人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書36章 イスラエル再建の預言

1.イスラエルの回復

36章の最初(1-7節)は、昨日の続きです。イスラエルの苦難につけ込んだ敵、エドムに対する報復宣言です。イスラエルに加えられた侮辱は、そのまま彼らに向けられる、と言います。それは、イスラエルは「わたしの国(5節)」、つまり神のものだからです。イスラエルを侮辱することは神を侮辱すること、そのものでした。神はイスラエルをその罪の故に罰せられましたが、神とイスラエルは一心同体であって、そこに、他人が首を突っ込むことはもちろん、神がしておられることに気づかない不信仰で厚かましい行為は赦されなかったのです。

 ですから神は、イスラエルが自分自身のかけがえのない存在であること、そして、正しいことをなさる神がおられることを明らかにされるため、イスラエルの奇跡的な回復を約束されます。それは具体的に、バビロン捕囚からイスラエル人が解放されることを語っています。イスラエルでは、破壊され廃墟と化した町々が建て直され、再び人が住み着くようになり、土地が耕され、実を結ぶようになる(11節)と神は約束します。実に素晴らしい約束です。

 しかし、それがどのように実現したのかに注目すべきでしょう。その経緯を記録した旧約聖書のネヘミヤ記とエズラ記を読むと、それは、決して一朝一夕の回復ではありませんでした。それこそ、忍耐の限りを尽くして、大きな苦難と障壁を乗り越えていく回復でした。実際、祖国の土地に戻ってきた人々は、様々な困難に直面しました。まず33節「わたしは町々を人が住めるところとし、廃墟は建て直される」(33節)と神は約束しています。しかし、彼らの現実は、ネヘミヤ記にあるように「荷を担ぐ者の力は弱り、瓦礫は山をなしている。城壁を築き直すことなど、私たちにできはしない」(ネヘミヤ4:10)と嘆きのことばが口をついて出る有様でした。そして、彼らはその再建の努力を執拗に妨害され、指導者のネヘミヤ自身、「ああ、今、どうか私を力づけてください」(ネヘミヤ6:9)と神に必死に寄り縋りながらの毎日であったのです。神の約束は、彼ら自身が、種々の経済的な問題、人間的な衝突と、ありとあらゆる困難を乗り越える中で実現していくのです。それは、平坦な安易なものではありませんでした。

 回復を約束されることと、約束された回復を現実のものにすることは別物です。約束が語られたら、後は天からそれが降ってくるのを待っていればよい、というものではありません。神の約束を信じ、それこそ全力を尽くして、体当たりで、前に進み続けるのです。志を同じくする者と共に、互いに声を掛け合い、支え合い、祈り合い、自分のマウンドに戻って一球入魂の勝負をするのです。そうであればこそ、神の約束された奇蹟も生じるのです。

2.あなたがたのためではない

 さて神は、単純にイスラエルの物質的な回復、世俗的な国の再建を語ってはいません。1948年のイスラエル建国と、バビロン捕囚後のイスラエル再建とは異なると言われるのは、その点です。ここで神が語っておられるのは、礼拝の民の回復であり、世俗国家の再建ではありません。神に選ばれた民であり国であるイスラエルが、他国と同じように偶像崇拝の民となってしまった、そこから神の民、神の国として回復されることです。彼らに着せられた汚名は、「戦争に弱い民」ではなく、「主の民なのに、主の国から出された」ということでした(20節)。神は繰り返します。「わたしが事を行うのは、あなたがたのためではなく、あなた方が行った国々の間であなたがたが汚したわたしの聖なる名のためである(22節、32節)。神はこの世にまことに正しいことを行われる神がおられることを知らせるために、イスラエルを回復させるのです。

 ですから、イスラエルの再建は、まことの神を認め、まことの神に心を向ける者によってなされるとも言います(26節)。つまり、過去の自分を心から恥じて、偶像礼拝を好む肉の心を捨て去った人々、神の新しいいのちを喜び、そのいのちに生きようとする人々によって再建されるのです(32節)。確かに、エズラ、ネヘミヤの時代は、戦災復興を超えた、神の名を証しする神の都の再建がなされました。教会にもコロナで打撃を受け、これから立て直しという状況があるかもしれません。しかしそれは、神の栄光が明らかにされるための再建です。エズラ、ネヘミヤのごとく、神の助けを信頼しつつ、神と共にこの困難を乗り越えてまいりましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>         

