離れさった主の栄光(10:1-22)

主が裁かれる原因が語られた後(8章)、主の裁きが実行され(9章)、主がエルサレムを立ち去られます。主の臨在の尊さを改めて教えられるところです。

1.ケルビム、主の臨在

 ケルビムは、天使のような存在で、新改訳はこれまで複数形のケルビムと単数形のケルブを区別して訳してきました。2017の訳では複数形に統一されたようです。確かに、単数複数を厳密に区別する習慣のない日本語からすれば、ありうる修正でしょう(7、14節)。

ともあれ、四つの顔(ケルビム、人間、獅子、鷲)と手と足を持つ有翼のケルビムと呼ばれる生き物は、旧約聖書の他の箇所では、聖所の付添人、守護者として描かれています。たとえば創世記では、エデンの園のいのちの木への道を守る存在として(創世記3:24)、出エジプト記では、至聖所に安置された契約の箱を守る存在として(出エジプト25:18-20)、さらに詩篇では、主の御座を支える存在として描かれています(詩篇18:10)。この10章では、神の王座を支え、移動させる存在です。

エゼキエルは、この生き物をかつてケバル川のほとりで見たことを思い出していますが、本章で注目させられるのは、エゼキエルがこの生き物をじっと見つめていることです。先の章で神の救いに相応しいものを、荒布の衣をまとった人が、区別しようと出ていき、誰もいなかったことが語られました。もはや、神の救いにふさわしい者はいない、滅ぼされるのみだというわけですが、ここではその人類が無に帰すイメージの中で、神の存在がクローズアップされていくのです。神は、人類がいなくても存在する。神を拝む者がいなくても、神は永遠に時を超えて、ただお一人で存在するという不思議、事実があるということです。つまり、人類は神あっての存在です。しかし、神は人類がいなくても存在する。そこで、人間がいかに有能であろうとも、被造物に過ぎない、その現実を謙虚に受け止めていくべきことを思わされるわけです。

2.主の栄光が立ち去る

またさらに二つの出来事に注目されます。一つは、先の亜麻布の衣を着た人が再び登場、主に命じられるまま、裁きの執行を開始するのです。彼は炭火をケルビムから受け取るとエルサレムの都にまき散らします。具体的にそれは、BC586年、バビロン軍によって燃やされ火の海となったエルサレム(2列王25:9)を象徴的に語るものです。バビロンの侵略は、神の裁きとして起こったというわけです。しかも火が聖めの行為を意図するものであるとすれば、それは単なる災いではなく、民の罪を取り除き、町を聖めようとするものです(イザヤ6:6-7、マラキ3:2-3)。

また18節、エゼキエルは、その後、主の栄光がエルサレムから取り去られようとしている状況を目の当たりにします。すでに9:3で、エゼキエルは、主の栄光がケルビムから立ち上って、神殿の敷居に向かっていることを目撃しています。ここではケルビムが先に神殿の敷居から出て、主の栄光が後を追いかけ(18節)、そして地上から離れ去っていく様が描かれています。神殿から主の栄光が失われたのです。とうとう偶像に満ち、汚れた神殿は、もはや主の住まうところではなくなった、ということでしょう。

 主が立ち去る、これほど恐ろしい現実はないはずです。ダビデは「私をあなたの御前から投げ捨てず、あなたの聖なる御霊を、私から取り去らないでください」(詩篇51:11)と祈りましたが、神に見捨てられる恐怖は実際にあるものです。気づいた時には、自分がそのようなものでしかないことに愕然とした思いにさせられることがあります。

しかしそのような私たちの現実があるにもかかわらず、神の愛はなおも変わらず、私たちと共にあることを覚えるべきでしょう。神が私たちを見捨てるように思われても、神が実際にそのようにされることはありません。ただ私たちが神を遠ざける現実があるのみです。求められるべきことは、我に返った放蕩息子がしたように、主に立ち戻ること、主とともにあり続けることなのです。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。聖書では、亜麻布は、次のどのような意味を象徴することばとして用いられることがあるでしょうか?①正しい行い、②死、③きよい性質。答えは①正しい行いでした(黙示録19:8,14)。では、今日の聖書クイズです。ソロモンの神殿の至聖所の奥の壁に設置されたケルビムの像の翼の長さは、全体で何キュビトあったでしょうか?①10キュビト、②20キュビト、③30キュビト。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 10: The Glory of the Lord’s Departure from the Temple (10:1-22)

After the cause of the Lord’s judgment is told (chapter 8), the Lord’s judgment is executed (chapter 9), and the Lord leaves Jerusalem. This is where we are reminded of the preciousness of the Lord’s presence.

1. cherubim, the presence of the Lord

 The cherubim are angelic beings, and the New Revised Version has previously made a distinction between the plural cherubim and the singular cherubs; the 2017 translation seems to unify the two into a plural form. Certainly, this is a possible correction from Japanese, which is not in the habit of strictly distinguishing between singular and plural (vv. 7, 14).

At any rate, the winged cherubim, creatures with four faces (cherubim, man, lion, and eagle), hands, and feet, are depicted elsewhere in the Old Testament as attendants and guardians of the sanctuary. In Genesis, for example, they are depicted as guardians of the path to the tree of life in the Garden of Eden (Gen. 3:24); in Exodus, as guardians of the Ark of the Covenant placed in the Most Holy Place (Ex. 25:18-20); and in Psalms, as supporters of the throne of the Lord (Ps. 18:10). In these ten chapters, it is the being that supports and moves the throne of God.

Ezekiel recalls having once seen this creature on the banks of the river Kebar, but what is remarkable about this chapter is the way Ezekiel gazes at it. In the previous chapter, we were told that a man clad in a robe of rags went out to distinguish what was worthy of God’s salvation, and there was no one there. There is no longer anyone worthy of God’s salvation, only to be destroyed, and here, in the midst of this image of humanity coming to nothing, God’s presence comes into focus. God exists without humanity. It is a mystery, a fact, that God exists alone, eternally and timelessly, even if there is no one to worship Him. In other words, humanity exists because of God. But God exists without humanity. This reminds us that no matter how capable human beings are, they are still only creatures, and we must humbly accept this reality.

2. the Lord’s Glory Departs

Two more events are also noteworthy. The first is the reappearance of the man clothed in flaxen garments, who, as commanded by the Lord, begins to execute judgment. He receives the coals from the cherubim and scatters them over the city of Jerusalem. Specifically, it speaks symbolically of Jerusalem, which was burned and turned into a sea of fire by the Babylonian army in 586 BC (2 Kings 25:9). So the Babylonian invasion occurred as a divine judgment. Moreover, if the fire is intended as an act of sanctification, it is not just a plague, but an attempt to remove the sins of the people and sanctify the city (Isaiah 6:6-7; Malachi 3:2-3).

Also in verse 18, Ezekiel then sees the glory of the Lord about to be taken away from Jerusalem. Already in 9:3, Ezekiel witnesses that the glory of the Lord is rising from the cherubim and heading toward the threshold of the temple. Here we see the cherubim leaving the threshold of the temple first, the glory of the Lord following (v. 18), and then leaving the earth. The glory of the Lord has been lost from the temple. At last the temple, full of idols and defiled, is no longer the dwelling place of the Lord.

 Nothing could be more terrible than the Lord’s departure. David prayed, “Do not cast me down from your presence, and do not take away your holy Spirit from me” (Ps. 51:11), but the fear of being abandoned by God is real. When we realize, to our horror, that we are only like that

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です