人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書33章 エルサレム陥落の報とエゼキエルの預言の再開(33:1-33)

1.見張り人として立つ

これまでエゼキエル書は、①預言者エゼキエルの召命(1-3章)、②イスラエルの罪と神の裁き(4-24章)、③周辺諸国の罪と神の裁き(25-32章)について語ってきました。大雑把に捉えればそれは裁きのメッセージが中心です。しかし本日からの後半は(33-48章)、イスラエルの回復のメッセージが中心となります。つまり本章の33章はエゼキエルの預言活動の転換点となるものです。

そこでエゼキエルは、まず見張り人として立てられた預言者としての使命を確認させられています。そして、新しい預言活動へと入っています(1-9節)。預言者は、警告すべき時にそれをしないのなら、その責任を問われます。しかしその使命を全うしている限り、預言者の声に耳を貸す者が誰もいなくても、自分のいのちを救うことになります。

そのような意味では、キリスト者にも、預言者的な使命があることを覚える必要があるでしょう。イエスは、全世界に出て行って福音を延べ伝えなさい、と弟子たちに命じられました。それは、今の私たちにも向けられたことばです。福音をどのように語るか、それは知恵深くあらねばなりませんが、語るべき時に、語るべきことをしっかり語る、それが、キリスト者の責任です。もし、私たちがその点において不忠実ならば、イエスがミナのたとえで語られたように(ルカ19:24)、やがて、神の前に、その責任を問われることになります。では、何を語るのか、それが問題です。

2.見張り人が語るべきこと

まず見張り人は、当時の人々が抱いていた信仰的な疑問について、神のお考えを伝えました。第一に、10節、罪意識を深く持ちすぎる人々に対して、「わたしは決して悪しき者の死を喜ばない。かえって、悪しき者がその道から立ち返り、生きる事を喜ぶ」と。神は冷酷な裁き主ではありません。慈愛に満ちたお方です。まずその神の愛を伝えるのです。一般に、人が罪を犯せば、その人の罪は忘れられることはなく、いつまでも後ろ指を指されるような状況があるものでしょう。人間というものは、そのようなみじめな状況にある人間を徹底して苛め抜くものでしょう。しかし、神は、そのような人の意地悪に負けるなと言うのです。むしろ、あなたが悪の道から離れ、いのちの掟に従って歩むなら、いつまでも呪われたような人生を歩むことはない、神は愛であると言うのです。

 第二に、17節、そのように語る神を信じられないという人々に対して、神は、ご自分のことばが確かであることを語るのです。神に二言はありません。神は、二枚舌の方ではありません。真実で誠実なお方です。

 キリスト者は、人々の信仰的な疑問に答える人です。自分が神を信じていかに幸せになったか、いかに成功したかなどというお話をするのではありません。何よりも、罪の重荷に押しつぶされそうになっていて、救いを求めている人に、主の恵みのことば、主の真実な言葉を伝えることなのです。

3.エルサレム陥落の知らせ

さて、エゼキエルのもとにエルサレム陥落の知らせが届きました。「12年目の第10の月の5日」は、BC585年1月のことで、エルサレムの陥落(第11年の第5の月の7日、2列王25:8)から1年半後のことです。見張り人としての召しを受けたエゼキエルの預言活動が、再開されました(24:25-27)。

まずエゼキエルは捕虜とならずユダに取り残された者たちに警告を発します(24節)。彼らは、エルサレムが滅びた現実を目の当たりにしながら、悔い改めようとはしませんでした(23-29節)。むしろ、エルサレムがこんな事態になったのは、捕虜となってエルサレムから連れ去られた者たちの責任だと考えたのです。しかし、そうではありません。捕虜とならなかった彼らもまた悔い改めを求められていたのですそしてバビロンに連れ去れた捕虜たちにも警告が発せられます(30節)。彼らは、エルサレム陥落後、エゼキエルの語ることに注目するようになりました(31節)。しかしそれも深い悔い改めに基づくものではなく、単なる好奇心によるものでした。エゼキエルの語ることは、どうやら当たるらしいという程度のものです。しかし、問題は預言が当たったか当たらなかったではありません。預言の成就は神がおられることのしるしです。この世にはまことに正しいことを行われる神がおられることを証ししているのです。神を認め、神のことばに耳を傾け、信仰をもって人生を歩んでまいりましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>          

