人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書3章 遣わされるエゼキエル(3:12-27)

1.神も冗談を言う

2章でもそうでしたが、神は、預言者としての召しに躊躇うエゼキエルを励ましています。5節、あなたが遣わされる民は、難しい外国語を話す民ではない、同胞ではないか、ただ彼らは鉄面皮なだけだ、と言います。しかし話す相手が、ことばの通じない人ではなく、話が通じない人というのは、やはり戸惑いを感じざるを得ません。それは、不慣れな外国語を話す以上の難しさです。そこで躊躇っているエゼキエルに、神は、さらにこう付け加えるのです。鉄面皮なユダヤ人に対して、あなたの面の皮も厚くしよう、と。言いたいことは、それだけの度胸を与えようと言うことでしょう。ただここで思わず、吹き出しそうになるのは、私ばかりではないでしょう。ここには神のジョークがあります。8節「硬くする」はヘブル語でハーザーク、そのように語り掛けられたエゼキエルの名も、「神が硬くする」を意味しています。つまりここには「音」ではない「意味」の語呂合わせがあるわけです。あなたは硬い人物でしょ、あなたの顔も硬くしよう、というわけです。神は、ただエゼキエルに高ぴしゃに仕事を言いつけているのではなく、エゼキエルと親しく語り合いながら、エゼキエルに働きを委ねている点が重要です。

もちろん、エゼキエルにも、神のジョークは理解できたことでしょう。しかしそれは、「笑えない」ジョークでした(14節)。心は神の霊に燃やされても、やはり鉄面皮で、心頑なにする民に語っていく現実を考えるなら、そのストレスは、大きいものがあったと言うべきです。

14節、「苦々しい」とあります。ヘブル語のもともとの意味は激しい怒りです。それは、子を奪われた雌グマの状態(2サムエル17:8)、つまり殺気立った状態を意味します。新共同訳聖書では、「怒りに燃える心を持って」と訳しています。明らかに敵対されるとわかりきった宣教の働きを委ねられて、エゼキエルは冗談じゃないよ、と神に腹を立てて出ていったのでしょうか。そうではないようです。預言書は、対話のすべてを書きだしているわけではありません。また、私たちにはわからないその場の雰囲気があるものでしょう。エゼキエルは、神と冗談を交えながら親しく語る中で、神の心の奥深い部分に、義なる怒りがあることに気づかされ、その神の義なる怒りに巻き込まれたと言うわけです。

預言書を読む時に教えられるのは、神も預言者も単純に勧善懲悪のメッセージを語っていないことです。むしろ、預言者と神との親しい、心通い合うやりとりがあることです。そのような親しさの中で、預言者も動機づけられ、思い切った働きをしている。それは、私たちの働きについても同じことです。

2.宣教に備えるエゼキエル

エゼキエルは、テル・アビブの捕囚の民の所へ戻りました。彼はそこで七日間茫然自失であったと言います。実にハードルの高いチャレンジを与えられ、決意を固める重要な時となったのでしょう。神の民の礼拝の再建を成し遂げたエズラも、その働きの前に同じような経験をしています(エズラ9:4)、また異邦人伝道に召された使徒パウロも、ダマスコへの途上、復活の主と出会い、ただ静められる時を持ったのに似ています(使徒9:9)。それはまさに預言者としての困難な働きに、備えられる時でした。

3節、巻物を食べ、それが蜜のように甘い、この経験はよくわかります。私たちも聖書を読み、励ましを受け、支えられ、神のことばの蜜のような味わいを経験しています。ところが、まだ神を知らない人も同じように感じるわけではありません。むしろ、拒否的な鉄面皮の顔を向けられることの方が多いのです。

3.鉄面皮であってはならない

神はエゼキエルを「イスラエルの家の見張り人」(17節)として召されました。「見張り人」は、迫ってくる危険を察知して、警告する任務を負います(17b)。見張り人の役目は、人が聞こうが聞くまいが、声を大にして叫び続けることです。それは、緊急性に基づくものであり、一切、手加減は赦されません(18-21節)。結果の良し悪しも問われてはいません。ただ声高に語り続けなくてはならないのです。なんとも大変な働き。しかし、27節、神は「語る時に、あなたの口を開く」と言います。つまり、神は、ミッションを言い渡して、後はよろしく、と丸投げする方ではありません。私たちとともにすべての責任を負う覚悟なのです。神の誠実さ、神がご自身の御計画を成し遂げようとする責任感の強さ、そして、私たちとともに苦労を負おうとする神を覚えればこそ、この神についていこう、という気持ちにもさせられるのです。では、今日も良き一日であるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。ケバル川は、どの川につながる運河であったでしょうか?①ユーフラテス川、②チグリス川。では、今日の聖書クイズです。幻の中で、巻物を取って食べるように言われ、食べた新約聖書に出てくる人物は誰でしょうか?①マタイ、②パウロ、③ヨハネ、答えはまた明日。では今日も良き一日であるように祈ります。

