人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書25章 国々へのさばき(25:1-32:32)

2024年、新しい年が明けました。今年もよろしくお願いいたします。

                                パスターまこと

1.周辺諸国への裁きの宣告

これまでエゼキエルは、主としてイスラエルについて、神からのメッセージを直接的な言い方や、パフォーマンスという手段で伝えてきました。この25章から32章までは、イスラエルの周辺諸国に対する預言となっています。エレミヤも、最初はイスラエル(1-45章)、続いて後半の46章から51章までは周辺諸国に対してメッセージを書き連ねていました。同じ構造があるように思います。

 大切なのは、イスラエルのように主との契約関係を持たない国々もまた、主の主権の下にあることです。神はイスラエルだけの神ではなく、全世界の主です。そこで、神は、イスラエルの滅亡を喜んだ、近隣諸国、アンモン(1-7節)、モアブ(8-11節)、エドム(12-14節)、ペリシテ(15-17節)に対しても、その裁きを告げられます。神は、ただ怒りに任せて事を行うような方ではなく、正しいことをなさるお方だからです。

まず、アンモン人に対する裁きが語られます(1-7節)。アモン人の祖先は、ロトの末娘の子に遡ります(創世記19:38)。ロトはアブラハムの甥ですから、イスラエル人とは親族関係にあります。そのアンモン人への裁きは、既に21:28-32で語られましたが、その詳しい繰り返しです。彼らが裁かれたのは、イスラエルの民が受けた災いをあざけったためでした(3、6)。イスラエルが主にさばかれたのは、イスラエルの罪のためです。しかしたとえ、イスラエルが当然の報いを受けたとしても、アンモン人がそれをあざけって喜ぶことは許されないことでした。というのも、アンモン人も同じ穴の狢だからです。またアンモン人のあざけりは、彼らがイスラエルを敵としてきた憎しみから出たものでした。主のさばきは憎しみから出たものではなく、イスラエルの汚れを取り除き、きよめる目的を持った、愛の鞭であり、その意図は正しく理解されなくてはならなかったのです。

2.モアブ、エドム、ペリシテへの裁きの宣告

次にモアブに対する宣告。彼らの祖先は、ロトの娘たちによって生まれた子に遡ります(創世記19:30-38)。つまり、アンモン人と同様に、彼らもまたイスラエルと親族関係にありました。彼らの罪は、ユダを神の選びの民とは認めず軽蔑したことです(8節)。彼らは、ユダ南王国の滅びを、イスラエルの神の無力さの為と考えたのです。彼らもまたイスラエルを裁く神の意図を正しく理解していませんでした。そこで、神は、正しいことをなさる力ある神であることをわからせるために、モアブにもさばきを下されました(11節)。

エドムの祖先は、アブラハムの孫、ヤコブの兄エサウに遡ります。エドムもイスラエルと親族関係にある民です。彼らの罪は機会に乗じて、エルサレムを痛めつけ、自分たちのものにしようとしたことでした(12節、35章、オバデヤ書)。実際バビロン捕囚の後、彼らはユダ南部を不当に占領しました。神は彼らの不当な介入を裁かれます。

最後に、ペリシテ人。現代のパレスチナ自治区のガザに重なる地域です。彼らは、イスラエルとは全く血縁関係のない民族でした。創世記にはカスルヒム人(ミツライム)を起源とするとあり(創世記10:14)、ミツライムはエジプト人のことですから、エジプトから移住してきた民族なのでしょう。歴史的にイスラエルに敵対してきた彼らは、エドムと同じように、さばかれたイスラエルに不当な介入をしたのでした(15節)。

神は正しいことをなさるお方です。神のさばきは、教育的な意図を持ったものです。ですからそこで神の意図にそぐわぬ嘲りや不当な介入を加える者を、神はお許しになりません。神のさばきに行き過ぎはありません。ですから、神の懲らしめを受けた時には、素直な心を持って受け止めることです。神は、そのようなしもべを祝福されます。他方、神の裁きが行われ、それがあまりにもひどすぎると思う時に、特に、そこに、神の意図とは別の意図を感じて、徹底的に打ちのめされたと思うような時には、神にそのことを素直に告げるべきなのです。神は行き過ぎた仕打ちを決して許されないお方だからです。神が行き過ぎた仕打ちに復讐を加え、償ってくださることを覚えたいものです。神は正しいことをなさるお方です。では、今日も良き一日であるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。一般にユダヤでは喪中期間は、定まっていませんが、聖書に記録された最長の喪中期間は何日でしょうか?①1週間、②70日間、③140日間。答えは②70日間でした。最長はヤコブの70日間(創世記50:3)です。なお、アロンやモーセのためのもの期間は30日間でした。(民数20:29、申命34:8)では、今日の聖書クイズです。次の中でイスラエルと血縁関係にない民族はどれになるでしょうか?①モアブ人、②エドム人、③ペリシテ人。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 25: Judgment on the Nations (25:1-32:32)

