人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書16章 不真実な女のたとえ(16:1-63) 

1.イスラエルの歴史を象徴的に語るエピソード

聖書の中でも最も長いたとえです。それは、ある女児の一生を語るものですが、その中に、出エジプトから、王国の設立、分裂、バビロン捕囚に至るまでの、主とイスラエルの歴史的関係が、実に巧みな形で、象徴的に語られています。

3節「あなたの父はアモリ人、あなたの母はヒッタイト人であった」。エルサレムの先祖は、カルデヤのウルから渡ってきたアブラハムに遡ります。そこで、ウルという地方から、ユーフラテス川を「渡ってきた者」という意味で、もともとはヘブル人と呼ばれていました。他方アモリ人とヒッタイト人はカナンの地にもともと住んでいた先住民族の名前です。なぜ、イスラエル人に対してこのようなことを言うのか?その意図は、民族的には系統が違ったとしても、道徳的にこれら先住民族と同じだ、と言っているのです。本来イスラエル人も、イスラエル人が異教徒と忌み嫌った人々も、同じである。しかし、神が、その中から、なぜかイスラエルを愛して、特別な神の民になった、と言っているのです。

 そこで、女児が神に哀れみを受け、神の子とされた経緯が語られます。4節、それは実に、心痛むストーリーです。当時、助産師は子どものへその緒が切られるとすぐに、その全身に塩と水と油を塗り、七日間布できつく巻いたと言います。その後、子どもを洗いきよめ、また子どもを布で包み、40日目にほどくのが習慣でした。ただ古代において、女児の出産は余り喜ばれず、生まれたらそのまま放置され、死んでしまう子もいました。エジプトの奴隷であったエルサレムはまさにそのような子であったのではないか、と言うわけです。彼らは激しく虐待され、産み落とされたまま放置され、血の中でもがき、いのち尽きようとしていた子と同じでした。そのような子を神は拾い上げ「生きて!お願いだから」と叫び、塩と水と油を塗り、体を温め布に巻き、そのいのちを救ったのです(4-7節)。何かとても心打つストーリーです。

そしてこの女児については、続きのお話があるのです。それから幾年も経た後のこと、今度は、旅人にたとえられた神が、かつていのちを救った女児のもとを訪れるのです(8節)。その子は、もう結婚適齢期になっていました。しかし、この子は、その後も、愛情をあまりかけられることもなく、ある意味でつまはじきにされていたのです。そこで神は、心を痛め、この子を引き取り、なんと自分の妻にし、ありとあらゆるもので祝福しようと決意するのです。これは、象徴的に、奴隷であったイスラエルが、モーセによって救い出されて、シナイ山で契約を交わしたことを語っているのでしょう。それから後、彼女は幸せになり、その評判は世界中に広まったと言いますが、これは、世界に名を馳せたソロモン王国時代のイスラエルを象徴的に語るものです(1列王4:34)。しかしソロモン王以降の王様は、常に主を前に置き(詩篇16:8)、遜って歩んだ(詩篇71:6)ダビデ王のような者たちではなく、エジプトやアッシリア、そしてバビロンに媚びを売り、姑息に中東世界での生き残りをはかるだけの者たちでした。そして愛のない恋人たちは、利用するだけ利用して、彼女を丸裸にして捨て去ると言いますが、これは、エルサレムの没落と捕囚を象徴的に語っています(15-43節)。

