人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書17章 二羽の鷲のたとえ(17:1-24)

1.二羽の鷲のなぞなぞ

エゼキエルは、ここで、神のなぞなぞをイスラエルの民に投げかけています。まず、二羽の大鷲が出てきます。まず「色とりどりの豊かな羽毛の大鷲」が、飛んできて杉の木の若枝の先を摘み取り運び去っていく。そして、代わりに、ぶどうの木の種を運んできてそれを植えて豊かな実りを得るというのです。また、「もう一羽の鷲」が登場します。すると先ほど、豊かな実りを得たぶどうの木が、この鷲の方になびいていく、すると神は、これを見て、このぶどうの木は枯れてしまうと宣告するわけです。これは何を意味しているのか、この神のなぞなぞをよく理解せよ、と言うわけです。

2.なぞなぞの解き明かし

11節からその解きあかしが始まります。「色とりどりの豊かな羽毛の大鷲」は、バビロンの王ネブカドネツァルのこと。彼は、BC597年の第二回捕囚の際に(3-4節)エルサレムに攻めてきて、18歳で王位についたエホヤキン王、つまり「杉の木の若枝の先」を初め、国家の指導者や技術者達を捕虜として連れ去り、バビロン、つまり「商業の地、商人の町」(4節)に移しました。ついでにネブカドネツァルは、「その地の種」つまりエホヤキンのおじゼデキヤを王とし、「肥えた土地」であるエルサレムに傀儡政権として立てたのです(2列王24:10-17)。彼はエルサレムで栄えましたが、それはあくまでも「たけの低い、よくはびこるぶどうの木」(6節)つまり、限られた権力と影響力しか持たない存在でした。そして、いつでも「鷲の方に向き、鷲の下に根を張る」(6節)、つまりはバビロンに依存する政権であったわけです。

ところが、このゼデキヤは、もう一つの「豊かな羽毛を持つ鷲」つまりエジプトの王ファラオに心を向けたのです。BC588年夏、エジプトのプサメティコス2世に使者を送り、バビロンの支配から逃れようとしました。それはまさに、エジプトに向けて根を生やし、枝を向けていくぶどうの木にたとえられるものでした。確かにエジプト軍は援軍を送り、バビロンはその年の1月から始めていたエルサレムの包囲を一時的に解除しますが(2列王25:1)、すぐに戻ってきてBC587年1月エルサレムに猛攻をしかけ、これを陥落させてしまいます(17節)。

神が宣告した通りになりました。支配国のバビロンの好意を受けながら、エジプトと関係を深め、自立存続しようとする努力は無駄である、と。神が、これをしたのだ、と(9節)。8:1の日付(BC590年)と20:1の日付(それから11ヶ月後)からすれば、この預言は、おそらくBC590年頃、つまりエルサレムの崩壊前に語られたものと考えられています。神は予め、自らの計画と意思を語り伝えたというわけです。

3.もう一つのたとえ 

 22節から、もう一つのなぞなぞ、たとえが語られます。神が「高い杉のこずえの柔らかい若枝の先を」を取り、イスラエルの高い山に植えたところ、それは見事な杉の木となった」というものです。これは明らかに、この章の前半に書かれたバビロンの王ネブカドネツァルがしたことに対比して、神がこれからすることを語っています。これは、直接的には、バビロン捕囚からイスラエルが解放されることを語っています。しかし、実はそれ以上のことを示唆しているところがあるのです。というのも、その杉は「あらゆる種類の鳥が宿り、その枝の陰に住む(23節)」立派な木になると言うからです。つまり、この木が象徴する支配は、イスラエル人だけの祝福を語るものではありません。しかも、神は言います。24節「主であるわたしが高い木を低くし、低い木を高くし、生木を枯らし、枯れ木に芽を出させることを知る」と。一国の王バビロンのネブカドネツァルがしたことは、自分よりも弱い国を自分の保護と支配のもとに栄えさせることでした。しかし、神がなさろうとしていることは、地上の勢力争いを超えて、一つの支配をこの地上に打ち立てて、そこにあらゆる民族を集めるということです。

 今年は、ウクライナ、イスラエル、ミヤンマー、アフガニスタン、と様々な民族紛争が、私たちの心を騒がしました。互いに権利を主張し、相争う様に残念な思いになった人は多いでしょう。しかし、国というのは人の集まりです。つまり、人の心の中にある争う心の性質が本当は問題とされるべきことなのでしょう。人が、まず自分自身の心の中に争う性質があることを認め、悔い改めていく。そして平和な心を持つように、神の救いを戴く。つまりイエスの十字架の恵みに与ることが何よりも大切です。キリスト教を信じるというのではなくて、キリストの心を自分の心とする神の御業を求めていくことです。新しい年は、遜った心をもって平和に一歩近づく年でありたいものです。では、良き一日であるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。アッシリアの首都は、次のどれでしょうか?①バビロン、②ニネベ、③ダマスコ。答えは、②ニネベでした。では今日の聖書クイズです。ユダ南王国末期の王、エホヤキンは、エレミヤ書では何と呼ばれているでしょうか?①エコニヤ、②エコヌヤ、③エホヤキム。答えはまた明日。では今日も良き一日となるように祈ります。Chapter 17 The Parable of the Two Eagles (17:1-24)