1. pronouncement of judgment on the surrounding nations

Up to this point, Ezekiel has primarily conveyed God’s message to Israel in direct terms and by means of performance. These chapters 25 through 32 are prophecies against the surrounding nations of Israel. Jeremiah, too, wrote his message first to Israel (chapters 1-45) and then to the surrounding nations in the latter half of the book, chapters 46-51. The same structure seems to be in place.

 What is important is that the nations that do not have a covenant relationship with the Lord, like Israel, are also under His sovereignty. God is not the God of Israel alone, but the Lord of the whole world. Therefore, God pronounces His judgment on the neighboring nations who rejoiced in Israel’s destruction: Ammon (vv. 1-7), Moab (vv. 8-11), Edom (vv. 12-14), and the Philistines (vv. 15-17). God is not a man who just does things in anger, but does what is right.

First, the judgment against the Ammonites is spoken (vv. 1-7). The ancestry of the Ammonites goes back to the son of Lot’s youngest daughter (Gen. 19:38). Lot was Abraham’s nephew, so he is related to the Israelites. The judgment on the Ammonites, already discussed in 21:28-32, is a detailed repetition. They were judged because they mocked the plagues that the Israelites had suffered (3, 6). Israel was judged by the Lord because of their sins. But even though Israel got what they deserved, the Ammonites were not allowed to mock and rejoice over it. Ammonites are just as much a part of the problem as Israel. The mockery of the Ammonites came from their hatred of Israel as their enemy. The Lord’s judgment was not out of hatred, but a whip of love that was intended to cleanse and purify Israel, and that intention had to be properly understood.

2. pronouncement of judgment on Moab, Edom, and the Philistines

Next is the pronouncement against Moab. Their ancestry goes back to the children born to them by the daughters of Lot (Genesis 19:30-38). In other words, like the Ammonites, they too were kin to Israel. Their sin was that they despised Judah, not recognizing it as God’s chosen people (v. 8). They attributed the destruction of the southern kingdom of Judah to the impotence of the God of Israel. They also did not properly understand God’s intention in judging Israel. Therefore, God sent judgment on Moab as well, to make them see that He is a mighty God who does what is right (v. 11).

Edom’s ancestry goes back to Esau, the grandson of Abraham and brother of Jacob. Edom is also a people with kinship to Israel. Their sin was to take advantage of the opportunity to hurt Jerusalem and make it their own (v. 12, ch. 35, Obadiah). In fact, after the Babylonian captivity, they unjustly occupied southern Judah. God will judge their unjust intervention.

Finally, the Philistines. This is the area that overlaps with Gaza in the modern Palestinian Authority. They were a people completely unrelated to Israel. Genesis says that they originated from the Kasurhim (Mitsuraim) (Gen. 10:14), and since Mitsuraim are Egyptians, they must have been a people who migrated from Egypt. Historically hostile to Israel, they, like Edom, intervened unjustly against a judged Israel (v. 15).

God is the One who does what is right. God’s judgments are meant to be edifying. Therefore, God will not permit anyone to ridicule or intervene unjustly, which is not in accordance with God’s intention. There is no excess in God’s judgment. Therefore, when we receive God’s chastening, we are to accept it with an open heart. God blesses such servants. On the other hand, when God’s judgments are too much, especially when we feel that God has other intentions and that we have been thoroughly beaten down, we should be honest enough to tell God about it. God is the one who will never allow us to go too far. We should remember that God will take vengeance and make amends for our wrongdoing. God does what is right. I wish you a good day today.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. In general, there is no fixed period of mourning in Jewish society. (1) one week, (2) 70 days, and (3) 140 days. The answer is (2) 70 days. The longest was Jacob’s 70 days (Genesis 50:3). The period for Aaron and Moses was 30 days (Numbers 20:29). (Numbers 20:29, Deuteronomy 34:8) Here is today’s Bible quiz. Which of the following peoples is not related to Israel? (1) Moabites, (2) Edomites, and (3) Philistines. The answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です