人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書28章 ツロの王の破滅(28:1-19)

1.神のようになるという誘惑

 26章からツロと言う国に対する預言が続いています。この28章では、ツロの君主、エトバール2世が、自分を神としたことが非難されています。それはまさに高慢の罪であると。しかしながら、自分を神とする罪は、すべての人に共通する最も根源的な罪と言うべきでしょう。

 旧約聖書の創世記3章には、最初の人アダムとエバが犯した罪のエピソードがかたられています。それは、サタンにそそのかされて、神に禁じられた木の実を食べるものでした。注目されるべきことは、サタンの誘惑のことば、それを食べるならあなたは神のようになる、というものです(創世記3:5)。何からも自由となり、全ての頂点に立つ、それは、神のようになる野心に他ならないのです。そのような野心と高慢に陥った彼らは、神に裁かれ、エデンの園を追放されてしまいます。11-19節は、そのエピソードをなぞっています。ツロの君主も、アダムも、そしてすべての人は、同じ罪の誘惑にさらされているのです。

2.悪魔、サタンの起源

 しかしながら、この箇所については、もう一つ、サタンの起源を語るものであるとする解釈があります。悪魔やサタン、本当にそんなものはいるのだろうか、と思う方も多いでしょう。しかし、聖書は、それを霊的に実在するものとして語っています。ただ、それらがどこから来たのか、あまり多くを語っていません。それは、聖書が、主として神を語るために書かれているからです。しかしそれでも、全く触れられていないわけではなく、示唆的に、悪魔やサタンの起源が語られているのはここであるというわけです。「ツロの王」(12節)について語られているようであるけれども、これは比喩的に理解すべきもので、守護者ケルビム、つまり神の最も近くに存在するように位置付けられた天使(14節は、新改訳2017で訳が修正されました)が、高慢に陥り、罪を犯したために「神の山から追い出」された、と悪魔やサタンの起源を語っている、というわけです。

 ちなみにイザヤ14:12-15も同じことを語っているとされ、それは直接的にはバビロンの王について語っているようでありながら、これも比喩的に理解するなら、悪魔やサタンは、「ルシファー、暁の子」(イザヤ14:12)つまり、「輝いている者」あるいは「光を運ぶ者」で、最初は善なる者として創造されたのに、堕落して悪しき存在となったと、その起源を明らかにしていると言うわけです。ただあまり聖書が語っていないものを、比喩的にこじつけて理解してもしょうがないとは思いますが、考えの整理はつく程度のものでしょう。

むしろ大切なのは、人間もサタンも五十歩百歩なのかもしれないということです。その心の魔性もそうですが、人にしても、サタンにしても、堕落の原因は、自分を神の位置に置き始めることです。富み、栄えることが問題なのではありません。神から特別な恵みを受け「火の石の間」を歩く、つまり、13節にあるように、美しく炎のように輝く宝石の間を歩く存在にまで高められたとたん、まるで自分を神であるかのように思い始め、人を人と思わない態度を取るようになる、つまり、土足で神の玉座に上がり込む愚かさに落ち込むことが問題なのです。神を認めない人間は、皆そのような過ちに陥るものでしょう。しかし、「あなたは人であって神ではない」(2節、9節)やはり人は神に造られた者、いのちを初めすべてを与えられて生きているに過ぎない者であることを忘れてはならないのです。

3.シドンへの宣告、イスラエルの回復

20-23節は、ツロの隣国、北方に位置するシドンに対する裁きの預言です。ツロとシドンに対する手厳しい裁きが語られた後、その運命に対比されるイスラエルの回復が語られる点に注目しましょう(24-26節)。

イスラエルの回復の預言は、33章から本格的に語られていきますが、永遠に葬り去られる諸外国の民と区別されて、イスラエルだけが、再び捕囚の地から回復され、エルサレムに集められるところに、ご自身の聖徒を特別に扱うと約束した(詩篇4:3)、神の真実さが示されているのです。不思議なことに、神の御前にツロと同様に高慢になり、サタンに等しき振る舞いをした不誠実なイスラエルに対して、神は「約束は約束」と言われます。そのような対応が、神の聖なることを示す、と(25節)。どういう意味でしょう。ヘブル語の「聖」には分離の意味があります。つまり、「聖なる」というのは、「区別される」ことを意味するのです。神が、人と違って、いかなる理由があろうとも約束を守るお方であることは、まさに人と神とは区別された違う存在であることを明らかにするのです。「あなたは人であって神ではない」まことに、神ではない人であることを覚え、聖い神を恐れ、謙虚に生きることを大切にいたしましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>      

最初に、昨日のクイズです。ヨシュアの時代、ツロは、何族に割り当てられた土地であったでしょうか?①アシェル族、②ベニヤミン族、③ダン族。答えは①アシェル族でした(ヨシュア19:29、②サムエル24:7)では、今日の聖書クイズです。聖書で、悪魔とサタンは同じものとされている、〇か×か?答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 28: The Ruin of the King of Turo (28:1-19)

1. the temptation to become like God

 Since chapter 26, there has been a series of prophecies against the nation of Turo. In this chapter 28, the monarch of Turo, Ethbaal II, is accused of making himself a god. It is the very sin of pride, he says. However, the sin of making oneself a god should be said to be the most fundamental sin common to all men.

