人生100倍の視野【聖書】エゼキエル書39章 ゴグへのさばき(38:17-39:20)

1.イスラエルの大勝をどう考えるか

39章は、38章の繰り返しであり、詳述です。神はゴグの軍隊を武装解除し、討ち滅ぼされると言います。その武装解除に7年(9節)、死体を葬り去るのに7ヶ月(12節)かかったと言います。つまり、ゴグの軍隊がいかに強大であったかを物語っています。それは大変な犠牲者を出す戦いでしたが、完全な主の勝利となるものでした。

ところで38、39章の位置づけについては、写本に基づく複雑な議論があることをお話しておきましょう。聖書は、著者が書いたオリジナルは何一つ残っていません。書き写されたたくさんの写本があるのみです。そしてそれらを突き合わせた復元作業によって、今私たちが手にしている聖書があるわけです。そこで、その写本のあるものは、この38と39章を36章と37章の間に挿入しているものがあるのです。37章の後ではなく、37章の前に来る。歴史家のヨセフォスも、このような順で読んでいます。そして39章の前半はエゼキエルの裁きのメッセージの最後を飾り、後半は、37章に続く回復と希望のメッセージの始まりになると考えています。

つまり、イスラエルのゴグに対する大勝利は、あくまでも捕囚からの解放という歴史的事実に当てはめる解釈です。しかし、それは、昨日38章で説明したヨハネの黙示録でヨハネが示した解釈とは異なります(黙示録20:7-10)。ここは、やはり捕囚の回復というよりも、もう一つの大きな戦いが起こって、イスラエルがそこでは大勝利を収めると読むべきものと思われます。

ただこのように将来の特定の大勝利と終末的に理解することは、後の時代のクリスチャンにとっては意味のある読み方でも、当時のユダヤ人には意味をなさない解釈です。そもそもエゼキエルが、後の時代のクリスチャンに向けてこれを語ったとは思えません。まずは、当時の時代の人々に向かって語ったはずです。となれば、その意図はどんなものであったのか、ヨハネがこれを引用して、イスラエルの大勝利を語った意図も含めて、もう少し考える必要があります。

2.ゴグ・マゴグの現代へのメッセージ

まず、当時のイスラエルはバビロンに滅ぼされ、イスラエルの神は無力である、弱虫であると見なされていた現実を覚える必要があります。かつて日本が敗戦し、神と崇められた天皇が、マッカーサーと並んで写真を撮られ、現人神あらず、人間であると宣言されたことがありました。堂々としたマッカーサーの隣に縮こまったような天皇が印象的な写真でした。この時も、イスラエルの神も神なんかではないのだ、と周辺の国々から嘲笑された現実がありました。そのような状況の中で、エゼキエルは、それに断じて否を唱えるわけです。イスラエルの敗戦と捕囚は、神の弱さを示すのではなく、義なる神の裁きである、と(24節)。だから神は、これを嘲笑した者に復讐もし(25-32章)、かつ、裁きによって滅亡したイスラエルを回復させることもできる、と語るのです(27,28節)。

ところが、既に述べたようにイスラエルの再建には、70年以上の時間がかかるのです。つまり「回復を約束されることと、約束された回復が現実になることは別物」で、中々物事が好転しない事態に、人々は心悩ますわけです。そこでエゼキエルは、そのような人々を励ますために、神の助けが遅れていると思うな、これはあなたがたにとっては、大変な新たな戦いなのだろう、しかし、その戦いにも神は必ず大勝利をもたらす、と語っているのではないでしょうか。

そのような観点から改めてヨハネの意図を見直してみると、ヨハネも、ただ終末的な意味でそれを語っているというよりも、迫害下にある当時のキリスト者に対する慰めと励ましを語ろうとしたと理解することができます。そして、黙示録は、本来はそう読まれたものなのだ、理解することもできます。主は、戦いの中にある人々に、あなたを攻めるゴグがいかに巨大であろうとも慌てるな、助けが遅れていると思っても、意気消沈するな。この新たな脅威にも、あなたは必ず勝利するのだ、と言っておられるというわけです。神を信じましょう。では今日も良き一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>         

最初に、昨日のクイズです。エゼキエル書のゴグ、マゴグという用語は、新約聖書ではどこに出てくるでしょうか?①マタイの福音書、②テサロニケ人への手紙、③ヨハネの黙示録。答えは、③ヨハネの黙示録(20:8)でした。マタイ24章、テサロニケ人への手紙も終末的な内容を含んでいますが、ヨハネの黙示録はより豊かにそのテーマを書いているものです。では、今日の聖書クイズです。バシャンはエモリ人の王オグの領土でしたが、イスラエル領にされた時には、どの部族の領地となった場所でしょうか?①ダン族、②シメオン族、③マナセ族。答えは、また明日。では今日も良き一日となるように祈ります。

Chapter 39: Judgment on Gog (38:17-39:20)

1. what do we think of Israel’s great victory?

