人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書12章 主であることを知る

1.主であることを知るしるし

幻やパフォーマンス、そして直接的な言葉によるメッセージという順番に、エゼキエルの預言は、記録されていきます。先に、エゼキエルは、粘土板にエルサレムを描き、鉄鍋を間に挟んでエルサレムに面と向かったり、乏しい食糧を量って食べたりと、パフォーマンスを行いました。それは、エルサレムの包囲、飢饉、バビロン捕囚などを預言するものでした。ここでエゼキエルは再びバビロン捕囚の危機について預言します。それらは神のなさることだと、はっきりわかるだろう、と。

 まずエゼキエルは、壁に穴を開け、こそこそ町を逃げ出す真似をするように命じられました(5節)。当時の中東の家は、日干しレンガで造られたものでした。家の土台は、しっかり作るために、硬い焼きレンガを用いましたが、壁や天井などは、泥に、わらや木くずなどを混ぜて踏み固め、日干しにして作ったレンガを用いたのです。ですから、そこに人が通れるほどの穴を開けることは、結構大変な作業であったと思われます。であればこそ、それは、バビロン軍に包囲された町から逃げ出すことがいかに難しく、容易ではないことを人々に印象づけるパフォーマンスとなったことでしょう。実際エゼキエルは、ゼデキヤ王がエルサレムから逃げだそうとして失敗することを預言しています(10節)。つまり、バビロンの包囲網は、そんなに簡単には抜け出せない、神がこれをしかけたとしか思えないような、神の業としてのしるしになる、と言います。

 続いて、神が関わっていることがわかる第二のしるしとなるものは食糧難であると言います(18節)。そして、すべての事態を掌握し動かしているのは、神であることを知るようになるだろう、と言います。以前、エルサレムを訪れ、ここがユダ南王国末期の官僚が住んでいた町だったという場所に行き、考古学的な発掘調査の説明を受けたことがあります。バビロン軍に包囲された時に使われていたとされる石の便器がありました。その付着物を分析したところ、どうやら生肉を食べていたことがわかった、と。つまり調理用の燃料がなくなって、籠城戦の末期は、生肉を食べる始末であったと言うわけです。

また、神がこの事態を引き起こしたという第三のしるしは、こうしてエルサレムが占領され、破壊され、町が廃墟となる、ことであると言います。それは、神がレビ記26:31-35、申命記28:51、29:23であらかじめ警告していたさばきが、起こってしまったことを確認させるものでした。これらが起こった時に、あなたがたは先祖に言い伝えられてきた契約を思い起こし、「わたしが主であることを知る」と言うわけです。神は生きておられるのです。そして神の契約も、神のことばも死んではいないのです。

2.時は延ばされない

 しかし当時の人々は、そのように預言するエゼキエルを嘲っていました。彼らは言いました「日は延ばされ、すべての幻は消え失せる」(22節)。エルサレムは滅びるようでありながらそう簡単には滅び失せない、むしろあなたの語る預言が、いつしか人々の記憶の中からも忘れさられていくだけだ、と言うことでしょう。また人々は言いました「彼が見ている幻はずっと後のことについてであり、はるか遠い将来について預言しているのだ」(27節)と。つまり一応エゼキエルの言うことが起こるとしても、それは、自分たちが生きている間には起こらない、ずっと先のことだ、と言うわけです。そこで神は言います。いずれの考えも間違っている、23節「その日は近づき、幻のすべては実現する。」28節「私の語ることは、もはや引き延ばされることはなく、必ず成就する」と。

この歴史に学ばなくてはなりません。というのも、キリスト者は終末史観に生きています。この歴史をはじめられた神は、この歴史を終わらせるという信仰に生きています。そして、イエスの再臨を信じる者です。しかしそれは、起こらないものであるかのように、また、今の時代には関係のないものであるかのように思っていることはないでしょうか。常識的判断を持ちつつも、主の再臨に対する切迫感を持った信仰に生きる人は少ないものです。使徒ペテロは「主は、約束したことを遅らせているのではなく、忍耐しておられるのです。だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです(2ペテロ3:9)」と言いました。神の救いの計画の完成はもう間近である、神があらかじめ私たちに語っておられることがある、と時のしるしを見逃さない、霊的な熱意をもって今日も歩ませていただきましょう。では今日も良き一日であるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。緑柱石は、大祭司の胸当てを飾る12の宝石にも使われていますが、それは、何段目にあるものでしょうか?①1段目、②2段目、③3段目、④4段目。答えは④4段目でした。4段目の右の端でした。では、今日の聖書クイズです。エゼキエルが、バビロンに連れていかれたのは第何回目の捕囚の時であったでしょうか?①1回目、②2回目、③3回目。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 12: Knowing That You Are the Lord