最初に、昨日のクイズです。エドムとモアブを区別する自然境界の川の名前は次のどれでしょうか?①ゼレデ川、②ヤボク川、③アルノン川。答えは①ゼレデ川でした。では、今日の聖書クイズです。バビロン捕囚後の、イスラエル人たちの再建の努力を記録している書物は、次のどれでしょうか?①ネヘミヤ記、②エステル記、③ダニエル書。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 36: Prophecy of Israel’s Restoration

1. restoration of israel

The first part of chapter 36 (vv. 1-7) is a continuation of yesterday’s. It is a declaration of retaliation against Edom, the enemy who took advantage of Israel’s affliction. He says that the insults inflicted on Israel will be directed directly at them. For Israel is “my nation (v.5),” that is, God’s. To insult Israel was to insult God. God punished Israel for their sins, but God and Israel were one and the same, and God would not forgive the intrusion of others, let alone unbelief and presumptuous acts that are unaware of what God is doing.

 Therefore, God promises Israel a miraculous restoration in order to reveal to them that they are their own irreplaceable possession and that there is a God who does what is right. It specifically speaks of the deliverance of the Israelites from the Babylonian captivity. In Israel, God promises that the cities that were destroyed and left in ruins will be rebuilt, that they will be inhabited again, and that the land will be cultivated and bear fruit (v. 11). It is indeed a wonderful promise.

 But we should focus on how it came to pass. The Old Testament books of Nehemiah and Ezra, which record the process, show that it was not an overnight recovery. It was a recovery that took the utmost of perseverance and overcame great hardships and barriers. In fact, those who returned to their native land faced many difficulties. First, God promises in verse 33, “I will make the cities inhabited, and the ruins will be rebuilt” (v. 33). But their reality, as Nehemiah tells us, “The strength of the bearers of the load is weakened, and the rubble is heaped up. We cannot rebuild the walls” (Nehemiah 4:10). Nehemiah’s efforts to rebuild were persistently thwarted, and the leader himself was constantly clinging desperately to God, saying, “Oh, now, please give me strength” (Nehemiah 6:9). God’s promises are realized as they themselves overcome various economic problems, human conflicts, and all kinds of difficulties. It was not a smooth and easy ride.

 Being promised recovery and making the promised recovery a reality are two different things. It is not enough to wait for a promise to be spoken and then wait for it to come down from heaven. Believing in God’s promises, we must keep moving forward with all our might, with all our strength. We must call out to each other, support each other, pray for each other, and return to our own mound to play a game of one pitch at a time with like-minded people. Only then will the miracles promised by God occur.

2. not for you

 Now, God is not simply talking about the material restoration of Israel or the rebuilding of a secular nation, which is why the establishment of the nation of Israel in 1948 is said to be different from the rebuilding of Israel after the Babylonian captivity. God is speaking here of the restoration of a people of worship, not the rebuilding of a secular nation. It is the restoration of Israel, God’s chosen people and nation, from the idolatrous people they have become like other nations, to be restored as God’s people and God’s nation. The stigma attached to them was not that they were “a people weak in war,” but that they were “the Lord’s people, and yet they were put out of His kingdom” (v. 20). God repeats. I will do things, not for your sake, but for the sake of My holy name, which you have defiled among the nations to which you have gone (vv. 22, 32).” God is restoring Israel in order to let the world know that there is a God who does what is truly right.

 Therefore, he also says that the restoration of Israel will be done by those who acknowledge the true God and turn their hearts to him (v. 26). In other words, Israel will be rebuilt by those who are truly ashamed of their past and have cast off the fleshly mind that favors idolatry, those who rejoice in God’s new life and seek to live it (v. 32). Indeed, in the time of Ezra and Nehemiah, the rebuilding of the city of God that testifies to the name of God went beyond the reconstruction of war damage. There may be situations in which the church has also been hit by the corona and is now in the process of rebuilding. However, it is a rebuilding for God’s glory to be revealed. Like Ezra and Nehemiah, let us overcome this difficulty together with God, trusting in His help. I pray that today will be another good day.

<Quiz Corner     

First, yesterday’s quiz. Which of the following is the name of the river at the natural boundary that separates Edom and Moab? (1) Zerede River, (2) Yabok River, (3) Arnon River. The answer was (1) Zerede River. Now, here is today’s Bible quiz. Which of the following books records the efforts of the Israelites to rebuild after the Babylonian captivity? (1) Nehemiah, (2) Esther, and (3) Daniel. The answer will be given tomorrow. Now, I pray that today will be another good day.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です