Chapter 39 is a repeat and elaboration of chapter 38. God says that He will disarm and destroy the armies of Gog. He says it took seven years (v. 9) to disarm them and seven months (v. 12) to bury their corpses. This tells us how powerful Gog’s army was. It was a battle with heavy casualties, but it was a complete victory for the Lord.

Let me tell you, by the way, that there is a complicated manuscript-based debate about the position of chapters 38 and 39. The Bible has not survived in any original form as written by the author. There are only many manuscripts that have been transcribed. The Bible we have today is the result of the restoration process that has pieced together these manuscripts. So some of those manuscripts insert chapters 38 and 39 between chapters 36 and 37, not after chapter 37, but before chapter 37. The historian Josephus also reads them in this order. He believes that the first half of chapter 39 concludes Ezekiel’s message of judgment, and the second half begins the message of restoration and hope that follows chapter 37.

In other words, the interpretation is that Israel’s great victory over Gog is only to be applied to the historical fact of their deliverance from captivity. However, this is different from the interpretation presented by John in Revelation, which we discussed yesterday in chapter 38 (Revelation 20:7-10). Here, it still seems that rather than the restoration of the captivity, it should be read as another great battle taking place, in which Israel will win a great victory.

However, this apocalyptic understanding of a specific future great victory is an interpretation that makes sense to Christians in later times, but not to the Jews of that time. In the first place, it is unlikely that Ezekiel was speaking this to Christians of a later time period. First of all, he must have been speaking to the people of that time period. If this is the case, we need to think a little more about what his intention was, including John’s intention of quoting this and speaking of the great victory of Israel.

2. the message of Gog Magog to our time

First, we need to remember the reality that Israel at that time was destroyed by Babylon and the God of Israel was considered helpless and weak. Once, after Japan lost a war, the emperor, who was revered as a god, was photographed alongside MacArthur and declared to be a human being, not an actual god. It was an impressive picture of the Emperor shrinking next to the imposing MacArthur. At that time, too, the God of Israel was ridiculed by the surrounding nations, who thought that he was no god at all. In such a situation, Ezekiel categorically rejects it. Israel’s defeat and captivity are not a sign of God’s weakness, but of the judgment of a righteous God (v. 24). Therefore, he says, God can both take vengeance on those who mocked it (chapters 25-32) and restore Israel, which was destroyed by the judgment (vv. 27, 28).

However, as already mentioned, it will take more than 70 years for Israel to be restored. In other words, “it is one thing to be promised restoration and another thing to have the promised restoration become a reality,” and people are troubled by the fact that things are not turning around. To encourage them, Ezekiel may have said, “Don’t think that God’s help is delayed; this is a new battle for you, but God will surely bring about a great victory in this battle.

When we review John’s intention again from this perspective, we can understand that he was also trying to speak comfort and encouragement to the Christians of that time under persecution, rather than just speaking of it in an apocalyptic sense. And we can also understand that the book of Revelation was originally so read. The Lord told those in the midst of battle, do not panic, no matter how huge Gog is that is attacking you, and do not be disheartened if you think that help is delayed. He is telling them that you will triumph over this new threat. Trust in God. I pray that you have a good day today.

<Quiz Corner  

First, yesterday’s quiz. Where do the terms Gog and Magog in Ezekiel appear in the New Testament? (1) Matthew’s Gospel, (2) Thessalonians, and (3) Revelation. The answer was (3) Revelation (20:8). Matthew 24 and Thessalonians also contain apocalyptic content, but Revelation is a richer writing on the subject. Now for today’s Bible quiz. Bashan was the territory of Og, king of the Emorites, but when it was made a territory of Israel, it became the territory of which tribe? (1) the tribe of Dan, (2) the tribe of Simeon, and (3) the tribe of Manasseh. The answer will be given tomorrow. Well, I wish you a good day today.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です