1. the sign of knowing that he is the Lord

Ezekiel’s prophecy is recorded in the order of visions, performances, and direct verbal messages. Earlier, Ezekiel gave performances such as drawing Jerusalem on clay tablets, facing Jerusalem with an iron pot between them, and weighing and eating scarce food. It was a prophecy of the siege of Jerusalem, famine, and Babylonian captivity. Here Ezekiel again prophesies about the danger of the Babylonian captivity. We will see clearly that those things are God’s doing, he said.

 First, Ezekiel was commanded to make a hole in the wall and imitate sneaking out of the city (v. 5). Houses in the Middle East at that time were built of sun-dried bricks. The foundation of the house was made of hard baked bricks, but the walls and ceilings were made of mud mixed with straw, wood chips, and other materials, which were then trampled on and dried in the sun. Therefore, it must have been quite a difficult task to make a hole in the brickwork that was large enough for a person to pass through. It would have been a performance that would have impressed upon the people how difficult and difficult it was to escape from a city besieged by the Babylonian army. In fact, Ezekiel prophesied that King Zedekiah’s attempt to flee Jerusalem would fail (v. 10). In other words, he says that the siege of Babylon will not be so easy to escape, and that it will be a sign as the work of God, as if God could only have put this in place.

 He goes on to say that the second sign that will show that God is involved is the food shortage (v. 18). He says that we will come to know that it is God who is in control and running the whole situation. I once visited Jerusalem, where this was the city where the bureaucrats lived at the end of the Southern Kingdom of Judah, and was given an account of the archaeological excavations. There was a stone toilet bowl that was supposedly used during the siege by the Babylonian army. Guide said that analysis of the deposits revealed that they had apparently been eating raw meat. In other words, they ran out of fuel for cooking, and at the end of the siege, they ended up eating raw meat.

The third sign that God caused this to happen is that Jerusalem was thus occupied and destroyed, and the city was left in ruins. This confirms that the judgments that God warned about in Leviticus 26:31-35, Deuteronomy 28:51, and 29:23 have taken place. When these occur, you will remember the covenant that was handed down to your ancestors and say, “You will know that I am the Lord. God is alive. And neither God’s covenant nor God’s Word is dead.

2. time will not be prolonged

 The people of that time, however, scoffed at Ezekiel’s prophecy. They said, “The days will be prolonged, and all visions will disappear” (v. 22). They would say, “Jerusalem will seem to be destroyed, but it will not be so easily destroyed; rather, the prophecies you speak of will be forgotten by the people. The people also said, “The vision he is seeing is about a much later time, and he is prophesying about the far future” (v. 27). In other words, even if what Ezekiel says will happen, it will not happen in their lifetime, but far into the future. Then God says. Both ideas are wrong, v. 23: “The day is near, and all the visions will come true.” Verse 28: “What I tell you will no longer be delayed, but will be fulfilled.”

We must learn from this history. Christians are living in an apocalyptic history. We live in the faith that God, who began this history, will end it. And they believe in the second coming of Jesus. But do we ever think as if this is something that will not happen, or as if it is not relevant to our time? Few people live in faith with a sense of urgency about the Lord’s second coming, even though they have common sense judgment. The apostle Peter said, “The Lord is not delaying what He has promised, but is persevering. He wants no one to perish, but for all to come to repentance (2 Peter 3:9).” Let us walk today with spiritual zeal, not missing the signs of the times, that the completion of God’s plan of salvation is near, and that there are things God has told us in advance. Let us walk today with spiritual zeal, not missing the signs of the times.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. The green columnar stone is used in the 12 jewels that adorn the breastplate of the high priest. (1) the first tier, (2) the second tier, (3) the third tier, and (4) the fourth tier. The answer was (4) the fourth tier; it was the right end of the fourth tier. Now, here is today’s Bible quiz. Ezekiel was taken to Babylon during how many captivities? (1) the first, (2) the second, and (3) the third. The answer will be given tomorrow. Now I pray that you have a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です