2.神の変わらぬ契約と愛

ここまではよくあるお話ではないでしょうか。見捨てられたかわいそうな子どもを見かけて、心痛めて何かしてあげたい、そしてチャイルドスポンサーになる。それは、よくあるお話です。また助けた子どもが、未だに不憫な状態にあれば、さらに助けの手を差し伸べ、誰もが羨む幸せ者としてあげたい、という人もいるでしょう。しかしこのたとえ話の結末は、散々男に弄ばれ、裏切られた女を、元の男が受け入れ、再び結婚の契りを結びなおす、というものです。つまりそのたとえ話が象徴しているのは、神を裏切り、最悪の恥辱の中にあるイスラエルが、再び神に赦され、何事もなかったかのように愛され祝福されるということです(63節)。大変な恩義を受けながらその恩を仇で返したイスラエルに、神は怒りを燃やしながらも、やはりあわれみの心が優って、最初の約束を守って愛し続けるのです(53-63節)。神は甘すぎるのかもしれません。しかしその深い神の愛のゆえに、人は人生に希望をつなぐことができるのでしょう。こんな人がいるのか、ではありません。神とはそういうお方なのか、感動というところではないでしょうか。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。ペカ、レツィン、アハズの時代に活躍した預言者は、誰でしょうか?①エリヤ、②イザヤ、③エレミヤ。答えは②イザヤでした。では、今日の聖書クイズです。アッシリアの首都は、どれでしょうか?①バビロン、②ニネベ、③ダマスコ。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

 So we are told the story of how the girl child was pitied by God and made a child of God, verse 4, and it is, indeed, a heart-wrenching story. In those days, as soon as the umbilical cord was cut, the midwife would apply salt, water, and oil to the child’s entire body and wrap it tightly in cloth for seven days. The child was then washed and cleansed, and wrapped in the cloth again, which was untied on the 40th day. In ancient times, however, the birth of a baby girl was not so much appreciated, and some children were left to die after birth. Some children were left to die after birth. Jerusalem, a slave in Egypt, may have been just such a child. They were the same children who had been violently abused, left unborn, and left to struggle in their blood until their life was about to end. God picked up such a child and cried out, “Live! He anointed him with salt, water, and oil, warmed his body, wrapped him in cloth, and saved his life (vv. 4-7). There is something very heartbreaking about this story.

And there is a continuing story about this baby girl. Many years later, God, who is likened to a traveler, visits the girl whose life he once saved (v. 8). The child was now of marriageable age. However, the child had not been given much affection since then, and in a sense, had been shunned. So God, pained by this, decides to take the child, make her his wife, and bless her with all kinds of blessings. Symbolically, this may be a reference to Israel’s deliverance from slavery by Moses and the covenant made on Mount Sinai. Then later we say that she was happy and her reputation spread throughout the world, which symbolically speaks of Israel during the time of Solomon’s kingdom, which was world-famous (1 Kings 4:34). But the kings after King Solomon were not like King David, who always set the Lord before him (Psalm 16:8) and walked in reverence (Psalm 71:6), but were simply flirting with Egypt, Assyria, and Babylon, and trying to survive in the Middle East world in a motherly way. And the loveless lovers say that they will use her as much as they can and then leave her naked and discarded, symbolically speaking of the fall and captivity of Jerusalem (vv. 15-43).

2. God’s Unchanging Covenant and Love

So far, this is a common story. You see a poor child who has been abandoned, you are heartbroken and want to do something about it, and you become a child sponsor. That is a common story. And if the child you saved is still in a pitiful state, you may want to help him or her further and make him or her the lucky one that everyone envies. However, the parable ends with a woman who has been betrayed and played around with by a man so much that the original man accepts her back into his marriage and they rekindle their union. What the parable symbolizes is that Israel, who has betrayed God and is in the worst of shame, is once again forgiven by God and is loved and blessed as if nothing had happened to her (v. 63). God is angry with Israel, who has received a great favor and has returned the favor, but his mercy still prevails and he continues to love her, keeping his first promise (vv. 53-63). Perhaps God is too indulgent. But because of that deep divine love, one may connect hope to life. This is not how people are. I think it is more about being moved by the fact that God is like that. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner     

First, yesterday’s quiz. Who were the prophets active in the time of Pekah, Rezin, and Ahaz? (1) Elijah, (2) Isaiah, and (3) Jeremiah. The answer was (2) Isaiah. Now, here is today’s Bible quiz. Which is the capital of Assyria? (1) Babylon, (2) Nineveh, (3) Damascus. See you tomorrow for the answer. Well, I pray that today will be another good day.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です