最初に、昨日のクイズです。次の内で、捕囚期前の月の呼び方にあたるものはどれでしょうか?①アビブ、②ニサン、③タンムズ。答えは①アビブでした。聖書での月の呼び方については、捕囚帰還後、バビロン暦の呼び方が採用されるようになり、たとえばユダヤ暦の第一の月(太陽暦で3-4月)は、古来カナン暦に倣いアビブと呼ばれていましたが、捕囚帰還後、バビロン暦でニサンと呼ばれるようになりました。タンムズは、同じく捕囚帰還後の呼び方で、第四の月(6-7月)に当たります。では、今日の聖書クイズです。エゼキエル書の諸外国に対する裁きの預言で、特にエジプトについて語っている章は次のどれでしょうか?①25章、②26-28章、③29-32章、答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 33: The News of the Fall of Jerusalem and the Resumption of Ezekiel’s Prophecy (33:1-33)

1. standing as a watchman

So far, the book of Ezekiel has spoken of (1) the calling of the prophet Ezekiel (chapters 1-3), (2) the sins of Israel and God’s judgment (chapters 4-24), and (3) the sins of the surrounding nations and God’s judgment (chapters 25-32). Taken broadly, that is the main message of judgment. However, the second half of the chapter, beginning today (chapters 33-48), focuses on the message of Israel’s restoration. In other words, this chapter, chapter 33, is the turning point in Ezekiel’s prophetic activity.

There, Ezekiel is first confirmed in his mission as a prophet who was established as a watchman. Then he enters into a new prophetic activity (vv. 1-9). A prophet is held accountable if he fails to do so when he should be warning. But as long as he fulfills his mission, he will save his life even if no one listens to him.

In this sense, we need to remember that Christians also have a prophetic mission. Jesus commanded his disciples to go into all the world and preach the gospel. These are words that are directed to us today. We must be wise in how we speak the gospel, but it is our responsibility as Christians to speak what we need to speak when we need to speak it. If we are unfaithful in this regard, we will soon be held accountable before God, as Jesus said in the parable of the minas (Luke 19:24). The question, then, is what to speak.

2. what the watchman should say

First, the watchman communicated God’s thoughts on the religious questions that the people of that time had. In verse 10, he said to those who had too deep a sense of guilt, “I have no pleasure in the death of the wicked, but instead, I rejoice that the wicked will turn from their ways and live. God is not a cruel judge. He is a loving God. We must first communicate God’s love. In general, if a person sins, his/her sin will not be forgotten, and he/she will be pointed at for the rest of his life. Human beings will thoroughly torment a person who is in such a miserable situation. But God says, “Don’t let the meanness of people get the better of you. Rather, He says that if you turn away from the ways of evil and walk according to the law of life, you will not live a cursed life forever; God is love.

 Second, in verse 17, to those who say they cannot believe in a God who says such things, God tells them that His word is sure. God does not speak twice. God is not a two-faced man. He is true and faithful.

 A Christian is someone who answers people’s religious questions. He does not tell stories about how happy or successful he is because he believes in God. Above all, it is to convey His word of grace, His true word, to those who are almost crushed by the burden of sin and are seeking salvation.

3. the news of the fall of Jerusalem

Now Ezekiel received the news of the fall of Jerusalem. The “fifth day of the tenth month of the twelfth year” is January 585 BC, a year and a half after the fall of Jerusalem (the seventh day of the fifth month of the eleventh year, 2 Kings 25:8). Ezekiel’s prophetic activity resumed with his call as a watchman (24:25-27).

First, Ezekiel warns those left behind in Judah instead of being taken captive (v. 24). They saw the reality of Jerusalem’s destruction, but they did not repent (vv. 23-29). Rather, they thought that it was the fault of those who had been taken away from Jerusalem as captives that Jerusalem had come to this state of affairs. But this is not so. Those who were not taken captive were also called to repentance, and a warning is issued to the captives who were taken to Babylon (v. 30). After the fall of Jerusalem, they began to pay attention to what Ezekiel was saying (v. 31). But this was not based on deep repentance, but on mere curiosity. They were just curious, because what Ezekiel told them seemed to be true. But the question is not whether the prophecy came true or not. The fulfillment of prophecy is a sign of God’s presence. It is a testimony that there is a God who does what is right in the world. Let us acknowledge God, listen to His Word, and live our lives with faith. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Which of the following is the name of the month before the captivity? (1) Abib, (2) Nisan, (3) Tammuz. The answer was (1) Abib. For example, the first month of the Jewish calendar (March-April in the solar calendar) was called Abib according to the ancient Canaanite calendar, but after the return of the captives, it was called Nisan in the Babylonian calendar. Tammuz, also after the return of the captives, corresponds to the fourth month (June-July). Now for today’s Bible quiz. Which of the following chapters in Ezekiel’s prophecy of judgment against the nations speaks specifically of Egypt? (1) Chapter 25, (2) Chapters 26-28, (3) Chapters 29-32, and the answer will be given tomorrow. Now, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です