Chapter 3: Ezekiel sent (3:12-27)

1. even God makes a joke

As in chapter 2, God encourages Ezekiel, who is hesitant about his calling as a prophet, by saying in verse 5 that the people you are sending are not a people who speak a difficult foreign language, but fellow citizens, only they are iron-faced. However, we cannot help but feel perplexed when the people we are speaking to are not people who do not speak the language, but people who cannot communicate. This is even more difficult than speaking a foreign language with which you are unfamiliar. God adds to Ezekiel’s hesitation: “To the brazen-faced Jews, I say to you, do not be afraid to speak to them. God adds to Ezekiel’s hesitation, “Let us thicken your skin, too.” What he means to say is that he will give him the courage to do so. But I am not the only one who is about to burst out laughing. There is a divine joke here: verse 8, “harden,” is the Hebrew word harzak, the name of Ezekiel, who was spoken to as such, also means “God hardens.” So there is a “meaning” word here, not a “sound” word. You are a hard person, so let us harden your face too. It is important to note that God is not just telling Ezekiel to do a job, but is talking intimately with Ezekiel and entrusting Ezekiel with the work.

Of course, Ezekiel would have understood God’s joke. But it was a “not funny” joke (v. 14). The stress of speaking to a people whose hearts may have been kindled by the Spirit of God, but who were still iron-faced and stubborn at heart, must have been great.

Verse 14, “bitter.” The original meaning of the Hebrew word is fierce anger. It refers to the condition of a she-bear deprived of her young (2 Samuel 17:8), i.e., in a state of fury. Shin Kyodo-yaku Translation of the Bible translates it “with an angry heart.” Was Ezekiel angry with God for entrusting him with a missionary work that he clearly knew would be hostile, and did he go out angry with God, saying, “Are you kidding me? It seems not. The prophetic books do not write out the entire dialogue. There may be a mood of the moment that we don’t understand. Ezekiel, in his joking and friendly conversation with God, was made aware of the righteous anger deep in God’s heart, and he says that he was caught up in God’s righteous anger.

What we are taught when we read the prophetic books is that neither God nor the prophets simply speak a message of good and evil. Rather, there is a close, heart-to-heart exchange between the prophet and God. In that closeness, the prophet is also motivated and bold in his work. It is the same with regard to our ministry.

2. Ezekiel Prepares for Mission

Ezekiel returned to the captives in Tel Aviv. He was there for seven days in a stupor. This must have been an important time for him to make up his mind, as he was given a very high hurdle to overcome. Ezra, who rebuilt the worship of God’s people, had a similar experience before his ministry (Ezra 9:4), and the apostle Paul, who was called to evangelize the Gentiles, had a similar encounter with the risen Lord on his way to Damascus, only he was calmed (Acts 9:9). It was a time of preparation for his difficult ministry as a prophet.

Verse 3, eating the scroll and it being sweet as honey, this experience is familiar. We, too, read the Bible, receive encouragement and support, and experience the honey-like taste of God’s Word. However, those who do not yet know God do not feel the same way. Rather, we are more often confronted with a rejecting, iron-faced face.

3. do not be iron-faced

God called Ezekiel to be “a watchman over the house of Israel” (v. 17). A “watchman” is charged with the duty of detecting and warning of impending danger (v. 17b). The watchman’s role is to shout aloud, whether one hears him or not. It is based on urgency, and no leniency is permitted (vv. 18-21). There is no question of whether the result is good or bad. We just have to keep talking out loud. What hard work! But in verse 27, God says, “When you speak, your mouth will be opened. In other words, God is not the one who tells us the mission and throws the rest in our lap. He is ready to assume all responsibility together with us. God’s sincerity, His strong sense of responsibility to accomplish His plan, and His willingness to bear the hardship with us are what make us want to follow Him. I wish you all a good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. The Kebar River was a canal that connected to which river? (1) Euphrates River and (2) Tigris River. Now, today’s Bible quiz. In the vision, who is the person in the New Testament who was told to take the scroll and eat it? (1) Matthew, (2) Paul, (3) John, and the answer will be given tomorrow. Well, I pray that you have a good day today.

“人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書3章 遣わされるエゼキエル(3:12-27)” への1件の返信

  1. 今日のクイズで、ケバル川はどの川につながる運河か?→①ユーフラテス川
    で合ってますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です