 In Genesis 3 of the Old Testament, the episode of the sin of the first man, Adam and Eve, is described. They were seduced by Satan to eat the fruit of the tree forbidden by God. It is noteworthy that Satan’s words of temptation say, “If you eat of it, you will be like God” (Genesis 3:5). To be free from everything, to be on top of everything, is nothing less than the ambition to be like God. Such ambition and pride lead to their judgment by God and their expulsion from the Garden of Eden; verses 11-19 trace the episode. The monarch of Turo, Adam, and all men are subject to the same temptation to sin.

2. the origin of the devil, Satan

 There is, however, another interpretation of this passage that holds that it speaks of the origin of Satan. Many people may wonder if there really is such a thing as the devil or Satan. However, the Bible speaks of them as spiritually real. It just doesn’t say much about where they come from. That is because the Bible is written primarily to speak of God. But it is not entirely silent, and suggestively, it is here that the origins of the devil and Satan are mentioned. Though it seems to speak of “the king of Turo” (v. 12), this is to be understood figuratively, for the guardian cherubim, or angels positioned to be closest to God (v. 14, translation corrected in the Shinkai-yaku 2017), were “cast out from the mountain of God” because they fell into pride and sinned. The origin of the Devil and Satan is stated as being “cast out from the mountain of God” because of their pride and sin.

 Incidentally, Isaiah 14:12-15 is said to speak of the same thing, and while it seems to speak directly of the king of Babylon, it too, if understood metaphorically, is said that the devil or Satan is “Lucifer, son of the dawn” (Isaiah 14:12), “the shining one” or “the light-bearer, So you say that they were initially created as good, but then fell and became evil, revealing their origins. I don’t think it is possible to understand what the Bible doesn’t say just so much, but it is enough to get the idea out of the way.

What is rather important is that both human beings and Satan may be little difference. Like the demonic nature of their hearts, the cause of the Fall, whether it is man or Satan, is that they begin to put themselves in God’s position. It is not a matter of being rich and prosperous. The problem is that as soon as we receive God’s special blessings and walk “among stones of fire,” that is, as soon as we are elevated to a being who walks among beautiful and fiery jewels, as verse 13 says, we begin to think of ourselves as if we were gods, and we begin to treat people as if they were not people, that is, we fall into the foolishness of climbing up to the throne of God with our feet in the dirt. The problem is that we fall into it. Every human being who does not recognize God will fall into such a mistake. But we must not forget that “you are a man, not a god” (vv. 2, 9), and that man is created by God and given life and everything else to live.

3. pronouncement to Sidon, restoration of Israel

Verses 20-23 are a prophecy of judgment against Sidon, the northern neighbor of Turo. Note that after the severe judgment against Turo and Sidon is spoken of, the restoration of Israel is contrasted with its fate (vv. 24-26).

The prophecy of Israel’s restoration begins in earnest in chapter 33, and the fact that Israel alone will be restored from captivity and gathered back to Jerusalem, in distinction from the peoples of other nations who will be buried forever, shows the truthfulness of God’s promise to treat His saints specially (Ps. 4:3). The mystery is that God’s saints are not the same as those who are in the presence of God. Curiously, God says, “A promise is a promise” to unfaithful Israel, who became as proud as Tullo before Him and behaved in a manner equal to Satan. He says (v. 25) that such a response shows God’s holiness. What does this mean? The Hebrew word “holy” has the meaning of separation. In other words, to be holy means to be distinguished. The very fact that God, unlike man, keeps His promises for whatever reason, reveals that man and God are distinct and different. Remembering that “you are a man, not a god,” let us live humbly in the fear of a holy God. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. In Joshua’s time, to which tribe was the land of Turo assigned? (1) The tribe of Asher, (2) the tribe of Benjamin, and (3) the tribe of Dan. The answer is (1) the tribe of Asher (Joshua 19:29, 2 Samuel 24:7). In the Bible, are the devil and Satan the same thing, 〇 or ×? I will give you the answer tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です