1. the riddle of the two eagles

Ezekiel presents a divine riddle to the Israelites. There are two great eagles. First, “a great eagle of richly colored feathers” flies in and plucks the tips of the young branches of the cedar tree and carries them away. Then, instead, it carries the seeds of a grapevine and plants them to produce an abundant harvest. Another “eagle” will also appear. God sees this and declares that the vine will wither. What does this mean?

2. The solution of the riddle

The solution begins in verse 11. The “great eagle of many colors and rich feathers” is Nebuchadnezzar, king of Babylon. He invaded Jerusalem during the second captivity in 597 BC (vv. 3-4) and took King Jehoiachin, who ascended the throne at the age of 18, or “the tip of a young branch of a cedar tree,” and other leaders and engineers of the nation as captives and transferred them to Babylon, “a place of commerce, a merchant city” (v. 4). Nebuchadnezzar then set up a puppet government in Jerusalem, a “fertile land” (2 Kings 24:10-17), with Zedekiah, the uncle of Jehoiachin, as king, “the seed of the land. He prospered in Jerusalem, but it was a “lowly and infested vine” (v. 6), an entity of limited power and influence. He was always “turned toward the eagle and rooted under the eagle” (v. 6), in other words, a government dependent on Babylon.

But this Zedekiah turned his heart to another “eagle with rich feathers,” the king of Egypt, Pharaoh, who in the summer of 588 BC sent a messenger to Psametikos II of Egypt to escape Babylonian rule. It was indeed likened to a vine that was growing roots and turning branches toward Egypt. Indeed, the Egyptian army sent reinforcements, and Babylon temporarily lifted the siege of Jerusalem that had begun in January of that year (2 Kings 25:1), but soon returned and launched an onslaught on Jerusalem in January 587 BC, causing it to fall (verse 17).

It happened just as God had pronounced. God had pronounced that the effort to deepen relations with Egypt and to remain independent while enjoying the favor of Babylon, the ruling power, would be in vain. God had done this (v. 9), and given the date of 8:1 (590 BC) and the date of 20:1 (11 months later), this prophecy was probably spoken around 590 BC, or before the fall of Jerusalem. God had already told them of his plan and will beforehand.

3. Another Parable 

 Starting from verse 22, another riddle or parable is told. God took “the tender young tips of the cedars of the high cedars” and planted them on the high mountains of Israel, and they became magnificent cedar trees. This clearly speaks of what God is about to do in contrast to what Nebuchadnezzar, king of Babylon, did in the first half of this chapter. It speaks directly of Israel’s deliverance from the Babylonian captivity. But there is actually something more than that implied. The cedar will be a magnificent tree in which “every kind of bird will dwell, and in the shade of its branches (v. 23). In other words, the dominion symbolized by this tree does not speak of blessings only for the Israelites. Moreover, God says, verse 24: “Know that I, the Lord, will make the high tree low and the low tree high; I will cause the living tree to wither and the dead tree to sprout.” What Nebuchadnezzar of Babylon, king of a nation, did was to let a nation weaker than himself flourish under his protection and rule. But what God is going to do is to go beyond the struggle for power on earth and establish one rule on this earth and gather all peoples to it.

 This year, we have been disturbed by various ethnic conflicts in Ukraine, Israel, Myanmar, and Afghanistan. Many of us may have been disappointed to see the conflicts between people claiming rights over each other. However, a country is a group of people. In other words, it is the nature of the warring hearts in the minds of people that should really be the issue. People must first recognize the contentious nature in their own hearts and repent. Then, he will crown God’s salvation so that he may have a peaceful heart. In other words, it is of utmost importance to partake of the grace of the cross of Jesus. It is not about believing in Christianity, but about seeking God’s work to make the mind of Christ our mind. I hope that the new year will be a year in which we move one step closer to peace with a heart of reverence. So, I wish you a good day.

<Quiz Corner     

First, yesterday’s quiz. Which of the following was the capital of Assyria? (1) Babylon, (2) Nineveh, (3) Damascus. The answer was (2) Nineveh. Now, here is today’s Bible quiz. What is Jehoiachin, king of the late Southern Kingdom of Judah, called in the book of Jeremiah? (1) Econoniah, (2) Economiah, (3) Jehoiakim. The answer will be given tomorrow. Now, I wish you a good day.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です